• 締切済み
  • すぐに回答を!

時効取得の土地 相続税

夫名義の土地です。 以前は義父の所有でしたが数十年前に知人が時効取得しました。 しかし、知人名義に変更する前に義父が死亡し、現在は夫名義になった経緯です。 この状態で夫が死亡した場合、相続人である私にこの土地の相続税がかかるでしょうか。 夫も私も知人が時効取得したことを認めています。 また、夫が死亡した後に、時効取得した知人に名義変更するにはどのような手続きでしょうか。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数302
  • ありがとう数5

専門家の回答 ( 2 )

回答No.3

相続人からの(相続人による)登記が認められているので、ご主人の相続登記をする必要はありません。 判決を得てないことに関しては、あくまでも共同申請が可能ならば、知人も申請人になるので問題なく、もしその協力が得られない場合は、判決による登記になるということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

戸丸先生、重ねてのご回答ありがとうございます。 登記官が職権により登記を認めないケースがあると聞きましたが、 このケースの場合は、登記を認めないということは無いと認識いたしました。

戸丸 和夫 プロフィール

司法書士戸丸和夫事務所 戸丸 和夫(トマル カズオ) 群馬司法書士会 【対応エリア】群馬県を中心とした隣接県まで幅広く対応 【営業日】8:30~19:00(時間外希望の方は事前にご予約お願...

もっと見る

関連するQ&A

  • 時効取得の方法(流れ)

    私の祖父(母の父、以降A)が4月に亡くなりました。 そして祖父(母の父)の妹(以降B)が6月に亡くなりました。 Bは会社経営をしており、遠方に住んでおりましたが、Aは跡継ぎとして生家を守ってきました。 しかし、Bは遠方に行く前にAを騙し、Aの所有する不動産を勝手に抵当に入れてお金を借りたり、(Aの住んでいる家・土地はAが買い戻したものの、その周辺の)山・畑・庭についてはBの所有(抵当権複数あり)のまま、死亡してしまいました。 しかし、20年くらい前に、やはり血のつながった兄妹と言うことで和解し、Bの所有するこちらの土地(Aが住んでいる周辺地)は「今までの代償としてすべてAに譲る」ということで手紙を書いていたり、口頭でもそのように説明していたりしていたものの、それをどうしたらよいかわからず、私が祖父Aが亡くなってから発覚し、その手続をしようとしている矢先にBがなくなってしまいました。 Aには相続人が子3人おり、Bには相続人が夫・子で3人おります。 Bは死亡後に1億円の借金があることがわかり、Bの夫・子の2人は放棄、全員が放棄するとAの相続人である私の母たちまで相続が及ぶということで、Bの相続人一人Cが単純承認することとなりました。 そこでCに今までのいきさつを話し土地を名義変更したい旨話したところ、Cは「Bの意思どおりにしてよい」とのことで、Bの土地をAの相続人に名義変更してよいことになりました。 A側は司法書士・B側は弁護士がついているのですが、Aの司法書士は『時効取得』するのがよいのではないかといっており、Bの弁護士は顧問弁護士だったようですが、Bの相続人が全員放棄した際にAの子への代襲相続があることを知らなかった方で、どうも当てにならないのです。 ちなみにAの司法書士が、Bの土地についている抵当権についてはあとでもめないように話をつけてくれており時効取得したら、畑が農地であっても農業委員会の許可も必要ないし、一番よいと言ってくれています。 ただ、Bの唯一の相続人が1億円もの借金を抱えて、今後どのようにするつもりなのかわからないのですが、もしかしたら自己破産などを考えているのかもしれません。今のところ土地の時効取得には納得してくれています。 このまま司法書士にお任せして、『時効取得』としておけばスムーズに行くのか、Bが色々「それ必要なの?」という書類(こちらの土地の地図など)をCを通して送ってほしいといってくるのですが、それに応えていても特に問題ないのか・・・ このままスムーズに時効取得できれば、いいのですが・・・・

