解決済み

C-PTSDの合併症があっても社会生活が送れるのは

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9149460
  • 閲覧数212
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (37/37)

C-PTSDの合併症で解離性同一性障害があり、
躁うつと自律神経失調とベーチェット病を抱えても、
社会生活不適合を起こさず60年生きてこられたのは何故でしょう。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 80% (1188/1483)

健康・病気・怪我 カテゴリマスター
こんばんは

親の愛情と質問者さま自身が努力した結果だと思います。親にとって子供は宝物です。親の愛情は必ずあります。そして、質問者さまが自分自身を磨いて努力したと思います。努力しないと周りが変な目でみます。涙の数だけ人は強くなります。想像を超えるくらい60年がんばったと思います。わたしは若い女子ですが、努力した人生の先輩はとても好きで尊敬します。
お礼コメント
akiye2

お礼率 100% (37/37)

温かいお言葉に感謝してます。
十年肝臓ガンだった母を2002年に送り、
その後ともに暮らした父も2014年に送りました。
親の愛にお返しできたかと思っています。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2016-03-30 20:06:32
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