• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

反応速度、表面積、濃度の関係

あるガスをある液体に作用させある物質を作りたいのですが、反応をスムーズに(なるべく早く)進行させる為には接触表面積を大きくした方が良いのでしょうか?反応ガスの濃度を高くした方が良いのでしょうか? ガスの濃度を上げることは、濃度をそのままで表面積をどのくらい広くしたのと同じなのでしょうか? なにか関係式みたいなものがあったら教えてください。 ちなみに反応は  A + B → C で  反応速度は実験的に  dC/dt=[A]^2[B]^2 になっています。Bの接触面積を上げるべきか?濃度を上げるべきか? 誰か教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1347
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

aiko--さん、こんにちは! 実験式が正しければ、[A]が一定、[B]が2倍になったとき、この反応の反応速度(=Cの生成速度)であるdC/dtは、2×2=4倍になりますよね。 また、[A]=一定のとき、この速度式をtで積分するとC=k[B]^3(kは定数)となりますが、理論的には、接触面積が4倍になればこのkとdC/dtも4倍になると考えられますね。 (接触面積が4倍になれば4倍の数の気体分子が液体と反応できるわけですから、当然ですね!) つまり、[B]を2倍にするのと、面積を4倍にするのでは、どっちがラクですか?という問題になります。 けれど普通は、[B]も面積も、両方上げたらよいのではないでしょうか? それが難しい事情が何かあるのでしょうか? ただ、濃度について言うと、例えば10倍とか、極端に濃度を上げるのは、あまり良くありません。 濃度が濃いのに攪拌が十分でなかったりすると、急激に反応して危険だったり、余計な副反応が起きてしまったりします。 面積を上げる方法としては、 1.よく攪拌する 2.無数の小さな穴からガスを液中へ吹き出させる 3.ガスに液中を何度も、あるいは長い時間くぐらせる などが考えられるでしょう。 また別の方法としては、反応系の温度を上げるという方法もあります。 一般的な有機反応では、「温度を10℃上げると反応速度は2倍になる」といわれております(もちろん目安です)。 20℃だったら4倍ですね。 kは表面積だけでなく、温度の関数でもあるんですね。 速度を上げるのはいいですが、安全面に十分注意してくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 面積を2倍にすると反応速度も単純に二倍になるんですね。 濃度は実験より濃度を倍にすると二倍となるので、この反応では面積を二倍にするのと濃度を√2倍にするのは同じと言うことになるわけですね。 どうもありがとうございます。 早速実験してみます。

関連するQ&A

  • 固体の反応速度の濃度について

    気体Bが液体A中に拡散し,気液界面(AB界面)付近で結晶Cが成長する反応 (生成物Cが液体中に拡散せず,液体中の一部で結晶成長していく反応) A(l) + B(g) ⇔ C(s) を考えるとき, 正(逆)反応速度は, v1 = k1[A][B] v2 = k2[C] と書けると思うのですが, [C]はどういう濃度を意味しているのでしょうか? [A],[B]は液体中での成分A(B)のモル濃度を意味すると思うのですが, Cは液体中に拡散しないので,どのように濃度を取り扱えばいいのか分かりません.

  • 反応速度が反応物質の濃度に比例するについて

    反応速度が反応物質の濃度の積に比例する。なんでそうなるのかが分かりません。どなたか教えてください。お願いします。

  • 反応速度

    このたび、H2O2を使った反応速度の実験を行ったのですが、その際縦軸log(a-x)、横軸t(sec)のグラフを書きました。(a:初濃度、x:反応した濃度) ここでlogを使用したのはなぜでしょうか? 後、フィッシャーエステル反応、頻度因子とは何でしょうか? お手数ですがよろしくお願いします

  • 固体と液体の反応速度の求め方

    化学部で、硝酸と脱脂綿を反応させてニトロセルロースを作る実験をしていて、その反応速度を調べています。 ちなみに、この化学反応式は [C6H7O2(OH)3]n + mnHNO3 → [C6H7O2(OH)3-m(ONO2)m]n + mnH2O です。 反応速度は反応物の濃度のべき関数であらわすそうですが、固体(脱脂綿)の濃度はどのように扱えばよいのでしょうか? 一度、固体の濃度を一定と考えて、硝酸の濃度の関数として計算してみたのですが、どうしても、 v = k [HNO3]^n という形にはならず、 v = k [HNO3] + q という形になってしまい、うまくいきませんでした。(y切片が0にならない) どなたか反応速度に詳しい方がいらっしゃれば、固体と液体の反応速度の求め方を教えてください。お願いします。

