• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

大東亜共栄圏万歳、習近平万歳

  かつて日本が構築しようと夢見て果たせなかった大東亜共栄圏を、いま習近平は現実のものとして実現しようとしているに違いない。 そのためにAIIBも立ち上げたのではないか。 大東亜共栄圏万歳、習近平万歳。 日本もアジアの一員として習近平にエールを送るべきではないでしょうか。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数270
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

習近平主席はもっとスケールが大きい構想を 持っています。 一帯一路構想です。 (1)中央アジア経由で陸路欧州に至るシルクロード経済ベルト(一帯) (2)中国沿海部と東南アジアなどとを海で結ぶ21世紀の海上シルクロード (一路)。 つまり、中国を要とした大共栄圏を構築しようとしているのです。 凄いのは、これは単なる願望などではない、マジだ ということです。 その一環が、AIIBであり、インドネシア鉄道の強引 な契約であり、南沙諸島です。 ”日本もアジアの一員として習近平にエールを送るべきではないでしょうか。”      ↑ この大共栄圏を阻止しようとして、米国も動いている わけです。 その一環がTPPであり、南沙諸島の嫌がらせです。 将来は米国を中心とした勢力と、中国を中心とした 勢力が対抗するようになるでしょう。 日本はどちらについたほうが、よいか。 ずばり、勝てる方につくべきです。 そして、勝つのは米国だと思います。 米国には同盟国が多いです。 欧州キリスト教文化圏は結局は米国につくでしょう。 これに対して、中国には同盟国はありません。 仲が良いのはパキスタン、北朝鮮、イランぐらいですか。 米国が有利だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 大東亜共栄圏

    日本はなぜ、大東亜共栄圏などという構想を立てたのでしょうか。 当時は、日本がそれほどアジアを支配できる見込みがあったからなのでしょうか?

  • 大東亜共栄圏・・・

    大東亜共栄圏での、日本の東南アジア占領のようすはどのようなものだったのでしょうか??

  • TPPは大東亜共栄圏みたいなもの?

    TPPというのは、かつて夢見た大東亜共栄圏みたいなものを 日本が手に入れたと考えてよいのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

習近平の「中国の夢」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%A2 によれば、目指しているのは”中華民族の偉大な復興”であって、共存共栄ではないでしょう。かつての清、民、元の時代のような覇権を取り戻すこと。つまり中国以外は属国にしかならないでしょう。 エールを送るのは中国ではなく、中国以外の国々。次の時代のアジアがどうなるべきか一緒に考え行動するべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11762)

中国が大東亜共栄圏? 腹筋崩壊しましたww あいつらがやろうとしてる事は「お前の物は俺の物 俺の物も俺の物」と某ガキ大将もびっくりな事ですよ 中国は平気で他国の海洋に進出し 人工の島を造り あげく「ここは元々俺たちの領海だ」と言い張る 日本はそんな事しませんでしたが? 占領した地域にちゃんとその国の政府を置いて自治を認めました それこそが大東亜共栄圏であり 中国がやろうとしてる事は単なるアジアの征服ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • もし大東亜共栄圏が続いていたら世界は…?

    教科書にのっている歴史の意味ではなく、 もっと客観的な歴史を深くご存知の方にだけ、うかがいたく願います。 歴史にもしは禁物なのでしょうけれど、 もし、大東亜共栄圏が今日まで続いていたら 世界はどんな情勢になってしまっていたと思いますか? 日本は、アジアはどんな風になっていたと思えますか? ただ一言でも、当時の各国の情勢を含めた長文でも構いません。 ご想像をお聞かせ頂けますと、幸いです。

  • 大東亜共栄圏、なぜ中国と非共闘?

    戦前、大東亜共栄圏の為に、日本は何故に中国と共闘しなかったのですか?