  • 時効取得について

    家で所有している土地に20年以上、 別の人が住み続け、(現在も固定資産税は家で払っており、上にたっているたてものはその人の名義に変更している)、 その土地のかわりに、別の土地を渡し、明け渡しをせまりましたが、明け渡してくれませんでした。 また元の所有者がなくなり、相続の件がでたときに、 土地を贈与すると伝えたところ、拒否されました。 そして、今頃になり時効取得といわれたのです。 時効取得は成立するのでしょうか。また、成立するのなら、相続のときに支払った相続税、固定資産税は請求できますか。 仕事場として、無家賃で土地を使われていたのですが、立ち退きをした後、産業廃棄物等の処分を 私どもでしたのですが、それも請求できるでしょうか。

  • 時効取得について

    相続財産(土地家屋)に関してご教示いただきたく質問させていただきます。 相続人は妻と先妻の子、現在の子二名の計四名となります。 被相続人が死亡後、土地家屋を相続することになりました(その他の財産は現金100万円ほどです)。 ちなみに遺言書はなく、また不動産評価は土地1200万円ほどと古家(築40年)になります。 さてご他聞にもれず、先妻の子は多くの現金を主張し、残された妻は年金暮らしでその家に住んだまま生活を送っています。 相続開始時には一度話し合いがありましたが、そこで話がまとまらないまま先妻の子からの音沙汰もなくなり20年以上が経過しました。 民法では所有権取得時効について「他人の所有物とわかっていても」占有したまま20年経過すると成立するように書かれていると思いますが、上記の例の場合では土地家屋の所有権は時効で取得可能と考えられるのでしょうか? 本人は所有の意思を持っており(だから住んでいるわけです)、夫の死後20年以上(実際の居住は40年前です)公然と平穏に占有しています。 また他人のものであるという認識もあります(正確には所有権の一部が他人のものという意識)。 なお後妻の子二名は特に異論なく母親名義の相続で了解しています。(ただし相続放棄ではありません) いつまでも死亡者の名義で放置するわけにもいかず、これを気に整理いたしたく思いご相談させていただく次第です。

回答No.2

登記の部分に限定してお答えします。 ご主人の相続人全員を申請人として(登記権利者・時効取得した知人、登記義務者・あなたを含む相続人全員の共同申請)、時効取得を原因とする所有権移転登記を申請します(原因日付は知人の占有が始まった日)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

戸丸 先生、ご回答ありがとうございます。 確認ですが、申請人に相続登記する必要は無いということでしょうか。 また、知人が時効取得したと言っても、時効期間が満了し、口頭で時効の援用があり、夫がそれを認めただけで判決は有りません。それでも、登記官は登記を受け付けると考えてよろしいでしょうか。

戸丸 和夫 プロフィール

司法書士戸丸和夫事務所 戸丸 和夫(トマル カズオ) 群馬司法書士会 【対応エリア】群馬県を中心とした隣接県まで幅広く対応 【営業日】8:30~19:00(時間外希望の方は事前にご予約お願...

もっと見る

関連するQ&A

  • 時効取得

    お世話になります。 時効取得についてお尋ねします。 20年前の相続開始時点で、被相続人が遺産の分割を 口約束で行う。A土地をa、その他の財産をbが取得するというもの。 分割協議書や遺言は特になし。登記名義は被相続人のまま。 相続税はかからない程度の総財産。           ↓ A土地の相続は口約束ではaになっていたが、 実際には当時から現在に至るまでbが管理維持を行い、 固定資産税の納付も行ってきた。           ↓ 現在になって、口約束で取得したとおりの分割を行うと aが言う。bも了解した。           ↓ 被相続人からaへの登記名義変更を行う。           ↓ 登記名義の変更が完了した時点で、課税関係はどのようになるのか 私見では、 ・時効取得による一時所得 ・過去の相続でaが取得すると口約束ながら一応決まっているので、  登記名義の変更を行っても、それが口約束どおりの分割であれば、  過去の相続で清算済みとして課税は発生しない のどちらかになるかと考えています。 アドバイスをよろしくお願いします!  

