• 締切済み
  • すぐに回答を!

遺言書についてお願いします。

よろしくお願いします。 遺言書を弁護士さんのもと書こうと思っていますが。 遺言書を書いても遺留分減殺請求などがあるという事を知っています。 ならば遺言書を書いても無駄なような気がします。 例え僅かでも遺留分を請求された人間はずっと相続されずに いることとなり、裁判を起こされても結局は遺留分を渡さなくては ならなくなります。遺留分を請求されているのに、仲が悪くなり きっと納得いかない裁判が続くだけで、遺留分を請求してきた人間の 言う通りにしないと収まりません。実印なんかも納得する迄押してもらえるわけでもなく 遺言書をいくら書いても無意味なような気がします。 どなたか、この何だか矛盾した「遺言書」について教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数516
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.9
  • tokx367
  • ベストアンサー率10% (40/373)

※第2回目の回答となります。投稿者貴方様の、お悩みお苦しみ含めて、いかばかりかと、切なき心中を、思い患う心に、人生苦労に対しまして敬意を含めて、お察し申し上げます。 ◎テレビドラマ等での、”遺言を書面で書き表す等と言う事は、現実問題としまして、”骨肉相食む事態を、その関係者ご一同様への、愛憎関係の”明ら様な、綱引き関係と醜悪な、感情的な亀裂を生じさせる基にも、成り兼ねませんでしょう。 ◎そして、民法等の法律事項の文言では、何とも、冷徹でヤレ、法定遺留分とか、個々の現有資産状況とか、将来への予測だとか、一般民間人・心情からすれば、結果として、やりきれなさだけが、残るものでしょう。弁護士先生の、お話しを、仮に聞かれても、”詰まる処、家庭裁判所へ、争議判定を委ねても、私人同士の言いたくない話し・聞きたく無い話も過去の事等に・・・と言った事も一切合切の真実を曝け出す事態になる事を、良く良く丁寧慎重に、お考えに、ならなければ結論等は、出ない・出難いものなのでしょう。 ※血肉分けたる肉親同士又は、義理がらみの、ご親戚同士での利害打算のみが、表面化致しますので、慎重にならざるを、得ないものでして、こうした、相談サイトでは、何とも第三者の立場では事更に、言及するのが、憚られるのが、結論となります。☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も見ていて下さり、親身に考えてくださり本当にありがとうございました。 ご回答いただきました下記のところですが 「私人同士の言いたくない話し・聞きたく無い話も過去の事等に・・・と言った事も一切合切の真実を曝け出す事態になる事を、良く良く丁寧慎重に、お考えに、ならなければ結論等は、出ない・出難いものなのでしょう。」 これは大いにあります。とてもよく理解できました。 何度も何度も感情、公平、不公平が頭をよぎりまとまらず、こちらに投稿させていただき 皆さんのご意見をいただきました。 本当に感謝するばかりです。色々とお世話になりました。 本当にありがとうございました。お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

関連するQ&A

  • 遺言書がある場合の相続について

    相続の流れについて、どなたか教えてください。 亡くなった父の遺言書の検認がこれからあります。(母は既に他界しています) 父は生前、全て長男に相続させると言う内容の遺言書を作成していました。 (私は父から生前に直接訊いています) 父の子は、私と姉と兄の3人です。 私と姉は遺留分を貰いたいと思っています。 でも、全く手続きの流れがわからずとても不安です。 家庭裁判所で検認が終わった後は、すぐに遺言書通りに預貯金や土地の名義変更ができるのでしょうか?(兄ひとりでできるのでしょうか?) 名義変更される前に、遺留分を請求して、遺留分を担保したいのです。 なぜなら、兄へ名義変更が済んでしまうと、兄は私たちに遺留分を渡さないと思うからです。 遺留分減殺請求より前に、手を打ちたいのです。 どなたか教えてください。