  • 侵略じゃないという人は大東亜共栄圏をくちにするけど、これについて質問です・・・

    無知な質問ですみませんが、教えてください。 よくTVで議論される「日本は侵略国家じゃなかった」とか「侵略国家だった」というのがあります。侵略国家じゃなかったというひとたちに対して、じゃあ満州?南京?はなんだったんだよ!と 話をぶつけると、きまって 大東亜共栄圏というのがあってー、・・・・ というのをみるんですが、大東亜共栄圏って、チャンドラボースたちと日本やタイ?アジアの代表者たちと会議して、ヨーロッパからの解放を協力し合おう、アジアからヨーロッパやアメリカを追い出そうという目的ですよね? だったらやっぱり侵略じゃないの・・・?と疑問をもちました。 大東亜会議に中国も参加してますが、満州や南京のことがあったのになんで参加したんですか?侵略された側ならそんなの参加しないのでわないのですか? ネットなどみて調べてみたのですが、いまいちわかりません。無知な質問すみませんが分かりやすい言葉で説明してくださる方教えてください サイトなどで教えてくださる方、wikipediaなどはみたのでそれ以外でお願いします。

  • 新大東亜共栄圏構想、どうなんでしょうか?

    新大東亜共栄圏、この構想を真剣に実現させるべき、この時期にきているのでは、と思うのですが、どうなんでしょうか? 新大東亜共栄圏とは、東南アジア諸国連合(ASEAN)=インドネシア・フィリピン・ベトナム・タイ・ミャンマー・マレーシア・カンボジア・ラオス・シンガポール・ブルネイ、これらに加えて、オーストラリア・ニュージーランド、そして、インド。 安倍晋三首相、それらしき行動をとってはいますが、本当に、心底これを構築・実現する腹を持っているのでしょうか? どうなんでしょう、教えてください。

  • 脱亜論と大東亜共栄圏

    戦前の日本のアジアに対する外交姿勢についての質問です。 福沢諭吉の脱亜論に従ったわけではないでしょうが、日本は日清戦争・日露戦争を通して一等国への仲間入りをし、脱アジア化を一応実現しますよね。 その後、「大東亜共栄圏」という思想を掲げて(結果はともかく)東アジア解放のために戦うわけですが、「脱アジア化」しておきながら「アジア解放」を志すのは矛盾していないでしょうか? 脱アジア化しているなら「アジア解放」ではなく「アジアの近代化」を目指すでしょうし、「アジア解放」を志すなら「アジアの一国」にとどまることを選ぶはずです。

  • 「大東亜共栄圏」ってあくまでも、建前だったんでしょうか?

    日本のように欧米に立ち向かう国がなかったら、アジアの人々は、かつての黒人のように奴隷のような扱いを受けたでしょうか? 又、当時の政治 軍部に関わってた日本人は、本気で「大東亜共栄圏」を思って戦争をはじめたんでしょうか?

  • 日本が大東亜共栄圏を成功させることはできたでしょうか?

    日本が大東亜共栄圏を成功させることはできたでしょうか? 大東亜戦争完敗の呪縛から逃れられず いまだに65年前の負い目をウジウジと 引きずり、なんでもアメリカ様の お伺いをたて、全く自主性のない 外交を日本は一貫して進めています。 中国は今回アフリカ征服がひと段落 ついたので、南沙諸島を強奪するのに 成功したことと、小沢の朝貢外交と 鳩山の琉球政策の失敗に漬け込み 日帝とアメ公の仲間意識を確認するのと 隙があれば一気に種子島まで強奪せんと 企んで挑発行為に出てきました。 ちょっと功をあせりすぎて中共は自滅し、 自国の非道ぶりが却って 世界中に喧伝される形となりました。 また中共の挑発行為に南朝鮮 ロシアも火事場泥棒をしに協調し 南朝鮮は竹島と対馬を ロシアは南樺太、千島列島、北海道を 一挙にその手におさめようとしています。 あまりにも色々な事がしかも よくないことばかりたてつづけに おきたために政権担当経験の浅い 民主党政権はいいように振り回されています。 民主党政権だけでなく 自民党の長期政権も 竹島の実効支配を強制排除せず放置 南樺太、千島列島の不法占拠を黙認と 情けない姿ばかり晒しています。 これではまるで清朝後期の様相と いえなくないでしょうか? アヘン戦争のショックで唯々諾々と 不平等条約を結び、次々要求される 欧米列強の注文にひたすら応じて 最後は自国の官僚たちからも 見捨てられたあの清と同じです。 日本人も政党政治に不信を抱き 官僚支配にも不満を持つ人が かなりの数増えてきました。 いつどこで爆発するかわかりません。 こんな日本に誰がした といわれればいつまでも 絶対謝罪主義、絶対屈服迎合主義を 貫き通すことで経済発展を成功させた 自民党ということになるでしょう。 日本が大東亜戦争で大敗し 完敗したが故に、今の情けない 日本になってしまいました。 日本が真の意味で大東亜共栄圏を 成功させることはあの時代では 無理だったのでしょうか? また万分の1の確率でも成功するとしたら、 どういう対策をとっていれば 成功したでしょうか? 歴史にIFはありませんが 仮定を建てることで未来の 失敗を未然にふせげるのでは ないかと思い質問させて頂きました。 忌憚のないご意見お聞かせ願います。

