• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マンションの管理会社について

こんばんは。 マンションの管理会社について質問させてください。 管理会社は、区分所有者の組織(管理組合)によって会社を変更する事は可能でしょうか? というのも、最近通常総会があり区分所有者の大半が管理会社に対して、不安を持っているのでは?という疑問を感じました。 私は、今年理事長を勤める事になっており、私自身も以前より管理費が異常に高い事や、対応が悪いなど感じる事が多々ありました。 もし、管理会社を変えることが可能なら、切替にかかる労力や時間など、いろいろお話を聞かせてください。 なんでも結構です! よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数101
  • ありがとう数1

専門家の回答 ( 1 )

回答No.3

うちのマンションも管理会社を変更しました。 他社で数社相見積もりを取り、管理内容をチェックしたりと、管理組合の役員さんが動いてました。 3/4以上の同意がいりますが、 臨時総会を開きました。 管理会社の方で積極的に、説明会やアピールの段取りを提案してくれます。 また、相見積もりを取ってわかったことは、今までぼったくられてた(?)ということでした。 (言葉が悪いですね、割高な管理料で契約してたってことです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

佐藤 直子 プロフィール

一級建築設計事務所を開設しています。住まいに関しては、安全で安心、居心地の良さのほか、動線・収納計画や美しいインテリア、コスパの良さなど、様々なご提案をいたしております。店舗や賃貸物件などでは事業計画...

もっと見る

関連するQ&A

  • 前区分所有者の管理費未納金の扱いについて

    ・市税滞納で差押えられ、競売されたマンションを購入しましたが、前区分所有者が管理組合(受託管理会社が業務代行している)への管理費等(管理費、修繕積立費、水道使用量等)も2年間滞納しています。 ・管理組合の規定で、旧区分所有者の未納金は新区分所有者が継承する旨の規定が記載されています。また、区分所有者の未納金が発生した時、管理会社は督促電話や文書を出し3カ月を経過すると掲示板に掲示し理事長に請求権を返し、その後の督促や請求は理事長が実施する旨、記載されています。 ・どの程度の督促や請求がなされたかの証憑は管理組合に閲覧請求中です。 質問1.旧区分所有者の未納金に関し、新区分所有者はどの程度責務を負     うのでしょうか? 質問2.新区分所有者は、旧区分所有者に支払った分の債権を確保するこ     とは出来るのでしょうか?

  • マンションの管理会社が倒産しました

    なんということでしょう。住んでいる分譲マンションの管理会社が倒産してしまいました。連絡があってすぐ、住民管理組合の理事長が管理費と修繕積立金の口座の凍結を銀行に依頼しました。今後は管理会社の代理人弁護士と交渉することになるようです。 一週間後に住民臨時総会があるのですが、それまで一住民として具体的に何をすればいいのかわかりません。勉強しておくべきことなどありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 管理会社任せのマンションはどこが危険ですか。

    私は管理組合の理事をしています。私のマンションでは、管理組合発足時にもめごとがあり、それを管理会社が解決してくれたものですから、多くの人が管理会社を神様のように思っています。ところが、私は最近管理会社任せではいけない。管理組合主体の運営をしなければいけないと本を読んで思うようになったのですが、いざ総会などでみんなに説明使用してもうまく説明できません。私の説明を聞いても、みんな「そんなん考えすぎや」とかいいます。管理会社任せがなぜいけないか。具体的にどんなこまることがあるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 理事会と管理会社の関係

    先日、マンションの玄関に高さ1.2メートル、幅1メートルの石の銘板が設置されました。頂いたアドバイスをもとに調べてみましたら、工事は総会前に始まっており、総会でも4分の3以上の賛成を得ておらず、区分所有法や管理規約に反していると思われます。理事長に抗議はしましたが、既にコンクリートで固定してしまっており、実際問題として、今から反対して撤去させるのは難しい状況です。非常に気になるのが、費用の一部を管理会社に拠出させており、銘板の裏側に、管理会社の親会社で、マンション売主である不動産会社の名前が入っていることです。売主とはいえ、完売して全戸入居している現在、マンションの所有者は区分所有者であり、管理組合であるのに、玄関の銘板にデベロッパーの名前が入っているのは、おかしいのではないでしょうか。また、金銭を出してもらうのは、管理組合の自主独立性を欠く恐れがあり、将来、管理委託の見直しを協議する際などに支障が出る恐れがあるのではないか、と危惧しています。ご意見を頂ければ幸いです。

  • マンション管理組合の不正をただす法

     マンションの区分所有者です。当マンションには区分所有者からなる管理組合があります。この管理組合が暴走して大規模な修繕を強引な形で推し進めました。工事は完了したのですが区分所有者のなかに理事と業者との不正を疑っているものが多数おります。現在理事長にこの件の公開質問状を提出していますが、理事長に辞任させずに全容を明らかにさせるために何かいい方法はないでしょうか。法的手段等を含め教えてください。ちなみに管理会社に委託していたのですがこの管理組合によって排除されているような状態です。

  • 規約細則を守らない管理会社に対する罰則

    管理会社が規約細則を守らずに、現理事会と結託して、勝手に区分所有者以外の者に駐車場を貸付たり、工事発注をしようとしています。無関心の人や、理事会を信頼している人が多く、理事長に委任状が集まっているので、私が総会で発言しても、暴挙を止めることができません。規約細則を守らない管理会社に対する罰則はないのでしょうか?

  • 癒着している理事と管理会社を変えたい

    東京都心のマンションを、3年前に中古で購入して入った者です。管理会社と理事を変える方法を教えて下さい。 築30年近いマンションなのですが、管理費と積み立て金が相場の1.5倍から2倍も徴収されています。それを改善したいのですが、理事長がいろいろ理由をつけて下げようとしないのです。 総会は、45世帯中、出席者が理事長の他3名ほどといつも少なく、管理組合が機能していません。理事長は元の地主で、管理会社ともども新築時から30年間同じです。 現在の監査役である元住人の方からの情報だと、理事長と管理会社との長年の癒着が明らかなのだが、数字に現れている訳ではなく、追求すると喧嘩になるため皆あきらめているとの事。詳しくは省きますが、理事長だけ管理費等一切免除という特約があったり、理事長名義の商店に防災管理費が支払われるようになっているなど、かなり逸脱していると思います。どうにかすべきだと思うのですが、私自身はこういう事がかなり苦手です。お恥ずかしいのですが、管理規約もなかなか読み進めないほどです。 監査役の方も、総会の出席者が少なくなかなか解決できないようです。 (管理会社を変えたいという提案が出せない雰囲気です) こういう問題の専門の相談機関はないものでしょうか?具体的に動ける人がいないのと、癒着の根が深そうなので仕返しなどあるかと恐く、払える範囲ならお金を払って第三者に委託したいと思うのですが。(自費で、という事ではありません。) すみやかに改変できるのなら、理事長と管理会社の今までの事は問うつもりはありません。どうかよきアドバイスをお願い致します。

  • マンション管理組合理事長のリコール方法について

    【私の立場】 私はマンションの理事でも監事でもありませんが,区分所有者の一人です。マンションの規模は60世帯です。管理組合には法人格はありません。 【経緯】 近々,管理組合の通常総会が行われる予定でした。ところが現在の理事長が多くの不適切な組合運営をするので(「不適切」の内容を書くと長くなるので割愛します),私を含む区分所有者達が怒って理事長のリコール(解職)を求める署名活動をし,過半数以上が集まったので,監事になんとかして欲しいと訴えました。監事はそれを受けて,管理規約(監事の臨時総会招集権:国土交通省のマンション標準管理規約と同じ条文です)に乗っ取り,通常総会よりも前に臨時総会を招集することになりました(通常総会の告知以後のことです)。臨時総会の内容は署名の内容に即して理事長を解職とするという議案の審議です。理事長は臨時総会で自分の信任が問われるということを聞き,解任議案の不当性を主張し監事を訴える訴訟を起こそうと検討中であると全戸に文書で通達してきました。監事は先月,異常なしという監査報告を提出したではないか,という反論付きでした。同時に理事会の決議なしで通常総会は中止にするという告知も出しました。さらに,管理会社の弁護士から,「民法59条に従って監事の招集する総会は業務の執行等の報告だけであるので理事長の解職を議案とする臨時総会を招集できない」と言われて,臨時総会の開催は中止となりました。 【質問内容】  (1) 民法59条というのは,法人の管理を規定する法律だと思うのですが,なぜ法人格のない管理組合について適用されるのでしょうか? (2) 当マンションの管理規約には,監事の招集する臨時総会の内容についての規定はありませんが,その場合にはたとえ法人格がなくても民法が適用されるのでしょうか? (3) 理事長は監事との話し合いの中で,訴訟を取り下げるから,臨時総会を中止にしろと迫ったそうですが,それは違法行為ではなく取引きとみなされるのでしょうか? (4) 臨時総会を中止にしたならば,通常総会を予定通り開く(通常総会が開かれないと,予算などが凍結してしまって大変なことになります)という口約束を詰めかけた区分所有者30人の前でしていた理事長が,通常総会も中止にすると言い出しました。これについて文句は言えないのでしょうか? (5) 監事一人に責任を負わせたやり方が悪かったのかもしれませんので,これからでも区分所有者5分の1以上の同意を得て,理事長の解職を議案とする臨時総会の招集を理事長に要求した方がいいのでしょうか? 長く書いてしまって申し訳ありません。 監事さんは疲れきってしまって,見ていて可愛そうな状況です。 皆さんのお知恵をお貸し下さい。よろしくお願いいたします。

  • マンションの管理組合が個人の訴訟費用を負担しようとしています。どうしたら良いでしょうか?

