• 締切済み
  • 暇なときにでも

自動車保険の弁護士費用特約とは?

先日、自動車保険の見積もりをした際に「弁護士費用特約」を勧められました。人身事故・対物事故で、弁護士に訴訟などを依頼した場合の費用が300万円まで補償されるという内容です。でも、示談交渉って保険会社が代行してくれるのではないのですか?大金払って保険入るのに、弁護士費用を自分が負担するのは不服です。この特約のメリット・デメリットを教えていただけませんか?あと、人身傷害補償特約で「精神的損害」も補償とありますが、この精神的損害とは、どうやって保険金額を設定するのですか?慰謝料みたいなものですか?保険に入るのは初めてないので???がたくさんです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数541
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6

【簡潔に】 双方に何らかの過失がある場合に限って、保険会社が示談を代行することができる。 普段我々が事故の際、保険会社が示談等いろんな面倒を見てくれると思いがちですが、本来これは弁護士のやるお仕事です。(弁護士法72条っていうのにそういうのがあります) ただ昨今のあまりにも多い交通事故の件数において、弁護士のみでは多くの案件を処理しきれないっといった現状もあり、双方に過失のある案件については『特別に』(ここは重要)保険会社が示談を代行できることになっております。 ゆえにご質問にある『弁護士費用』に関してですが、例えば万が一の事故の際、あなたに何の過失もないにも関わらず、相手が全く非を認めないとか、全く逆の事を言われてしまった場合、非常に有効な特約とでもいっておきましょう。(結果はどうあれベストは尽くせるでしょう) 保険料(掛け金)自体の負担は保険会社にもよりますが、せいぜい年間で数千円程度のUPにしかならないので、もし迷ってらっしゃるのであれば、弁護士費用を付帯されたほうがいいかと思いますが如何でしょうか? ※ 人身、物損に関わらず弁護士費用は使えます。(保険会社が認めてくれた場合、個人的に依頼された弁護士さんでもOKです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自動車保険のチェックお願いします!

    もう少しで自動車保険の更新なので、保険料の安い三井ダイレクトに変えようか検討中です。   保険の事等詳しくないので、付けておいた方がいい補償、重複している補償など、ご指摘頂きたいのですが…。 【賠償保険についての補償内容】 対人賠償保険 =無制限 対歩行者傷害補償特約 =なし 対物賠償保険 =無制限 対物超過修理費用特約 =あり 【傷害保険についての補償内容】 搭乗者傷害保険 =1,000万円 搭乗者傷害Wケア =あり 人身傷害保険 =一般タイプ、保険金額5,000万円 無保険車傷害特約 =2億円 自損事故傷害特約 =なし(人身傷害保険には同内容の補償が含まれます) 【車両保険についての補償内容】 車両保険 =160万円 タイプ =一般タイプ 免責金額 =0万円-10万円 事故付随費用担保特約 =あり 身の回り品担保特約 =10万円 代車費用担保特約 =なし 【その他特約についての補償内容】 ファミリー傷害特約 =アウトドアタイプ、家族型 保険金日額 =入院 5,000円 通院 1,000円 弁護士費用担保特約 =あり 原付特約 =賠償人身傷害タイプ     以上です。 よろしくお願いします!

  • 自動車保険について

    自動車保険の人身傷害補償を入っていれば、搭乗者補償は付けなくても良いのでしょうか? また、自損事故傷害特約はどういう時につければ良いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 自動車保険の弁護士費用特約とは・・?

    日新火災海上保険の自動車保険に加入しているのですが、更新の際に、弁護士費用特約を付けて更新するように勧められました。 以下の弁護士費用特約というのを確認したのですが、 ------------- 弁護士費用特約 交通事故の相手との交渉を弁護士に依頼する場合や、裁判になったときに必要な弁護士費用を補償してくれる特約です。 --------------- 自分が被害者になったときのために保険会社が存在するのであって、その際に法的トラブルが生じて、弁護士を雇うことになったとしても、それは、保険会社の本来業務であって、弁護士費用を加入者に請求するのは筋違いのような気もするのですが、この特約は、どういう趣旨で設けられているのでしょうか? 詳しい方、どうぞご回答下さい。