  • 大東亜戦争期における、大東亜共栄圏や八紘一宇という理念の裏には、日本が

    大東亜戦争期における、大東亜共栄圏や八紘一宇という理念の裏には、日本がアジア諸国、特に満州、中国北部、そしてあわよくば中国全土を支配下に入れ、それを以てして同盟国のドイツとともに、東は日本、西はドイツが手に入れ、日本としてはその東洋諸国に無限に続く天皇の系譜を知らしめ、全世界にも天皇の権威を示す、という意図があると立花隆氏が文芸春秋かなにかで書いていたのを記憶しているのですが、当時の日本、といってもおそらく陸軍でしょうが、は本当にそんなことを考えていたのでしょうか?

  • 大東亜共栄圏(八紘一宇)は正義の理念

    日中戦争から太平洋戦争にかけての背景を勉強しています。下記の文章を作りましたが、間違いなど有りましたら、ご指摘、ご指導いただきたく、宜しくお願いします。 20世紀初頭、欧米列強(英仏蘭露米)の植民地支配は、アジアを含む全世界に及び、その支配体制は覇道的(恐怖体制)で、ひどい人種差別に根ざしていた。例えば、黄色人種は、猿なみの劣等であり、優等な白人種による支配は、必要かつ正当である。 シナを含むアジア全域は、列強の過酷な支配下にあり、日本が交易を求めても入り込む隙間も無い。民衆は虐げられ家畜以下の扱いであった。やがて、孫文の三民主義や大アジア主義を初めとして、民衆の中に、アジアの解放や祖国の独立を願う運動が、主に日本を足がかりにして広がっていった。 世界恐慌に翻弄されていた日本は、列強の植民地体制を打破し、アジアを解放する以外、帝国としての存立が困難であった。この日本の戦略は、列強からの民族解放と祖国独立を熱望するアジアの指導者たちの戦略と、利害が一致した。このような状況を背景に、大東亜共栄圏(八紘一宇)の理念が、日本、シナ及びアジア各地域の正義を目指す指導者たちの間に形成されていった。 日本は、大東亜共栄圏のモデルとして満州帝国を立ち上げたが、列強の干渉や妨害がひどく、シナでの日本の利権侵害や居留民虐殺などのテロも頻発するようになった。列強の傀儡に堕して挑発を繰返す蒋介石やその手先となりテロを行う共産党を懲らしめるため、日中戦争が始まった。 蒋介石や共産党は、民衆のためと言いつつ、民衆を戦争の楯に利用し、彼らを虫ケラのように犠牲にしてきた。日本は、このような列強の手先である蒋介石と共産党を打倒し、満州帝国の安定存立と、過酷な植民地支配からのシナ民衆の解放を、目指した。 しかしながら、大東亜共栄圏(八紘一宇)の理念は正しかったが、この理念を実践する大日本帝国陸軍がお粗末だった。理念的に、日中戦争の目的は、列強の傀儡である蒋介石と共産党を打倒し、満州帝国を安定存立させると共に、シナ民衆を列強の植民地支配から解放することであった。この大義を、帝国陸軍はその組織内部に十分に浸透させることを怠った。 日中戦争・太平洋戦争を主導した統制派軍人エリートには、惻隠の情を持ち弱者を庇う武士道精神が欠如していた。更には、日本人一般に、シナ人・アジア人蔑視の考えがあったこと、これに初年兵を陰湿に殴り苛める内務班的な陰険体質が加わり、占領地の民衆は牛馬のごとく扱われた。「なんだ、これでは列強の支配下より悪いじゃないか」 兵士や民衆の命を紙切れのように見なす精神主義、統制派的エリート主義、現地調達主義など。これらの主義に犯された無能で危険な参謀たちに、兵士の命や占領地民衆の貧しい生活などは、ほとんど無視された。ましてや、国際世論などは、全く配慮できない。宋美齢やコミンテルンによる国際世論の操作・工作に一方的に利用されるだけだった。 このような帝国陸軍の組織体質は、いくら反省しても反省仕切れない。なぜなら、未だ現代日本の公的組織や民間会社組織にすら、これが色濃く残っているからだ。 しかし、いくら戦争に負けたからと言って、「正義の理念」までも否定してはいけない。 大東亜共栄圏(八紘一宇)は正義の理念だった。1930年頃以降、日本が、この理念を高く掲げ、その実現に邁進したことを、今の日本人は、誇りに思うべきである。 余談だが、汪兆銘を、日本の傀儡・売国奴と評価するのは間違いである。無節操に共産党と合作し、民衆を戦争の楯に利用し続け、列強の手先と成り下がった蒋介石とは、汪兆銘は決別せざるを得なかった。そして、列強からの真のシナ独立と民衆解放を目指し、日本と柔軟かつしたたかに交渉を重ね、1940年、南京国民政府を樹立した。彼こそ真の愛国者である。この正しい評価を今の中国共産党は聞く耳を持たないだろう。しかし、日本は、少なくとも台湾に対しては、正しい評価をするよう働きかける義務が有る。

