• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ハワイから送られてきた抵当権関係?の書類について

  • 質問No.9120648
  • 閲覧数431
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
こんにちは。
ハワイから送られてきた書類(抵当権関係?)について、おわかりになる方がいらっしゃったら教えてください。

私は射撃が趣味で、25年くらい前からハワイの某野外ガンクラブに自分のお金で私専用の銃を買ってもらい、毎年保管料を払ってハワイで射撃を楽しんできました。今回、そのガンクラブのオーナー(チーフインストラクター)から以下のようなメールが来ました。

翻訳サイトで翻訳して、どうやら抵当権に関係するようですが、どうも危ないもののように思います。
抵当権に詳しい方がいらっしゃったら、もし私がこれに署名して送った場合にどのようなことになるのか教えてください。
(このガンクラブでは以前から納得できないトラブルが多くありましたので、基本的には断ってこのガンクラブは辞めるつもりではいます。)

なお、以下に貼り付けたメールの内容と、書類の添付ファイルでは、個人名や会社名などはAAAA、BBBB、XXXXなどに変更してあります。

以下が送られてきたメールです。
------------------------------------------------------------------------------------
(私の名前)-san:

I have request (yokyu). I need dokyumento attached to be signed by you in front of koshojin.

If koshojin ask you, you are "Lender" (Kashite). Then mail to me (ハワイの宛先)

There is no problem created for you to do this. No trouble with with anyone for this.

When you do this for me, this year no storage fee for guns and if you come to Hawaii this year to shoot, same ammo amount as last year is muryo de (no cost).

If you do not do, then do not come Hawaii to shoot, I will not accept your reservation.

From Hawaii,

AAAA
---------------------------------------------------------------------------------

以下が添付されてきた書類の内容です。

----------------------- Page 1-----------------------

LAND COURT SYSTEM | REGULAR SYSTEM

___________________________________________________________

RETURN BY: MAIL [ ] PICKUP [ ]

TMK: (1) 4-2-077-086

RELEASE OF MORTGAGE





WHEREAS, AAAA and BBBB

, husband and wife, (“Mortgagors”) executed

that certain “Real Estate Mortgage” dated July 13, 1998 and

recorded in the Bureau of Conveyances, State of Hawaii on

July 16, 1998 as Document No. 12-345678, (hereinafter

“MORTGAGE”), in favor of XXXXXXX COMPANY, LIMITED

(“Lender” or “Mortgagee”) to secure the sums owing under an

unrecorded promissory note; and



WHEREAS, all sums secured by the MORTGAGE have

been fully and completely paid;




----------------------- Page 2-----------------------

NOW, THEREFORE, the undersigned does hereby

cancel and discharge said MORTGAGE and forever releases all

of the estate and interest acquired by Lender under the

terms of said MORTGAGE in the property therein described.



IN WITNESS WHEREOF, the undersigned has executed

these presents this _____ day of ____________, 2015.







XXXXXXX COMPANY,

LIMITED





By:





Director



“Lender” or “Mortgagor”


2




----------------------- Page 3-----------------------

STATE OF HAWAII )

) ss.

CITY AND COUNTY OF HONOLULU )



On ____________________, 2015, before me

personally appeared __________________, to me personally

known, who being by me duly sworn or affirmed, did say that

such person(s) is the _______________________ of Colony

Mortgage Company, Limited, and executed the foregoing

instrument as the free act and deed of said Company, and if

applicable in the capacity shown, having been duly

authorized to execute such instrument in such capacity.

_____________________________

xxxxxxxx



State of Hawaii

My commission expires:

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 58% (2274/3918)

これはお察しの通りヤバイ感じですね。
この射撃場のオーナーが設定した抵当権の実施を(要は借金が返せずに抵当となっている資産を手放す)行ったと言うことで、その中にあなたの銃も入っていてその権利を放棄するためのサインをしろと言うことと思います。もともとの契約がわからないのですが、あなたの立場がLender(貸し手)で銃がその対象のようですが、恐らくそう言うつもりではなかったですよね。もともとの預かってもらう契約がどうだったかわからないですが、上の文も含めて想像するにもともと抵当権として設定しているものだけでは足りずに手持ちのものをかき集めて抵当に当てようとしているように見えます。
確認ですが、AAA, BBBとはその射撃場のオーナーと奥さんの名前ですか?いずれにしてもその人達が資産を手放して借金の返済に当てると言う事と思います。
で、その前のレターですが、上の様に解釈すると全く解せないですね。サインすれば(銃の権利を手放せば)、今年はタダで打たしてあげるとか意味がわかりません。期限付きで、今年は良いけど来年以降は全て没収されて行くこともできなくなるのか、資産は全て没収されるけれど営業だけは続けられるのか。いずれにしても黙ってサインするものではなく事情は確認する必要があると思います。
ちなみに、公証人の前でサインして保証してもらうにはお金が必要ですが、アメリカの契約事項に日本の公証人のサインで良いのかわかりません。私は逆パターンで日本の不動産を売って権利放棄をする時のサインをアメリカの公証人(Notary Public)に宣誓して証人になってもらったことはあるので日米での協約があるのかと思いますが、もしサインするのであれば確認は必要と思いますが。
お礼コメント
noname#224925
ご回答ありがとうございます。
まず、「確認ですが、AAA, BBBとはその射撃場のオーナーと奥さんの名前ですか?」は、その通りです。

正直、抵当というものについてはよく知らず相手が何を言っているのかちんぷんかんぷんだったのですが、もし私がサインする場合には私が公証人のところに行く必要があったのですか。

ただ、専用使用銃については、私はあくまで旅行者の立場ですので、ハワイでの登録はあくまでガンクラブのオーナーで、私は自分専用としてオーナーの銃を借りているだけということだと思います。
ですので、本来私とはまったく関係ないことに対してサインさせようとしているのかな、と考えていました。

このガンクラブはハワイの野外射撃のガンクラブとしては有名なガンクラブで、私は20年くらい前(本文の25年は勘違いでした)からの付き合いで、ネットで他の人にすすめたりガン雑誌の投稿などで宣伝してあげたりもしていたのですが、数年前からいろいろ納得できないことが起こり、ずっと辞めようかと迷っていました。(実は、数年前には、貸している期間中は弾代を無料にするから15万ドル貸してくれと言われたこともありました。その時は、貸さなければ今後撃たせないというようなことは言われませんでしたが。)

専用使用銃は3丁あり、ハワイで全部購入してもらうのに30万円くらいかかったと思いますので、非常にもったいないですが、もうつき合ってられないと思いますので、今回の件はきっぱり断ってこのガンクラブは辞めるつもりです。

ありがとうございました。
投稿日時:2016/02/01 21:55
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