  • 遺言書による不動産相続

    自筆証書遺言や秘密証書遺言は家裁での検認の上、相続に使えるようになりますが、そこで質問があります。 1.明らかに法的に無効な遺言書(自筆証書遺言でワープロ打ち、日付が「吉日」のように曖昧など)も検認自体は受けられると思いますが、それをもって相続の登記はできますか?それとも法務局に拒否されるのでしょうか。 2.遺留分が侵害されたときは遺留分減殺請求を行うことができますが、明らかに法定相続人の遺留分が侵害されている(全て愛人に相続させるなど)遺言書による相続の場合、法務局は請求権が消滅するまで受理しないのか、一旦受理して将来的に遺留分減殺請求の上本来の相続人に相続させることが決まった時点で再度所有権移転を受け付けるのかどちらでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 遺言書偽造

    祖父がなくなった後で、おじ一人に全ての遺産を渡すと書かれた遺言書が出てきたのですが、結果的にその遺言書はおじが偽造したものだったということが判明しました。 弁護士が言うには、そのこと自体は大した罪ではなく、ウチの母の相続が遺留分から本来もらえる分に増えるだけだと言っているようなのですが、 どこかで 「遺言書に関して嘘のことを言ったら相続の権利を失う」と聞いたことがあるような気がします。 実際にはどうなのでしょうか。 相続が増える・増えないの問題だけではなくて、遺言書偽造がそもそもそんな「大したことない」罪だということにも納得できないのですが。。

  • 回答No.8
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1682/8718)

公正証書の保証人は、公証役場で紹介していただけました。 その事に関しては、心配する必用はありません。 遺言書ですが、親の介護はしたくないけど、お金だけは欲しいと思っている人が、とても多いです。 しかし、親の方は、子供にこれだけのことをしてあげているのだから、きっとみんなで看てくれるだろうと、気楽に考えています。 現実は、介護の押し付け合いです。 自分を大事にしてくれる子供にたくさん残すのが、公平と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も親身になって下さって本当にありがとうございました。 本当にそこですよね。今。もう既に私は一緒に住んでもらっている 娘夫婦がいます。私は何もしなくてもいいほどしてくれています。 甘えることなくと思って生きていくつもりでしたが、趣味が多く 孫にも見せてやりたいと思っているうちに、いつの間にか家事全般を してくれるようになり、又娘婿もとても優しくしてくれて 主人を早くに亡くしたあと懸命に寂しさを紛らわせてくれてかれこれ 10年以上となってしまいました。 日々感謝で、至れりつくせりで、何の不満もなく暮らしているのです。 もともと遺言書を考え始めたのはこんなにしてもらっている子供に それこそ全てでも与えてやりたいと思ったのがきっかけでした。 女の子ばかりなのですが、主人が居なくなってからお正月の挨拶にも 来ないし、1年に数回のメールなど色々と情けない日々をすごしていたのですが でも毎日お風呂に入る時に色々と考えるとその時には 何だかみんなで暮らした子供達の事を考えるとその寄りつかない子供も 懐かしく、小さい頃を思い出し、涙を必死でこらえる自分もいます。 でもやはりこの老後を支えてくれている長女にしないと不公平だというのが 持論です。 例えば別荘がありまして、親に会いにこなくてもゴールデンウィークなど連休は 私達が行くのでよろしくみたいなFAXやメールが届いたりしてこの連休の取りあいも みんな同じ連休なのにみんなその時に行きたいのに平気で取り合いしているだけでも 何とか考えてやらないとと思っています。 色々と本当に人生を振り返る又これからの僅かな人生をも考えさせられる ご回答いただき、心から感謝しています。 感情と公平、不公平が定まらずこちらに投稿させていただきました。 皆さんのご指導のもとしっかりと考えたいと思っています。 お世話になりました。本当に何度も有難うございました。 お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.7
  • tokx367
  • ベストアンサー率10% (40/373)

家庭裁判所管轄事なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答いただいていましたのに、インフルエンザで随分遅くなって しまい、大変申し訳ありませんでした。 そうですね、遺言書に納得がいかなければきっと家庭裁判所となると思っています。 そこで中立公正な話になると、遺言書できっと子供達は争う事が 目に見えてまいりました。 これは生前に少しは何とかして話しあえればと思っていますが。 私のこれまでの考えは親として恥ずかしいような公平な考えに基づいた 遺言書を考えていませんでした。 裁判所のお世話にならないように、もう一度考えて不公平にならないようにだけ 考えてみたいとおもっています。 ただ、それぞれの家庭環境が違う為本当に迷っています。 家庭には家族と言えども他人と言う配偶者がいますので どうしても自分の子供は可愛いけれど、その他人の事を考えてしまっていました。 家族が幸せならという考えにならないといけないと考えさせられました。 色々と勉強する機会を与えていただき、心から感謝しています。 大変お世話になりました。 本当にありがとうございました。お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.5
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