  • 大東亜共栄圏及び日韓併合と入植地問題

    大東亜共栄圏の発動で現に感謝していた人たちもあり、旧日本軍は決して侵略などしてはいないと思っていたのですが 昨夜イスラエルの入植地問題のニュースを見ていてふと大東亜共栄圏及び日韓併合を彷彿とさせました まず国家間で了承がありましたし、あとから越してきユダヤ人が大きな家に住んで現地人がそれを建てているという逆転的構図が類似しているなと思えます。 ユダヤ人が現地人に対して石を投げつけていましたがこれはさておき、ユダヤ人が自分たちが文明的に開拓してやったんだと供述している点も日韓併合肯定派の言い分とそっくりだなと思いました。 しかし了承があるからといって市民からしてみれば頭の上で勝手に取り決められたことなので僕は人道的に正しいことだったとは思えなくなりました。 もちろん感謝してくれる国々に対してはご先祖を誇りに思えばいいのですが、朝鮮の統治に関しては血で血を洗うような反発もありましたし武士道とは言い難い愚行だったのではないかと悩みます。 他の国が感謝していたからお前の国も感謝しないとおかしいぞ恩知らず! ではなく、たとえどこかに飲み込まれようともその土地の文化を尊重してあげるべきだったのかなあ、とも考えてしまいました。 韓国北朝鮮側にも被害拡大解釈や誤解、言いがかりはあろうかと思われますが、総合的に判断して日本は結局悪いことをしたんでしょうか? 東条英機元主首相の言い分によれば力の敗北であり道義としてはこちらが正しかった、これから言いがかりを付ける輩が少なからず現れるであろうが日本人としての誇りをもって頑張って頂きたい。(http://www.youtube.com/watch?v=2H63kaj_4ac)と、そのような内容を後世に肉声で残していらしゃっるのですが、真意のほどはどうでしょうか。東条英機元主首相は部下はもちろんのことその家族に至るまで体調を気にしていたというほど国家神道、武士道としての正しさを重んじておられたので間違った行いをしたというのがどうも信じがたいというか信じたくはないという思いもあり自分としては中立的判断が下せません。   否定のための否定、肯定のための肯定、ある偏った思想ではなく中立的判断ができ歴史問題に詳しい方にご回答願いたいです。 よろしくおねがいします。