-PR-
解決済み

窓ガラスの水滴の流れ方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.91761
  • 閲覧数439
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 88% (325/368)

雨が降っている時に 窓ガラスを見ていると
ガラスについた水滴は まっすぐ下に流れ落ちずに
斜めに動いて 他の水滴にくっついて落ちていくます。
まるで 呼び合って 一緒になっているかのようです。

窓ガラスについた水滴は なぜ 垂直に 流れていかないのでしょうか?

不思議です。
ぜひ お教えください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (114/390)

油膜がなくても水滴はできます。(できにくくはなりますが)
水に限らず、液体には表面張力があるので水滴は常に作ろうという力が働いて
います。

水滴が垂直に流れていかないのは、表面の油分、汚れや目に見えにくい水滴など
が一様ではないことと、ガラスの表面が完全な平面ではないからです。

逆にガラスの表面にうま~く油膜をつくると表面が平面に近い状態になって垂直
に落ちて行きます。(厳密に言うとジグザグしてますが非常にそれが細かいため
垂直に落ちているように見えるのです)

ただしある程度大きな水滴になると、多少の凸凹や油膜のムラなどの影響が小さく
なって一気に落ちようとするため、垂直に(垂直に近い方向で)落ちて行きます。
お礼コメント
akiyotea

お礼率 88% (325/368)

さらに 詳しく お教えてくださって ありがとうございます。
これでバッチリ 理解できました。
ガラスの表面に 均一に油膜をつけて実験してみたいけれど、難しそうですね。
投稿日時 - 2001-06-18 09:47:04
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

そもそも水滴ができるのは、油膜が張っているからです。 油膜にムラがあるので、それで水滴が変な方向に移動します。 そこは水の流れ易い場所ですから、 その先には水滴がある可能性が高いと思います。 それで、水滴同士がくっつくと、今までくっついていた水滴が、 重さに耐えられなくなって流れるのだと思います。 ちなみに洗剤で油膜をきれいに落とすと、水滴はできません。 ...続きを読む
そもそも水滴ができるのは、油膜が張っているからです。
油膜にムラがあるので、それで水滴が変な方向に移動します。
そこは水の流れ易い場所ですから、
その先には水滴がある可能性が高いと思います。
それで、水滴同士がくっつくと、今までくっついていた水滴が、
重さに耐えられなくなって流れるのだと思います。
ちなみに洗剤で油膜をきれいに落とすと、水滴はできません。
お礼コメント
akiyotea

お礼率 88% (325/368)

油膜だったんですか!
気が付きませんでした。

ガラスが透明だと 油膜なんてついていないと思っていました。

なんだか のどにつかえていたものが取れた気分です。

ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-06-18 09:43:16


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