  • 回答No.5

【簡潔に】 双方に何らかの過失がある場合に限って、保険会社が示談を代行することができる。 普段我々が事故の際、保険会社が示談等いろんな面倒を見てくれると思いがちですが、本来これは弁護士のやるお仕事です。(弁護士法72条っていうのにそういうのがあります) ただ昨今のあまりにも多い交通事故の件数において、弁護士のみでは多くの案件を処理しきれないっといった現状もあり、双方に過失のある案件については『特別に』(ここは重要)保険会社が示談を代行できることになっております。 ゆえにご質問にある『弁護士費用』に関してですが、例えば万が一の事故の際、あなたに何の過失もないにも関わらず、相手が全く非を認めないとか、全く逆の事を言われてしまった場合、非常に有効な特約とでもいっておきましょう。(結果はどうあれベストは尽くせるでしょう) 保険料(掛け金)自体の負担は保険会社にもよりますが、せいぜい年間で数千円程度のUPにしかならないので、もし迷ってらっしゃるのであれば、弁護士費用を付帯されたほうがいいかと思いますが如何でしょうか? ※ 人身、物損に関わらず弁護士費用は使えます。(保険会社が認めてくれた場合、個人的に依頼された弁護士さんでもOKです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

他の方が回答しているように、こちらに過失が無い場合、保険会社は示談代行ができません。弁護士費用特約は、この様なケースで弁護士に依頼した場合、その費用が支払われる特約です。ただし死亡、後遺障害、入院が支払条件になっている場合がありますので、注意してください。 人身傷害特約は事故により生じた損害について相手方と交渉することなく、契約の保険会社より支払われる特約です。例えばケガの場合の補償内容は医療費、休業損害、精神的損害(=慰謝料)となります。 精神的損害の算定は簡単に言いますと、原則「入通院1日あたりの金額×日数」となります。 人身被害事故においては、人身傷害特約の設定保険金額が十分であれば弁護士費用特約は必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#11476
noname#11476

まず、保険会社が出来る示談交渉サービスというのはあくまでこちらに過失があり、賠償責任を負う場合にのみ可能なサービスです。それ以外は弁護士法に抵触しますので保険会社は間に入ることは出来ません。 (注:車両保険や人身障害を使い求債権を代位取得した場合は保険会社が後を引き継ぎますが) なので、こちらの過失が0の時というのは自分が直接相手と交渉しなければならなくなるので非常に困ることがあるわけです。そこで登場するのが弁護士サービスで、基本的にこちらの過失がない場合に使用できる特約で、弁護士が相手の交渉相手になってくれますので、有利に事を進められます。 精神的障害ですがこれはおそらく事故によりPTSDとなり、勤務を継続できないとか休業しなければならないなどの問題がおきたときなどに、補償されるものでしょう。 だから補償される金額は具体的なその休業による損失となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

「弁護士費用特約」というのは、以前から待望されていたんです。 といいますのは、以前はというか今でもですが、こちらが一方的に損害を被ったりケガをさせられたりした場合は、こちらの保険会社は動くことが出来ないためアドバイスぐらいしかできませんでした。 そして相手方がのらりくらりして全く賠償する気がないような場合、弁護士を雇おうにも自腹を切らなければなりませんでした。 こちらがいくらかでも悪い場合は、対人や対物の賠償保険の中から弁護士費用が出てましたが、一方的な被害者の場合は対象になりませんので自分で弁護士を雇うしかありませんでした。 そのための保険特約です。 「人身傷害補償特約」はあくまで相手方との交渉が長引きそうな場合、相手に代わって、本来相手方からもらうべき損害賠償金を立て替えるような保険で「精神的損害」を補償するというようなことは聞いたことがありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • choichi
  • ベストアンサー率29% (19/65)

例えば、自分に過失が無く、車をぶつけられた場合などに、弁護士を頼みたい・・、そのような時に役立つ特約でしょう。この場合いくら対物保険に入っていてもこちらに過失が無ければ、貴方の保険会社は、対物保険の範疇では動き様が無い訳ですから。その他、詳しい事はその加入する保険会社の相談センターなどにお聞きになった方がより正確です。 だいたい、フリーダイヤルがありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自動車保険、弁護士費用特約について

    対人対物無制限の自動車保険に入っていますが弁護士費用特約は必要でしょうか?事故の場合、通常保険会社同士で話しをすると思いますが、例えばこちらが被害者で相手が無保険の場合、保険会社は相手側と慰謝料含めて対応するのでしょうか?保険会社に聞けばよいことですが休日なので質問させていただきました。宜しくお願い致します。