遺留分との関係で言えば、相手が減殺請求権を 行使しないかもしれません。 行使しても、法定相続分の半分だからそれなりの 意味はあると思われます。 また、遺言は被相続人の意思を表明するものと しての意味もあります。 お前は愛しているが、お前は嫌いだ、なんてのが はっきり判ります。 遺言書をいくら書いても無意味なような気がします。     ↑ 相続は「争続」とも言われ、兄弟姉妹の仲が悪くなる 最大の原因でもあります。 それを考えるなら、亡くなる前に、推定相続人と よく話し合いなりをして、皆が納得するような遺言に すればよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答いただいていましたのに、インフルエンザで気になって気になって 仕方がなかったのですが、大変申し訳なく思っています。 大変遅くなってしまいました。 沢山の方々にご回答いただいていました。 一般人の私としましては、hekiyu様のお返事に何だか私がしようとしていたことが そのままあてはまるような気がしました。 本当にその通りです。姉妹の仲が悪くなるというのが分かっていながらも 遺言書を残そうとしていました。 お前は愛しているが、お前は嫌いだ・・・のところに胸を打たれました。 私が亡くなるときっと今のままではそうとるだろうなと思い反省をしました。 的を得たご回答いただき心から感謝しています。 そうですね、一応子供達とそれとなく話し合ってからでも遅くはないかと 考え始めました。 色々とお世話になりました。心から感謝しています。 有難うございました。お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.4
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4037/14666)

日本の法律での考え方の問題なので、元の法律を変えない限りは無理です。 アメリカの遺言は絶対で、全額をどうにでもできますが、これはこれで遺言書の有効性などを巡って争いが起きます。また、当人の意思で全額を寄付してしまうとか何でもありなので、残った人間に悪感情を持たせる、ならば、そんなものを書く前に殺してしまうとか殺して遺言書を捨ててしまうなどという事もなくはないようです。 そこまでではなくとも、遺言書を書かせるために色々画策したり、生きている間にトラブルが絶えなくなります。 日本では、一定の枠をはめる事で自由意思に関係なく、つまり個人的な問題でなく公的に決めてしまえば、個人的な感情を減らせるのではというような事ですしょう、たぶん。 また、死んでいる以上、何の権限もない、残った財産についても、生きている人間が決めるべきだというような考え方もできるかもしれません。 どっちもどっちで、これがベストという答えが見付かっていないのが現状に思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答頂いていましたのに、インフルエンザでとても気になって気になって いたのですが、本当に遅くなって申し訳ありませんでした。 なるほどと何度も読ませていただきました。そう言えば外国では ペットでも相続させることができるのですものね。 でも読ませて頂いて、私も公的に決まっている事を何とかと考えていたのが 間違っていたように思います。 日本人である限り、法律に従わないといけませんね。 私はもしかしたら、偏った考え方を残し子供達を苦しめる結果となったかも 知れないととても勉強になりました。 本当に全てが込められた文章に納得がいきました。 色々と親身になって下さって本当に心から感謝しています。 お世話になりました。 お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.3
  • neneco3
  • ベストアンサー率43% (394/915)

