• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

安保法案とデモ隊について

  • 質問No.9050735
  • 閲覧数395
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0
先日、参議院で集団的自衛権の安保法案が可決、成立致しましたが
国会内と国家以外で反対運動を展開していた方々を皆さんはどの様に映りましたか?
そもそも、集団的自衛権とは何ですか?戦争法案ですか?徴兵法案ですか?
いつも、感じる事なんですが、テレビやマスコミは憲法違反、憲法違反と連日叫ぶばかりで
集団的自衛権を国民に解りやすく丁寧に何故教えようとしないのですか?
勿論、政府与党にも充分な説明責任はあると思いますが
テレビやマスコミは視聴率や売上が上がれば放映内容等関係ないと云う事ですか
これだけ若い世代から年老いた世代までの人々が一応、反対の意思を示しているのだから
デモの過激な映像を単に流すのではなく、テレビやマスコミの間でもっと議論し
国民が集団的自衛権について納得し理解した上で
反対運動を展開する方向性なら、国民の支持も多数であったと思う
政府の説明が不十分だと叫んでいるばかりではなく
テレビやマスコミ(雑誌)と言う媒体があるのだから
放映内容を実のあるものにして行かないといつまでたっても繰り返しになる
政府が説明などをする場合は限られた場所と時間があり
国民全体に伝わらない可能性が大きいと感じる
一番大事なのは国民の意識改革を行うと云う事だ
単にテレビやマスコミが反対や憲法違反、戦争法案、等と伝えていても
自身で集団的自衛権を考え、賛成、反対、の意思行動をするべきだと感じた
PS
野党議員のプラカードをテレビカメラに向けて叫んでいる様子は滑稽に映った
民主党は前回の政権与党の反省を顧みず、自民党の批判運動に情熱を注いでいるが
なにか?違う様な?
重要なのは議論、議論、議論、200時間は少ない
最小でも1000時間は必要です、ベストは10000時間位です

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (5890/17876)

他カテゴリのカテゴリマスター
議論の時間に意味はありません。議論の内容に意味があるのです。

1時間だって有意義な議論はありますし、1万時間やったって1億時間時間をかけたって有意義な議論にならないこともあります。
なので、議論は時間じゃないんです。

基本的に、野党は、反対の為の反対を行っています。
野党。つまり与党とは違う考えを持っていなければ、その野党としてのアイデンティティを保つことができなくなってしまうでしょう?
だから、反対の為の反対を行うしかないのです。

戦争法案という人もいますが、民主党の代表は、今回の安保法案に関して、戦争法案ではない。ということも認めているようです。なので、戦争法案じゃないといえば良いのですが、いいませんよね?
しかも野党第1党の幹部は、この審議中に、韓国へ行き、大統領と会談してきていました。
国民の為に廃案に持ち込まなければならないと騒ぎながら、民衆の議論を国会でするより、韓国の大統領と会談する方が重要だったようです。
面白いですよね。


基本的にマスコミは、本来の話よりも、話題になり視聴率が稼げるような報道内容になります。
視聴率1%で1億円が動くと言われている業界ですからね。放送業界などでは、内容よりも視聴率の方が重要なのです。


では、安保に関してですが、
世界で戦争をしないと言っている国で有名な国にスイスがあります。永世中立国です。
では、軍隊はないのでしょうか?
スイスは、戦争はしませんが、自分の国を守る為に軍隊を持っています。
だから、中立で居られるわけです。
結構、永世中立国のスイスは軍隊もないなんて勘違いをしている人もいるくらいですからね。

永世中立国としている為に、どこにも頼らないで自国を防衛できる軍隊が必要なのです。

日本は、その自国を防衛する部分を自国だけではなく、アメリカ軍にも依存しています。
確かに自衛隊の装備だけでは実際に守るのは難しい話です。
これが日米安保です。

日米安保をやめたとすれば、どうでしょう?
スイスと同じように、自分の国は自分で守る為に、防衛力を増やさなければなりません。
今の防衛費以上の費用はかかるでしょうし、自衛隊の人数も増大させる必要があります。
人数が足りなければ、徴兵もしなければなりません。

日米安保をやめれば、はっきり言って、今の自衛隊じゃ足りなくなり、それこそそっちの方が徴兵制などを行う必要が出てきてしまいます。

その辺の考えはどうでしょう?

