解決済み

生活保護なのにクレジットカード作れてしまった

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9183898
  • 閲覧数1225
  • ありがとう数6
  • 気になる数1
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 76% (523/685)

私は生活保護の受給と障害年金の受給と二つの受給をして生活しています。

ある日パソコンから楽〇カードの申し込みをもちろんダメ元で面白半分で申し込んで

みました。

主な収入源は障害年金を記入する欄がありましたので、そこに年間所得を生活保護費を足した

合計約150万円と記入し送信しました。

すると、審査が通ってしまい、クレジットカードが送られてきたのです。

生活保護を受給してても、障害年金の部分は生活保護とは関係ないと思い、支払いは

障害年金で支払えばいいと思っているのですが、この場合でもやはり生活保護受給者の

クレジットカードの所有はマズイでしょうか?

または、カードを発行したカード会社にも責任はないのでしょうか?

楽〇カードはあまりにも審査が緩すぎます。

是非良いアドバイスをお願いします。
通報する
  • 回答数10
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
レベル13

ベストアンサー率 40% (601/1499)

他カテゴリのカテゴリマスター
>生活保護受給者の、クレジットカードの所有はマズイでしょうか?

誤った回答があるので、訂正です。
厚生労働省では、生活保護者もクレジットカードを所有・利用する事が可能です。
このOKWAVEだけでなく、他のHPでも誤った認識を堂々と載せている方が多いですがね。

>カードを発行したカード会社にも責任はないのでしょうか?

先に書いた通り、所管する厚生労働省が認めています。
こんな事は、カード会社の法務部門及びクレジットカード業界団体は承知済。
法令違反をしてまで、カードの発行は行いません。

>楽〇カードはあまりにも審査が緩すぎます。

楽天カードは、「発行枚数は、力なり」を地で行く会社です。
カードの発行枚数が多いと、それだけシェアが広まり「業界内での発言権強化」を目論んでいるのでしようね。
※また、合法的に個人情報を獲得する事が可能。
日本ハンナラ党と揶揄される民進党が、「政策・思想の統一をしないままで共産党・社民党との共闘」して統一候補を出しますよね。
右翼から左翼までの烏合の衆ですから、統一候補が当選しても「どの党の政策・思想を実現するの?」と何ら国会議員としての義務を果たす事が出来ません。
ただ「国会議員数は、力なり」しか考えていない証拠です。
イオングループ創業者一族である岡田代表は「勝算ラインを示さない事」で「選挙に勝っても負けても、辞任せず続投」を既に表明していますよね。
「数は、力なり」
内容が伴わない数は、力になりません。
楽天カードの凄いところは、(年会費無料のカードに多いのですが)カードの利用状況次第で「カードの更新をしない」「カードの利用停止」を行っているところです。
質問者さまも、利用金額にかかわらず定期的にカードを利用して下さい。
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

詳しい回答ありがとうございました。

生活保護者でもクレジットカード持つことができるんですね。安心しまし
た。

また、定期的にカードの利用のアドバイスも安心しました。

保護費支給日までに現金がなくなった場合にカードで買い物をすることが

多く、少し不安に感じていたところです。

詳しい解説ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-08 00:57:26

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.9
レベル7

ベストアンサー率 20% (1/5)

作れちゃたものは仕方ないです。でも、使うつもりならきちんと毎月の支払をしてくださいね(当たり前ですが)。そもそも、無職でも作れる楽天カード、質問者様の場合無職よりは収入があるお客様、と楽天カードの判断と受け止めてよろしいと思います。
楽天は未払いなどあると割とすぐにカード没収になります。気をつけてくださいね
  • 回答No.10
レベル14

ベストアンサー率 33% (5274/15708)

他カテゴリのカテゴリマスター
クレジットカードは、その申請内容に虚偽がなければ発行しても良いもので、発行しなければならないという条件もありません。

同じ様に、発行してはいけないという法的条件もありません。

ですから、発行されることはあります。
ただし、あなたが虚偽の記載をしていれば、利用途中でも、利用を停止や強制解除などは、いつでおも行えるわけです。

ですから、カード発行会社には責任はありませんし、それを理由にして支払いをしないということも通らないだけとなります。
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 61% (8/13)

 作るのと所有するまでは問題ないでしょうが、使ったら金を借りたのと同じ扱いになる可能性が高いかと。カードを所有しているだけで、保護受給中は使わないようにするのが無難です。
 使いたいなら、役所の担当に使ったらどういう扱いになるか、前以て訊いてみてからにすべきでしょう。借金と同等の扱いなら、所得として保護費が削減される筈ですよ、確か。

