• ベストアンサー
  • 困ってます

【日本の住宅事情】「建物によって耐震性能には大きな

【日本の住宅事情】「建物によって耐震性能には大きな開きがあります。それは、外壁がサイディングであるか、塗り壁かという事です。塗り壁の場合には、下地に構造用合板を用いて、ラス網を張りモルタル下地を塗り化粧をしていきますが、この構造用合板とラス網が耐震性能に大きく影響しているのです」 ということですが、外壁がサイディングか塗り壁かで耐震性能に大きな開きがあると理解出来るのですがどちらの方が耐震性能が良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数257
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#232424
noname#232424

あはは。学生が書いた論文草稿を思わせるような,「どっちにも解釈できる下手くそな日本語」ですね。 ぼくは建築の素人なので,国語的に考えます。構造用合板もラス網も耐震性を向上させる機能をもつはずですから,塗り壁のほうが良いといいたいのだと思います。 サイディングのほうをネットで調べたら, http://www.nyg.gr.jp/toha/q&a.html#q10 いまいち耐震性には自信のない記述ぶりでした。これも国語的な解釈です。 専門家からの回答を待ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • 外壁下地について

    いつもお世話になっております。 【計画建物】木造の2階建、10m角のほぼ正方形の形をしております。 壁量計算の結果、比較的バランスよく壁を配置する事が出来、45×90の筋交いをX、Y方向に各2箇所ずつ各階設けるだけで計算上クリアしております。 そこで、もともとは外壁の下地を構造用合板9mm+通気胴縁18mm+ラス下地、ラスモルタル18mm+タイル貼で考えていたのですが、構造用合板を普通合板でも支障ないのでしょうか??その方が安くつくのかなと…素人的な質問で申し訳ございません。

  • 法22条区域の壁材について

    新築計画中です。22条区域に指定されている土地です。確認申請書の外壁の仕様を下地ラスモルタル20mmに杉板張り仕上げ(室内側石膏ボード12.5mm)として申請しています。しかし実際は下地構造用合板9mmに杉板張り仕上げ(室内側構造用合板12mm)なのです。申請書には壁の詳細図は添付しておらず、施工図面としての断面詳細図は構造用合板9mm~になっています。要は申請と実際の施工が違うのですが問題ありますか。着工はまだです。壁は境界から2.5mにあります。まずは皆さんのご意見をお伺いしたいのでよろしくお願いします。 

  • 外壁(サイディング)の張替え工事について

    この度、築10年目になりますので、外壁を金属製のサイディングに張り替えます。業者との価格交渉のなかで、構造用合板を使わなければ 安く工事ができるとのことですが、現状張ってあるサイディングを全てはがし(現状も構造用合板は未使用)、金属製15mmのサイディングを張る際、下地に構造用合板はなくても構わないのでしょうか?北海道に住んでいるので、断熱効果や住宅の耐久性に不安を感じます。構造用合板を使わないときのメリット、デメリットを教えてください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • kuku82
  • ベストアンサー率25% (367/1464)

はじめまして 質問文の出所では、構造学だけでは無く、材料学も勉強しないといけないということが 言いたかったのではないでしょうか? >建物によって耐震性能には大きな開きがあります。それは、外壁がサイディングであるか、塗り壁かという事です。 恐らく、ある実験では塗り壁のほうが耐震性能に軍配があがったのでしょう。 しかし、普通に考えれば、塗り壁の定義が広すぎて、どのレベル以上を塗り壁と呼ぶのか? というのが、質問文からは明らかではありませんし、 塗り壁の耐震強度を測定する装置として、一般的なものは無いと思います。(研究者毎オリジナルはあるでしょうが。) 私個人の見解では、質問文からだけでは、どちらが良いかは解りません。 前後の文章や背景を予測すると、塗り壁でも相関性のあるデータがとれ、結構強いよ。ってことではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

