• 締切済み
  • 暇なときにでも

名詞を一切グループ分けしない言語はあるか?

新年初めての質問はこちらのカテゴリーに致しました。 趣味的な意図で質問しておりますので肩肘張らずのお答えをお待ちしています。 世界には数多くの言語がありますが、どの言語にもまず必ず名詞という品詞があります。 多くの言語ではその名詞をさらになんらかの方法で分類しているように見受けられます。 たとえば、アフリカの多くの言語では「名詞クラス」により名詞を十数種類に区分していると聞き及んでおります。 またヨーロッパの大部分の言語やアラビア語などでは名詞の性別を文法に取り入れていることは周知のとおり。 こういった名詞の性区分を持たない日本語や中国語、韓国語、ビルマ語などでも、助数詞・量数詞といった概念があります。これも名詞を区分するシステムのひとつといえますよね。さらに日本語では、活動体(と呼んでいいのやら?)に「いる」、不活動体には「ある」というように動詞でもって区分を行います。(韓国語でも同様の区分をすると聞いたことがある気がしますが記憶に定かではありません。) こういったグループ分けが弱いとみられる英語でも(印欧語のくせに名詞の文法的性別はほとんど残ってませんよね)量数詞に似た用語、たとえば「a sheet of paper」の「sheet」や「a loaf of bread」の「loaf」といった語が見られます。また、可算名詞と不可算名詞があったりします(一般の話者がどこまで意識しているかはわかりませんが)。 こういった、名詞をその概念や意味からというよりも、文法も絡めて幾つかのグループに区分するというのは、かなり広くみられる言語文化のように受け止めているのですが、逆にこんな類別をしない言語というのはあるのでしょうか? 自然言語ではまるきり分かりません。ここには述べませんでしたがチュルク語系なんかも気になりますし、シベリアだの中南米先住民族だのオセアニア諸民族だのの言語ではどうなっているのやら。 人工言語(エスペラントやロジバンなど)はグループ分けをしないようにも思えますし、逆にきっちりグループ分けをして語形から意味を容易に図れるようにしていそうにも思えます。 とりあえずウィキペディアは読んでいます。 「類別詞」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E5%88%A5%E8%A9%9E 「性 (文法)」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7_(%E6%96%87%E6%B3%95) 「Classifier (linguistics)」https://en.wikipedia.org/wiki/Classifier_(linguistics)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数558
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

日本語で犬を数えるとき、大型のものは頭で小型のものは匹で数えたりします。 頭で数える犬と匹で数える犬は、別の名詞のグループになりますか。 ウサギは、匹でなく羽で数えるから、鳥類のイメージですか。 クラスはせいぜい20に対し、類別詞は十倍以上を持つ言語が多数あります。 名詞との相性以外他の文要素に影響しないし(多すぎてできない)、板状か棒状 とかの物理的な差でただの属性の違いで文法的に重要な差に思えません。 類別詞を名詞のグループ分けの基準とするのは、疑問です。 sheet, loaf も対象外とすると a pound of flour もダメになります。 キログラム・メートル等の計測の単位も全滅です。 ビールがジョッキ・ビン・樽に入った表現ができない方が不便でしょ。 多言語好きは、いろんな特有の表現を探すものです。ない方はねえ。 この条件まで入れると、クイズとしては、通常成り立たないんですが、 不規則変化や例外は見つかるものです。 アマゾンの奥地にピダハン語という言語があるそうです。 ピダハン語は、色を表す言葉がなく、節などの再起表現がないようです。 さらに、数字を表す言葉を持たない唯一の言語ではないかとされてます。 数の概念がない以上、可算・不可算もなく、類別詞も必要ないでしょう。 食べ物を器に入れるとかはあるでしょうけど、ただ名詞と名詞を結ぶだけで 分類はいえないでしょう。 最近は、ブラジル政府の学校教育が始まり、数詞が外来語として取り込まれ るか、今後注目です。 ピダハン語 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%80%E3%83%8F%E3%83%B3%E8%AA%9E 2014/9/24質問「動詞不定形に決まった形の語尾の無い言語」で ベストアンサーなしで締め切られたのは、回答レベルが低く役に立たなかった からでしょうか。 1秒で答えれる訳語と数日推敲する複数言語の体系が20ptsで意味ないけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 普通名詞と集合名詞について

