• 締切済み
  • すぐに回答を!

結婚して二人目の子供は誰の子でも嫡出子?

結婚後200日経過後に出産した子供は嫡出子、となるのですがこれは婚姻前後で200日経過後であれば夫の子であろうということですよね。嫡出子ということになればその婚姻関係にある夫に養育義務が生じるわけですよね? もしそのまま婚姻関係にありながら二人目の子供を妊娠し出産した場合は、事実は関係なく問答無用でその夫の嫡出子となり養育義務はその夫にあるわけですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数213
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.4

●ご回答ありがとうございます。嫡出子推定拒否というのはDNA鑑定をもってすれば比較的簡単に通るものなのでしょうか?  ↑ 嫡出子推定拒否は通常、DNA鑑定は行いません。子どもの父親が、子どもを相手方、母親を子どもの特別代理人として、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に「調停」を申し立てることから始まります。調停から始まって審判に、という流れです。これは、家事問題ですので調停前置主義に基づいた対応になります。 父親は子どもが嫡出子でない事の証明をしなければなりません。例えば、父親が勉強とか仕事で海外に出かけていた。刑務所のお世話になっていた。失踪して行方不明であった。その他、夫婦共同生活が不可能であった事を主張しなければなりません。父親母親のそれぞれの言い分を聞いて、家庭裁判所の調査官が事実関係を調べます。血液関係ぐらいは調べるかも知れません。 ●逆にDNA鑑定なく妻も否定気味な場合にはおおよそ通らないものなのでしょうか?  ↑ 「妻も否定気味な場合」と、仰るのは、妻も子どもの父親は別に居る、ということでしょうか。妻が子の父親は違う、というように戸籍上の父子関係は血縁の無い父子関係だということを認めた場合でしょうか? もしそういう場合は、父子関係が存在しませんので、裁判所の調停調書(若しくは審判の)を持って、役所に出かけられて戸籍の訂正をする事になりますが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅れてすみません。ご回答ありがとうございます。「妻も否定気味な場合」というのは、別の男の子供だろ!と問い詰めても認めたがらないような場合です。当然浮気相手の男との連絡も取ろうとしない場合、もしくはゆきずりの浮気で所在も連絡先もわからないような場合などです。 満を持してDNA鑑定を行い、私の子じゃないことがわかった場合でも、妻が否定すればDNA鑑定の結果は考慮されず私の子ということになってしまい養育義務が発生してしまうのでしょうか?たいがいの場合妻が浮気を素直に認めないケースもあるとは思います。

関連するQ&A

  • 婚姻後200日以内の嫡出子?

    国際結婚をし今年の8月末に出産を控えているものです。 海外の日本大使館で婚姻手続きをしたために時間がかかり、3月末にようやく婚姻届が日本の区役所に受け付けられたようです。 最近知り合いから「結婚後200日後に生まれた子と200日以内に生まれた子では扱いが違う」と言われました。 自分なりに調べたところ、婚姻関係中にあれば嫡出子扱いになる事は分かって安心しているのですが、200日、という期間に関しての民法の説明がいまいちよく理解できません。 推定される嫡出子?推定されない嫡出子? いったいその違いはなんなのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂けると助かります。宜しくお願いします。 (下記は私が参考にした民法772条の説明です) 民法772条によると、「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」とあります。また、婚姻届が受け付けられた日から200日を過ぎて生まれた子、あるいは死別、離婚、又は婚姻の取消によって婚姻が解消した日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したと推定する。」ともあります。このような場合の嫡出子を「推定される嫡出子」といいます。反対に、推定される嫡出子でない子を「推定されない嫡出子」といいます。

  • 嫡出子について

    懐胎したとわかってすぐ婚姻したら推定される嫡出子になると思いますが、実際は推定されないですよね?あと婚姻成立から200日以内に生まれた子は推定されないですが、何で200日なんですか?

