• ベストアンサー
  • 困ってます

配偶者控除38万円以内の誤差でも訂正が必要?

妻にパート収入がある場合の話です。 夫の年末調整の時点で、妻の年収予想が65万円程の場合、 妻を配偶者控除の欄に書き、所得の見積もり額を0円と書きますよね。 しかし翌年になって、実際には年収が75万円で、 所得が10万円だったことが判明した場合、 何か配偶者控除の訂正が必要ですか? こんな感じで、見積もりと誤差があるのが普通だと思うのですが、 みなさんは38万円以内でも訂正しているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数526
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

夫の税金について税務署が知りたいのは夫の税額がどうなるかだけですので、どちらにしても配偶者控除の範囲内に収まっているのなら、妻の所得を訂正する必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 訂正不要で間違いなさそうですね! 今回、たくさんの方から訂正不要という回答をいただきました。 最初に不要と教えてくださった、smileboxさんをベストアンサーとさせていただきます。

関連するQ&A

  • 配偶者控除と配偶者特別控除について

    配偶者控除と配偶者特別控除との違いは、配偶者の所得の違いなのでしょうか。 配偶者の合計所得金額が38万円だと控除額が0円なのに、38万1円だと控除額が38万円になるのが私にはよく理解できません。 的外れな質問をしているのかもしれませんが、この時期になるといつも疑問に感じています。 お分かりになるかた教えてください。

  • 配偶者控除(配偶者特別控除)について

    給与所得の金額は、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出するということですので、その年の給与収入が103万円以下であれば、給与所得控除額65万円を差し引くと、合計所得金額は38万円以下ですから、配偶者控除が受けられますよね? では次のような場合、配偶者控除の対象になるのでしょうか。 (例) 給与収入が120万円の場合 給与所得=給与収入-給与所得控除(120×0.4=48万円〈65万円)=120万円-65万円=55万円 この場合、38万円を超えているので配偶者控除対象外だと思います。 ここでよくわからないのが「基礎控除(38万円)」の考え方と「103万円を超えても段階的に控除が受けられる」という情報なのですが…。 段階的というのは、配偶者特別控除のことでしょうか。 また、配偶者特別控除の要件を満たしている場合は控除対象になるのでしょうか? 所得金額38万円超76万円未満〉55万円 所得55万円以上60万円未満=控除21万円? 初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 配偶者控除と配偶者特別控除の考え方について

    配偶者控除と配偶者特別控除の考え方について、自分は 下記のような認識を持っているのですが、正しいかどうかを 教えていただけでばと思います。 (1)妻の収入が103万円以下 例えば私の年収が500万円だったら、500万円-38万円(配偶者控除) =462万円に所得税率(10%?)が掛けられて、 その額(46,200円?)が毎月の所得税として給与から引かれる。 (2)妻の収入が110万だったら。 103万円を超えているので、配偶者特別控除として31万円 (何かのサイトで110万以上115万円未満は31万円と表に まとめられていました・・・・)が私の年収500万円から 引かれて、469万円に所得税率(10%)がかかって、 その額(46,900円?)が所得税として毎月給与から引かれる。 (3)この所得税額には年間を通して誤差が生じるので、 年末調整をする事で戻ってくる事がある。 (4)妻の収入が103万円以下の時に配偶者控除(38万円)があり、 103万円を超えると配偶者特別控除が登場する。 上記のような認識で正しいでしょうか?もし違っていれば ご指摘をお願いします。。。因みに基礎控除と配偶者控除は 同じですか?いずれも38万円なのですが。。。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • 3318r
  • ベストアンサー率15% (91/570)

ANo3です。 年末調整の申告は、給与の支払者に対して「本年中の所得の見積額」を申告しており、税務署での確定申告は配偶者控除の有り無しを申告しています。 確定申告に配偶者の所得金額を記入する欄はありませんが、38万円を超えているのに控除を受ければ違法です。 ちなみに、年末調整時の申告書は会社で保管し、税務署には送られませんので金額の訂正は不要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 38万円以内での誤差なら訂正不要で、38万円を超えた場合は確定申告で訂正するってことですね。 蛇足ですがお話から推察すると、 年末調整の書類は会社で保管するものであり、 配偶者控除について会社から税務署に伝わるのは、受けるかどうかだけ。 だから38万円の範囲内なら税務署のデータ的には何も変わらない。 だから訂正する意味はないって感じでしょうかね。

