• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

十字架に磔にされたキリストの言葉の正しさと奇蹟

十字架に磔にされたイエス・キリストの七つの言葉は、正しいのに。 何故、聖書には余計な「キリストの復活」という奇蹟が記述されたのですか? 1>「父よ、彼らを赦して下さい。なぜなら、彼らは何をしているのかわからないからです。」(ルカの福音書23章34節) 2>「アーメン、あなたに言います。あなたは今日私と共にパラダイスにいます」(ルカの福音書23章43節) 3>「ギュナイ、そこにあなたの子がいます」「そこに、あなたの母が」(ヨハネの福音書19章26節-27節) 4>「エロイ・エロイ・レマ・サバクタニ(わが神、わが神、どうして私を見捨てられたのですか。)」(マルコの福音書15章34節)「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」(マタイの福音書27章46節) 5>「私は渇いている(ディフォー)」(ヨハネの福音書19章28節) 6>「終わった(テテレスタイ)」(ヨハネの福音書19章30節) 7>「父よ、私の霊をあなたの手にまかせます」(ルカの福音書23章46節) 私は、十字架に磔にされ死を迎えるイエス・キリストに仏性が働いていたと思うのです。 このことから、イエス・キリストは、人が神の使途であると信じることは、他人から批判されて、罪となると云う事を示しました。 同時に、自らの信仰は人間の幸福の源であると云う事も示しました。 「キリストの復活」の記述は、キリストの言葉の正しさを台無しにしています。 イエス・キリストが示した、自らの信仰による幸福と自由を無にしています。 聖書の奇蹟は、強固な組織を作って、功利主義を導くために記述されたのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数459
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

Tefu_Tefuさん こんにちは 私はキリスト教の要諦は、キリストは、当事のユダヤ人が望んでいた、ダビデ王のような、強力な指導者として再来し、ローマの属国から解放して秩序ある社会をつくることではなく、神と人間の正しい関係を再構築して、秩序ある社会をつくるために存在したものと思います。 神と人間の正しい関係の中で最も重要なことは、 神はすべての人を憐れみ回心(心を神に回す)させようとして人間の罪を忍耐して見過ごしており、自分が創造したものすべてを愛する神であり、わたし(イエス・キリスト)があなたを愛したように、神とお互い(隣人)を愛しなさい。 ということをイエスは説いたものと思います。 罪を犯さない人間などいません。高慢も罪とされています。自分が罪を犯さない完璧な人間だと思う人がいるなら、高慢の最たるものではないでしょうか。 さらに、キリストの生きた時代に目を向けると、当事の、神と人間の関係を仕切っていた人は、律法学者達であり、律法の専門家が言うなら正しいというが社会の風潮で、律法学者達は自分たちが自分たちで出来うる律法を作り社会で評価されることを望んでいました。 そのような律法は、富裕層のみ守ることの出来るものであり、貧しい羊飼いは安息日にも羊に水を飲ませるため休むことはできず、律法を破った罪を購う(負債を払う)ための、神殿に牛や羊や鳩などのいけにえを捧げる、お金もありませんでした。 キリストはこのような社会的弱者のために、神と人間の本当の関係を述べ伝え、そして、全人類の罪を購うため動物ではなく人間という「いけにえ」として十字架に架かりました。Tefu_Tefuさんの質問の記述は、イエスが神でなく徹底的に人間として生きたことが表れていると思います。 イエスが息たえた後、神殿の天幕が真っふたつに裂けたという記述が、それまで、大祭司しか神と交流する至聖所の天幕に入れなかったが、ユダヤ人たけでなく異邦人と言われた、世界中の人間が神と直接関係が持てるようになったと解され、新約の時代に入ったことを象徴しているそうです。 しかし、これで、終わったら、人類に救いがありません。イエス・キリストが神の子であったなら、その父なる神は、怒りは頂点に達し、人類を滅ぼしたかもしれませんし、鶏が鳴くまで3度わたしのことを知らないというと言われ、そのとおりにイエスを見殺しにしたペトロなどの弟子たちの失意と自己嫌悪による罪の思いはいかばかるものだったでしょう。 しかし、イエスはキリストという神であるがゆえ、3日目に復活し、裏切った弟子を裁き滅ぼすためでなく、人間という弱さから、そのような罪を犯してしまった彼らと、慈愛に満ちた神はいつも共にいるという、冒頭に述べた神と人間の関係を示しました。これがキリスト教の要諦だと私は思ってます。 しかし、キリスト教は、ローマ帝国で国教となりましたから、キリスト教たる教えの存続や布教にプラスに働いた面もあると思いますが、結局、社会的弱者のためでなく、律法学者のような権力者の都合のいいように解釈された歴史のマイナス面は否めないと思います。 大体、私を含め、この哲学カテで質問や回答している人は、能書きを述べる律法学者のような者と思います。 連休を使って、鬼怒川の洪水の後片付けに行ったボランティアやソマリアでPKO活動する自衛隊の方に回答を聞いてみてください。 おそらく、「そんな理屈はどうでもいい。」と回答すると思ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは  amenhotep2000さん >神と人間の正しい関係の中で最も重要なことは、 神はすべての人を憐れみ回心(心を神に回す)させようとして人間の罪を忍耐して見過ごしており、自分が創造したものすべてを愛する神であり、わたし(イエス・キリスト)があなたを愛したように、神とお互い(隣人)を愛しなさい。 >イエスはキリストという神であるがゆえ、3日目に復活し、裏切った弟子を裁き滅ぼすためでなく、人間という弱さから、そのような罪を犯してしまった彼らと、慈愛に満ちた神はいつも共にいるという、冒頭に述べた神と人間の関係を示しました。 >律法学者のような権力者の都合のいいように解釈された歴史のマイナス面は否めないと思います。 キリスト教からの観方ですね。 イエスは、神に見捨てられたとはっきり言っています。しかし、何時も、誰より隣人を愛します。 そして、最後に、誰もがイエスの愛を共有した事を悟り、イエスは神さえも赦します。イエスを再び人間として復活させる意味はないと思うのです。 >私を含め、この哲学カテで質問や回答している人は、能書きを述べる律法学者のような者と思います。 意外と、現実では、屁理屈より行動的な方が多いかもしれませんよ。気晴らしかもです。(笑) 詳しいご説明ありがとうございます。

