-PR-
解決済み

呼吸のリズムが狂う

  • 困ってます
  • 質問No.91919
  • 閲覧数919
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

おとといから、苦しいな、アッ息止めてるじゃない、という感じです。勿論数秒間の事です。胸が苦しいのと、酸素が足りなくなるからか頭が詰まった感じで、軽度ですが頭頂部が痛いです。気付いたときに慌てて深く息を吸いますので、又そこで呼吸のリズムが不自然になります。静かに意識してリズムを整えると、落ち着いてきて呼吸のことを意識しなくなります。そしてしばらくすると又「!」という感じでこの繰り返しです。なるべくドラマなどを見たりして、何かに気をそらして呼吸のことを忘れるようにしているのですが。数年前にもこんな事がありました。一体なんなんでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 24% (20/82)

広い意味で、一種の「過換気」だと思います。
息のし過ぎ、ですね。
呼吸のことは、忘れれるものなら、忘れましょう。

人間はほっといても、息してますって。
あなたは、息のし過ぎです。
忘れましょう。
お礼コメント
noname#4080

有難うございました。私もそうなのかなーって思ってましたので専門家のご意見を聞いて安心です。ビニール袋を口に当てて二酸化酸素を吸い込むようにすると直る、というのはまったく逆の症状の時でしたっけ?
なぜこうなったのでしょうかね。毎日をのんびりと暮らしているからかなー。呼吸が浅いのかな。それにしても歩くのと同じで、下手に意識すると呼吸するのって難しいですよねー。
投稿日時 - 2001-06-18 15:37:04
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 45% (157/345)

普段のんびり生活しているそうですが、運動はされているのでしょうか? もし、何もしていないようでしたら、軽いジョギングなどをして身体を動かすようにしてみてはいかがでしょうか? 人間、あまり動かないでいると呼吸に関する筋肉が固まってしまい、息が浅くなったりします。 テレビをみて気をそらすのいいかもしれませんが、そのときに立って身体をいろいろゆすったり軽くジャンプしたりを繰り返したりして身体をほぐすといい ...続きを読む
普段のんびり生活しているそうですが、運動はされているのでしょうか?
もし、何もしていないようでしたら、軽いジョギングなどをして身体を動かすようにしてみてはいかがでしょうか?
人間、あまり動かないでいると呼吸に関する筋肉が固まってしまい、息が浅くなったりします。
テレビをみて気をそらすのいいかもしれませんが、そのときに立って身体をいろいろゆすったり軽くジャンプしたりを繰り返したりして身体をほぐすといいと思います。

呼吸のリズムを自然にして、さらに深く呼吸できるようにするトレーニングもありますが、それよりも、まず、いろいろな運動をしてみることをお勧めします。


  • 回答No.3

>ビニール袋を口に当てて二酸化酸素を吸い込むようにすると直る これは過呼吸の時の対処法です。自分で出来るし効果もあります。 他に、呼吸の整え方として、左手か右手をグー・パーとゆっくり繰り返し、グーの時にはいてパーの時に吸います。手を見ながらあわせて深呼吸するのがコツです。 過呼吸は女性に多いです。きっと胸式呼吸だからでしょう。 暇の時に腹式呼吸の練習をしてみましょう。 ストレスをた ...続きを読む
>ビニール袋を口に当てて二酸化酸素を吸い込むようにすると直る

これは過呼吸の時の対処法です。自分で出来るし効果もあります。
他に、呼吸の整え方として、左手か右手をグー・パーとゆっくり繰り返し、グーの時にはいてパーの時に吸います。手を見ながらあわせて深呼吸するのがコツです。

過呼吸は女性に多いです。きっと胸式呼吸だからでしょう。
暇の時に腹式呼吸の練習をしてみましょう。
ストレスをためないようにしましょう。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