ラスモルタルもサイディングも仕上げ材です。構造材ではありません。 耐震性能には無関係です。 構造材の柱梁と構造用合板の壁が耐震性能に影響します。 床の剛性も重要な働きをします。 塗り壁で耐震性能を持つには柱梁で構成された面内に塗りこんだ壁です。 昔の貫・竹木舞に塗りこんだ土壁がそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • tel0463
  • ベストアンサー率45% (64/142)

1級建築士です。 文章の出所が分かりませんが、在来軸組工法と2×4の比較ではなく、 構造用合板と筋違いの違いを云っているのだと思いますが、 塗り壁でも構造用合板を下地に使わない場合がありますし、 (外壁下地 嵐 で画像検索すると出てきます) サイディングにも構造用合板を下地として使う場合があります。 また、構造用合板にも、適切な釘の種類と、打ち込む間隔が定められており、 それよりも荒く止めてあれば、耐震性能の想定値は得られません。 ですから、構造用合板だから必ずしも耐力が出るというわけでもありません。 設計者が必要な強度をバランス良く配置することが肝要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 サイディングもモルタルも工法が同じなら耐震性は変わらないと思います。2×4工法のサイディングと従来工法のモルタルなら2×4工法の方が耐震性が高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 構造用合板

    在来工法で外壁下地に構造用合板が使われるようになったのは いつ頃かわかる方お教え下さい。 新耐震後も木づりが使われていたと思うのですが。 最近の在来工法ではほとんど構造用合板かラスカット等のボード納まり となっていると思います。

  • 建築基準法第23条の外壁についての質問

    初めまして。comeと申します。 設計事務所でアルバイトをしているものです。 建築基準法第22条指定区域の外壁について質問があります。 ・内壁 石膏ボード t=9.5 ・外壁 構造用合板 t=9 ラスモルタル t=15 で外壁を仕上げると言われたのですが、告示1359号(防火構造)を見てみると、石膏ボードにモルタルt=15は書いてあるのですが、構造用合板は書いてありません。[間柱は木なので該当は、第一のハ(3)()(イ)および()(イ)もしくは(ロ)だと考えております。] 告示1362号(木造建築物等の外壁)には、外壁に土塗壁というのはあるのですが、これをモルタルに読み替えてt=15という解釈(あるいは前例)というのはあるのでしょうか? 何分経験が浅く、実務的な経験が乏しいので困っております。 どなたかご存知の方、いらっしゃいましたらご教授よろしくお願いします。

  • ツーバイフォーの外壁・断熱について

    ツーバイフォー、内断熱(ロックウール)、サイディング(予定)で一戸建てを建てようと思っています。 外壁・断熱等の中身(施工方法)がわからないので、お教え頂きたいと思っていいます。 ■ご質問 ・ツーバイフォーの外壁・断熱は、内から、  構造用合板→防水シート→断熱材→透湿シート→空気層→構造用合板→サイディング  という理解であっているでしょうか? ・構造用合板に直接サイディングは貼り付けられるのでしょうか?  (空気層等あり!?防水シート等をはる!?等の疑問があります) 宜しくお願いいたします。

  • 構造用合板を使った耐震工事をしたいのですが・・・

    自分で壁の補強をやってみたいのですが、構造用合板ってどこで仕入れればいいのでしょうか? 外壁用、大壁用、真壁用のそれぞれで考えてみたいのですが、情報がある方ならいずれか一つでも構いません。費用はあまりないのでよろしくお願いします。

  • 窯業系サイディングの最下部の仕上げについて

    現在新築中です。外壁についてですが施工業者の話しでは構造用合板に防水シートを張ってその上に釘で12×910×3030mmの窯業系サイディングを縦張りにするそうです。 土台水切りとの隙間が構造用合板で1~10mm サイディングはまだ完了していませんが水切りと殆んど隙間がありません。 最後にコーキングするのでしょうか? 10mmくらいあけないと毛細管現象で湿気を 壁が吸ってしまうと聞いたことがあるので心配です。