質問者からの補足

丁寧なご回答ありがとうございました。 最近、学ぶことの楽しさが分かったような気がします。(^-^)

関連するQ&A

  • キリスト

    わたしは聖書をよんでいるのですが聖書のヨハネ福音書14.4にかかれているキリストの言葉「わたしは道であり、真理であり、命である。」の意味がいまいち理解出来ません。これはどういう意味なんでしょうか?

  • プロテスタントとキリストの母マリア

    聖書には、キリストの母マリアについての記述は少ないのですが、 1.ルカ伝によれは、マリアは天使ガブリエルから「恵まれた方おめでとう」と言われている。 2.神であるイエスキリストを生んだ母である。キリストは、聖霊を父、マリアを母として   生まれている。 これらを考えると、普通のただの女性ではないと思いますが、 プロテスタントの人はマリアをどう思っているのでしょうか。教えてください。 因みに私は、個人的にキリスト教を信仰し、毎日聖書を読んでいます。

  • キリストの磔像は何を意味してますか?

    キリスト教では、磔像の彫刻や絵画を敬っているようです。 ところでこの磔像は、弟子の裏切り→処刑という最悪のシナリオをあらわしています。 たしか、聖書でキリストが神を恨むような文言があったように思います。(自信なし) その後キリストが復活を遂げたので、別の角度からこの処刑の意味づけがなされているようです。 それにしても、人生の最悪の時期の姿をどうして積極的に敬うのでしょうか? 他の宗教では考えられないのでは。 信者の同情心をあおるために教会が奨励したのかと邪推してしまいます。 少なくとも弟子に裏切られ処刑されたことは汚点や恥とは思っていないようです。 キリスト教に対するイメージにこの磔像がまずあり、暗い気持ちになってしまいます。 もっと明るい雰囲気にするつもりはないのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 こんにちは。  ★ 5>「私は渇いている(ディフォー)」(ヨハネの福音書19章28節)  ☆ 《ディプソー》ですので。  ★ 聖書の奇蹟は、強固な組織を作って、功利主義を導くために記述されたのですか?  ☆ (あ) わたし自身は 宗教の組織に――つまり宗教じたいに・またその組織じたいに――反対です。  (い) 主観内面なる信仰から得られたヒラメキをさらに思考の次元に卸して いわゆる思想として表現した意味内容を 組織として集まった集団の守るべきオシへとして固く保持する――しかもこの《考える》べきオシへを何を思ったのか信じよというに到っては――ということに 反対します。  (う) オシへは 信仰という蝉の抜け殻です。  (え) ただし 奇蹟だけの問題ではなく イエスみづからが弟子のペテロ――つまりシモンという名であり 《岩》を意味するケファ⇒ペテロと渾名された――に向かって この岩の上にわたしのエクレシア(民会・教会)を建てる(マタイ福音16:18)とは言っています。  (お) エクレシアが 歴史的にはローマ教会となり 聖職者を中心とする信徒の組織的な集まりとなりました。ムラ(市町村)とその議会のことと捉えてもよいと考えます。  (か) いわゆる原始キリスト教徒たちは 初めから望まれざる信仰の徒と見なされ迫害に遭ったのですから 自分たちが集まって互いに力を出し合って助け合うということに 問題はなかったとも見ます。  (き) その後――つまり公認され国教にまで成ったあと―― 《功利主義》かどうかは知りませんが もしローマ法王が 神の地上における唯一の代理人であると自認したとすれば おおきなマチガイであったと考えます。支配欲に支配された人間の姿でしかないと見られます。  (く) 以上のように考え 宗教は そのオシへが 信仰という蝉の抜け殻であり 組織がオシへを信じよと言うならそれは精神錯乱であり 組織の保守に突き進むならただの権力者と変わらないと見るゆえ これを無条件に弾劾します。  あとは イエスが神の子キリストとして復活したという記述をめぐる問題ですね。  ★ 「キリストの復活」の記述は、キリストの言葉の正しさを台無しにしています。  ★ 何故、聖書には余計な「キリストの復活」という奇蹟が記述されたのですか?  まづかんたんなところから:  ★ イエス・キリストは、人が神の使途(使徒)であると信じることは、他人から批判されて、罪となると云う事を示しました。  ☆ ちょっと情報が錯綜しているようですが  (け) イエスという人間が キリストと呼ばれる神の子でありみづからも神であるという想定は マチガイである。ということでしょうか?  (こ) あるいは 神であり 父なる神の独り子であるキリストが神の子であるのとは違って 人間が人間として神のチカラ・神の霊を分有するという意味での《神の子》であると見なすのは マチガイではないか? でしょうか。  (さ) (こ)は あなたが言っているように:  ★ 私は、十字架に磔にされ死を迎えるイエス・キリストに仏性が働いていたと思うのです。  ☆ という見方に通じるものと思います。  (し) そのことが (け)として 神のことにのみ当てはまるのではないか? と問うならば 神と人とは 絶対と相対 無限と有限 不可変性と可変性 不可死と可死などなどの区別があるということを言っています。相対・有限等にも 神の霊は――ブッダターやアートマンのごとく――はたらきます。  さて 《復活》の問題です。  (す) 生命体と言いますか 生物に限りしかもヒトに限りましょうか その存在は 自然本性としての身と心なるからだと そして霊のからだがあると言われます。霊の身体とは 神なる場ないしチカラのことです。  (せ) つまり 復活というのは 生まれつきの自然本性なる自然のからだが移ろいゆき朽ちたあと 霊の身体として生きることを言うようです。  (そ) この霊の身体が しかもこの地上に生きるというまぼろしの理論です。  (た) そのときには あたらしい天とあたらしい地に成っているとも言います。  (ち) イエスのキリストとしての復活は このような人間一般の復活のことをあらかじめ示したものと思われます。経験合理性にもとづく経験思考にとってはまったくのウソであり 総じて まぼろしです。  (つ) 世の中には  ★ 余計なことや奇蹟  ☆ が まぼろしであるのに 大きなチカラを持つこともあるようです。よ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは  bragelonne さん ご回答ありがとうございます。 >★ イエス・キリストは、人が神の使途(使徒)であると信じることは、他人から批判されて、罪となると云う事を示しました。 これは、お金持ちが貧しい人から妬まれるように、神の使徒は他人から妬まれるという意味です。実利が優先しますので。 >さて 《復活》の問題です。 私は、子供の頃、十字架に磔刑にされたイエス・キリストのお話を観てとてつもない衝撃を受けました。 再び、読み返してみて、イエスの言葉は正しかったのです。 イエスは、神に見捨てられたとはっきり言っています。しかし、何時も、誰より隣人を愛します。 そして、最後に、誰もがイエスの愛を共有した事を悟り、イエスは神さえも赦します。イエスを再び人間として復活させる意味はないと思うのです。 >この霊の身体が しかもこの地上に生きるというまぼろしの理論です。 たぶん、イエスの磔刑を観た人々が、まぼろしを観たということはあると思います。 まぼろしを観たでいいのでは?