    trouserっていう単語がありますが、これは普通名詞なのでしょうか?ネットでいろいろ調べたのですが、以下分かったことは・・・ pair ofなどが付く時は、trousersとして可算名詞扱い・・・(1) 片方だけを指す場合には単数形になることもある・・・(2) 通例複数形である・・・(3) そこで(1)について考えるとtrousersは不可算名詞として扱うこともある、とも理解できそうな書き方です。でもそうなら普通名詞でなく何になるのでしょう?(普通名詞はすべて数えられる名詞と理解しています) 集合名詞の何か?集合名詞の理解がまだしっかりしてないからそう思うのかもしれません。sが付く、付かないで普通名詞が集合名詞に変わったりすることはないと思いますが・・・。 ちなみに私の文法書では集合名詞は数えられるの部類に分けてありますが、集合名詞でも A・・・単数・複数の両方に扱うのは・・・可算名詞(familyなど) B・・・常に複数に扱う・・・・・・・・・可算名詞(peopleなど) C・・・常に単数に扱う・・・・・・・・・不可算名詞(furnitureなど) という理解をしていますが合ってますか? また数えられる名詞の単数形には、必ずa、anかそれに代わる修飾語(my、thisなど)をつける・・・(4)、とあったのですが、 People say that she will go on the stage next year という例文がありました。Bについては例外である、ということなのでしょうか?Aでも単数形を複数扱いだと(4)の例外でしょうか? そして、shoeについてはtrouserと同じ部類の名詞と考えていいのでしょうか。でも辞典(ジーニアス)ではshoeはC名詞と記してありますが、trouserはC名詞ともU名詞とも記されてありません。この違いは一体何なのでしょう? たくさん質問してすみません。わかりやすくご解説いただける方、回答よろしくお願いします。

  • 言語はどのように生まれたのですか?

    人類が初めて言語的な意味のある音として声を出すようになったのはいつ、どのような時だったのでしょう?初めから、名詞、動詞、数詞、等を合わせて使っていたのでしょうか?その後、文法ってどうやって決まっていくのでしょう?

  • "cloud"常に数えられますか? なぜ可算名詞なんですか?

    英語で雲=cloudは可算名詞だということは知っています。たしかにポコポコ出る積雲系の雲はひとつ、ふたつと数えられますが、層雲系の雲は文字通り層状になっていてどこが切れ目か判然としませんし、前線に沿って形成される雲は積雲系であっても切れ目が不明確で、数えられない場合が多いと思います。高積雲も集合的にそれ自体がひとつなのか細かく分かれているのかよくわかりませんし、圏雲(以前は絹雲と表記していた)も細い線の一本一本がひとつひとつの雲としてCountされるべきなのか、それとも筆で描いたような塊がひとつとして扱われるのかはっきりしません。 にもかかわらず、何故可算名詞なのでしょうか。 「そういうふうに決まっているのだから、いちいち疑問を持たずそう覚えなさい」という回答だけは御勘弁願います。一応、知識としては知っているつもりですので。ただ、中学でそう学んで以来、20年来の疑問です。 英語の評議会みたいなところ(アメリカかイギリスに仮にこのようなものがあったとして)で、このような語句が「やはりこれは不可算名詞だ」などのように、文法上の扱いが訂正されるような機会や前例はないのでしょうか。

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15090/32304)

 これは世界のすべての言語に通じている人だけが答えられるご質問ですから、僕にはよく分からないので憶測を述べるだけですから、適当に無視して下さい。  まず自然言語と文法のような二次言語の区別をしておきます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E8%A8%80%E8%AA%9E 名詞のグループ分けは、メタ言語の問題で、分析の姿勢で変わるものと思います。名詞動詞のような区分けも類別語のナバホ語のように見方によって違います。  ですから「逆にこんな類別をしない言語というのはあるのでしょうか?」というご質問にはカメラの中だけに見える線のようなものだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 不可算名詞に不定冠詞が付く現象

    1) I had a free lunch. 2) I had φ poor eyesight. 1,2両文共に"lunch""eyesight"が不可算名詞ですが1が"a"をつけて2では付けてはいけないのはどういった理由からでしょうか? また、1のように不加算名詞に不定冠詞が付くことを文法用語で何と呼びますか?

  • 1.現代におけるエスペラント語の言語としての位置付

    1.現代におけるエスペラント語の言語としての位置付けとは? 2.エスペラント語、イド語、ノシロ語、リパライン語、ヒュムノス語、シャレイア語などの人口言語の存在意義とは? 言語カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エスペラント https://en.wikipedia.org/wiki/Esperanto http://ja.conlinguistics.wikia.com/wiki/シャレイア語 https://ja.wikipedia.org/wiki/人工言語 https://en.wikipedia.org/wiki/Constructed_language

  • Do you have the time? (今何時ですか) において

    Do you have the time? (今何時ですか) において、何故timeは不可算名詞なのにtheを付ける事が可能なのですか? timeが可算名詞になる「回数」や「時代」の場合ならtheを付ける事は可能ですが、この場合明らかに「時間」を訊いてますよね? この文の場合は例外で特別theがつく、と文法事項は無視して丸暗記をするべきでしょうか? 回答お待ちしております。

  • Do you have the time? (今何時ですか) において

    Do you have the time? (今何時ですか) において、何故timeは不可算名詞なのにtheを付ける事が可能なのですか? timeが可算名詞になる「回数」や「時代」の場合ならtheを付ける事は可能ですが、この場合明らかに「時間」を訊いてますよね? この文の場合は例外で特別theがつく、と文法事項は無視して丸暗記をするべきでしょうか? 回答お待ちしております。