  • 自動車保険のチェックをお願いします

    自動車保険の切り替えの時期が近くなってきまして ディーラーに依頼している損保ジャパンから三井ダイレクトに代えようかと検討しています。 保険の事が詳しくなく、付けておいた方がいい補償、 いらない補償など、問題がないかチェックをお願いしたいのですが。 【賠償保険についての補償内容】 対人賠償保険 =無制限 対歩行者傷害補償特約 =なし 対物賠償保険 =無制限 対物超過修理費用特約 =あり 【傷害保険についての補償内容】 搭乗者傷害保険 =1,000万円 搭乗者傷害Wケア =なし 人身傷害保険 =一般タイプ、保険金額5,000万円 無保険車傷害特約 =2億円 自損事故傷害特約 =なし(人身傷害保険には同内容の補償が含まれます) 【車両保険についての補償内容】 車両保険 =105万円(上限です) タイプ =一般タイプ 免責金額 =0万円-10万円 事故付随費用担保特約 =あり 身の回り品担保特約 =なし 代車費用担保特約 =なし 【その他特約についての補償内容】 ファミリー傷害特約 =なし 弁護士費用担保特約 =あり 原付特約 =なし それと住まいが九州の田舎なのですが 三井ダイレクトにしても事故対応の早さなどに (首都圏や都市部などに比べて)影響はないのでしょうか? おわかりになる範囲で結構です、どうかよろしくお願いします。

  • 自動車保険弁護士特約って必用ですか?(継続)

    ・・・自動車保険弁護士特約って必用ですか?・・・ アクサダイレクトに切り換えてから初めての継続時期になります。 最近(昔は弁護士特約はなかった)弁護士費用特約見掛けますが、これ って入るべきなんでしょうか?(車両なし) ・・・疑問もあります・・・ では、この弁護士費用特約やネット保険が出るまでの間は弁護士費用は どのように扱われてきたのですか? ユーザーが別途負担してきたのでしょうか? 支払いの金額を低くしようとしてきた・・・出来るのは保険会社だった ことから・・・想像では元々保険会社側が負担してきたのではありませ んか? 物損事故体験はありましたが、人身事故体験はありませんので実際の支 払い時にどのように行なわれていたのか良く分かりません!!! どうか・・・教えていただけませんか!・・・       よろしく、お願いいたします!!!

  • 自動車保険弁護士費用特約について

    弁護士費用特約についておしえてください。この特約をつけていた場合、上限が300万円となっているそうですが、事故の程度(損害の請求額)に応じて使える費用に制限があるのでしょうか。物損の30万程度のことでも300万まで使えるのでしょうか。300万は無理な感じがするのですが、ご存じの方ご教示下さい。

  • 自動車保険

    以前も質問させて頂いた事があるのですが また、自動車保険の更新日が近づいてきました。 入っていた所(SBI損保)がいろいろと規約が改定され、今年から同条件で保険料が値上がりするようです。(去年25390円から約1万円の値上げ) ※ABS割引、盗難装置割引、安全ボディ割引きなどの割引きがかなり廃止され、 割引が簡素化されたのが大きな一因ではないかと…。 それで再度、一括見積もりで見積もった所 去年の保険料より若干安めの損保会社(三井ダイレクト)を発見! そこで下記条件で契約しようと考えてるのですが、この条件で不備があればご指摘下さい。 ●保険証券について *eサービス(証券不発行)割引:あり ●補償条件 *使用目的:主に日常、レジャー使用 *運転者年齢条件:35歳以上補償 *運転者の範囲に関する特約:本人、配偶者限定特約 *子供運転者年齢限定特約:なし ●賠償保険についての補償内容 *対人賠償保険:無制限 *対歩行者傷害補償特約:なし *対物賠償保険:無制限 *対物超過修理費用特約:なし ●傷害保険についての補償内容 *搭乗者傷害保険:なし ・死亡、後遺障害保険金額:なし ・医療保険金:なし *搭乗者傷害Wケア:なし *人身傷害保険:あり(一般/保険金額3,000万円) *無保険車傷害特約:2億円 *自損事故傷害特約:なし(人身傷害保険には同内容の補償が含まれます) ●車両保険についての補償内容 *車両保険:あり(限定タイプ) ・保険金額:95万円 ・免責金額:5万円-10万円 *事故付随費用補償特約:なし *身の回り品補償特約:なし *レンタカー費用補償特約:なし ●その他特約についての補償内容 *ファミリー傷害特約:なし *弁護士費用補償特約:なし *原付特約:なし ―――――――― 保険金額:23,700円 ※免許取得から今年で3年目 ※今の所無事故無違反 ※年間走行距離3000k以下 ※普段は近場圏内(自宅から30分)のみ運転、数か月に1度の割合で50分圏内に行く場合あり 抑えて抑えてのこの保険料です^^; どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