防衛しなくたって占領はされない!と思っている呑気な方もいらしゃいますが、
防衛していなかった為に、竹島は、韓国に実効支配されてしまって居ますね。
現状、日本の島である竹島に行くには、韓国に入国してからしか行くことができません。

また、尖閣諸島に関しても、中国が来ていますね。ほぼ毎日のように来ていますが、ニュースではほとんど流れていません。
海上保安庁などが巡視をやめれば、そのまま上陸して実効支配をされるでしょう。
まぁ、アメリカが後ろについていなければ、海上保安庁程度、機銃しかありませんので、簡単に蹴散らして上陸することになるでしょうね。

こういう部分の話などもある上で、反対と言っているのかわかりません。

もう、ああいう騒ぎに先導されちゃってる人は、半分催眠状態ですので、冷静に考えることすらせずに、反対を続けてしまうので、現実的に議論にもならないわけです。


私は安保を反対して無くしても構わないと思っています。
ただ、その場合、戦争ではなく、日本はスイスと同じように、自国を守る為に今以上の強力な軍隊を持つ必要がある。と考えます。
人数が足りなければ徴兵でもしなければならないでしょう。それが国を守るということだと思います。

安保の利点は、日本を守る為の軍として、人数や装備が少なくて済む。というところだと思います。
現実問題、日本がこれだけ経済発展できたのは、普通の国であれば行わなければならない、軍の巨大な費用を経済成長に向けられた。ということが大きな内容だと思っています。

何でもかんでも反対というのではなく、そういうところから、どの様にするのが一番良いのか?と言う点を探り出すのが討論であって、反対の為の反対じゃ無理なわけです。

野党の言い分としては、日本は支援などだけであっても、戦争に巻き込まれる可能性が少しでもあるから、戦争になる!と言う事だけで反対をしてそれをずらす事はしません。
それじゃぁ議論にもならないわけです。


「自分の事は自分で守る。」

これは、どんな国や人でも、同じ話なのですが、その基本を忘れて、誰かに守ってもらえばいい。守ってくれるだろう。じゃダメなんです。

アメリカでなくても、どこかの国に守ってもらうなら、その国への協力も必要になるでしょう。

何処かの国に守ってもらわないのなら、自国で自国を守るだけの力としての軍隊を持たなければなりません。人数が足りなければ徴兵でもする必要はあるわけです。

もしくは侵略されたらそのまま、無条件降伏をして、その国の属国として生きていくか。


現実問題として、上の3つの選択肢しかないんです。
個人的には、反対している人の考えから、これが大きく欠落している様に感じています。
そこが議論としては重要なところだと思っていますよ。

でも、その部分の話をしようとする反対派は居ないんですよね。
判っていない人が多いのかもしれません。

野党は、判っているので、こういう議論はしないんです。
だって、きちんと議論したら、反対できなくなってしまいますからねw
なので、反対の為の反対(つまりパフォーマンスとしての反対。)なんですよ。

そんなものに10000時間の討論が必要が必要はないでしょうね。

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 32% (7189/21827)

"国会内と国家以外で反対運動を展開していた方々を皆さんは
 どの様に映りましたか?"
   ↑
共産や社民のような、およそ日本の政党とは
思えない連中がやっている、と映りました。
彼らが反対しているんだから、賛成するのが
日本の為になるんだろう、と考えました。


集団的自衛権とは何ですか?戦争法案ですか?徴兵法案ですか?
いつも、感じる事なんですが、テレビやマスコミは憲法違反、憲法違反と連日叫ぶばかりで
集団的自衛権を国民に解りやすく丁寧に何故教えようとしないのですか?
     ↑
民主制というのは、国民の手になる政治です。
だから、マスコミから教えてもらわなければ解らない
では民主国家の国民の資格などありません。
それが出来ないのであれば、選挙など行っては
いけません。