  • 回答No.5
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1843/4977)

課税標準が発生した場合でも配偶者控除範囲内の場合確定申告での訂正は必要ありません。 尚株式売買益や配当金については「特定口座源泉徴収あり」については「確定申告に持ち出した場合に限り」所得に含めて計算します。配当について総合課税配当控除の適用を受ける場合には配当だけ所得にカウントされます。 源泉徴収無しコースの場合少額配当申告不要制度を使いかつ課税対象20万未満(年調済みの場合の副業申告省略)についてのみ合算を免れます。 この場合は株式配当について総合課税配当控除の適用を受けようとする時には売却益の申告分離課税を免れませんから売買益と配当の両方が所得に入ります!申告書の「提出を免除」されている事と申告の「要否は別」になる為提出を選択した場合提出「免除による特典を放棄」して一般の「本則規定を適用」されます!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 38万円以内なら訂正不要ということですね。 せっかく詳しく書いていただいたので、 私なりに解釈すると 夫が株や何らかの理由で確定申告が必要になった場合でも 妻の所得の変動が38万円以内なら、 配偶者控除に関しては確定申告時に何も触れなくて良いということ。。 ですよね。

  • 回答No.4

国税庁の年末調整の仕方では確定額を確認するようにとは書いていませんので、 扶養親族等に異動がなければ特に訂正は必要ないと思います。 https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2015/01.htm 会社によっては、再年調の手間を省くため収入がある場合は 年明けに確定額を申告するように指示していることもあります。 ちなみに確定申告しても、配偶者特別控除を申告する場合をのぞいて、 扶養親族等の所得額を申告する欄はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 扶養親族の異動がなければ、つまり38万円の範囲内の誤差であれば、 訂正の必要はないということですね。

  • 回答No.3
  • 3318r
  • ベストアンサー率15% (91/570)

記入するのは「本年中の所得の見積額」です。 訂正の必要はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「見積額」はあくまでも見積もりですもんね。 だから「見積額」自体を訂正する必要がないのは分かるのですが、 「確定した額」を申し出る必要はないのかなって思いまして。

  • 回答No.1
  • qokw
  • ベストアンサー率25% (1/4)

奥さんの12月のパート収入分だけで10万円もの誤差はなかなか出るもんじゃないとは思いますが、出たとしても確定申告は翌年3月ですから十分間に合いますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 38万円以内の変動でも、夫は修正のために確定申告しなければならないということですか。

関連するQ&A

  • 配偶者控除について

    税金のことでわからないことがあります。 国税庁のタックスアンサーを見てましたが、 「配偶者のその年の給与収入が103万円以下であれば、 それに対応する給与所得控除額65万円を差し引くと、 合計所得金額が38万円以下となり、配偶者控除が受けられます。」 とあります。 ところで、妻は雇用先とはパートではなく、個人事業主との契約 ということになっており、毎年、確定申告をしております。 将来的に、妻が個人事業主から法人になった場合、 所得は、38万円としても、夫の扶養家族としての 影響は受けるのでしょうか? またその他、何か問題がありますでしょうか。

  • 配偶者控除38万円受けれるって?

    意味がわかりません。教えて下さい サラリーマンの妻で103万円以下のパート収入があります。その際配偶者控除38万円が受けれるって書面で読んだのですが、38万円もらえるって事でしょうか?一括で38万円もらった事が今までないので どうゆうふうに受けられているのか教えて下さい。 もらってるのでしょうか? 夫の年収は、もちろん1000万もありません。

  • 来年の扶養控除申告書の配偶者控除の所得見積もり

    主人が会社から来年28年の扶養控除等申告書を持って帰ってきました。 配偶者控除の来年の所得見積もりを記入するにあたり疑問があります。 多分来年はパート収入が60万円ぐらいで、所得見積もりは0円です。 でも、もしかしたら68万円ぐらいの収入があるかもしれません。 その場合、実際の所得は3万円前後になりますよね。 0円の所得見積もりで提出して、来年実際には3万円の所得があった場合、 来年主人の会社に言って訂正の必要がありますか? それとも38万円未満の範囲内なら訂正しないでいいのでしょうか? こういう数万円の誤差はみなさん普通にあると思うのですが、 どうなさっているのかなと思いました。

  • 配偶者控除38万円の記載について

    ある確定申告書で配偶者控除が38万円と記載されています。 これは、配偶者の収入が「0円~103万円の間」という事を意味していると見て良いのでしょうか? それとも配偶者の収入が0円だったという事でしょうか? (パートで働いていたと思うのですが・・・) よろしくお願いします。