質問者からの補足

こんばんは  bragelonne さん 「霊の身体」を観たという人がいたら、人は、自分の生きる意味がそこにあると思うのでしょうね。 心地よい理想論に、人は憧れてしまう。 コツコツ生きるより、好きな事をしたいだけできたら、というのが人間の本音かもしれません。 因果応報や輪廻転生があると思った方が生きやすいのでしょう。 夢を観させてくれる人達は必要か。ですね。

  • 回答No.1
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2382)

ナザレ人イエスは「キリスト教徒」ではありませんでした。生前に、自分は救世主として復活するなどといったことはなかったと思います。しかし、キリスト教信仰の根源はイエス・キリストの復活なのですね。あるユダヤ人と話した時、クリスマスはイエスという優秀なユダヤ青年の生誕を祝っているんだよ、といってました。また、イスラム教ではイエスはモーゼと同列の預言者とされていますが神の子とは認めていません、そのためイスラム教とキリスト教が妥協することはないのです。 お書きになった主旨はよく解るのですが、「キリスト」と書くとイエスが救世主であるというキリスト教的立場に受け取られます。キリスト教徒以外の方と話す時イエスと呼ぶのはかまわないのですが、キリスト(救世主)とは言わない方がいいと思います(あなたがキリスト教徒ではないと仮定しての話ですが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは Oubliさん ご回答ありがとうございます。 >ナザレのイエスはユダヤ教の信者だったそうです。 ユダヤ教では、ヤハウェ=神のことだそうです。選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教とあります。 ユダヤ教は信仰、教義そのもの以上に、その前提としての行為・行動の実践と学究を重視するそうです。 ユダヤ人にとってキリスト教やイスラム教はどういう風に受け止められているのでしょうか?

関連するQ&A

  • 「救世主」という言葉--なぜ「メシア」と「キリスト」を使い分ける?

    旧約聖書はヘブライ語、新約聖書はギリシア語で書かれていたらしいです。 それならどうして「救世主」を意味するヘブライ語「メシア」が新約聖書の至る所に見られ、ギリシア語の「キリスト」が2,3の福音書のわずかの個所しか見られないのでしょうか?ひとつの福音書の中で、ひとつの概念をあらわす語をギリシア語とヘブライ語によって示すのは疑問です。

  • 聖書について。

    旧約聖書の創世記では、複数の作者の話が一まとめになっています。でも、新約聖書では、マタイ、マルコ、ルカ、そしてヨハネの福音書が別々に書かれています。どうして、話のまとめ方が創世記と福音書では違うのか教えて下さい。

  • キリストの最期の言葉

    キリストの最期の言葉とされる"Eli eli lama sabachthani" (マタイ27)には強烈な疑問を抱いてしまいます。なぜなら、彼自身が神の子で絶対的な信仰を神に対して持っていなければならないはずなのに、最期に彼は神の行い、彼の運命(Providence)に対して強烈な疑いの叫びを発したからです。 人々に神への絶対の信仰を説く根本たる聖書にこのような記述がある、というのは私には理解の到底およばないことです。聖書を読んでいてキリスト教の信者はこのような疑問は持たないのでしょうか? キリスト教でこのようなことは多くの人にどう理解されているのでしょうか?