  • 自動車保険

    自動車保険(ネット)選定につきまして 以下の4つでしたら、どこを選びますか? 運転者:自分、妻 年間走行距離:5000kmくらい 使用目的:普段買い物、レジャーなど 等級:20 (1)26.290円 対人・対物賠償:無制限 人身損害補償:3,000円 搭乗者傷害:1,000円 保険金額:160万円 種類:車対車プラス限定A 特約:家族内記名運転者限定特約、家族外運転者特約、車対車免ゼロ特約、証券省略割引 (2)27.970円 対人・対物賠償:無制限 人身損害補償:3,000円 搭乗者傷害:無し 保険金額:160万円 種類:車対車プラス限定A 特約:ゴールド免許割引、運転者限定特約、証券不要割引、ネット特約 (3)25.770円 対人・対物賠償:無制限 人身損害補償:3,000円 搭乗者傷害:1.000円 保険金額:165万円 種類:車対車プラス限定A 特約:ゴールド免許割引、車対車免ゼロ特約 (4)27.720円 対人・対物賠償:無制限 人身損害補償:3,000円 搭乗者傷害:無し 保険金額:165万円 種類:車対車プラス限定A 特約:エコカー割引 宜しくお願い致します。

  • 自動車保険の弁護士費用の特約

    今月中に更新を迎える自動車保険を保険会社を変えようかと思っています。 一括見積もりサイトで見積もって見たのですが、金額だけの比較しかできず色々迷っていると、ソニー損保の「日常生活弁護士費用等担保特約」が目に留まりました。 通常は交通事故だけの弁護士費用特約ですが、日常生活までカバーしてくれる弁護士費用特約があるとは知りませんでした。 そこでこの「日常生活の弁護士費用特約」がある保険会社を探しています。 私が探したところ、 ソニー損保、エース損保、AIU、三井住友海上がこの特約があるようです。 他にもこの日常生活の弁護士費用特約のある保険会社があったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 自動車保険の「弁護士費用特約」を使った方

    自動車保険の特約「弁護費用等補償」を実際に使った方、どういう場合に使用したか、役に立ったか、教えてください。

  • 自動車保険のチェックお願いします。

    来月、中古車を購入することとなったので、任意保険について検討しています 。 保険会社は三井ダイレクトを検討しています。 契約内容は妥当でしょうか。 以前の記事で搭乗者傷害保険と人身傷害保険は補償内容が重複するので、 搭乗者傷害保険は必要ないといったものをみたのですが、 これは、2つの保険に入っていても、片方からしか支払われないということでしょうか。 両者かけても差額は年4000円程度しか変わらないのですが、必要ないならカット使用と思っています。 また自動車保険とは別途、生命保険、自転車保険に加入しています。 主な移動は自転車(ロードバイク)で行うため。 購入車 H12 ワゴンR 価格 40万円 賠償保険 対人賠償保険 無制限 対歩行者傷害補償特約 なし 対物賠償保険 無制限 対物超過修理費用特約 あり 傷害保険 搭乗者傷害保険 1,000万円 部位・症状別払 搭乗者傷害Wケア あり 人身傷害保険 一般タイプ 5,000万円 無保険車傷害特約 2億円 その他特約についての補償 弁護士費用補償特約 あり よろしくお願いします。

  • 自動車保険の特約について

    最近入った自動車保険ですが特約で「お車損害時の諸費用負担(事故、故障等で動かなくなった時のレッカー移動、臨時宿泊、臨時帰宅等に要した費用の補償」とありますがこれを利用されてよかったと言う方いますか、実際役に立つのでしょうか。

専門家に質問してみよう