• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

精算表における売上原価の算定とは

簿記初心者です。大学の科目にある簿記科目の学習のため、簿記検定の本を元に精算表の書き方の練習をしています(資格試験対策ではありませんが)。 その中で 簿記検定本A 「期末商品棚卸高は¥31,600。売上原価は仕入の行で計算すること」。 という問題あり、その解答は図のようになっています (この図は解答からそのままExcelに写したものです) これとは別の問題集Bで、やはり精算表をつくる問題で条件があり、 「期末商品棚卸高は¥31,600。売上原価の算定は仕入勘定で行うこと」 と条件が記載された問題集がありました。 またテキストには 売上原価=期首商品棚卸高+仕入高-期末商品棚卸高 という式もあり、これに従えば 106,960 =31,600 + 104,160 - 28,800 となるようです(と考えました)。 この後者の問題 Bについて、 Q1. 求められている精算書の記入は、図(Aの解答)と同じでよいのでしょうか。 Q2. 売上原価は上の式より「106,960」になっていますが、この数字は精算表に出てこないように思われますが(売上原価という勘定科目はない)、それで正しいでしょうか。 Q3. 「106,960」の売上原価は、簿記上どこに出て来る(記入する)ものなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数195
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

A1. 検定本Aと問題集Bは表現が少し違うだけで同じことを言っていますので、仕訳も精算表の記入の仕方も同じです。 売上原価という勘定がない(使わない)ので仕入の行に期首期末の繰越商品を加減して、仕入の行の残高が売上原価を意味するようにしなさい、仕入勘定の残高を見れば売上原価が分かるようにしなさいという指示です。 A2. 数字が間違っていますね。 売上原価=期首商品棚卸高+仕入高-期末商品棚卸高 101,360=28,800+104,160 -31,600 であり、 解答の表にも仕入勘定の残高101,360、損益計算書に表示として載っています。 問題文の「仕入の行で」、「仕入勘定で」というのはまさにこのことを指しています。 仕入勘定の残高が売上原価を意味するように記入、計算されています。 A3. 仕入勘定の残高に出ています。 <参考> なぜこのような指示がされているか。 質問者さんもお気付きのようですが、売上原価を計算するために「売上原価」という勘定を使う方法があり、仕訳、記入方法が変わってきます。それをさせないための指示です。 <参考2> 売上原価を算定するための仕訳、計算式の意味を理解されているでしょうか? これにもいくつか方法があるのですが一般的な方法の場合、仕訳は 仕入 / (期首)繰越商品・・・・前期の売れ残りを仕入に振り替え (期末)繰越商品 / 仕入・・・・仕入から今期の売れ残りを引いて繰越商品に振り替え 計算式にすると 期首商品棚卸高+仕入高-期末商品棚卸高 棚卸商品を仕入に足したり引いたり。 要は、最初にミカンが5個あり、10個仕入れて、最後に3個残った。 売れたのはいくつ?という話です。 今期に仕入れたのが10個だからといって今期の売上に対する売上原価を10個としていいのか?前期に売れ残ったものが今期に売れたり、今期に仕入れたものが売れ残ったりするのだから実際に売れた分の原価を計上しようというわけです。これは「適正な期間損益計算」といって簿記会計の重要な目的の一つだったりします。費用の見越し、繰り延べ、減価償却は学習されたでしょうか?それも「適正な期間損益計算」をするための考え方です。 元々あった5個=期首商品棚卸高であり、繰越商品勘定の期首残高 仕入れた10個=期中仕入、仕入勘定の精算前残高 残った3個=期末商品棚卸高であり、繰越商品勘定の期末残高 売れたのは5+10-3=12個です。 これをご質問の問題文に置き換えると 期首商品28,800+仕入104,160-期末商品31,600=101,360