  • キリストさん磔の絵の考証

    キリストさんが十字架に磔にされる絵は古今東西色々な巨匠に描かれて来たと思いますが、絵の構成に疑問があります。 十字架に磔にされた際、手のひらに釘を打たれたそうですが(手首の説もあるとか)、手は裂けないとしても、多くの絵のように「t」字になるもんでしょうか? 吊り輪の体操選手ならともかく、大工とはいえ痩せたイメージのキリストさんが自分を支えきれたとは思えません。 通常だったら、「Y」字になると思います(残酷ですが・・)。 (例えばこの絵) http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d9/Andrea_Mantegna_029.jpg そこらへんの考証は巨匠たちはしてなかったのでしょうか? あるいは聖書にYの字にならかった理由(十字架に足場があったとか)が書かれているんでしょうか→私の十字架ペンダントには足場がないです・・。 それとも私の考えは何か間違っていますか?

  • ルカ福音書の絵になる10の場面

    ルカ福音書をモチーフにした10の絵を書くつもりです。ルカ福音書のなかから10の場面を選び出して絵にしたいです。どの場面を選ぼうか悩んでいます。いい提案はありませんか?キリストの誕生と磔刑、復活は欠かせませんでしょうが、具体的にどの場面がよろしいでしょうか?

  • 神のことばと、そうでないことばの違いは何か?

    聖書に詳しい方への質問です。 一般的に聖書に書かれている記述のみが神のことばと認識されていると思いますが、 自分はこれについて疑問に思っています。なぜならば、ヨハネの福音書の最初にもあるように、ことばは万物の始まりであり、これに基づけば私達が普段使っていることばも神に由来すると言え、ことばは全て神のことばになるとも考えられるからです。 また普通のことばが神のことばとなる転機は、ちょうどキリストを信じるように、信仰による神との聖約によって完成するのではないかと推測しています。ですから傍から見て神のことばと思えないものも、信じる者の信仰によって実質的には神のことばとなるのではないかと。すなわち神のことばと、そうでないことばの違いは信仰だと言えるのです。どうでしょうか? ちなみに自分は、聖書に書かれている御言葉は全て真実と信じる、いわゆる福音主義に立つクリスチャンです。また主の導きにより、現代でも特定の人物に対して神のことばを与える、いわゆる預言があるとも信じています。ですからここで書いていることばも、自分ではなく神の導きによる預言だと信じています。こういう訳で、自分の行っていることは、単に主の考えを反映している以上、第二ペテロの手紙1章20節で記されている、人による聖書預言への私的解釈には該当しないとも思っています。

  • 福音書の感想

    都内に住むキリスト系中学2年の女子です。 夏休みの課題として福音書(マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ)を読んだ感想文がありますが、宗教の時間を まじめに聞いていなかったので、どう書いたらよいのか困っております。参考になるサイト、文献等あれば教えていただきたいのです。または、福音書の意味をご存じの方、感想をお持ちなら参考にさせて頂きたいので宜しくお願いいたします。

  • 人間ではない存在としてのキリストは可能か?

    福音書をどう読むかという問題の延長線にあると思います。 別に神でなくてもいいのですが、 かといって人間も難しい気がしてきました。 人間ではない存在としての キリストはどう表現できるでしょうか?

  • イエス・キリストの規約違反

    新約聖書でキリストの言動を調べてみました。どれが最大の問題ですか。 [1] 釣り質問のすすめ 魚をとるよりも人を釣りなさい、と弟子をそそのかしました。ルカ福音書5章10節に記載されてゐます。 [2] 誹謗中傷の投稿 意見の違う回答に対して、「偽善者」「愚か者」「蛇」「まむし」などと指摘してゐます。マタイ福音書23章は誹謗中傷のことばであふれてゐます。 [3] 自作自演のベストアンサー 自分で質問し、自分で回答してゐます。たとへばマタイ福音書5章46-48節。そして23章10節で、みづからを師と呼んでベストアンサーにしてゐます。 [4] マルチポスト 福音書はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4種類が存在し、同じ内容の投稿をくりかへしてゐます。

