• ベストアンサー
  • 困ってます

所有権移転登記

今私が住んでいる土地の名義のことです。 50年ぐらい前、祖父が購入したのですが当時権利書がなかったためか、所有権の移転登記ができていません。 既に代が変わっていますが、相手方も移転登記されていないのを知らなかったようです。 でも当時の売買契約書もないし、相続の手続きもむつかしいということで移転登記ができていません。 固定資産税の通知書がずっと来ていましたので市役所に聞きますと資料が残っている昭和45年から平成元年まで固定資産税を払っていますとのことです。平成元年以降は免税店未満で税額は0円です。 この場合の所有権移転登記はどうすればいいのですか。 取得時効による訴訟しか方法はないのですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1100
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

祖父は健在なのですか? また、そのが相手、つまり売主は健在なのですか? 売主が健在なら権利書がなくても「保証書」できます。 売主が亡くなっていても相続人らが承諾するなら当時の売主からあなた名義に直接できます。これは本来なら当時の売主(現在の登記名義人)から現在の相続人に相続登記をしそれからあなた名義にしますが「中間省略登記」ができます。勿論、相続を証明するための戸籍謄本と印鑑証明等必要です。何人いても全員の印鑑証明が必要です。更に相続が発生していても考え方は同じです。法定相続人を調べ、その者の承諾と印鑑証明が必要です。 その相続人が大勢いて印鑑証明がとれなく、または「契約書を見せろ」など云って所有権移転登記に応じないなら訴訟となるでしょう。 その場合の主張原因は「取得時効」ではなく「売買」となります。立証できなければに二次的請求原因にその「取得時効」を主張してもかまいません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 祖父も売り主も亡くなっており、相手方の後継者は既に3代目で相続人全員の印鑑証明書をとることが非常に困難なようです。

関連するQ&A

  • 不動産の所有権移転登記について

    不動産の所有権移転登記について 土地を売却することになったのですが、いずれ買い手が見つかった場合に「不動産の所有権移転登記」をすることになると思いますが、それはどのタイミングで行えばいいのでしょうか。売却代金を受領する前に移転登記を行ってしまうと、後から急に代金の回収ができなくなる(買い手が悪意を持っていた場合)等の危険はないでしょうか。それとも実際に売買代金のやり取りをしてから移転登記するものでしょうか。一般的にはどうなのか教えてください。また登記にはどのくらい費用がかかるものですか。あわせてお願いします。

  • 所有権移転登記ってしなくて大丈夫なんですか?

    宅建のテキストにAの土地をBに売却しても 別に所有権移転登記をしなくてもよいとある のですが。。。。 権利登記は義務ではないのは分かったんですけど 固定資産税がこの場合Aさんにかかって きちゃうんじゃないかと思うんです。 面倒じゃないのでしょうか? 素人なのでわかりやすくお願いします。

  • 年末と年始に続けて土地の所有権移転登記をしたい

    相続税対策で親の土地を贈与税の非課税の範囲で 毎年少しずつ贈与してもらうことにしました。 所有権移転登記は司法書士へ依頼する予定ですが、 毎年は面倒なので年末と年始で続けて2年分いっぺんに所有権 移転登記をしてもらおうかと考えていますが可能ですか? 来年の固定資産税評価証明書については年始では多分出ないので 無理なのかな?と思いまして質問させて頂きました。 よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

時効取得でも、登記請求権による移転登記でも、相手は現名義人です。結局相続人全員を相手にすることになります。しかし、もし、その中で同意しない人がいる場合には、裁判に勝ったときには、その人達は裁判費用を負担することになりますので「案ずるより産むが易い」と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.4

shoyosiさん売主は亡くなっているようですヨ もし、誰かが、その亡くなった人になりすまして、「認諾」すれば、まちがいなく「訴訟詐欺」に問われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 相手は所有権移転に異議がないようですので、相手に対して売買に基く所有権移転登記請求の訴えを起こし、相手から、請求に異議がない旨、陳述(書類で可)されますと、認諾調書が作られ、即、結審になり、認諾調書は判決と同じ効力をも持ちます。その調書を原因証として、登記したほうが、すっきりすると思います。

参考URL:
http://www01.u-page.so-net.ne.jp/ga2/den/sagi.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.2

>相手方の後継者は既に3代目で相続人全員の印鑑証明書をとることが非常に困難なようです。 そうですか、 3代も前からなら実際大変です。 しかし、訴訟するにしても死亡している売主を被告にできませんし、任意であっても相続人を全員確定しないと進まないです。 やろうと思えばできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。お互い訴訟は避けたく、相手方も非常に頭を痛めています。権利書も当初から紛失しています。 別の疑問ですが、市役所の課税方法です。登記簿上はまだ相手の土地なのに何十年と私の祖父と父が納税義務者として固定資産税を払っていました。

関連するQ&A

  • 所有権移転登記・土地の合筆について

    相続による所有権移転登記を自分でやりたいと思っています。 そこで、実際には一枚の土地なのですが複数の地番(所有者・地目共に同一)がある土地をこの機会に一つにしたいと思います。 所有権の移転登記と同時にできますか? またその場合、登記免許税はどのようになりますか? よろしくお願いします。

  • 所有権移転登記についてお尋ねします

    土地・建物を相続で移転登記するのですが、固定資産税評価格は移転登記を行うとき(現在)の評価格なのか事実発生(死亡時)の評価格なのか教えてください 移転登記の手続きが遅れてしまいした よろしくお願いします

  • 所有権移転登記に懸かる費用

    便宜上、法人で取得した土地を、知人名義で登記している土地があります。土地代金は、全てその法人が支払っております。名義を借りた知人との関係も良好ではありますが、真の所有権者に登記を変更したいと思っております。この場合、知人から法人へ所有権移転登記をする方法と、それに懸かる費用は幾らぐらいでしょうか?また、知人から個人へ同様に移転登記をする事が出来るのでしょうか?その場合の経費はどのくらい懸かるのでしょうか?アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 所有権移転登記の条件に特約?はできますか?