  • 反応速度係数を求める問題

    反応速度係数を求める問題 以下の問題がわかりません! ご回答よろしくお願い致します! (1)一次反応の加水分解において、反応物質の濃度が最初の濃度の半分になるのに4時間かかる。速度定数を求めよ。 (2)ある一次反応において、反応物質の半分が分解するのに90秒要した。反応速度定数と、90%反応するのに要する時間を求めよ。 (2)の半分、というのはモル濃度が半分になったということでいいのでしょうか・・・

  • <<2次反応>>濃度と時間の関係式

    1次反応の『濃度と時間の関係式』は、 V=kC、-dC/dt=Vの2式から証明することで C=Co×e^(-kt) (C=濃度、Co=初濃度、e=2,7・・、) (k=反応速度定数、t=時間       ) と、なることはわかったのですが、 2次反応の場合はどうなるのでしょうか? また、1次反応と2次反応はどうやって見分けるのですか?

  • 反応速度

    この間、「反応速度の測定」の実験をしました。 実験内容は、酢酸エチルの加水分解を行い、反応速度定数および、活性化エネルギーをもとめるというものです。 測定時間はおよそ、10、20、30、40、50、60、80、100分おきにおこないました。 次の実験結果が得られました。 10(分) :2.41×10の-2乗mol/l(酢酸エチルの加水分解の結果〈測定時間〉  酢酸の濃度) 20    :3.37×10の-2乗 30    :4.37×10の-2乗   40    :6.55×10の-2乗 50      :8.74×10の-2乗 60    :11.19×10の-2乗 80    :16.97×10の-2乗 100    :25.19×10の-2乗 この結果からグラフを書いて提出した結果、先生に「このグラフは普通、右に上がるにつれて段々傾斜がゆるくなる。」と言われたのですが、 私の班の実験では、右にあがるにつれて傾斜が高くなる。という反対の結果に・・・ なぜ、右にあがるにつれて傾斜が高くなったのかがわかりません。 実験内容〈滴定など〉に間違った点はなかったと思います。 どうか、教えて下さい。

  • 化学平衡における反応速度と反応速度式の関係について

    教えて頂きたいことがあります。 化学平衡において、「反応速度」は反応物のモル濃度の減少速度または生成物のモル濃度の増加速度で表す。ただし、着目物質により、「反応速度」は変わる可能性があるので、化学反応式の物質の係数でそれぞれの「反応速度」を割ることで、その反応としての共通の「反応速度v」を定義できる、とあります。 一方、「反応速度式」より、v=([A]^x)×([B]^y)(A、Bは反応物)、X,Yは実験により求める、とあります。 それぞれについては、理解しているつもりですが、この「反応速度v」と「反応速度式v」の関係はどういったものなのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 反応速度

    大学入試の過去問をやっていたんですが、解答が見当たらない上にどうやっても解けなくて困っているのがあります;;カッコの中の数は指数です。 2×10(-3)molの一酸化窒素が入っている容積200mlの容器に、1.0×10(5)Paの酸素24.6mlを注入。するとそこでは2NO+O2→2NO2の反応が進行し、この反応は反応速度式v=k×[NO](2)×[O2]にしたがって進む。ただし反応速度vは単位時間に生成するNO2の濃度である。ここで0.1秒の時間内ではNOとO2の濃度が一定であるとみなす。 時刻0秒から0.1秒の間に6.0×10(-5)molのNO2を生成した。この間の平均の反応速度を求め、その値を用いて反応速度定数kを求めよ。 また[NO2]=[O2]となる時刻と[NO]=[NO2]となる時刻を求めよ。 です。考え方だけでも教えてくだされば助かります;;

  • 酵素の反応速度について

    生化学の実験で酵素の反応速度を測定し、 Km値とVmaxを求めました。 一番高い基質濃度が2,5mMで、Vmax=1,73になり、 Km値はVmax/2から、0,49になりました。 このときの課題で、 Q,ミカエリス・メンテンの式から計算すると、Km値の10倍の基質濃度での酵素反応速度は最大反応速度(Vmax)の何%か? というものが出たのですが、 式はv=(1,73×2,5)/(10+2,5)で合っているんでしょうか? どなたか教えていただけると助かります。