• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

押川春波の海底軍艦の小説ですが、一時は

押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「私わたくしはハツト思おもつて一時いちじは遁出にげださうとしたが、今更いまさら遁にげたとて何なんの甲斐かひがあらう」一時いちじは遁出にげださうとしたが、今更いまさら遁にげたとて何なんの甲斐かひがあらうとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 小説
  • 回答数1
  • 閲覧数26
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • bran111
  • ベストアンサー率49% (512/1037)

はっと思った瞬間に逃げ出そうと思ったが、ちょっと考えてみると、今更逃げ出しても、何にもならないだろうと思いなおした。」という意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます!

関連するQ&A

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、四五日前

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「なるべく艇ていの隅すみの方ほうへ押遣おしやつて、またもや四五日にち前まへのあはれな有樣ありさまを繰返くりかへして一夜いちやを明あかしたが、」またもや四五日前のあわれありさまを繰り返してとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、容易に

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「猛惡まうあくなる猴さるの本性ほんしやうとして、容易ようゐに手てを出ださない」 容易に手を出さないとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、考えておられぬ

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「人ひとか、魔性ましやうか、其樣そんな事ことは考かんがへて居をられぬ、」とはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、夢となくうつつ

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「いつか睡魔すいまに襲おそはれて、夢ゆめとなく現うつゝとなく、いろ/\の想おもひに包つゝまれて居をる時とき、」夢となくうつつとなくとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが。そうは行かない

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「島しまさへ見出みいだせば、直たゞちに助たすかる樣やうに考かんがへて居をつたが、仲々なか/\左樣さうは行ゆかぬ。」なかなかそうは行かないとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、とても話などの

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「誰だれでも左樣さうだが、餘あまりにシーンとした處ところでは、自分じぶんの足音あしおとさへ物凄ものすごい程ほどで、とても談話はなしなどの出來できるものでない。」とても話などのできるものでないとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、何になる

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「只たゞ一口ひとくちに、堪難たえがたき空腹くうふくを滿みたしたきは山々やま/\だが、待まてよ、今いま此この小ちいさい魚うをを、周章あはてゝ平たいらげたとて何なにになる」何になるとはどういう意味ですか ( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが。無益とならで

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、 「けれど吾等われらの勞力らうりよくは遂つひに無益むえきとならで、漸やうやくの事ことで島しまに着ついたのは、かれこれ小半日こはんにちもすぎてから後あとの事こと、」吾等の労力は遂に無益とならでとはどういう意味ですか、( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、千番に一番

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「其邊そのへん海嘯つなみの寄よせた樣やうな光景くわうけい、私わたくしは一生懸命いつせうけんめいに鐵鎖てつさを握にぎり詰つめて、此處こゝ千番せんばんに一番いちばんと氣きを揉もんだ。」千番に一番と気を揉んだとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。

  • 押川春波の海底軍艦の小説ですが、流れをも脱し

    押川春波の海底軍艦の小説ですが、「いつしか潮うしほの流ながれをも脱だつし、沙魚ふかの領海りようかいからはすでに十四五海里かいりも距へだたつたと思おもふ頃ころ、」潮の流れをも脱しとはどういう意味ですか。( ^ω^)_凵 どうぞ教えてください。