 これは私の個人的な見解なので、世間一般的なものとはちょっと違うかもしれませんが、ご参考までに…。  私は、遺言書を書く意味で最も大きいのは、誰に”何を”遺すかという意思を示せることだと思います。法定相続分も遺留分も、どれだけの割合で相続できるかが示されているだけで、実際に何を相続するかは相続人同士の話し合いということになってしまって、これが揉める元にもなっていると思うことがあります。  相続財産で大きな割合を占めるのは、大抵の場合、不動産だと思います。不動産の相続は厄介で、誰か一人が相続して、残りの財産を他の相続人に不満がないように上手く分けられると問題ないですが、他にめぼしい財産がないとか、不動産だけの相続だと相続税が払えないとか、上手く分けることが出来なくて揉めてしまう、そして、目先の揉め事を回避するために共有名義にしたりすると、売ることも貸すことも容易に出来なくなり、揉め事の種をずっと抱え続けることになります。  遺言書を書くというのは、”誰に”何を相続させるのかを、明確にすることができます。そして、それを示すためには、自身にはどういう財産があり、その価値がどれくらいあるのかをはっきりさせる必要がありますから、相続税を払う必要があるのか、もしある場合、支払えるだけの現金を遺すことができるのかなど、相続税に対する対策を講じることもできます。  死後の揉め事を回避するためには、遺留分について考慮しておく必要があると思います。ですが、遺留分を確保してあるからと言って、不満を残さない相続になるとは限りません。例えば、生活圏から遠く離れた、建て直すことも容易ではない古家のついた住宅地などを遺されても、使い道がないだけでなく、固定資産税まで取られます。そんな土地でも売れれば良いですが、過疎地で買い手もいなかったりすると、ほとんど嫌がらせです。そんな不動産でも評価すれば遺留分を満たすからと、相続すべき財産として指定されていれば、相続した側は不満しか残りません。  相続というのは、金額・評価額だけの問題ではないと思います。何を相続するかによっても変わってきます。相続人それぞれの生活状況を考え、不動産や有価証券など、現金以外の資産をどう分けるかが、争いになるかどうかの重要な要素だと思います。被相続人であるあなたが、相続人の生活や性格をよく考え、金額以外の部分での配慮があれば、揉めることなく上手く分割できるのではないでしょうか。それを故人の意思として示すものが遺言書であり、内容によって故人の器量や人徳を示すことができるものだと、私は考えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答いただいていましたのに、インフルエンザで大変遅くなりました。 気になって気になって仕方なかったのですが、大変申し訳なく思っています。 何度も読ませていただいて、とても納得がいきました。 特に「相続人それぞれの生活状況を考え・・」という部分です。 そうなんですよね、それを考えてと思っていたのですが、きっと 私が思う事と本人達が違うときっと私を怨むかもしれません。 よって、結果私には器量や人徳がない結果になることも有り得ると しみじみと感じました。 少し遺言書は書きたいと思っていますが、遠回しにでも子供達と 一度向き合う事も必要だと考えました。 とてもいい勉強になりました。 何故かいい文面に感動いたしました。 本当にお世話になりました。 心から感謝しています。お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.2
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1682/8718)

遺言書は、公証役場で、公正証書として作ってください。 この証書があれば、他の法定相続人の、実印などなくても、相続手続きが完了します。 遺留分請求は、相続が終わった後に、それが欲しい人が裁判を起こして請求する形になります。 この遺言書では、遺留分など考えないで、一人に相続させることも可能です。 公正証書は、役場の人が、あなたの要望を聞いて作成します。 どんなことでも知っている、本当のプロですので、疑問に思うことは何でも相談してください。 予約制なので、電話で予約をして行ってください。 1回目は、説明と、土地の謄本とか、通帳のコピーとか、相続人の住民票など、必用な物を指示してくれますので、それをそろえて、次回行くようになります・ 合計3回ほど行けば、証書ができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とご回答いただいていましたのに、インフルエンザで気になりながら 本当に遅くなってしまいました。 どうかお許しください。 色々と皆さんご回答下さっていますが、公正証書作成は初めて丁寧に 探してみました。有難うございました。 これが一番かなって考えたのですが証人二人が必要とのこと 私は姉妹がおらず親もいなくて証人二人相続人以外ですから これが中々満たされないなあって考えました。 しかし、なんらかとにかく相談させていただいて いい方向にできるような気がしてきました。 本当に親身になってお教え下さったのに 大変遅くなり申し訳ありませんでした。 色々と勉強の機会を与えて下さってありがとうございました。 お世話になりました。お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで

  • 回答No.1
  • Pochi67
  • ベストアンサー率34% (535/1544)