  • 英語の冠詞a,theの概念にお強い方

    こんにちは。英語初心者です。aとtheの付け方も分かりません。 Wikipediaにおける、冠詞の説明が難しくて困っています。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E5%86%A0%E8%A9%9E そもそも、可算名詞、不可算名詞の概念が分かりません。「数えられないもの」など存在しないからです。水でさえ汲めば数えられます。 私は色々あってこう考えました。 「具体的な「存在物」はthe(定冠詞)をつけて、どれでもいいという「概念」にはa(不定冠詞)をつけて、では冠詞の付かないものは何なのかというと、実現化不可能な「究極の概念」(例えば円のような)である。」 しかし、これは間違いのようです。 上の理屈に従えば、 Eat the rice.は「その飯を食べろ」 Eat a rice.は「飯を食べろ」 Eat rice.は「実現不可能な完璧な飯を食べろ」=「観念の上でそうしろ」=「真似をしてそう観念していることを示せ」 となってしまいます。 実際には、 Eat rice.で「飯を食べろ」という意味らしいです。 Eat a rice.だと変になってしまう(予想では「米粒1個を食べろ」となる)みたいなのです。 実践的な解説は数多く聞きましたが、あまり概念を把握し切れていないので、応用に結びつきません。 西洋人は一体何を考えて冠詞を使っているのでしょうか。そこには何らかの概念があると思うのです。人間が本当にあのWikiに書いてあるような、難解なルールを考えて冠詞をつけるつけないと判断しているのでしょうか? 可算不可算の概念、冠詞の概念を教えて下さい。 ルールなど無い、全ての名詞に慣習があるというのなら、現地に居ない私にはつかみどころがなく、もう冠詞を使用することが出来なくなってしまいます。

  • 数詞について分からないこといくつか

    ウィキペディアの定義ですと 「数詞(すうし)とは、数を表す語である。言語及び数詞の種類により、名詞、形容詞、限定詞などの下位の品詞に分類されるが、その性質は独特である。文法上の数とは異なる。」 に沿っていくつか分からないことがあります。 (1)「語」は「数」と分けられると思いますが、この定義では「語」となっています。 日本語では、「数」に対する品詞がつけば、「語」となるのでしょうか? (2)「単独の基数詞は一般に名詞である。」と述べられていますが、数に品詞がついた数詞も、名詞となるのでしょうか? (3)「言語及び数詞の種類により、名詞、形容詞、限定詞などの下位の品詞に分類される」とありますが、名詞、形容詞、限定詞を具体的に挙げてください。 たとえば数についた形容詞がどうしてもイメージできず、さらに限定詞がどういうものかも分かりません。 よろしくお願いします。

  • オーストロアジア系言語と、タイカダイ系言語の違いは?

    オーストロアジア系言語と、タイカダイ系言語の違いは? ・オーストロアジア語族 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E8%AA%9E%E6%97%8F 代表てきなものは、ベトナム語とカンボジア語 ・タイ・カダイ語族 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%80%E3%82%A4%E8%AA%9E%E6%97%8F 代表てきなものは、タイ語とラオス語 とあります。 私としては、カンボジア語とタイ語は非常に似ていると思ってます。近似度ではスペイン語と英語並み。言語として1対1対応に近い。対して、カンボジア語とベトナム語はえらく違います。 なにをもって、オーストロアジア語族、タイ・カダイ語族としたのか、解説されているサイトをさぐったのですが見当たりませんでした。ご存知の方がいらっしゃれば・・。参考文献などでもありがたいです!

  • 数詞が助詞ではないのはなぜですか

    『数詞(すうし)とは、数を表す語である。言語及び数詞の種類により、名詞、形容詞、限定詞などの下位の品詞に分類されるが、その性質は独特である。文法上の数とは異なる。』~Wikipedia「数詞」 この『名詞、形容詞、限定詞などの下位の品詞に分類される』ということならば品詞のひとつだと思います。 しかし以下リンク先の11の分類 http://国語文法.com/%E5%93%81%E8%A9%9E%E3%81%A8%E3%81%AF.html の品詞の中には数詞がありませんが数詞という語は存在します。 数詞には下位に種類があるそうで、たとえば基数詞(日本語の「いち」、「に」、「さん」)、序数詞(第二、第二回)などいくつかありますが品詞として独立していないのは、『名詞、形容詞、限定詞などの下位の品詞に分類される』とおり、数詞は名詞、形容詞など、いずれの品詞のなかに存在する(つまり抽象的である)ゆえに品詞として扱われないのでしょうか?

  • 話す為の英文法

    お世話になります。 英会話スクールに通っております。 語彙力はあるほうなので単語をつなげて話していますが、先日 「文法が弱いのでレベルアップができない」と言われました。 一念発起して英文法を克服しようと思い、英文法の問題集を解いても 間違いがあまりないのに、話すとなると時制はバラバラ、可算名詞、不可算名詞も全く関係なし・・・・という状態になります。 今は、音読や構文の暗記などをしているのですが、話すための英文法を学ぶためのよい参考書などがありましたら、ご紹介いただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 残すべき言語、方言(国内)

    日本語の中にも方言、言語などあります。八丈語や奄美語など分け方では違う言語になります。 方言も何種類か大きく分けれたりもします。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%97%8F (wikipedia 日本語族) 国内での言語の差から、発想の差って言語、方言からあるでしょうか? またやはり残す努力って価値があるんでしょうか?