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

期首と期末を逆にとらえていたので、数字に惑わされていました。 仕入勘定の残高とは、損益計算書の仕入の借方のことなんですね。 ありがとうございました。

質問者からの補足

ありがとうございました。 簿記のカテゴリで土地売却と当座借越のある仕訳についても質問していますので、お時間ありましたらご覧ください。

関連するQ&A

  • 簿記3級「売上原価勘定で売上原価を算定」の意味

    簿記3級の勉強を独学で始めた者です。 第117回 第4問 相模商店は、商品売買に係る取引を、仕入勘定、売上勘定および 繰越商品勘定を用いて記帳しており、さらに決算時に売上原価勘 定を設けて算定している。そこで、期首商品棚卸高が¥780,000、 当期商品仕入高が¥9,540,000、期末商品棚卸高が¥630,000であっ たとき、売上原価算定に関連する決算仕訳を次の(1)から(4)の順に 示しなさい。 (1)期首商品棚卸高の振替 (2)当期商品仕入高の振替 (3)期末商品棚卸高の振替 (4)売上原価の損益勘定への振替 ■■■■■■■■■■■■ よく見る問題では「売上原価は仕入勘定で算定」とあります。 売上原価は(期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高)で 求められ、精算表で、「仕入」の行の損益計算書の借方に入る 値が売上原価となる。これが「売上原価は仕入勘定で算定」の 意味。 (つまり、仕入の行で、 ”期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高”の計算が出来ているから) と、ここまでは認識しています。 この問題も、いつもどおり「仕入勘定で算定」したら、 (1)の答えは 仕入 780,000 繰越商品 780,000 になります。 しかし解答には「この問題は売上原価を売上原価勘定で 算定するため、上記の仕訳の「仕入」を「売上原価」に 変えた仕訳をします」とありますが、ここがよくわかりません。 (1)の正解  売上原価 780,000  繰越商品 780,000 となるようですが、仕入(当期仕入高のことではない?)と 売上原価(当期に売り上げた商品の、原価の合計?) とは異なるものにならないのでしょうか。 なぜ、機械的に名前を言い換えられるのかがわからない。 仕入(=当期仕入高) 売上原価(=期首棚卸高 + 当期仕入高 -期末棚卸高) なのに、どうして?? 初歩的な質問ですが、教えていただけたら大変ありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 売上原価(精算表と損益振替)

    売上原価勘定で計算する場合の 精算表への転記と損益勘定への振替が良く分かりません。 例)  売上原価 100 繰越商品  100  売上原価 200  仕入   200  繰越商品 300  売上原価 300 と仮にしたとして (1)精算表への転記  精算表で仕入は見たことはあるが  売上原価を見たことがないので  そういった項目はないのでしょうか? (2)損益勘定への振替方法を教えていただけませんでしょうか?

  • 売上原価

    学校で簿記のテストがあるんですが、日常の勉強不足でしてお聞きしたく。。 決算につき、仕入れ勘定で売上原価を求める。期末棚卸高は200円である。 という問題の仕訳が 仕入 400  繰越商品400 繰越商品 200 仕入れ200 でした。 で、この下に精算表なるものがあるんですが。。関係するんですか。 どうしてこのようになるんでしょうか。 勉強不足でしかも直前の独学で分からないところが多いんですが、教えて頂けますか。 また精算表について簡単に書き方を教えて頂けたらと思います。 基本が全くだと思うんで、超基本だけでもお願いしたいです。。

  • 精算表を見て売上原価を算定する方法

    見てくださりありがとうございます。 約1週間後に簿記3級の試験を控え、 焦っている者です。 テキストを読んで、つまづく箇所があったので、 質問させてください。 精算表から売上原価を算定する問題なのですが、 (仕入れ勘定で算定) なぜ試算表欄にでている金額を「期首商品棚卸し高」にし、 貸借対照表欄にでている金額を「期末商品棚卸し高」にするのかが 分かりません。試算表は月末に書くからですか??。。。 いまいち簿記一巡の流れが分かっていないからかも知れませんが、 教えてください。 あと、仕/繰 繰/仕 の算定方法の意味は分かる (前期?の繰越商品を仕入れにして、期末に残った繰越商品を仕入れにする) のですが、売/繰 売/仕 繰/売 の算定方法が何を意図してやっているのか 分かりません。。 まる暗記がなかなか出来ないタイプなので、(手間取ります><) 仕組みを教えていただきたいです。 よろしくお願いしますm(. .)m

  • 売上原価について

    売上原価の計算 1、期首商品棚卸高  (売上原価)200 (繰越商品)200 2、当期商品純仕入高 (売上原価)800 (仕  入)800 3、期末商品棚卸高  (繰越商品)300 (売上原価)300 という計算法が書いてあります。 各勘定の図も書いてあります。 単純に理屈は理解しているのですが 仕分けとなると、さっぱりわかりません。 DVD講座で勉強しているのですが、何度も同じところを見ても 理解が難しいです。 この仕分けをわかりやすく教えていただけないでしょうか?