  • 土地の時効取得について

    私は、祖父の了解のもと、この土地の一部に19年前に住宅を建て住んでいます。 この土地は、もともと祖父が所有していたものですが、現在は遺産相続により父の名義になっています。 建物は、主人の名義で登記したのですが、父と土地に関する契約や話し合いは行ったことはありません。 父の死後、遺言などでこの土地を私が相続できない場合は、住み続けて(土地を占有して)20年ということで土地の時効取得はできないものでしょうか。 子や孫の代になって、土地の所有者から立ち退きを要求されたり、地代を要求されたりしないようにしたいと思うからです。

  • 土地の時効取得について

    土地の時効取得についてお伺い致します。 現在の状況ですが、 (1)戦後の農地改革でAさんに相続された土地がありました。 (2)おそらく曾祖父の代にその土地を数件の家で分筆しました。 (3)地籍図・公図を作成する際に齟齬があったのか、図上の本来居住しているはずの   土地と実際の居住地は数メートルずれています。 (4)実際の居住地は他人の名義になっています。 (5)名義人の現在を調べたところ、当該土地の相続人は全員生存していないようです。 (6)財産管理人を選任し、時効取得の手続きを踏む方法を勧められました。 そこで、以下の問題点についてお伺いします。 A:(6)の、時効取得の手続きの際にかかるであろう費用の額と日数はどのくらいになるでしょうか? B:提出が必要な書類等の取得であちこちするのは手間がかかるかと思うので、   事務手続的にどのような流れがベストでしょうか? C:司法書士さんにお願いするのでよいでしょうか? また、上記の(2)(3)について D:登記済権利証・相続税申告書・地籍図には、分筆後の番地が記載されていますが、   実際は、分筆された各土地の境界が周辺一帯で決まっていないようです。   そのため、各住人は引っ越しと共にその土地を売ることもできず、放棄放置しています。   司法書士さん・土地家屋調査士さんに依頼し境界を決めるべきか、   手続きの面倒さを考えると放置するべきか迷っています。       ・周辺住人(実際は更地・空き家)すべての同意が必要       ・必要経費が不明       ・係争が長引く可能性がある   土地の価格との天秤でしょうか? ややこしいですが、ご回答よろしくお願い致します。

  • 相続財産を相続人が時効取得できますか

    登記簿上、親名義の、親と住んでいた不動産があり、 親が死亡した後も、ずっと住み続け、占有していた場合でも、相続人は特別な事情( 他に相続人がいることをしらなかった等)が無い限り時効取得することは無いと思っていたのですが 最近見たHP http://www.theecorsairs.com/01/002.html では相続人でも10年占有状態が持続すれば時効取得できるとかいてあります。 実際の所はどうなんでしょうか?

  • 祖父母の土地ですが時効取得できるでしょうか?

    祖父母が入院中、祖父母名義の土地上に孫である私名義のアパート及び隣接する形で父名義の自宅を建てました。自宅にはなっていますが、アパートの一室です。そこには、私がずっと住んでいます。その後相次いで祖父母が死亡。祖父母には私の父とその姉そして、戸籍の上でその弟となる人物がいます。この弟となる人物ですが、戦時中祖父母の家を間借りしていた女の人が生んだ子で、時代が時代なので、父親のない子となるにはかわいそう(?)ということで、一旦祖父母の戸籍に入れた後、すぐに生みの女の人の養子として出ています。そういう事情なので、もちろん父やその姉は会ったことがなく、その弟は祖父母の死さえ知らないことです。 ただし、相続人にはかわりなく、そんなこともあり、名義変更していません。父のお姉さんはその土地の相続分は父にということで文書をくれています。 そこで相続がごたごたするならば、私が占有者で、時効取得できるかと考えます。アパートを建ててからちょうど20年が過ぎました。その間、土地の固定資産税は私が払っています。 (気持ちとしては、相続ですっきりさせたいところです。)

  • 土地の時効取得について教えてください。

    母の所有する土地のことで教えてください。 母は3年ほど前に祖父が亡くなった際、50坪の 土地を相続しました。その後、所有権の移転を行い現在固定資産税を納付しています。 土地は現在使用しておらず所有だけしているという認識でいます。 さて、その土地には隣接する100坪の土地があります。その土地には、Aさんという他人が住んでいて、50坪部分を庭として使用していると主張しています。 (建物を建てているというわけではありませんが) 祖父は亡くなるまで、定期的にその土地を見にいって不法に使用されていないことは確認していたらしいのですが、最近になってAさんより申し入れがありました。 もともと150坪が祖父の所有で、既に亡くなっているAさんの父であるBさんがその土地を100坪購入したとのこと。 その後残りの50坪も、祖父の妻の父(つまり祖父の義理の父)であるCが、Bさんに売却したとのことです。 しかし、祖父はその事実は認識しておらず、登記簿上の所有権は移転されていません。 現在祖父もBさんも、Cも亡くなっています。 Aさんは、Bさんが購入したのだから、当然自分に所有権が相続されると思っています。 ただし、固定資産税の納付書が自分宛に来たものを祖父に転送したという過去の経緯があり、所有権移転がされていないことを知るすべはあったと思われます。 母としては、祖父より相続した土地の所有権は自分にあると思っています。 仮にCがBさんに売却した事実があったとしても、祖父の認識のないところで、第三者が勝手に譲渡などできないはずと認識しています。 Aさんが売却されBさんの土地であったこと、もしくは現在庭のごとく使用していることにより土地の時効取得を要求してきた場合どのように対処すればよいですか? Bさんに100坪を売却し隣接する50坪を当方が使用しなくなってから50年が経過しております。

