• ベストアンサー
  • 困ってます

β-グルカンとβ-D-グルカンの違いは?(リウマチ

  • 質問No.9142801
  • 閲覧数654
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
私は、関節リウマチを患い、間接が晴れて痛みを伴い移動する間接崩壊もまだ無い初期症状であることから、抗がん剤を薄めた「リウマトレックス」を週に3錠の処方を開始された所で、痛み止めも処方されましたが、(頓服)痛くて眠れないほどでもなくそれは使わずにいます。
診てもらっているところは、地元の総合病院「腎・膠原病内科」リウマチよりも腎の病気の人が多く人気?
日本リウマチ学会が認定するリウマチ教育施設で、その担当の先生は腎が専門ですが、日本リウマチ学会 リウマチ専門医で指導医の方です。
「生物学的~~注射の薬もあるんですけど、月4万円位します」と軽くお話がありましたが、薦められませんでした。
月ごとに血液検査等で見極めながら「リウマトレックス」の増量も検討と言う事でした。
そこで、私は今現在「チャーガ:ガバノアナタケ」を煎じて飲んでいます。
少し前までは、コーヒーが好きで一日マグカップで5杯くらい飲んでいたのですが、知人から「チャーガ:ガバノアナタケ」はβ-グルカンがキノコ類では一番多く、からだの中に取り入れやすい構造で、ロシアでは免疫系を正常に保ち高めると抗がん剤の素材として、血糖を下げるので糖尿病等にも使われていて、その他色々な良い免も兼ね備えた万能健康食品だからそれに換えたらと薦められて、信頼の置ける取扱店から大袋で取り寄せて一回10グラムを2リットルで煎じてコーヒー色の「チャーガ茶」を違和感が無く美味しいのでコーヒー代わりに一日マグカップ5杯飲んでいます。
メーカーに聞いたら、健康食品ですから・・夏場なんか結構水代わりに飲んでいる方も多いですとのこと・・・そこで、チャーガ:ガバノアナタケに含まれるβ-グルカンは尋常でないくらい多く含まれていると言うことで、ネットで検索してみるとβ-グルカンとβ-D-グルカンと言うのが出てきました。
β-グルカンとβ-D-グルカンは、同じものなのでしょうか?
膠原病や関節リウマチで飲んでいる方いますか?
リウマトレックスや生物学的製剤を飲んでいる方で日常飲用している方いますか?
それと、関節リウマチの方、何でも良いのでアドバイスいただければ幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 59% (483/807)

抗がん剤を薄めたというのはちょっとちがうのですが、リウマトレックス(メトトレキサート)というのは葉酸というビタミンの一種がDNAを作るのに必須だということを利用し、それが利用されることを阻害することで細胞分裂が活発ながん細胞や炎症関連細胞が増えることを抑えることが目的の医薬品です。
恐らくコバラミン(葉酸)の錠剤も処方されたと思います。これは副作用対策です

チャーガのβ-D-グルカン、あるいはβ-グルカンというのは同じものです。このDというのは構造によってD体とL体があるのですが、自然界にはβ-L-グルカンというのは極めて少ないので気にしなくて良いかと思います。
基本的に併用しても問題はないと思いますが、担当医とよく相談してください。ほかの検査値に異常(特に肝臓)がある場合は中止したほうが良い場合もあります。

リウマトレックスは切れ味の良い薬ではあるんですが(効き目が良い)、他のインフリキシマブなどの生物学的製剤は著効率はもっと高いんです。確かに高価ではあるのですが、考えてみても良いかもしれません。
痛み止めについては、我慢する必要はあまりないです。痛みによってストレスが起こり、免疫機能が乱れる方が問題なので痛かったら飲んでしまって大丈夫だと思います。
補足コメント
noname#217642
コバラミン(葉酸)は、処方されていないのですが、担当医に尋ねた方が良いですか?
投稿日時:2016/03/14 16:20
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