”一番大事なのは国民の意識改革を行うと云う事だ
単にテレビやマスコミが反対や憲法違反、戦争法案、等と伝えていても
自身で集団的自衛権を考え、賛成、反対、の意思行動をするべきだと感じた”
      ↑
その通りです。政府やマスコミの説明などに頼ろう
とする姿勢そのものが問題です。
そうでないと、操り人間になるだけです。
民主国家では自律した国民であることが要求されるのです。
自律とは自分で考え、自分で決める、ということです。


”重要なのは議論、議論、議論、200時間は少ない
最小でも1000時間は必要です、ベストは10000時間位です ”
      ↑
議論など重要ではありません。
議論で最良の答えなど得られません。
自分の主張をぶつけ合うだけです。
憲法改正、70年間議論し続けて、何が得られたと
いうのでしょうか。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 21% (306/1443)

ネットをぐぐれば
>集団的自衛権とは何ですか?
この程度はすぐ知ることが出来るはずです。そして、なぜ憲法違反なのかも理解できると思います。
自助努力が足りないと思います。


>いつも、感じる事なんですが、テレビやマスコミは憲法違反、憲法違反と連日叫ぶばかりで
集団的自衛権を国民に解りやすく丁寧に何故教えようとしないのですか?

これは政府の説明として何度もやっていると思いますよ。あなたがみていないだけではないですかす。
安倍さんがみずから出演して説明したこともありました。残念な内容でよく理解できませんでしたが。
>勿論、政府与党にも充分な説明責任はあると思いますが
そうです。まず政府与党が国会内で野党に懇切丁寧に説明する、というのが日本の政治の基本的な仕組みなのです。テレビマスコミはそのようすを国民に伝えるのが仕事なのです。
>政府の説明が不十分だと叫んでいるばかりではなく

野党がわからないと言っているのを伝えているのです。野党といっても私たち国民の多くが承認した先生方ですから、わたしたちより理解力がない、はずはないとおもいますよ。

>一番大事なのは国民の意識改革を行うと云う事だ

これもまちがいです。マスコミは国民を啓蒙はしても意識改革をしてはだめです。いらんことです。

>自身で集団的自衛権を考え、賛成、反対、の意思行動をするべきだと感じた

もちろんです。そういうことです。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 38% (51/132)

マスメディアの役割は、中立な立場から事実を伝えるのが責務だと思います。
その情報から、各自が善悪を判断するのが順当ではないでしょうか?

今回の 集団的自衛権を戦争法案などと歪曲しているのは全くマスメディアとして失格です。

主義思想(イデオロギー)が異なった人間の討論は何年、何十年議論しても結論は収束しませんので審議時間には関係ないですね。要は中身の議論が無かったので国民にはアンケートでも「何とも言えない」が多かったのでしょう。
野党の質問に気まじめに答えている政府にも回答方法を考える必要があります。
国会中継の様なまるで「禅問答の様なやり取り」で国民が理解するはずはありません。
野党は、それを見越して質問しているのでしょうから、国民に理解させるなら、正当な言葉で解説する必要があると思います。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 27% (3406/12195)

他カテゴリのカテゴリマスター
デモって、「過激」なんですか?

この法案、日本の未来とか、今の国際環境とか関係なく、主義と主義の争いです。主義なので、改心、改宗しない限り、相手の意見に合意することはありません。
また、法案を通すことに合理性はありませんから、政府の説明はすべて後付けですし、反対する人たちも反対することに合理的な説明はできませんから、相手の説明の矛盾を突くだけに終始します。
ご質問者さんの言う議論は、それこそ新人議員くらい、にしか通じないかと。

それがわかっているから、法案を通す方も反対する方も、手続き、セレモニーを重視したわけです。

まあ、土井さんがいなくなったら、こうなるのは、ある程度日本国民をやってたら、見えてたけどなぁ。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 37% (584/1578)

まず、マスコミに説明を求めるのは違うと思います。自民党が提出した法案なので、どういう法案なのかは自民党が説明する義務があるでしょう。マスコミは、自民党が提出した法案を伝えるのが仕事です。

しかし自民党は、討論時間を無駄に消費するだけで法案の内容をまともには説明しようとはしませんでした。あの態度のままでは1000時間議論しようと1000万時間議論しようと無駄でしょう。そういう意味で、200時間だから短いとか十分とかという話は無意味だと思います。