  • 共有地の時効取得について

    私の工場の土地がまったくの他人と共有地となっています。 共有地は時効取得できないと言われましたが、本当にできないんでしょうか? 生まれたときから当然のように使っていた工場の土地の1/2が、全くの他人の名義だと知ったのは、 父が他界し、その土地を相続して登記を変更したとき(平成10年)でした。 1/2は父名義、あとの1/2は昭和8年から登記の変更はなく、もちろんその方は亡くなっています。 私が家業を継ぐと決めて働き始めて40年以上たちます。 私が知っている上で、それ以前もその間も相手から何か言われたことはなく、 特に地代を払うこともなく、固定資産税も私が全て払って、現在に至っています。 平成10年に知った時、司法書士などに相談しましたが、「そのまま使っていたほうが面倒が起きない」と言われました。 相手の方は既に亡くなり、何十人も相続人がいると思われるとの事から、そう言われました。 しかしこのまま共有地のままにしておくことで不都合があり、何とかしたいと思っています。 そこで時効取得の話を聞きました。 10年もしくは20年占有していれば時効取得でき、裁判で確定判決が出れば、移転登記できるということです。 私が物心ついたときから工場はそこにありましたし、共有地だと知らなかったのは10年や20年ではありません。 早速司法書士に相談に行きましたが、共有地は賃貸契約しているから、時効取得できないと言われました。 しかし私は賃貸契約など交わしていませんし、父からも地代や賃貸の話も聞いていません。 よくわからず帰ってきてしまいましたが、こういった場合本当に時効取得はできないのでしょうか?

  • 売渡した土地を占有し続けた場合の時効取得

    Aさんは25年近く前に相続税等の関係から 甲土地を分筆し、Aの息子B及びBの家族(以下Bら)に譲渡する旨登記しました。 しかし、その実質、実体関係はなんら変化をきたさず Aは甲土地に住み続け、甲土地に関する税金の納付やその他の管理もAがしており また、AとBらの間で明示の不動産賃貸借契約の存在、更新手続き、 賃料支払いなどはありませんでした。 この場合、Aは通謀虚偽表示を主張して 甲土地が自らの所有にあることを言うことも考えられかと思うのですが 25年近くも昔のことであり立証等が困難であるとも考えられます。 そこで、時効取得の可能性を考えたいのですが 上記のような事例の場合、時効による甲土地所有権の取得は考えられますか? 時効取得を考えたとき、気になるのはAの占有が認められるかということです。 モノの本によると、時効取得に言う占有とは間接占有を含まないとのことで 上の事例が間接占有であるとすれば時効による取得は難しそうなのです。 さて、これはどのように評価されるのでしょうか?? よろしくおねがいします。

  • 土地の根抵当権時効取得裁判の申請について。

    土地時効取得について根抵当権者が死亡10年以上たち、かつ相続権を有する者がいない場合、土地の所有者は裁判によって根抵当権を抹消出来るとあると思いますが、根抵当権者が死亡して10年以上立っていれば、その後に土地の所有者が変わっても、新しい所有者がいつでも裁判を起こす事が可能なのでしょうか。 または、新たにまた、10年以上経過するまで待たなければならないのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 土地の時効取得について

    隣家と土地の境界について以前よりもめています。 数年前に50年ほど前に隣家より購入した土地の一部が登記がされていないことに気づきました。 売買契約書を交わしましたが、それもなくしております。 現在、土地の名義が双方とも子供に変更されていますが、土地の時効取得は可能でしょうか? 可能である場合、取得する方法を教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。