• 締切済み
  • 暇なときにでも

初詣に行ったりいただきますを言えば宗教?

今まで自分は無宗教かと思っていましたが、ネットで、初詣に行ったり、食事の際にいただきますを言う日本人は(特定の宗派に所属していなくても)無宗教ではなく、実際は無意識に日本的な複合宗教に所属している、というような話を見ました。 しかし自分は初詣は遊びとしていくだけで神様とか運勢とかはないと思っています。 いただきますも食事開始の合図以上の感覚はありません(なので1人で食事するときは言いません)。 お守りとかお札とかおみくじとかも普通のゴミとして捨ててます。 そんな私は無宗教なのか複合宗教者なのかどちらなのでしょうか。 仮に宗教由来の行為を行っていたとしても、そこに信仰心が全くなければそれは宗教的行為とは違うように思うのですが宗教学的にはどうなのでしょうか。 あまり詳しくないのでこの手の哲学や宗教関連に詳しい方がいればよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数138
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.10
  • 177019
  • ベストアンサー率30% (1034/3425)

貴方のご両親、ご先祖は無宗教でしたか?ご先祖にしても何らかの宗教を信じておられたと思います。その先祖の血を引いて生まれて来られたのですから、貴方個人は何にも信じていないから無宗教とは言え、それらの先祖の方々の偏頗な宗教の概念(宿命・業など)を受け継いでいる訳ですから、その運命とか業を正しい方向性に修正しながら生きて行かれる事が貴方に課せられた責務であると私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

親の宗教を子供が受け継ぐ義務はないと思います。

関連するQ&A

  • 義母の宗教行為は離婚の理由になりますか?

     私は無宗教です。正確には実家でなにかしらの仏教の宗派に所属していたのでしょうが、法事、葬式等以外で宗教に関係するような行為は両親ともにしておらず、私もしてきませんでした。特に実母は徹底的に無宗教の態度を貫いていたので、私は実家では法事にも参加したことがないほどで、宗教的行為といえばお墓参りくらいです。私自身はクリスチャンの学校に通っていたので、あえて宗教を選べといわれればキリスト教を選ぶと思います。  現在結婚していますが、義母が仏教徒です。お仏壇に手を合わせてお経?を唱えること、それからお正月やお盆など、いろいろな行事ごとに義母の信仰する宗教のお寺にいくことなどを強いられています。以前は私と子どもの改宗?を勧められましたが、それははっきり断りましたが、今でも上記のようなことはしなくてはなりません。また、全然宗教と関係ないところで、義母の宗教の話に結び付けられ、延々とその教えの素晴らしさ等を説かれます。以前、この宗教は無理な改宗は禁じているが、その教えを人に広めるという行為はしなくてはならないといわれている、と言われました。私自身はそのように延々と教えをとかれたり、またキリスト教の悪口を言われたりするのが最も嫌です。そして、上記のような行為をしなくてはならないのも苦痛に感じています。ですが、今一番悩んでいるのは子どもにも義母がこれから教えをといていくつもりであることです。小さい子どもに幼い頃から宗教行為を行わせたり、教えを説くことは無宗教で育てていきたいと強く思っている私にとって非常に苦痛で、さらに洗脳意外何者でもないように思います。 主人は宗教活動を進んで行いはしませんがお経を唱えなさい、と義母に言われれば「してみようかな」と思ったり、本人も義母にその宗教に入らされているので、「子どもも別に改宗させてもいいと思うよ」とか「毎日お経を上げて祈ることは凄いことだと思うよ」とどちらかというと義母側で、協力的ではありません。主人の実家は義父意外は皆義母の宗教に徐々に信仰していっています。 このような状況で、子どもを育てることに不安を感じ離婚を考えていますが、これは協議ではなく裁判になった時に離婚の理由として認められるものでしょうか?

  • 宗教関係 彼が創価学会員です

    付き合って半年くらいの彼がいます。 付き合ってすぐのころに創価学会員であると告白をされました。 彼の両親も学会員です。 とくに今まで創価学会がどうとか考えたことがなかったんですが、 「ほかの宗教を信じていると不幸になる」というようなことを言われてから、違和感を感じています。 そのことは話し合いきついことを言いすぎたと反省していたようですが・・。 今年から役員もするそうです。かなり信仰心は強いように思います。 ちなみに私は宗派的には曹洞宗らしいですが、とくに何をしているわけでもないので無宗教です。 役員とはどんな事をするのでしょうか。 自分でも何に違和感を感じているのか分からなくなっています。 この不安をどうしたら理解してもらえるでしょうか。 何でもいいので意見をください。 乱文、長文すみません。よろしくお願いします。

  • ハイタッチ

    ハイタッチ ハイタッチ(hjgh-five)は宗教的行為と言えるでしょうか? 所謂「験担ぎ」行為です。 ただしここで云う宗教は宗派宗教より広く解釈してください。

  • 回答No.9
  • kurinal
  • ベストアンサー率10% (128/1194)

>「たまたまある宗教の規定にそった行為をしていたとしてもそれがただの偶然なら宗教とは違うように思います。」 「違う」と言い続けて。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

意図がよく分かりません。

  • 回答No.8

>そんな私は無宗教なのか複合宗教者なのかどちらなのでしょうか。 キリスト教やイスラム教やユダヤ教など、いわゆる「アブラハムの宗教」を基準に考えると、あなたは無宗教と判定できます。 しかし、仏教を基準に考えると、無宗教ではなくなります。 仏教では「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」という考えを大切にしており、信心深いように見えない人でも仏さまになる可能性を持っていると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それはつまり私が「私と同じ宇宙に生きる人間はみな私の信者である」という教義の新興宗教を作れば全人類が私の信者になる、というのと同じレベルの話でしょうか?

  • 回答No.7
  • kurinal
  • ベストアンサー率10% (128/1194)

korikuno586様、こんばんは。 宗教が、行為を規定します。 >「お守りとかお札とかおみくじとかも普通のゴミとして捨ててます。」 ・・・宗教によっては、「断じて、許し難い行為」と映るかもしれません。 (ゆえに、「信教の自由」には、限界がある)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 たまたまある宗教の規定にそった行為をしていたとしてもそれがただの偶然なら宗教とは違うように思います。

  • 回答No.6
noname#219804

じゃあクリスマスに「メリークリスマス」といえばクリスチャンか? という話になりますね。 初詣や「いただきます」は日本人の生活習慣として定着しているので、とりたてて宗教色を気にしなくていいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やはりただの生活習慣と宗教は別ですよね。

  • 回答No.5

私も、今年の正月は神社へは行きませんでした(ここ数年ですが)し、「いただきます」もしたりしなかったりで、質問者さまのいわれる「無宗教」に近いのか、と思ったりします。 たしかに神棚(家にあります)に拍手を打つことはまったくといっていいほどありません(神棚を守るのは一家の主人の務めらしいです)が、仏壇には大抵日に一回は面と向かいますし、香をたく時もあります。 なので、無信仰者とは思いません。多くの日本人が仏式の葬儀をしますし、先祖の墓を持ち、年一回は墓の前で手を合わせるでしょう。質問者様は御自分の家族亡き後、それを野焼きにしてそのまま土に返し、省みないのでしょうか。 >初詣に行ったり、食事の際にいただきますを言う日本人は(特定の宗派に所属していなくても)無宗教ではなく、実際は無意識に日本的な複合宗教に所属している、 おおむね正しいと思います(初詣に行ったり云々は単なる代表的な例示でしょう)。ただ、初詣に完璧にレジャー気分で行く人は、それだけでは無宗教だといえるでしょうけれど、多くの日本人は初詣という行為に清々しさをかんじているはずです。 私見では質問者様は「複合宗教者」だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>たしかに神棚(家にあります)に拍手を打つことはまったくといっていいほどありません(神棚を守るのは一家の主人の務めらしいです)が、仏壇には大抵日に一回は面と向かいますし、香をたく時もあります。 私の家には神棚も仏壇もありませんね。仏壇は美術品の一種程度の認識しかありません。そもそも釈尊自体があの世については考察する意味がないと教えているはずなんですけどね。 >多くの日本人が仏式の葬儀をしますし、先祖の墓を持ち、年一回は墓の前で手を合わせるでしょう。 お墓参りは子供のころ親に連れられて何度か行ったことはありましたが内心では早く家に帰って遊びに行きたいと思っていただけでした。 >質問者様は御自分の家族亡き後、それを野焼きにしてそのまま土に返し、省みないのでしょうか。 死を省みることは宗教なのでしょうか? 宗教視点とは無関係に、人は親しい人が亡くなれば悲しいし、その死に対して心理的な区切りを付けようとするものです。その区切りを付けるのにあの世とか霊魂などのストーリーを付けるのが宗教というイメージです。 自分は祖父の葬式でもお坊さんのお経とかお話しとかは内心白けていましたし、第何会期とかで何万円も取られるのもアホらしいとしか思いませんでした。 別に祖父のことが嫌いだということはありません。むしろ好きでした。 でもやっぱりお坊さんが語るストーリーは非現実的で、ただの世間体的な形式にしか感じられないのです。 仏教を信じてる人にはそれによって死別の苦しみが癒されるなどの効能があるだろうと思うので宗教自体が無意味とは思いませんが。 あくまでも私自身の感覚です。

  • 回答No.4

あなた自身が思っているあなたと、他人が思っているあなたとは違うという、ごくありふれたことが宗教観でも起こっているだけです。 ただ気になったのは、「初詣に行ったりいただきますを言えば〇〇教」というのは言いすぎかもしれませんが、「初詣に行ったりいただきますを言うのは特に何の意味もない、という考えは無宗教である」というのももしかすると違うかもしれません。 「この世に神はいない」「御札などは単なる物体である」という考えを持った宗教も存在します。あなたが知らないだけで、あなたは何らかの宗教と同じ考えを持っていて、しかもそれはひょっとすると、その宗教から影響を受けた結果かもしれませんよ。もしそうだとすると、あなたは立派な信仰者でしょう。 ちなみに、文部科学省の信者数の統計というのは、個人に対して信仰を聞いたものではなく、宗教法人に対して信者数を聞いたものなので、個人の信仰とずれが有るのは当然でしょう。 信仰している人の数というより、その宗教法人が相手をする必要がある人の数、という方が正しいと思います。そういう意味では参拝客の数を答えるのは正当性があると言えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そこまでいくとただのこじつけにしか思えませんね…… まさに血抜きをしていればキリスト教徒だ、と同じような まあ金銭を要求されてるわけでもないのでいいのですが

  • 回答No.3
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

宗教の本質は、世界観(世界はどのように生じたか?)や 価値観(何のために生きているか?)であって、皆んなが やっているからする、というのは慣習に過ぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もそう思います。 なので、信仰心もないのに慣習的にたまたま宗教由来の何かをしていたからという理由で無宗教ではないと言われるのは疑問に思いました。

  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

宗教というと、キリスト教のような宗教を想定 するので、そういう疑問が出てくるのです。 日本の宗教、特に神道という宗教には、キリスト教の ような教義も経典(聖書)もありません。 それどころか信者である、との自覚さえ不要の 宗教です。 だから、文科省の調査でも、神道の信者は1億1千万も いる、ということになるのです。 神道では、遊びで初詣に行ったりしただけで、 それだけで立派な信者認定です。 いただきます、も同じことです。 そういう宗教もある、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それって例えばカルト宗教が「教祖さまと同じ空気を吸うものは皆信者である。よって日本全ての国民が信者である」って言い出すのと同じような気もしますね。

  • 回答No.1
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4558/16053)

海外の人がどう思っているかというのが質問の答えに一番近いような気がします。 YouTubeの動画で海外の反応をまとめた動画があるのですが、その中の一つに日本の宗教観についてのものがありました。 https://youtu.be/JomLQhGx9pU 「日本の宗教は生活様式や文化と密接に繋がりを持っている」というところにものすごく納得しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもこの動画は的外れな気もします。 キリストの教えに「食中毒を防ぐために肉は血抜きをせよ」というものがあると聞いたことがあります。この教えをもとに、血抜きはキリスト教的行事。よって血抜きをする人は全て無意識のキリスト教徒なのだ、と言っているかのような、変な気がします。

関連するQ&A

  • 結婚と宗教・無宗教:これって宗教の押し付け?

    つい先日、会員登録をしました初心者です。 質問するのも今回が初めてですので、皆様、何とぞよろしくお願いいたします。 今回質問させていただく内容はこのサイト内でもよくある内容ですが、「結婚と宗教」についてです。ただ、今まで質問については、どちらかというと特定の宗教を持たない方(以下、便宜的に「無宗教の方」と言います。)からの質問が大半だったような印象を受けましたので(もちろん日本人の大多数はそのような宗教観をお持ちだと思いますが)、今回特定の宗教(私の場合はキリスト教〔カトリック〕)を持っている者から質問させていただきます。 ※ただし、自身はそんなに敬虔なクリスチャンではありませんが・・・年に数回教会に行けばいい方ですし、普通に初詣へ行ったりもします。 私には今、婚約している女性(無宗教)がおり、結婚式のスタイル及び今後の結婚生活等々について少し揉めているところです(感情的に言い合ったりすることはありませんが)。 私が現在結婚式を挙げるにあたって検討している教会では、結婚式を挙げる前に、数回神父様のところに行ってキリスト教に関する基礎的な教義を聞くことが義務付けられています。私自身はそれが当然のことだと思っていますし、もし仮に自分が宗教を持っていない立場であっても「結婚に対する一つの考え方が学べるのだから別にいいや」って感じですんなりOKしてもらえるのではないかと短絡的な考えを持っていました。しかし、私の考えとは裏腹に彼女は頑なにそのこと(教義を聞くこと)を拒否しています。 彼女の主張としては、「結婚式は教会で挙げたいけど結婚にあたって事前に色々な教義を聞くのはイヤ」「宗教の強制ではないのか」と言うのです。私としては、元々彼女と自分の宗教が違っていることについてはお互い認め合っており、今回の行為自体は入信を強制する訳ではない旨説明したのですが、納得してもらえません。また逆に「もし教義を聞くのが嫌なら、そもそも教会で式をあげずに無宗教的な場所で(ウエディングドレスとかも着ずに)人前式で挙げるけどそれでもいい?」と聞くと、彼女は「教会で挙げたい。真っ白なウエディングドレスも着たい」と言うのです。私から見れば、彼女は要するに「形だけのキリスト教」に乗っかりたいだけにしか思えないのです。 ※私からすれば、ホテルや式場に備え付けられているような、まさに「形だけの」教会で式を挙げるのであれば、それは私にとって不快なものであり、いっそのこと「人前式」や「籍だけ入れる」といった選択肢の方がまだマシだと考えるのですが・・・。 今ではクリスマスも宗教色が抜け、日本の行事としてすっかり定着していますが、結婚式を教会で挙げることについてもそのような傾向は多分にあると思います。だから、彼女の気持ち(「宗教色のない教会」で挙げたいという気持ち)も分からなくはないのです。ただ、その気持ちをもって「他の宗教の教えを聞くことすら拒否する」のには違和感を覚えます。それとも、私のしていることは単なるエゴなのでしょうか?妥協点を見つけられずに悩んでいるところです。 そこで、無宗教の方、宗教を持っている方それぞれに質問です。 (1)無宗教の方へ:私は以上のように少なからずキリスト教の影響を受けて育った者ですので、持っていない方からすると「教義を聞く(聞かせる)」こと自体も強い抵抗感を覚えるものなのでしょうか?経験談等もあれば、それについてもお聞かせ下さい。 ※もちろん彼女にも「聞かない自由」はあるかと思いますが、形式だけとは言え教会での挙式を望んでいるのですから「聞く義務」もあるのではないかと思います。 (2)無宗教の方、宗教を持っている方両方へ:「彼女―私」の妥協点はどの辺りにあるかと思いますか? ※私の宗教観は申し上げた通りです。彼女は特に宗教を有している訳ではありませんが、初詣やクリスマス等の行事化されたものは普通に参加します。また、先祖を敬う気持ちもあり、実家に帰ったときなどは墓参りをするなど、私からすれば彼女も決して「(厳密な意味での)無宗教人〔無神論者〕」ではないかと思います。なお、私が宗教を持っていることについては「別に構わないし、それはそれで尊重する」とのスタンスです。 本当に本当に質問が長くなってしまい誠に申し訳ございませんが、皆さま一つよろしくお願いします。 ※補足説明:ちなみに両親の宗教については、 ・彼女側:両親とも無宗教。ただし上記質問に対しては、「娘〔彼女〕が望めばキリスト教でも一向に構わない」との返事を頂いています。 ・自分側:父―キリスト教、母―無宗教。ただし結婚について両親とも「当事者同士で決めたのであれば、特にキリスト教にこだわる必要もない」とのスタンスです。

  • 日本人の宗教観

    こんにちは。 日本では信仰が根付いておらず、宗教はあくまで冠婚葬祭等における習慣として残っているところが大きいと思います。 むしろ宗教に対してはネガティブな印象を持つ人が多いのではないかとも感じます。 「神様がいる」と信じている人はかなり少数なのではないでしょうか? それなのに、毎朝の占いで一喜一憂してみたり、お金を払って占い師に見てもらったり、おみくじで一喜一憂したりお守りを買ったり、祈祷やお祓いをやってみたりと、なんというか矛盾してるなーと感じます。 普段は神様を信じなかったり、信仰心の強い人を見て気持ち悪いと感じたりする人が、いざと言う時に神頼みをするというのはちょっと自分勝手すぎないでしょうか。 なんなら、イエス・キリストの誕生日にケーキを食べて、大みそかには除夜の鐘を突き、お正月に初詣に行く、という具合でしっちゃかめっちゃかに宗教を取り入れて楽しんでいるのに信仰に対して悪いイメージを持つ時点でもうめちゃくちゃだと思います。 なぜこのような状況になってしまったんでしょうか?それとも私が勘違いしているだけで、ほとんどの人が神様の存在を信じているのでしょうか?

  • 日本人の宗教への意識の変化

    いま、宗教っていうと 一般にあんまり良いイメージがないような 気がします。 でも、日本史の授業でよくその時代の宗教を 学びます。そこでは現代と違って、それこそ 法然、親鸞、日蓮、最澄、空海、イエズス会、 仏教とかのかなりの種類の宗教や信仰があります。 現在、私たちの生活の中に盂蘭盆会とか 初詣とかっていう行事とかが根ついている 一方で自分がどの宗派に属しているとかを 意識する機会って葬式くらいで、宗教が生活から むかしよりも遠ざかっている気がしています。 それにプラスして、「宗教はよくないことだ」っていう マイナスイメージがあるのは、オウム真理教とか、 以前では、死体と暮らしていて、この人たちは生き返るんです と言っている人がいたり、ハーレムの人がいたり、 最近では二日前の痴漢とかのいかがわしい行為をする カルト集団とかが関わっているからだと思っていて、 それらと同時に、(最大級なのかな)創価学会の 存在があって、一般に創価学会についても良いイメージって ありませんよね。 そこで質問です。 どうして、こういう風になってしまったのでしょうか。 具体的に言うと、どうしてカルト教団が増えてきて その他の、浄宗とか日蓮宗とかが目立たなくなってきた(?) のでしょうか? それと、上の質問と重なってしまう部分がありますが、 「自分は無宗教です」みたいな人が増えてしまったのでしょうか。 さらに、僕は「増えてしまった」という表現を用いましたが、 これっていうのは、海外の人たちから見て 『「日本人は~」って宗教についてよく疑問に思われる』 というとこを以前耳にしたことに由来していて、 宗教を意識しないことってどこか不自然なんですか? 僕は、宗教がなくても生きていける、って思うんです。 というのも宗教に「すがる」っていうのは「なにかにすがりたい」 っていう感情からなのかな~って思うところがあって、 僕は、なにかにすがりたいって今現在思わないから そう思うんです。 どうして宗教に惹かれるのでしょうか。 すがりたいからなのでしょうか。 さらに、どうしてアメリカ人(?)とかはキリスト教を 信じているんですか? すがりたいから、とかっていう感情以前に それが生活になじんでいて、同時に国教に定められているから なんですか? 質問をまとめます。 1、何故カルト教団が増えてきてその他の、 浄宗とか日蓮宗とかが目立たなくなってきた(?)のか。 2、宗教に対してマイナスイメージを持つようになった原因は? 3、何故「自分は無宗教です」人間が増えてしまったのか。 4、宗教を意識しないことは不自然なことなのか。 5、宗教に惹かれるのは、何かにすがりたいからなのか。 長文になってしまいました。 読んで下さった方、ありがとうございました。 回答待っています。

  • 宗教と恋愛

    先日、僕の彼女がある宗教に入信している事を打ち明けてくれました。 なんでも、結婚する条件が僕自身にもその宗教に入信しろとの事でした、 今のところ、熱烈な信者?という素振りも見えないし、周りを勧誘すると言った世間的に見て嫌われがちな行為は行ってません。 しかし、「僕と宗教だったらどっちを取る?」と質問をしたところ微塵の躊躇も見せずに「宗教」と答えました。 宗教は確かに心の軸となるものだと思ってます。人を救う力があるのかもしれません。 実際に彼女宅は一家心中レベルまで追い込まれていた時期があったそうです。その時期に友人に勧められて入信し、なんとすべての問題が解決したそうです。そのような過去もあってか、彼女の心の奥にはどこか宗教の影が見え隠れするのです。 ここで、無宗教の僕とは考え方というか、物事を定める基準が違うんだなと思いました。 さらに、彼女の宗教がかなり排他的な考えをお持ちなようで、初詣には行かない、鳥居もくぐりたくない、他の宗教の行事にとてつもなく批判的です。 先入観もあり、「宗教=金儲け」という考えも拭えず、あまりイメージを持てません。 僕の心の支えはもちろん「彼女」です。唯一神です。 しかし上記にも述べたように彼女の一番は「宗教」であって、「僕」ではないのです。 確かに、僕は彼女を昔救ってくれた「宗教」のような力は無いと思います それでも、彼女の中で「僕」が一番であって欲しいのです。 やはり、恋愛は同じ宗教の方同士の方が幸せになれるのでしょうか? 結婚はもちろん考えていますが、家庭に「宗教」を持ち込まれたらどうなるのでしょうか? 無理に彼女に宗教を辞めさせる気もありませんし、自信もありません。 この先どう接すればいいのか?活路が見つかりません。 もう、宗教に入信すれば気が楽になるのでしょうか? 最後に このような状態で悩んでいる方がたくさんいると思います。 僕を含めて多くの人を苦しませるような神なんて消えてしまえばいいんです。 何故、全員を救わないのですか?入信した者だけを救うなんて、おかしくないですか? 仮にも、「神」と呼ばれているのなら、宗教と恋愛で悩んでいる僕を救ってください。 僕はにわか無神論者ですが、 もし、本当の神様がいるのなら、良い迷惑ですよね、勝手に名前を使われて金儲けの道具にされて。 何を質問したいか解らなくなりました。 僕が何を知りたいのか、教えてください。 「宗教」と「恋愛」とは?

  • 宗教の定義が難しくて・・。皆様のご意見を。

    こんばんは。デリケートな内容かも知れませんが、 様々なご意見をいただけたら幸いです。 ただ、私の気持ちは単純なもの(?)だと思うの ですが。それも含めてのご意見もお聞きしたいです。 私は、一般的に見たら「無宗教」の人間と思われる のだと思います。特定の、名前のある宗教団体へ、 所属していないんです。 正月には神社に初詣に行きます。不幸があった時は お寺で供養の儀式を行います。 その行為に疑問を感じたことは無いのですが。 でも、幼少期から、劣悪な家庭環境に育ったため、 心の中に、何か、強烈に思うことがありました。 暴力・強姦・ありとあらゆる搾取。他にも山ほど。 理不尽、さらなる理不尽。想像を上回る理不尽。 子供の頃の神の定義って、単純ですよね~。 神って本当に無能だよ。サディストの極みだな! 学生時代は図書室で、宗教に関する本を読むのが 好きでした。友人が「やっだー!あんた、変な考え 起こさないでよ?!」と言われた事がありました。 ※友人は、その頃問題になっていた、カルト教団の ことを気にしていたのだと思います。 (その気持ちは理解できる。無差別に人を傷つける ことに怖さを抱くのは、何らおかしくありません) 幼少期から、読書が好きだったので、宗教の本も たくさん読みました。 私一人が読める本の数は限られていますが・・、 そんな私が読んだ、宗教に関する本の数々。 人生を生き抜く知恵、他者・自然との共存etc、 コミュニティの維持。勉強になります。 私の幼馴染に、創〇学〇の熱心な信者がいます。 熱心に考えを伝えてきます。(そもそも両親が 超熱心な信者なんです) もちろん、選挙の時には熱心さが増します。 私はその度に「私には、名前はついていないが、 信じるものがある。それは、自分の生い立ちや 様々な状況によって、変わってくるが、根本は 変わらない」と、熱心に伝えます。 名もなき宗教(?)を伝えるのは難しいのですが 幼馴染は、私の劣悪な家庭環境を知っているため 私の考えを尊重してくれます。 創〇学〇の熱心な信者なのに、すげーな、と。 10代のように若かった頃は、私の考え方に否定的な 意見を述べていた幼馴染も、大人になるにつれ、 私の名もなき宗教(?)の考え方を尊重してくれて。 私も幼馴染の家庭環境を深く知るにつれ、信仰心の 大切さを考えるようになり。 宗教は素晴らしい。大昔だろうが、今の世だろうが、 より良く生きる「智慧」を教えてくれる。 科学でもありますよね。 交わりたいとは思いませんが、むやみに敵対すること でもありませんよね。 産まれた国の違い?それは確かにあると思う。 でも、同じ国で生まれたからって? つーか、神いたら、こんな問題起きないはずだから、 相当悪趣味なサディストか、本当に何も出来ない 「名ばかり神」だな。 ああ、神に愚痴ってしまったわ。 でも、いいよね。マジつまんねーわ。 こんなフザけた私なんて、問題外。 神、本当に困って苦しんでる子供たちを どーするつもり? 前世の因果なんて、バカげたこと言わないで。 そんなの、酔っぱらいでも言えるから! ねえ、神、本当にいるの?力持ってる? だったら、色んな意味で苦しんでる子供たちを 助ければ?

  • 宗教・団体の不思議、etc...長文です

    宗教に関する素朴な質問です。 宗教や活動について、まったく知識がないため、もしかするとこれって、 というものを書き出してみました。 以下で、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、一部でも結構ですので、教えてください。 (1)日本には、現在どんな宗教があり、それぞれ、どんな特徴・活動・祈り・道具(数珠など)をされて・使っているのでしょうか? (2)日本人は無宗教の人が多いと聞いています。全体のどのくらいの人が、宗教に入って?いるのでしょうか? (3)時々、各、宗教の独特な特徴を持つ活動や、思考、無宗教の人からすると、不思議、理解が難しいものが存在し指摘されることがあります。 具体的にご存知のことがありましたら、どの宗教の特徴かも教えてください。 (4)(3)番の関連で、以下の特徴ある行為は、どこの宗教の教え・活動か、 また、以下の名前の宗教はありますか? 具体的な特徴はどんなですか? a. 選挙の時、公明党への1票をお願いする人の活動 b. 輸血をしたり、動物のお肉を食することが禁止されている宗教 c. 合同結婚式をする宗教→配偶者は選択できないのか? 実際に結婚生活は継続しているのか? d. 霊感商法・マルチ商法・マインドコントロールが特徴の宗教 e. 駅や広場で、手相の勉強をしているから見せて、という活動 f. 同じ宗教信者でないと結婚できない宗教 g. 一度結婚すると、離婚できない宗教 h. 一度入信すると、脱退できない宗教 i. 催眠療法、心理カウンセリング、マインドコントロール、超能力的   なもの、を能力開発に用いる活動   j. 亡くなった人を埋葬せず、ミイラにする行為 k. エホバの証人とは? l. プードゥー教とは? m. 摂理とは? n. 1つの家や、マンションの1室に、家族以外の人と何人もで暮らす人 o. 信者を一般から入信させると、ご褒美に豊かな生活が送れるようになる宗教 p. 一定の宗教信者しか入れない企業、活動 q. 腕に、数珠の様なものや、パワーストーンでできたもの、のアクセサリーを、常にしている人の宗教 r. ヨガ、ベリーダンス、音楽、風水、生け花など趣味のレッスン教室が、宗教の入り口になっている宗教 s. セミナー(自己啓発・スポーツ選手や音楽家・芸術家の能力開発に伴うもの等)勧誘が、宗教の活動の一部になっている宗教 t. パワーストーン、オーラソーマ、ホメオパシィ、アロマテラピー、アロマオイル、自然派コスメや雑貨等、おしゃれで女性に人気の商品・雑貨販売を活動としている宗教は? u. 呪術を使った儀式などを行う宗教 (5)三大宗教が基礎になっている日本の宗教名で代表的なのは各々、どんなものがありますか? (6)宗教に入っている人たちは、一般に、無宗教の人たちや、別の宗教に属している人たちと、恋愛や、結婚は、できないのですか? 結婚自体、しない人が多いのでしょうか? また、彼らの関わりを持とうとする行為は、恋愛のそれと似たところがあっても、入信すすめること、が最終目的なのでしょうか? (7)各宗教に関わる人は、どんな感じの人が多いですか?  無宗教の人とでも関わりを持ち、安全ですか? 一部の宗教信者に、ものすごく親切、世話好き、動物も人も一瞬で心をつかみ、接しやすく人間が出来ている人が多いのに、所属する宗教の話になったり、入信を勧められて断ったり、勧められた商品を購入することを止めたり、活動否定する様なことを口にした途端、態度が180度、冷たく急変し、チクリと一言で攻撃したり、長年交際した友人関係なのに急に消える、1人ずつ関係を絶ち、減らされて最後に孤独にされるなど、特徴があるものもあると聞きました。 以上です、長文におつきあいくださり、ありがとうございます。 よろしくお願いします。

  • 日本人は『無宗教』と言えますか?

    元日にとある大規模な神社へ初詣に行ったら、ものすごい数の 参拝客でした。 行列整理の警備員がロープを張ったままゆっくり移動し、 人が押し合わないようにしていました。 しかし、警備員がこれだけたくさんいるのに、賽銭箱を監視する 警備員は一人もいませんでした。 賽銭箱には蓋が無く、しかも近いので、ちょっと手を伸ばせば 賽銭の千円札も手に取れそうな場所にありましたが、そんな事を する者は誰もいないのは、「日本人の美徳」だと思いました。 「賽銭を盗む奴がいるわけない。当たり前だ」と言うかもしれません。 でも、その「当たり前」ってとても素晴らしいことだと思います。 「賽銭を盗んだってすぐ捕まるだろ?」 という意見は「治安への信頼」を 意味します。 「盗みがバレたら新聞に載るんじゃね?」は、「恥の意識の高さ」。 そして、「バチが当たるんじゃね?」は、「信仰心」。 外国人が見たら、あれだけの大金が目の前にあるのに、すごく無防備で あることに驚くかもしれません。 「日本人は無宗教だ」なんてよく言われますが、神様の領域を守ろうという 意識を共有できるのは、日本独特な立派な信仰心だと思いました。 さて私は、このような宗教感覚を考慮すると、日本人は無宗教ではないと 考えますが、みなさんの見解はいかがでしょうか?

  • 結婚する彼が創価学会かもしれません

    まず、一人暮らしの家に聖教新聞が入っていました。 初詣に行ったのですが、初めて来たと言っていて一緒に行ったにも関わらず、お賽銭と手を合わすことはしませんでした。何故か聞いてみたところ、そういうのは別にしないとの回答。 私は無宗教のため、宗教の知識が全くなく創価学会かもしれないと気付いたのは友人にその話をしたことからでした。 それからネットで創価学会について調べたところ、結婚式は会館でするとか結婚したら入会しないといけないとかでだんだん怖くなってきました。 学会2世3世で産まれた時から入っていて、親が入っていたから信仰はないけど自動的にという人も結構いるみたいですが、信仰がなくてもお賽銭と手を合わせることはできないんですか? それともやはり本人に信仰心があるのでしょうか? 私自身、正直、創価学会にいいイメージは持っていません。 かといって宗教は自由ですから絶対にやめてとは言いませんが、私に強要されるのも嫌です。 私が入会しないのも自由だと思うからです。 また、結婚することによって結婚式や子供が生まれた後のことを考えてしまいます。 彼に聞いてみて話し合おうと思っていますが、どれぐらい信仰心のある状態なのかをある程度聞いておきたかったので質問してみました。 よろしくお願いします。

  • 創価学会に入会してしまった

    創価学会に入会してしまいました。 お食事会をしようという事で近所の方に招かれたのですが、 そのお食事会に来られた方々がみんな創価学会の方たちで、 みんなに勧誘され、断りきれなくなって入会してしまいました。 私は無宗教で、信仰心は全くないのに学会員になってしまってよかったのかな…と少し後悔しています。 お会いした学会員の方たちはとてもいい人たちだし、 入会したばっかりなのに脱会したら近所づきあいが悪くなってしまうし…と悩んでいます。 学会員になったら会合に出たり、題目をあげたりしなければいけないのですか? また、親にはまだ話していないのですが話すべきでしょうか(>_<) (当方18歳、女性です)

  • 宗教をもつ家族との付き合い方

    初めて質問させていただきます。 よくある質問かもしれませんが、本当に悩んでいまして多くの方の意見をお伺いしたいので、よろしくお願いいたします。 私は既婚で、現在第一子を妊娠中です。 旦那は長男で、旦那実家とは近距離別居中です。 私は旦那実家の家業を手伝っていますが、旦那は外で会社員として働いています。 そのため、私は義母とは毎日顔を合わせ、今まで関係はそこそこ良好です。 私も旦那も無宗教ですが、典型的な日本人ですので行事として初詣も墓参りもしますし、クリスマスも楽しんでいます。ただご先祖様に対しては、感謝や敬意の念はあります。 私に関してもう少し言えば、少し信仰心のようなものがあります。 信仰心と言っても、特定の神とかそういったものにではなく、 目に見えない、大自然のようなとても大きな、 何もかもを超越したモノ、生命の流れに対しての敬意という感じです。 (分かりにくくてすみません) これは旦那はもっていませんが、お互いの心の事として、認め合っています。 自分の親、特に母親は昔から宗教にはまりやすく、入信しては周りの人に「辞めろ」と説得されてを何度か繰り返し、現在はぎりぎり宗教ではない、家庭の勉強会みたいなものに入会して10年以上が経ちます。これは父も良いと思ったらしく、一緒に入会しています。現在は、自分が勧誘されない限りは、私もそんなに悪いものだとは思っていません。(実家暮らしだった頃は、勧誘にあってよく衝突していましたが。)母はそれ以外にも方角や日にちなんかも見てもらったりと、様々なことが気になるようで、あっちこっちかじっているようです。 また旦那の実家は方角や日にちについての相当強いこだわりがあり、特定の占い師さん(?)を信仰しているようです。洗濯機や冷蔵庫を買うにも、電気屋さんの方角を見てもらい、運び入れる日時をみてもらう。庭の木を切るのに時期や方角を見てもらい、初めての病院に行くのに日時を見てもらうといった感じです。 私は個々が信心するのは自由だと思っておりますし、むしろ何かを心の底から信じられるのは、すばらしいことだと感じ、尊重しています。 しかし、先日車の買い替えを報告したところ、義母に 「どうして(ディーラーの)方角を見てもらわないの?!!」と怒鳴る勢いで叱り付けられてしまいました。挙句の果てには、 「方位や日時をおろそかにすると、命を落とすことになる。」と脅され・・・そんな義母を見たのは結婚2年目で初めてで、びっくりしてしまいました。普段はくせはありますが、良い義母なのです。 命を落としたくなかったら、自分たちが懇意にしている占い師の方にお布施をして、見てもらえと言います。よく、宗教を信じている方特有の、それ以外の選択肢はこの世には存在しないといった盲信ぶりで、言うことを聞かないなら絶縁と言い出しそうな雰囲気です。 私の母も勿論、方角を見てもらうのには大賛成で、 「大きなお金を使うときは、徳を失うことなのだから、しっかり見てもらいなさい」と私には理解できないことを言います。 正直、旦那と一緒にうんざりしています。 ここで言うことを聞いてしまうと、この先も節目節目や子供の名前まで、 その占い師(?)の方に見てもらえと言われることは目に見えています。 信じてもいない方にお布施を支払い、方角や日時に縛られて生きていくことになるかと思うと、言葉もありません。 しかし、親との絶縁、または、関係がぎくしゃくすることは避けたいのです。私の両親も大事ですし、旦那の両親のことも大事に思っているので。 私たちは宗教といった形のものを信じるつもりはありません。 ただ自分たちの信教の自由を訴えたいだけなのですが、それが「生意気」ということになるようです。 もう少し、人の言葉に耳を傾けてもらえれば・・と思うのですが、 まったく聞く耳をもってもらえません。 「なぜ年長者である親のいうことが聞けないのか?!」とキレだす始末です。 これは私の母も同じ反応で、疲れてしまいます。 こういった親たちと、どのように付き合っていけばよいのか。 長くなってしまい申し訳ありませんが、 皆様のお知恵を拝借できればと思っております。 よろしくお願いいたします。