10時間でいいからまともな議論をしてくれと思います。


前回の選挙では、論点は経済だ、アベノミクスだと強調して選挙を行いました。集団的自衛権の話などまったくといっていいほど行われていませんでした。その結果自民党は大勝し、安保法案改正も新任されたんだと言い出し、経済は後回しになりました。

今後の選挙でも同じように、耳あたりのいいことばかりを前面に出し、都合の悪い部分を隠して選挙を行い、選挙後にやりたい放題ということが繰り返されるでしょう。自民党に投票するとこういうことになるということを理解し、今後の投票行動に反映させなければなりません。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (138/839)

反対運動をどう思いますか?
何か可笑しい 何処か可笑しい わざとらしい
と感じました
野党の最大勢力である民主党の幹部連中は実は
安保改正法案に賛成しており下部には反対を叫ばしているのが実情です
先日の参議院特別委員会を見ていても何か茶番劇を演じいる様にしか見えませんでした
勿論私個人は戦争法案には反対の立場です。
米国に何時まで言いなりに操られていれば良いのでしょうか 歯痒い気持ち一杯です
  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (1960/9880)

些末な問題はさしあたり横へ置いておいて、集団的自衛権についてはいずれ避けて通れない道ですから、きちんとしておく必要があるでしょう。それは国会論戦だけでは無理です。時間がかかるからです。すべからく国民が自ら勉強して、理解しておく必要があります。納税や労働や教育と同じく、国民の義務と言ってもいいでしょう。少なくとも憲法学者に解釈を任せる様なことはあってはなりません。自分自身の考えを持つべきです。難しい理屈ではありません。「敵に襲われたとき、助けを頼まず歯を食いしばって自力で守るか、助けを借りて守るか」のいずれかの選択です。憲法との兼ね合いについては、自分で9条の条文を読んで、どちらに書いているのか理解すればいいだけです。難しい文章ではありません。義務教育を受けていれば誰でも理解できます。。間違っても憲法学者がこう言っているからこうだと人任せにしてはなりません。

その理解をきちんとしたら、それを前提に日本の国防がどうあるべきか自分なりの考えを持てるでしょう。国民がすべからくそういう頭の整理をしたら、あなたが嘆かれたような無為な混沌は避けられたでしょう。どうしても頭の整理が出来ない人は、いたずらに感情的にならず、物事の分かっている人に判断を任せればいいのです。そうするしかありません。分からないのに首を突っ込むのはよくありません。だから混乱が起きるのです。そういう国民の総体的理解がなしに、短期間の国会論戦だけをこねくり回したのが今回の悲劇です。何にでも賛成と反対はあります。どちらか一方に決めるためには互いの譲歩と歩み寄りが必要です。それが出来なければ、審議時間が限られている国会の議決に任せるしかありません。安全保障問題は国会議員と憲法学者だけに任せていい問題ではないのです。

理屈を言いましたが、今回の混乱を見ていてそう思いました。実に不毛な国会審議でしたね。特に院外デモを巻き込んだ野党の反対一辺倒のやり方には呆れました。彼らがそれほど問題にするなら、先の衆院選で有権者にきちんと問題提起しておくべきでした。自民党は政策公約にあげているのですから。そうすれば少なくとも国民もマスコミも議員も、あなたが望まれる1万時間の考慮時間はありました。その上での国会審議になりました。
  • 回答No.1
私は60年安保に反対して、国会乱入もしましたこの反対運動が間違いだと気がついたのが
尖閣諸島問題です、日米安全保障条約がありますので、中国も日本に対して手がだせなかたとおもいます。
マスコミも、何かあると憲法違反といえば国民に受け入れられると思い肝心の議題には言及せずに、憲法違反、即戦争・徴兵とかいいだす。
日本は、アメリカと同じ徴兵ではなく民間から「予備自衛隊」制度を取っています。
現在男女合わせて約5万人の「予備自衛隊員」がいます。
私は、戦災孤児でしたので、日本の国から「戦災孤児」は出さないという気持ちで「予備自衛隊」に入隊しました。
今度の「安保法案」も、建前は「日本の子供の将来を守り安心して生活できる環境を作る」ですが、もしもの時の安全策。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