  • 推定されない嫡出子について

     身近にこのようなケースがあるため教えてください。  (1)婚姻後200日以内に産まれた子供は推定されない嫡出子となること、またその場合、(2)親子関係不存在の訴えなどを起こされる可能性があることについては少し調べて分かってきました。そして、(3)非嫡出子は嫡出子の1/2しか相続できないことは知っています。  そこでお聞きしたいのですが、これらの(1)~(3)の民法が改正されるような流れは、現在、存在しないのでしょうか?離婚後300日以内に産まれた子を嫡出子として推定するという法律は改正の可能性があるようなことを拝見しますが、その際、「婚姻後200日以内」の方も合わせて議論されたりしていないのでしょうか?  また、もし、改正があった場合、その時点ですでに産まれている子供に対して遡って適用される可能性はあるのでしょうか?  法律について無知ですので、教えていただければ助かります。  どうぞよろしく御願いいたします。  

  • 回答No.3

ご想像の通りです。

参考URL:
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_15/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

●結婚後200日経過後に出産した子供は嫡出子、となるのですがこれは婚姻前後で200日経過後であれば夫の子であろうということですよね。嫡出子ということになればその婚姻関係にある夫に養育義務が生じるわけですよね?  ↑ 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子。すなわち夫婦の嫡出子と推定されます。(民法772条1項)婚姻成立の日から200日後、又は婚姻終了の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定されます。(民法772条2項) 当然のこととして、嫡出子の父親は子の養育義務の責任が発生します。「嫡出子推定拒否」は、夫の訴えだけによって嫡出推定を覆すことが可能です。(1年以内の訴えに限る)但し、「父子関係不存在」の訴えの制限はありません。 ●もしそのまま婚姻関係にありながら二人目の子供を妊娠し出産した場合は、事実は関係なく問答無用でその夫の嫡出子となり養育義務はその夫にあるわけですか?  ↑ 夫が、嫡出子推定を覆す訴えを行わない限り、夫婦の嫡出子になります。結果、養育の義務は夫にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。嫡出子推定拒否というのはDNA鑑定をもってすれば比較的簡単に通るものなのでしょうか?逆にDNA鑑定なく妻も否定気味な場合にはおおよそ通らないものなのでしょうか?

  • 回答No.1
  • trytobe
  • ベストアンサー率36% (3455/9588)

現在は、DNA鑑定で実の父親か否かが判断できるようになったため、 ・婚姻関係にあるままの先に結婚している夫が、DNA鑑定を求めれば、その夫の子ではない場合に嫡出子としての親の責任は生じない ・DNA鑑定をまたずとも、妊娠させた男性が、その胎児が生まれてから「認知」することで、その男性の子とすることができる そして、妻は不貞行為で、夫からは慰謝料を一方的に請求された上で離婚が成立する状況にあり、それならば、実際の父である男性と再婚して、その子をその男性との間の嫡出子として戸籍に記載がある状態にすることを、「その子どもの将来を考えたら」決断する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。嫡出子推定拒否もしくは父子関係不存在というのは妻が否定している場合、DNA鑑定なくして認められることはないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 嫡出子について

    少し聞きたいことがあります。 もし、夫の不倫相手と子供が出来てしまい、勝手に嫡出子とした場合、妻と夫の子となると思うんですが、その場合、不倫相手は子供が居ない事になるんでしょうか?不倫相手がその子を育てていく場合、どういう事になるんでしょうか? もう一つ、婚姻前に夫以外の子が出来ていて、もし夫が何も知らず子供を育てていったとしても、何も問題無いのでしょうか? 低脳ですいません…。

  • 嫡出子について

    民法772条2条に『婚姻の解消若しくは取り消しから300日以内に生まれた子は婚姻期間中に懐胎したものと推定される』とあります。 そして同条1項には『妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する』となっています。 では婚姻解消してから懐胎し、300日以内に生まれた子は嫡出子で、夫の子と推定されるんでしょうか? また婚姻期間中に懐胎し、301日目に生まれた子はどうなるんでしょうか? 推定されない嫡出子でしょうか?