  • 簿記の売上原価の算定の問題です

    次の資料にもとづいて、売上原価を仕入勘定で計算する方法により (A)決算整理仕訳をしなさい。また、(B)売上原価を算定しなさい。 ≪資料≫  期首商品棚卸高 1000円     当期商品仕入高 50000円    期末商品棚卸高 2400円    という内容です。 答案用紙 (A)  決算整理仕訳      借方科目   金額   貸方科目   金額          ?      ?      ?      ? (B)  売上原価  ¥  ?      ?の答えを教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。

  • 簿記の売上原価の計算について

    簿記検定を受けようと今勉強中ですが、分からない所があるので是非教えてください。 決算のおける勘定記入での売上原価の計算ですが、この問題の意味がわかりません。 期首商品棚卸高\20、当期純利益高\90、期末商品棚卸高\30の売上原価計算。 わけが分からなくなっています。分かりやすく教えて下さい。

  • 簿記2級「売上原価の計算⇒売上原価勘定」について

    先日日商簿記3級に合格し、現在2級を独学で勉強している者です。 ひとりで勉強していて、「売上原価勘定」がいまいち理解できず、 質問させていただきます。 期首商品棚卸高が2,500円の下記(1)の仕訳について、売上原価の計算を売上原価勘定で行った場合、 (2)のようになると参考書にあるのですが、 質問1)なぜ(1)では「仕入」だったものが(2)で「売上原価」になっているのですか。 「売上原価勘定で行う」の意味がそもそもよく理解できません。 質問2)売上原価とは「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」のことではないのですか。 質問3)「売上原価勘定で行う」時とはどのようなときなのでしょうか。 仕訳(1) 仕入    2,500 / 繰越商品 2,500 繰越商品 1,100 / 仕入 1,100 損益    12,200 / 仕入 12,200 売上    17,600 / 損益 17,600 仕訳(2) 売上原価 10,800 / 仕入 10,800 売上原価 2,500 / 繰越商品 2,500 繰越商品 1,100 / 売上原価 1,100 損益    12,200 / 売上原価 12,200 売上    17,600 / 損益 17,600 質問の仕方に不備がありましたら申し訳ございません。 どなたかお詳しい方、ご教示いただけますようお願いいたします。

  • 簿記の売上原価の算定の質問です

    次の資料にもとづいて、売上原価を仕入勘定で計算する方法により(A)決算整理仕訳をしなさい。また、(B)売上原価を算定しなさい。 (資料)  期首商品棚卸高 1000円     当期商品仕入高 50000円    期末商品棚卸高 2400円 という内容です。 答案方法 (A)  決算整理仕訳   借方科目   金額   貸方科目   金額          ?      ?      ?      ? (B) 売上原価  ¥  ?    ?の答えを教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。

  • 精算表にて

    こんばんは、精算表への記載について 質問があります。 試算表の段階で 繰越商品 (借)50,000 仕入   (借)630,000 とあります。ここで精算表への修正として 「期末商品棚卸高は¥60,000である。売上原価の計算は 仕入勘定の行で計算する。」と問題があります。 正解としては下記の仕訳でした。 (1)仕入   (借)50,000 繰越商品 (貸)50,000 (2)繰越商品 (借)60,000 仕入   (貸)60,000 問題には「¥60,000」と記載のため、「(2)」の記入しか 行いませんでした。そのため精算表の金額もずれてしまいました。 「(1)」の仕訳が必要な理由は、上記のどの部分から読み取る必要が ありますでしょうか?。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう