• 締切済み
  • 困ってます

古典の形容詞と形容動詞の考え方が曖昧なので質問です

古典の形容詞と形容動詞の考え方が曖昧なので質問です。 形容動詞は、「動詞」と名前が付いてますが、活用の仕方が動詞っぽいからって理由だけで、「動詞」とついたのでしょうか? 形容詞も形容動詞も大義は「名詞を修飾」ですよね⁇ 間違っている所、追加の知識のご教授をお願いします‼︎

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数528
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5

まず、形容詞、形容動詞というのはもちろん現代語にもあります。 ご質問の趣旨からいくと活用の多い古語より現代語で考えた方がいいでしょう。 結局、日本語のややこしいのは形容詞や形容動詞が活用する もちろん英語にも比較級というのがありますが、 動詞にしても日本語は後とのつながりで未然形とか連体形などがある。 英語でいう形容詞、つまり名詞を修飾するのは 日本語では連体形、つまり連体修飾語です。 日本語で「大きい」が名詞を修飾するというのは連体形であって 「きれいな」も連体形で名詞を修飾、 終止形は「きれいだ」という形容動詞です。 日本語学習者はイ形容詞、ナ形容詞とやるようですが、 これだけでは日本語はわかりません。 英語のように単語ごとがスペースで区切れず、 日本語の単語分けは難しいです。 語幹+活用部分で一単語というのが難しい。 形容詞は名詞を修飾するというのでなく、 日本語の形容詞は、それだけで述語になるところに特徴があります。 英語にしても限定用法、叙述用法と分けて、 叙述用法がこのたん読で述語になるというのと似てはいますが、 英語には be など連結動詞が必要です。 無理やりにはこの be に当たる「だ」がついたのが形容動詞と言えるでしょう。 そのまま「い」で終止形が形容詞 「だ」がつくのが形容動詞。 「だ」は断定の助「動詞」なので、 形容動詞なんでしょう。 そして、形容動詞の語幹は名詞みたいなものです。 国語辞典は当然、単語で載っていますが、形容動詞は語幹で載っているはずです。 品詞は名詞となっていたり、形容動詞となっていたり。 名詞としている場合、「だ」がつく、つまり形容動詞になる、 「と」がつけられる 「の」がつけられる と説明があるものも。 「静寂」って名詞か形容動詞か? 静寂な と言えれば形容動詞で、 言えるようです。 形容詞「大きい」に「だ」はつけられませんが、「です」ならつけられます。 今ではかなり許容されていますが、以前はそうではありませんでした。 さらに連体詞「大きな」まで考えるとなおさら難しいです。 もっともこれは現代語で、連体形のみがある形容動詞という人もいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 口語文法(形容動詞)の質問

    「きれい」の品詞について考えています。一番自然なのは形容動詞「きれいだ」の語幹と考えることだと思うのですが、「それってとてもきれいね」などという日本語もあるような気がします。形容動詞の活用表をみると必ず活用語尾がついてくるので、こう考えると「きれい」は活用語ではなくて、名詞扱いになるような気もします。形容詞でないのは自分でもわかるのですが、詳しくはどう解釈すべきなのか教えてください。 それともあまり文法的にはよくないことだけど、形容動詞の「だ」抜き言葉、なんていうものがあるのでしょうか。

  • 動詞・形容詞・形容動詞 活用

    こんにちは. 古文の動詞・形容詞・形容動詞活用の仕方でわからない問題がありました.解説よろしくお願い致します. (1)「をさなけれ」ば→形容動詞のク活用でしょうか. (2)「見つけ」て→ 動詞の終止形がわからず困りました. (3)「豊かに」→形容動詞のナリ活用 なら-なり,に-なり-なる-なれ-なれ (4)「大きに」→どうやればよいのかわかりませんでした。 どうぞ,よろしくおねがいいたします。

  • 形容動詞「きれい」「有名」「嫌い」について

    形容動詞を名詞と接続する際に「な」を付加するかと思います。 私の印象では、英語などの外来語を形容する場合、形容動詞の使い方をするという認識があります。 例えば、エネルギッシュな人、ゴージャスな家、スマートな振る舞い等です。 カタカナですと外来語であることがすぐにわかるのでいいのですが 「綺麗(きれい)」と「有名」の語尾に「い」が付いても、形容詞ではなく形容動詞とされるのは、漢語が語源だからでしょうか。 そうであれば、以下も漢語と解釈していいでしょうか。 例)横柄・寛大・奇異・公正・尊大・多大・著名・不明・法外・優位 もしそれが正しいとすれば、わかりやすいのですが 「嫌い」も形容動詞であることから、その仮説は間違いなのかなという気もします。 「嫌い」は和語であろうと思うからです。 もちろん「嫌い」は「嫌かった」「嫌くない」などと活用しないですし 私自身は日本人ですので、それ自体の使い方を誤ることはありませんが、その定義が知りたいのです。 その他にも「桁違い」「ぞんざい(粗雑と書くという説もあるようですが)」が思い浮かびます。 長くなりましたが、私の質問は以下の通りです。 1. 外来語を形容する場合は形容動詞とする、という考えは正しいですか。 2. 語尾に「い」と付いても漢字に含まれる場合は漢語であり、ゆえに形容動詞となるという考えは正しいですか。 もし上記の2つが正しくないとすれば「嫌い」「桁違い」「ぞんざい」の語尾の「い」は偶然に過ぎず、単純に形容動詞として受け入れるしかない、ということで正しいでしょうか。 造詣の深い方にご教示いただけますと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 回答No.4
  • kzsIV
  • ベストアンサー率54% (236/433)

 日本語ネーティブは大抵、10歳頃には日本語を身に付け、ことさらに学習しなくとも現代日本語の文法は脳内文法になっています。古典に出会った時も、脳内の現代文法ソフトを起動すれば、古典文法も容易に理解できます。  しかし多くの人は古典より先に英語に出会い、初めて規範文法を勉強します。そして「動詞」「形容詞」などの術語を英語の verb, adjective の概念として身に付けがちです(形容詞adjectivの主な役目は「名詞nounを修飾すること」である、と)。  話は変わりますが、フランスで発行されたフランス語で書かれた啓蒙的なフランス語文法書に「総ての proposition(文素)は3つの要素── sujet(主題・主語), verbe, attribute(属性・補語)──から出来ています。」とあり、さらに「語には10種類の部品(品詞)」がある、すなわち substantiv, article, adjectif, verbe, participe, …(以下略)…」ともあります。verbe はどちらにも有りますが、後者は品詞なので「動詞」、前者は構文関係なので「述語」を意味します。日本語で書かれた欧米語の文法書には同じ術語を文脈に応じて使い分けていますが、「述語」の場合には「述語動詞」とすることも多いようです。  話をもとにもどして、 adjectif の主な役目は substantiv を修飾することです。これを日本語に訳せば、「英語などでは、形容詞の主な役目は名詞を修飾することだ」となります。そして同内容の事を日本語の文法について表現するならば「連体とは、体言を修飾することである」となります。  adjective という述語が英語教育者によって「形容詞」と訳され、日本語の用言のうちの「高し」「広し」「楽し」などの語群の呼称に「形容詞」が転用されたからといって、それらの用言が adjective になってしまったというわけではありません。日本語の「形容詞」は、adjective の機能だけでなく、verbe(述語)の機能もあります。述語=動詞の世界で育った人から見れば、日本語の「形容詞」=述語動詞と考えて当り前なのかもしれません。  初めての日本語の文法書、ジョアン・ロドリゲス著『日本大文典』(1604,長崎)では、先輩Padre達の adjective説に反論した上で、「変格動詞・不規則動詞」として扱い、Verbo adjektivo と呼んでいます。「い」で終るもの(「形容詞」)だけでなく、「な」で終るもの(「形容動詞」)も含まれています。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14980/31973)

 語には、意味と形の両面があります。普通の品詞に分ける時は「形」が基準です。形は活用のように語その物の性格によることも、どんな語が前後に付くかによることもあります。  古典の形容詞と形容動詞は、こういう基準で作られていますから「ク活用」と「シク活用」をするのが形容詞、「ナリ活用」「タリ活用」をするのが形容動詞です。  この区別は下記の始め6分ぐらいが形容詞、後は形容動詞です。注意すべきなのはこの分類の過程で「名詞を修飾する」といった意味の基準はないことです。  https://www.youtube.com/watch?v=J-rwIftfeCw  わずかに意味への言及は両者に共通の「形容」があることでしょう。ここで両者に多少の「名詞を修飾する」という意味上の共通点があることを示しているだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