  • 構造用合板で耐震補強した仕上げ

    耐震補強で構造用合板の上に石膏ボードや化粧合板の仕上げをするのは普通に行われているのでしょうか。

  • 耐震補強

    先日から、木造住宅のリフォームに伴い耐震補強の物件を担当しています。しかし大工の手があまり良くなく、金物が正しく取り付いているか、疑問に感じ、正しい取付方法を調べている所です。教えて頂きたい事は、柱・横架材に新たに筋交いを入れましたが、少しすいている状態(2mm~10mmまで)で筋交い金物(2倍)を取り付けているのですが、それでも正規の耐力は期待できるのでしょうか?あと構造用合板で耐力を出す壁がありますが、その壁に給水・給湯配管の穴を2箇所あけてあるのですが、それでも正規の耐力が出るのか疑問に感じています。色々と調べましたが、筋交いの隙間・構造用合板の欠損について書いてある資料がなく、何か資料があれば教えていただけますでしょうか?細かいことですが宜しくお願いいたします。

  • モルタル吹付け仕上げの下地について

    木造住宅の外壁仕上げに弾性リシン吹付け仕上げを考えています。(予算があればジョリパッド等を採用したいところですが・・・) 下地構成について教えてください。 内側から 構造用合板t12+透湿防水シート+通気用縦胴縁(21×45)、となりますが、 これ以降の下地構成についてです。 建築関係図書を調べてみても、微妙に表記が異なり迷います。 以下は記載があった一例です。 (1)ラス下地+モルタルt20 (2)木摺+ラス網+モルタル (3)木摺+メタルラス+軽量モルタル (4)木摺+防水シート+メタルラス+モルタル (5)木摺+アスファルトフェルト+メタルラス+軽量モルタル (6)木摺+アスファルトフェルト+ラス網+モルタル(ファイバーメッシュ伏せ込み) (7)ラス下地t11(アスファルトフェルト含む)+モルタル吹付けt20(メタルラス含む) ここで、ラス下地=木摺である事はわかりました。 アスファルトフェルト(=防水シート)を入れる場合と入れない場合があるようですが・・・? 木造住宅の場合地域差もあるかもしれませんが、アドバイスお願いします。 上記仕様は目地を設けないものと考えていますので、道路に面した外壁にと考えています。 他の外壁面もリシン吹付けで考えていますが、とにかくローコストで考えたい場合どのような下地が一般的でしょうか? ボード状のパネルに弾性リシン吹付けかと思うのですが、パネルには何が使われているのでしょうか? 無塗装サイディングに弾性リシン吹付けでしょうか? 目地は何ミリですか? 以上よろしくお願い致します。

  • 耐震補強

    先日、木造住宅のリフォームに伴い耐震補強の物件を担当しました。しかし大工の手があまり良くなく、金物が正しく取り付いているか、疑問に感じ、正しい取付方法を調べている所です。教えて頂きたい事は、柱・横架材に新たに筋交いを入れましたが、少しすいている状態(2mm~10mmまで)で筋交い金物(2倍)を取り付けているのですが、それでも正規の耐力は期待できるのでしょうか?あと構造用合板で耐力を出す壁がありますが、その壁に給水・給湯配管の穴を2箇所あけてあるのですが、それでも正規の耐力が出るのか疑問に感じています。色々と調べましたが、筋交いの隙間・構造用合板の欠損について書いてある資料がなく、何か資料があれば教えていただけますでしょうか?細かいことですが宜しくお願いいたします。

  • 外壁がモルタルの場合の作業日数について

    現在、住宅を建築中です。 年内を目処に完成予定で、急ピッチに建築している状況です。 そこで、1点気になる事がでてきたため、質問させて頂きたいと思います。 湿式工法による外壁(ラス・モルタル・ジョリパッド)を予定しており、金曜日にモルタル塗りが開始され、翌週の月曜日か火曜日には塗装を行うと言われております。 色々なホームページを見ると、湿式工法はモルタルを十分に乾燥させなければ、後日、ひびわれが発生すると書かれており、非常に不安を感じております。 この様な短期間で、外壁工事を終わらすのは問題無いのでしょうか? なお、木軸・在来工法の壁は構造用合板になります。