    ■概要:マンションの管理業務を怠り、管理費・修繕積立金の不正会計を行い、損害を与えたとして、管理組合と、過去管理組合を歴任していた区分所有者4名に対し、損害賠償の訴訟を起こしました。管理組合が、その4名の弁護士費用も管理組合の会計から支出することを議案とし7月6日に臨時総会を開こうとしています。 ■経緯:旧管理会社(マンションディベロッパーの子会社)が一部の区分所有者を取り込み、管理費・修繕積立金を管理会社の都合の良いように使い込み、不正会計やずさんな管理を行ってきました。平成15年から、私の母が管理組合の理事長となりそれまでのずさんな管理の状態を初めて目にし、管理会社を相手に損害賠償請求を起こそうと準備を進めていました。 しかし、管理会社および結託した区分所有者(長年管理組合の理事長、理事、監事を歴任した特定の5名)により、怪文書が近隣にばら撒かれ、職場への嫌がらせの電話、自宅へのいたずら電話等、嫌がらせ行為が行われ理事長解任まで起こされました。それでもマンション管理センターや法律相談などあらゆる公的な場所へ足を運び、色々な方法を教えてもらいながら問題解決に取り組みました。 母は、理事⇒理事長⇒理事⇒理事長⇒理事というように解任と就任を繰り返し、また上記のような妨害行動もやまず1年以上マンションの問題のために連日時間を割かれ、母自身の仕事影響精神的に影響を受け、結局、水道も電気もストップして退去せざるをえない状況に追い込まれました(平成17年1月)。現在まで「物置」の状態です。マンションから退去後も、この不正会計とずさんな管理業務体制による損害を明らかにされるまで、管理費・修繕積立金の支払いを拒否していました。平成19年10月に、現在の管理組合により、管理費・修繕積立金の支払い請求の訴訟を起こされ、上記の「問題が解決されていない」として試行錯誤ながら弁論しましたが、高等裁判所まで行くも、敗訴しました。 このマンションは、私の母が離婚して(私を含め)3人の子供を育てるために、生活費を得るために、母の仕事のための個人事務所として購入しました。事務所開設にあたりローンや諸経費含め5000万円近くかかっています。嫌がらせ行為により、個人事務所として使えなくなりました。平成20年3月に、母の損害を取り返すために、母が原告となり、被告を<管理会社、過去の役員だった区分所有者4名>として、損害賠償請求を起こしました。私の家は、母子家庭なので、経済的に弁護士へ依頼する金銭的余裕も無いので、法律相談や本やインターネットで情報を得ながら、裁判で戦っているところです。 管理組合と、区分所有者4名は同じ弁護士に委任されたと言われました。今までの経緯から何かおかしいと思った母が「個人の訴訟費用を管理組合から支出することはありえないので、I弁護士に委任したのは誰か、明らかにして回答すること」と質問文書を被告宛に、I弁護士経由で送りました。合わせて過去の議事録や会計資料のすべてを開示するよう、資料の開示要求書も一緒に送付し、その文書には「本件文書受領より1週間以内に,平成20年6月22日(日)までの土日のいずれかにおいて候補日時を回答願います。」として5月27日に郵送しましたが、まだ何の返事も送られてきていません。 ■そして突然今日、管理組合から届いた資料には下記のとおり記載されていました。「管理組合及びその他4名に対し損害賠償訴訟が起こされることとなりました。法廷への出頭期限が短く、臨時総会を開く猶予がございませんでしたので、裁判につきましては、支払督促裁判を依頼しておりますI弁護士へ弁護を依頼いたしました。その他4名の方は、原告を理事より解任した当時の役員となりますので現職役員ではございませんが、管理組合理事会役員としての職務を遂行したため被告となったものとなりますので、同様にI弁護士にて弁護をして頂いております。今後も、管理組合役員もしくはその他の区分所有者の方に対する訴訟が起こされる恐れがありますので、起訴された際にはI弁護士に弁護を依頼したいと考えております。 弁護士費用500,000円(着手金:1名あたり10万円×5名) 裁判対応予備費1,500,000円 ※管理組合及び他の区分所有者の方が訴えられた場合などは、予備費から支出を致します。」 ■他の区分所有者は、管理組合への意識が低く、内容も見ないで「出席するのは面倒だし時間も取られたくないから議長に委任」という人たちです。次回の裁判は7月10日です。法律に詳しい方、アドバイスを拝聴致したくどうかお願いします。

  • マンションの管理会社と修繕積立金について

     3年前に新築マンションを購入しました。 その時の管理会社は建築会社の子会社で対応の悪さから管理組合初代理事長の主人が管理会社を変えました。今度は、大手の会社で引継ぎのときなど前の管理会社の不備を指摘したりしっかりしていると思ったのですが、この2年間に管理費の十五%の値上げ、また今回、修繕積立金を倍にする提案を出してきて3代目理事長など「10年後に50万取られるよりいいでしょう」なんて管理会社よりの発言が多く 管理費の見直しや自治管理できる箇所の検討などめんどくさいような言い様です。 管理会社でいい加減なとこがあるとは聞いていますが今回の状況のようなことを経験なさった方アドバイスをいただければ幸いです。