  • 推定されない嫡出子について

    「できちゃった結婚」のように、婚姻の成立の日(婚姻の届出の日)から200日以内に生まれた子供は、「推定されない嫡出子」に該当し、一方、「離婚から300日以上経過した子」ついては、あたらないのは、どうしてでしょうか。 ご教示よろしくお願いいたします。

  • 推定されない嫡出子

    婚姻成立の日から200日以内に生まれた子は推定されない嫡出子になるみたいですが、何で200日なんですか?懐胎したとわかった後すぐ婚姻すれば推定される嫡出子になると思うのですが、そういう感じにはならないのですか?

  • 嫡出子とは?

    婚姻中の女性が夫の子を妊娠し、その後離婚。離婚後の出産した場合、その子どもは、嫡出子OR非嫡出子。それとも離婚後何日後に出産などの規定がありますか。子の父親の推定期間と関係があるのでしょうか。認知とも関係がありますか?

  • 元女性の子が非嫡出子とされたことについて

    性同一性障害で女性から男性に戸籍上の性別を変えた夫が、第三者の精子を使って妻との間に人工授精でもうけた子を法務省が「嫡出子」と認めなかったらしいです。 生物学的な父子関係がないのは明らかだからだそうですが…。 そもそも戸籍って遡って適用されるものなんでしょうか? 婚姻関係にある男女の子は嫡出子、という法律に従えば普通に嫡出子なんじゃないでしょうか。 戸籍が男であれば当然法律上も(?)男でしょうし。 医療機関によって子が作れないと診断された夫の子は非嫡出子とする、なんてことは書いてませんよね? 生物学的な父子関係がないのは明らかというのが理由ならば、子供が作れない普通の男性のAIDによってうまれた子も非嫡出子とするべきですし、それなら第三者の精子を使って生まれた子は全員非嫡出子と定めれば良いと思うんですが。 話は変わりますが、今時DNA鑑定とかいくらでもあるのに女性はすぐ再婚できないとかいうのも意味不明です。 長くなりましたが質問は、 ・婚姻関係にある男女の子を嫡出子として認めない法務省は法律違反をしていることにならないのでしょうか? ・なんで女性はすぐに再婚したらいけないのですか? の二点です。 よろしくお願いします。

  • 嫡出子は養子にできない?

    子供Aが成人し、結婚している場合、その子供A(実子)を、Aの親は養子にすることはできるのですか? すでに、親子関係があるので、養子にはできないのですか? 子供Aは嫡出子です。 よろしくお願いいたします。

  • 母とその嫡出子でない子との間の親子関係は、母の分娩

    母とその嫡出子でない子との間の親子関係は、母の分娩によって成立する。 嫡出子でないのに分娩ってどういうことですか? 分娩って出産のことですよね? 誤植ですかね?

  • 嫡出の推定で200日と300日があるのはなぜ?

    嫡出の推定で200日と300日があるのはなぜ? 民法772条は嫡出の推定として、婚姻の日から200日を経過して生まれた場合と、婚姻解消若しくは取消の日から300日以内に生まれた場合としています。 なぜ200日と300日という違いを設けたのでしょうか。 どういう場合を想定しているのか、教えてください。

  • 子供は相続人になれるのか?

    正式に婚姻届を提出しない夫婦に非嫡出子の子供がいたとします。このときの親権者は単独親権である母親が親権者で戸籍も母親と同じところで子供は登録されると思います。 父親の相続財産は母親は受取人である相続人にはなれないと思います。(内縁関係できづいた共有の財産の場合は除く) では、子供の財産相続権はどうなるのでしょうか? 父親がその子を自分の子と認知すれば相続できるそうですが(父親が別の女性と法的に婚姻関係が成立している場合) 認知はふつう父親が戸籍上の届け出をすることによって行われるため、父母ともに何処にも法的に役所による婚姻関係が成立していない場合は単独親権の母親から戸籍を変える事は出来ない理由から非嫡出子を父の子供であると認知したくても戸籍登録が出来ない父親の非嫡出子は相続人にはなれないと言う理解で正しいでしょうか?もし、 かりに、相続が出来たとしたら、その相続財産は婚姻関係上にうまれた嫡出子の二分の一と減額されるようですが、 嫡出子がいない場合は(非嫡出子しかいない場合)どうなるのでしょうか?