fukumimiさんのお答えに追加いたします。 形容動詞を品詞として認めないのは、時枝誠記博士です。〔時枝文法〕では、「名詞」+「助動詞(たり・なり)」と切ります。 これに対して、学校文法として広く行われている橋本進吉博士の〔橋本文法〕では、形容動詞を十品詞の一つとして認めます。形容詞・形容動詞とも、働きは同様で、「(1)単独で述語となる。(2)性質・状態を説明し形容する働きをする(連用形が他の用言を、連体形が名詞を修飾する)。」です。 違いは、形容詞の言い切り(終止形)が「し」であるのに対し、形容動詞が「たり・なり」であることです。活用の仕方は、形容詞が「ク・ク・シ・キ・ケレ・〇」という独特の型と「カラ・カリ・〇・カル・〇・カレ」という動詞ラ変活用の不完全な型が合わさったもの。 形容動詞は「ラ・リ・リ・ル・レ・レ」と動詞ラ行変格活用と同じです(ただし連用形に「ト」「ニ」が加わります)。”活用の仕方が動詞っぽいからって理由だけで、「動詞」とついたのでしょうか?”→その通りだと思います。 *補足:形容詞の語幹の特殊用法、上代には未然形・已然形に「ケ(シケ)」があったこと、など奥深くて、学び甲斐があり文法に興味がわいてきます。 *「堂々と」「平然と」は、「形容動詞の語幹+助詞」ですが、「つくづくと」「はるばると」は一語の副詞です。(現代語では「堂々と」も副詞) *形容詞の語幹に「げなり」を付けると、形容動詞になります。 定年後16年たった元高校教師のたわごとでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#214088
noname#214088

形容動詞は、「動詞」と名前が付いてますが、活用の仕方が動詞っぽいからって理由だけで、「動詞」とついたのでしょうか? ネーミングについてはその通りです。形容動詞というのはないという学説もあります。 形容詞も形容動詞も大義は「名詞を修飾」ですよね⁇ 名詞を修飾することもあり、述語になることもありますが、文法上の性質はよく似たものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 形容動詞「同じ」について

    形容動詞の「同じ」について、理解が足りませんのでご教示ください。 例えば名詞の「服」を修飾する場合、通常の形容動詞でしたら「きれいな服」「素敵な服」などのように「な」を付加するかと思います。 一方で「同じ」の場合は「同じな服」とならずに「同じ服」となり「な」が脱落しているのでは、どうしてでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 形容詞と形容動詞の違い

    形容詞と形容動詞の違いを明確に教えてください

  • 身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

    身近な形容動詞について。どんなものがありますか? 現在外国人に日本語を教えています。 「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、 他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか) 同じような活用をするかが知りたいです。 簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。 また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

  • 形容動詞と形容詞

    日本語の形容動詞と形容詞は、実際、何が違うのでしょうか。

  • 現代国語の動詞・形容詞・形容動詞の活用について…。

    現代国語の動詞・経由押し・形容動詞の活用法についてなんですけど…。 全ての動詞・形容詞・形容動詞の活用がのっている ホームページはありませんか??? あれば、教えていただきたいです。

  • 形容動詞

    何故英語には形容動詞がないんですか? 日本語で言うところの 形容動詞は英語だと 形容詞に一本化されていますよね

  • 自由はなぜ形容動詞

    『自由』という単語が辞書では名詞と形容動詞と出てきました。 名詞なのは分かるのですが、形容動詞な意味が分かりませんどなたかわかりやすくなぜ形容動詞なのか教えていただけないでしょうか http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%87%AA%E7%94%B1&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=08917908570700

  • 中学 国語 形容詞 形容動詞

    形容詞の活用は楽し(かろ)楽し(かっ)楽し(く)楽し(い) 楽し(い)楽し(けれ)これって語尾は規則的に変化してないようにみえるんですが。 形容動詞も静か(だろ)静か(だっ)静か(で)静か(に)静か(だ)静か(な)静か(なら)これはどういう活用ですか?

  • 形容動詞の区別がつきません!

    形容動詞の区別がつきません! 形容動詞かそうでないかの区別がイマイチよく分かりません。 A「元気が なかったのが心配だ」 B「元気で なかったのが心配だ」 これはAが名詞であるということは分かります。 A「あの羽はきっと やわらいだろ う」 B「あの羽はきっと やわらかだろ う」 これはAが形容詞であることも分かります。 では A「今日ぐらい 暖かかっ たらよかったのに。」 B「今日ぐらい 暖かだっ たらよかったのに。」 A「とても 楽しそうに 笑った」 B「とても 楽しげに 笑った」 など、どんどんこんがらがってきて、困っています。 区別のしかたの「これだ!」というものがあれば教えてください。

  • 「大きな」はなぜ形容動詞?

    中学文法について困っています。 形容詞は言い切りが「い」、形容動詞は言い切りが「だ」と習ったのに、 「大きな」は形容動詞です。(しかもパソコンの辞書によっては連体詞とあります。) ついつい「大きな=大きい」と勘違いし、形容詞と答えてしまいます。 どう解釈すればいいのかわからないので、誰か教えてください。 それとも、「特例」のような感じで覚えるしかないのでしょうか。 よければ、他にもテストによく出るこのようなややこしいものを教えてください。お願いします。

専門家に質問してみよう