    私名義で所有する山林をAさんに所有権移転登記しようと思っています。この際に、山林の売買代金を¥0とする代わりに、Aさんがその山林を第三者に売却する場合は、その売却代金の3分の2程度を私に支払うということを条件として(特約的なもの?)Aさんに所有権の移転登記はできますか?また、その際に注意すべきことはありますか? よろしくお願いします。

  • 自分で所有権移転登記

    このたび、家を新築するに当たり土地の売買契約と建物の請負契約を同一の業者と取り交わしました。  このとちは、金融機関の抵当権が設定されていますが、土地代金の決済と同時に抹消することになります。私は、自分で上記土地の所有権移転登記を行いたいのですが、無理なのでしょうか。  通常は、抵当権抹消登記と所有権移転登記を同時に行って(金融機関の司法書士に依頼)するとは聞いていますが、出来れば自分でしたいのですが。  抵当権抹消後に第3者に移転登記等されていますと困るのでやはり上記の様なやり方になってしまうのでしょうか。

  • 遠隔地にある実家の所有権移転登記について

    今年の3月、大阪で一人暮らしの母親が死亡したため、現在、実家は空き家状態です。 さらには、私自身も今年の4月に東京から金沢に転勤し、実家の整理ができない状況です。 とりあえずは、固定資産税の関係もあるので、所有権の移転登記の手続きを進めなければと、漠然と考えているところですが、なかなか手が回らない状況です。 ところで、金沢の司法書士事務所(?)に、大阪の実家の所有権移転登記の処理をお願いすることは可能なのでしょうか。 ある意味、初歩的な質問かもしれませんが、アドバイスいただければ幸いです。

  • 所有権移転登記での委任状忘れ

    あくまでも仮想の内容ですが、下記の場合の判断をご教授願います。 ある遠方の方A(九州)所有の不動産を当方B(大阪)へ売買にて所有権移転登記を行います。 その時、当方B(大阪)が登記手続きを行うのですが、AよりBへの委任状をもらい忘れてしまい ました。本来、委任状を実印でもらわなければなりませんが、Aは忙しく当分会う事ができません。 Aに電話で相談すると、「登記原因証明情報に実印で捨印を押しているから、そこに{平成 24年○月○日売買による○市○丁目○番地の不動産の所有権移転登記の申請に関する 一切の件を代理人A(当方)に委任する}」と書き込んで登記申請して下さいと言われました。 たいへん雑ですが、この様なやり方で登記申請した場合、法務局では受理されるのでしょうか?

  • 所有権移転登記料

    ようやく気に入った土地がみつかり、購入申込書を書きました。 参考としての諸経費の内訳に所有権移転登記料というのがありましたが、40万円。これは相場なのでしょうか?地域によりいろいろらしいのですが、法的な基準はありますか?

  • 所有権移転登記についてお教えください。

    過去問をしているのですが、以下の「答え」の理解ができません。 問題: 被相続人から相続人の一人に対して始期付贈与(始期は被相続人の死亡)を原因とする始期付所有権移転登記の仮登記がなされた後に、その本登記を申請する場合は、受遺者が登記権利者、その他の相続人が登記義務者となって申請する。 答え: 被相続人が推定相続人の1人へ不動産を生前贈与した後、贈与による所有権移転登記がされる前に相続が開始した場合は、当該所有権移転の登記は、受贈者を登記権利者とし、共同相続人全員を登記義務者として申請する。 これは、推定相続人の1人のために死因贈与契約がされたことにより、目的不動産について、始期付所有権移転の仮登記がされた場合において、当該仮登記の本登記を申請する場合も同様と解される。したがって、受贈者を含む相続人全員を登記義務者として申請する 始期付死因贈与契約に基づき、所有権移転登記の仮登記を申請する場合、贈与者を登記義務者、受贈者を登記権利者として、贈与者の生前に所有権移転の仮登記をすることになると思います。 そして、贈与者が死亡したことで、仮登記を本登記にすることになるので、この本登記の登記権利者は受贈者、登記義務者は贈与者の相続人(贈与を受けた者を除く)が請することができると思うのですが・・・。 なぜ、受贈者も登記義務者になるのですか、受贈与も登記義務者になるということは、受贈与は登記権利者であり、登記義務者でもあるということなのでしょうか?

  • 宅地の所有権移転登記

     宅地を購入したいのですが、代金を振り込んでも所有権移転登記をしてくれない話を聞きます。所有権移転登記や抵当権などの抹消を確実に行い、租税滞納処分なども免れるためには、司法書士に頼めば、できますか。司法書士に頼んでも、確認すべきことがありますか。

専門家に質問してみよう