 遺留分は、法定相続割合の半分です。  遺留分を請求した人をAとすると、「Aさんには遺産を遺さない」と遺言しても、Aさんは法定相続割合の半分を請求出来ます。  遺産を法定相続人以外の人に全部と指定しても、法定相続人達が遺留分を請求すれば、半分は取られてしまいます。  しかし、遺言人が望んだ人に残り半分は渡せます。  また、法定相続人以外を相続人にしたくても、遺言書がなければ、遺言人が望んだ人には一円も渡せません。  現金ならば、遺したい人には多く、遺したくない人には少なく指定することが出来ます(遺留分は諦めるしかないが、生前に特別多額の援助や生前分与をしたのでその分を引くということもある)。  不動産や金品等ならば、どれを誰にと指定してあった方が、分配もしやすいです。  相続人達に不満があれば、再分配を相談し、まとまらなければ裁判になるでしょうが、正式な遺言書は遺留分以外の部分は最大限尊重されます。  遺したい人が遺産をすぐに手に入れられないと困るような生活状況なら、贈与や生前分与をしておいてはいかがですか?  税金額は変わってきますが、生前に贈与したものと遺産は違うので、遺留分の請求は出来ないかと。  生前分与は遺産の前渡しなので、法定相続分から引かれるかも・・・ですが。  折角弁護士さんについてもらうのですから、遺言で何をしたいのかを話してみてください。  状況に応じた対策や書き方を教えてくれますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々とすぐにご回答下さっていましたのに。大変お返事が 遅くなって申し訳ありませんでした。 インフルエンザでもうとても気になって気になっていたのですが。 本当にご迷惑おかけしました。 沢山の皆さんが同じようにご回答下さっていて 何度も読ませていただきました。 そうですよね、遺留分は避けて通れない問題ですが 弁護士さんにもやはり相続分を偏った方法に書いていただくのは 何だか後ろめたい気持ちもしないでもないです。 と言う事は。偏った考えをしているとつくづく感じました。 本当に親身になって下さり有難うございました。 大変遅くなりました事心よりお詫び申し上げます。 お礼まで。

質問者からの補足

色々とお世話になりました。 何度も読ませていただきながら 皆さん私のBAであることに違いはなく お選び出来なかった事 心からお詫び申し上げます。 どうかお許しください。 私はずっとこちらを読ませていただきながら 前に進むつもりです。 ごめんなさい。有難うございました。 お詫びまで。

関連するQ&A

  • 遺言書と遺留分について

    遺言書と遺留分について 1、母親の全財産は長男一人に相続させる二男には一銭も相続させたくという遺言書を書いているとのことですが、仮にもしその母親が亡くなった時、二男には遺留分というか法定相続権はないのでしょうか? 2、借りにもし二男が遺言書があるにも関わらず、遺留分の相続権があるのなら、その母親から、生前贈与を、長男が受けておいた方がいいのでしょうか? どなたか御教示お願いします。

  • 遺留分侵害の遺言書について

    遺留分侵害の遺言書について 亡父が自筆遺言書で「死後遺産の全部を配偶者へ遺贈する」ー とだけ書き記してありました。 1)この遺言書の内容が配偶者に全部」という記述をもって相続人(子供4名)の取り分を侵害された・・・という解釈が成立するのですか。 2)遺留分侵害、つまり、減殺申立ては遺言書だけでは生前贈与その他の一切を合算して判定(判断)するときに遺留分減殺申立てができるのですか(死後遺産よりも生前贈与が数倍多い)。

  • 遺言書の効力

    父が死に子供3名が相続人です。 長男に全部相続するとの遺言内容です。 遺留分の割合は1/3*1/2=1/6ですか。 でも裁判になると遺言書はなんの効力もなくみな1/3になるのでしょうか。

  • 遺言書について

    基本的な質問なんですが、 有効性のある遺言書で、「資産の全てを○○に相続させる。」とうい記載があっても、遺留分として兄弟で分ける必要があるのですか? その場合、この遺言書を書いた意義ってあるんでしょうか?

  • 遺留分放棄したが遺言書があった場合は?

    生前に贈与を受けた為、遺留分放棄の手続きをさせられたが、死後に遺言書にて相続することが記入されて会った場合は遺言書の内容が優先されて遺留分放棄の件はなかったことになるのでしょうか?