 カードを発行したカード会社に任はないですよ。
 そもそも、収入が障害年金受給なら、カード会社としては上客の部類で、楽天以外でもかなりカードが作れると思いますが。まあ金融事故がなければですが。
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

回答ありがとうございました。

実はもう使ってしまっています。今さら役所へ行って相談はできません。

このまま支払いが済むまで黙っていくのが無難かも知れませんね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-07 04:06:54
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (87/297)

作るのも持つのも使うのも自由です。

ただし、使用すると生活保護受給額が減る、もしくはなくなるかもしれません。借金も収入のうちですから、クレジットカードを使った分だけ収入が増え、生活保護は不要と判断されるからです。
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

もうすでにカードを使ってしまってます。それではカードの使用が

バレたらヤバイことになりますね。早く使った分を返済しておくのが

良いですね。

アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-07 04:13:20
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 14% (1418/9455)

カード会社は「毎月確実に収入があるかどうか」を審査基準にしています。生活保護もそれに含まれますから、一般的なものであれば入れる場合もあるかもしれません。
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

そうなんですね。それにしてもまさか本当に入れるとは思っても

いませんでした。カード持つと怖いですね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-07 04:18:31
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 61% (8/13)

 no.1です。
 黙っていてばれて停止というか不正受給を犯してしまうよりは、使った金額を収入として役所に正直報告すれば、次回その分を減らされるだけで済み、この後何の問題も起きないと思うので、絶対に報告すべきだと思いますが。

 やはり黙ってちゃいかんですよ。役所に不正とみなされる可能性のあるような行為は絶対に避けましょうよ。そんな一時しのぎは、結局後で自分が損するだけですよ。
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 59% (402/674)

クレジットカードを生活保護者が保有してはいけないと言う法律は有りません。

また、ショッピングの一回払いのみを利用している場合も問題は有りません。
ショッピング一回払いは法律上は借金ではないためです。

キャッシングや分割払いやリボ払いの利用は借金に相当します。
これらの利用をしてしまったなら、役所に相談して下さい。生活保護の支給額が減額になる可能性があります。

もちろん、カード会社に責任は有りません。、
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

詳しい解説ありがとうございます。

カードはリボ払いになっています。このままではヤバイですね。

勇気を出して相談するしかないですね。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-08 00:41:24
  • 回答No.6

申し込んだ人が生活保護受給者かどうかを知るすべは、カード会社にはありません。
収入が保護費だと知って、それを当て込んで発行したのならば悪質ともいえますけど、保護費をもらっているかどうかを調べるのは無理ですから。

クレジットカードを持った結果、あるいは使った結果、生活保護を減額、停止されたとしても、それは申し込んだ、使った本人の責任です。カード会社に責任はありません。
  • 回答No.8
レベル13

ベストアンサー率 59% (402/674)

如何にも尤もらしい回答にだまされないで、変に安心しないで下さいね。

厚生労働省は指針を示しているだけで、実際の実施主体は地方自治体の福祉事務所なのですよ。
実際、厚生労働省は生活保護者のパチンコを禁止していませんが、昨年別府市ではパチンコをしている生活保護者に対して生活保護の停止を行っています。
以下を参照。
http://diamond.jp/articles/-/85387

この事がニュースになったため、その後厚生労働省の指導が入り数ヶ月後に停止の中止をしていますが、このように支給は地方自治体の判断でなされます。

上記記事にも書かれていますが、別府市は「生活保護法第60条に基づく処分」としています。
生活保護法を見てみましょう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO144.html
(生活上の義務)として、第六十条には以下のように書かれています。
第六十条  被保護者は、常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持及び向上に努めなければならない。

「収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り」と記載されています。
クレジットカードを1回払いだけで使うなら問題ないでしょうけれども、手数料が発生し支払い時期を後ろに繰り延べしているだけのリボ払いを利用することは、「収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り」に反していると判断され、受給停止になっても仕方の無いことなのです。
お礼コメント
talan

お礼率 76% (523/685)

詳しい解説ありがとうございました。

私としては面白半分でどうせ作れないだろうと思って申請してみた

のですが、まさか送られてくるとはビックリしました。

既に数十万円分の買い物をしてしまっているし、カードもリボ払いに

設定してあるので、本当にヤバイですね。皆さんの意見を聞いてると

そもそもカード申し込んだ時点で間違ってました。役所に相談に

行ったらとんでもないことになりかねないですね。即使用を止め

早急に作ってしまった借金を返したいと思います。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-06-15 07:46:20
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