  • (やっぱり愚問?)「本能」が次のように聴こえる。

    クリスマスソングに「本能」  1999年に発表された椎名林檎の「本能」は案外クリスマスソングに良いかもしれない。  新約聖書の「ヨハネによる福音書」の著者のヨハネは古代ギリシャ語が堪能で、これは、それを母国語としていた者にしか書けなかっただろうと言われている。  ちなみに、このヨハネは洗礼者ヨハネや使徒ヨハネとは別人で、黙示録のヨハネとも別人である。伝聞で福音書を書いたようだ。  他の三つの「共観福音書」と異なり、ヨハネのものは独自の雰囲気がある。  これは、彼がギリシャ思想を受け継いでいたことに原因がありそうだ。ギリシャに一般的にあり、「万物は流転する」のヘラクレイトスが定式化した、ギリシャの「ロゴス信仰」の影響が福音書にも出ている。  ロゴスというのは言語とか理性とかという意味を持っている。  理性への信仰が福音書の最初から書かれている。日本では、江戸時代頃に「初めに賢きものありき」などと訳されたようだが、 (新共同訳聖書 ヨハネの福音書冒頭) 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は、初めに神と共にあった。 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。  これは要するに、キリストをロゴスの化身と見なすヨハネの感覚である。  福音書家ヨハネがキリスト教の傍流かというと、そうともならなかったようである。ヨーロッパの歴史は中世でもギリシャからの流れを受け継いでいただろう。  ロゴスの対義語はなにかというと、大雑把にはパトスと言える。パトスは感情のような意味を持つ。キリストの受難は英語ではパッションだが、これは語源はパトスである。ロゴスを光とすると、パトスは優しくもあるような闇の豊穣といえるかもしれない。あるいは闇の中には悲痛なものもあるかもしれない。  キリストは受難しただけではなく、そこから復活したことが尊いとされている。これはロゴスの勝利という宗教体系であろう。  千数百年後、モダニズムの始祖デカルトは生涯をかけてロゴスを追及した。近代の科学技術の追求も宗教と違った形でロゴスを求めたことに他ならなかったと思う。  デカルトは自分の死を悟った頃、遺作として情念論を著した。デカルトは元来、……パトスは外部からの刺激により身体の内に起こるもので、受動的なものなのだが、精神それ自体とも錯覚される、……それをロゴスで統制してパトスを主体化する事が必要で、ロゴスが能動的なものである。  ……というようなことを主張していたのだが、死という現実に対しては、そう構えているわけにもいかなかったかもしれない。  さて、そこからまた数百年後の椎名林檎の「本能」だが、 「どうして歴史の上に言葉が生まれたのか」 と始まる。これはキリスト教のファンダメンタリストからすると、まさしくパンクロックであろう。新約聖書には初めからあるというのだから。  曲調は短調で愛惜が感じられる。理性とか言葉というものの死があったとしたら、それを愛惜する曲調である。 「約束は 要らないわ  果たされないことなど 大嫌いなの  ずっと繋がれて 居たいわ  朝が来ない窓辺を 求めているの」  「約束」を男女の結婚のようなこととして想像することもできるが、それにしてはこの曲はあまりにも悲劇的な香りがしすぎる。  言葉とか理性の死と、そういったことが約束していたものに関する愛惜として捉えるべきかと思う。 「終わりにはどうせ独りだし  此の際虚の真実を押し通して絶えてゆくのが良い」  「虚(から)の真実」とはなにかと考えると、これはパトスに他ならないだろう。それは闇の豊穣というより悲痛さであろう。  十字架上のキリストの「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ。」という言葉があった。これは古来からキリスト教徒には認めがたい不可解な言葉とされていた。「神よ、なぜ私を見捨てたのか」ということだからである。(たとえばイスラム教はこの言葉とともに「精霊」がキリストを離れたと見なし、彼を神の子ではなく一預言者として捉えている。)  だが、人が絶望のうちに死を迎えることが少ないといえるだろうか。努力とか、理性もむなしく、絶望というのは決して少なくはないだろう。  もしかすると、それは、言葉とか理性とかがあったから絶望もあったのかもしれないと考えることはできないだろうか。 「本能」(c)椎名林檎詞曲、1999