  • 相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。

    相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。 現在、遺産分割協議の合意について裁判中です。 被相続人は私の父、相続人はその後妻である配偶者と、子2人です。 遺言書による後妻への指定相続か、遺産分割協議による遺言書を使用しないという法定相続という合意かで裁判で争っています。 そろそろ被相続人が亡くなって一年を迎えますが、法定相続になれば、遺留分減殺請求は必要ないと思いますが、万が一、指定相続になると、遺留分減殺請求をしなければなりません。 しかしながら、こちらとしては遺産分割協議の合意で遺言書を使わないと主張していますので、今、遺留分減殺請求をすると自分たちの主張と相反するところもあります。 かといって、万が一判決で遺言書による指定分割が認められたときには、もう既に遺留分減殺請求の時効を超えてしまっています。 そこで、今遺留分減殺請求を万が一確定判決が指定分割となったときのために、今、遺留分減殺請求をしておくと言うことは可能でしょうか? 又、その場合は内容証明でどのような内容で意思表示をすればいいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 遺言書について質問です。

    遺言書について質問です。 何かのサイトで「遺言書があっても相続人の全員が反対すれば遺言通りにしなくても可能」 とありました。 そこで疑問なのですが相続人が兄弟1人の場合、その兄弟が反対すれば遺言書に全財産を寄付とか書いていても遺留分どころか全て相続となるのでしょうか? 私の家族は現在高齢の母と兄のみです。 しかし、事情があり兄とは私が産まれたときから別に育ち疎遠で、仲も良くないので母が亡くなったら全財産を自治体に寄付しようと思っています。 遺言書さえあれば兄弟には遺留分ないからと思ってたのですが… あと証人が1人もいない場合は自筆証書以外方法がないのでしょうか?

  • 遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

    遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について お世話になります。 相続(遺言)に関して質問します。 【経緯】  遺言書が残されており、遺言執行者により証書どおりの財産分与が行われました。  その後、財産分与額に不満をもった人物が遺留分の減殺請求権を行使し、  裁判へと発展しました。そして、裁判が終了し遺留分の金額が確定し、  その人物に対して判決どおりの金額を満額支払いました。    ※判決に対する不服の申し立ては双方(原告・被告)ともにありませんでした。  しかしながら、その後、生前に口頭による遺言があったとして、  更なる分与を求める書面が届きました。 【質問事項】  (1)遺言書(公正証書)が存在している場合、   さらに、遺言書に記載のない内容が口頭にて遺言された場合、   口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?  (2)故人が口頭で残したと主張する遺言を証明する第三者が存在しない場合に、   口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?  (3)(2)とは逆で、証明する第三者が存在した場合に、   口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

  • 遺言書

    契約者、被保険者、満期受取人が、父親の養老保険者です。満期金を受けとるはずだった父が手続き途中で亡くなり、相続人である母が手続きをすることに。相続人は、父と母の間に私と弟、父と先妻との子供が2人。合計5人です。もめる事があるかもと、父は財産全てを現在の妻に相続させるという内容の公正証書遺言書を作成しておりました。 保険会社からは相続人全てがわかる戸籍謄本の提出を求められましたが、なぜそれがいるのでしょうか?遺言書の内容から母以外に相続人が何人いようと、保険会社には関係ないと思うのですが…。遺留分の事を担当の人は言っていますが、遺留分の請求をされる事と保険会社は無関係ではないのでしょうか? なぜ遺言書だけで、すんなり満期金を遺言受遺者の母に支払ってくれないのでしょうか? 遺言書があるのに支払いを拒む、これは違法ではありませんか?

  • 遺言書での債務の相続

    債務の相続は判例では法定相続の場合には、相続開始の時に法定相続人が法定相続分の割合に応じて負うとなっていますが、 遺言相続の場合はどのような配分が通説・判例となっているのでしょうか? 例えば、遺言書の中で法定相続人以外の他人に多額の遺贈が含まれていた場合には債務は法定相続人だけ負担しなくてはいけないのでしょうか? それでは実質的衡平な相続ではないですよね。。。。。 遺留分減殺請求で債務の相殺を図るのでしょうか? 考え方がよくわかりませんので、法律系の方よろしくおしえてください。