  • 配偶者控除と扶養控除

    同様の質問が過去に多数ありますが、もうひとつ飲み込めないのでどなたか適切なアドバイスお願いします。 11月に結婚しました。 妻は昨年の12月に退職し、昨年度の年収は220万円(税込み350万円)くらいでした。今年度の収入は失業保険(話によると課税対象外だそうですが)の受給のみで、最近また勤め始めたばかりです。 私はサラリーマンなので、年末調整などは会社が代わりに行ってくれますが、会社への申請の妻の所得証明が昨年度分のものしかありませんので、そのような場合今年度の課税は昨年度所得ベースでの計算になるのでしょうか? また、妻は『配偶者控除内(103万円)』という仕事を探して最近勤めはじめましたが、配偶者控除の解説では38万円以上の所得がある場合は配偶者控除の対象外であるような記述がなされています。 本当に103万円の所得が妻にあった場合には控除対象外になるのでしょうか? 所得税に関する配偶者控除・扶養控除やいわゆる103万円の壁の意味が今ひとつ理解できませんので、どなたか手ほどきいただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 配偶者控除について教えてください

    配偶者控除が受けられるのは、「配偶者の年間の合計所得金額が38万円以下であること」と国税庁のHPに記載してあります。 ここで言う「合計所得金額」とは、給与などの収入金額から給与所得控除額を差し引いた金額と認識しています。(収入103万円だったら、給与所得控除65万円を差し引き合計所得金額は38万円) たとえば、配偶者が103万円よりもっと稼いで110万円の収入があったとします。 この場合は給与所得控除後の合計所得金額が45万円となりますが、それから生命保険料や社会保険料の控除、基礎控除額などを差し引いて、最終的に所得税がかからなくても、配偶者控除は受けられないのでしょうか? 配偶者控除の適用はあくまでも給与所得控除後の合計所得金額で判断されるのであって、それから所得控除がいくらたくさんあろうとなかろうと、所得税がゼロであろうと関係がないのでしょうか? 私の認識で合ってますでしょうか?

  • 実は配偶者控除の対象外だった場合

    昨年前半に結婚しました。妻は結婚前に仕事をやめ、その後専業主婦なので、会社には「妻の見込み年収ゼロ」と申告し、配偶者控除を得ていました。 ところが最近判明し、またよくよく考えてわかったのですが、 妻は昨年の途中に退職したので、それまでは給与所得を得ていました。そして、昨年に入ってから支払われた給与収入は、配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受ける上限金額以上だったのです。 この場合、確定申告をして、配偶者控除をなしとした税額を計算して支払う必要があるのでしょうか。

  • 妻の配偶者控除を受けられるか

    妻は働いておらず給与所得がありませんが、雑所得があります。 また、妻は住宅ローンを組んで自宅を保有しており、住宅ローン控除の適用を受けています。 妻の雑所得が基礎控除の38万円を超える39万円あり、住宅ローン控除によって所得税、住民税が全額還付となる場合、夫が配偶者控除を受けるための条件の一つである 「妻の年間の合計所得金額が38万円以下」 の合計所得金額とは今回の場合1万円で、夫は配偶者控除の対象とはならないのでしょうか。 それとも住宅ローン控除によって所得税、住民税が0円となるため、合計所得金額は0円と判断され夫は配偶者控除の対象となるのでしょうか。

  • 配偶者控除と主婦のパート

    このカテゴリーでよく「妻の所得が103万円以内なら配偶者控除38万円」と言うのを目にします。 これは年末調整で38万円が戻ってくるという意味ですか? そしてこれは妻が専業主婦の場合も同じく配偶者控除はあるのですか?

  • 配偶者控除について

     一昨年、妻が約85万円の利益を株式で上げました。妻は、源泉徴収ありの特定口座だったので確定申告せず、私は配偶者控除を申請し、確定申告しました。もし、妻が一昨年の分の確定申告をして、基礎控除分の還付を受け取った場合、私の一昨年の確定申告の配偶者控除は、どうなりますか?税務署から訂正の連絡が来ますか?教えててください。よろしくお願いします。  ちなみに妻の所得はそれ以外にないので、85万-38万=47万円が所得になります。配偶者控除は38万までなので、配偶者特別控除になるようです。