• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

農家に嫁ぐと酷使されるという話は当たり前か

  • 質問No.9047553
  • 閲覧数514
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数14
  • コメント数0

お礼率 86% (130/151)

農家に嫁ぐと奴隷の様にこき使われ酷使されるというのは、世間一般的は当たり前の話なんでしょうか?

先日のことですが、学生時代にバイト先で知り合った方と10年くらいぶりに再会しお茶をしました。
私は学生時代は地元を離れ他県におりその時のバイト先での知人で、その後私が卒業後に地元に戻ってきて結婚しましたので、知人はわざわざ私の地元まで県を跨いで来て下さいました。
(と言っても、一人旅行のついでにという事で私に会うこと自体が本来の目的ではないとの事でしたが。)
その知人は私より10近く歳上の女性で、もう40も間近なのですが、まだ結婚はしておらず現在は婚活に励んでいるというのが今回のお茶での話題の中心でした。
これまでに、友人知人の紹介、合コン、婚活企業の婚活パーティなど手当たり次第に相手を探してきたけれど、なかなかこれ!という人に巡り会えない、という話から、これまで 知り合った男性の何がいけなかったのか、という愚痴を聞く事になりました。
男女関係なく、普通の友人付き合いですらもちょっと難しいなというタイプの人がたまにいるのも分かるので、その知人の言う話も分からないでもなかったのですが、
「性格とか他の点は申し分なかったけれど、実家が農家だというのがいけなかった」
というのが引っかかってしまい、「何故農家は駄目なの?」と食い付いてしまいました。
私が、農家に嫁いだ身だったからです。
畑仕事が大変だからかなぁ~と予想していたら、農家に嫁いだ身としては驚く事でした。まとめると、
・農家は女を奴隷同然だと思っているから、嫁いだら実家との連絡を絶たれてしまう。
・男を産むことを強制され、女の子だったら人間扱いされない。
・病気だろうが妊娠してようが畑仕事に家事にと強制労働させられ、その間舅姑は遊び呆けてる。
・夫は両親の言いなりで助けてくれない。
と、大雑把にはこういう話でした。
勿論、こういう嫁いびりも世の中には存在すると思います。
でもそれは農家に限った事ではないと思いますし、少なくとも私の嫁ぎ先ではないですし、同じく農家の嫁である近所のママ友さんの誰も、こんな事はされていません。
私の場合では、いびられるどころかとても良くしていただき、別棟で家も建てていただいたし、お店が近くにないのでここに嫁ぐなら車が必要!と車を新車で買っていただいたり、嫁ぐ際には至れり尽くせりでしたし、農業も手伝ってくれとは言われた事もなく、私から手伝いたいですと言ったくらいですし、妊娠中も切迫流産で絶対安静となった時は上げ膳据え膳でお姑さんにごはんは全てやっていただきました。
本当に良い嫁ぎ先に恵まれて、私の実家の人が来ても嫌な顔もしませんし、畑がひと段落すると毎年高いお肉を買ってバーベキューをしますが、何の貢献もしていない私の実家の親兄弟も呼んでいただいてます。
近所のママ友さんも、皆別棟か二世帯で台所は絶対に別ですし、畑は土すらいじった事無いという人もいて、サークル活動や料理教室に行ったり好きな事もしているし、実家が近い人はしょっちゅう実家に通っています。

知人の話す農家の嫁いびりは、私や私の周囲では聞いた事もない話でしたので、どこかにそういう農家もいるにはいるんだろうけど、全てではない、私や私の知ってる人達は皆良くしてもらってる、と話しました。
それに、自家用の野菜くらいしか作ってないならまだしも、生きる為の手段の農業を素人の嫁一人に任せられる訳がない。そんな事をして下手すれば一家全員首を吊らなきゃいけなくなる、農業は基本夫婦の共同作業だから、どちかが欠けると仕事が出来ない、だから男と女どちらか一方だけが偉いと思ってる人は少ない筈、とも反論しました。

すると知人は明らかに機嫌が悪くなり、あなたは洗脳されてるだけとかたまたま例外の農家に嫁ぐ事が出来ただけと言われました。

そんな感じで、久々の再会が何とも気分の悪い別れ方を迎えてしまい、歳下の私があれこれ意見したのも良くなかったのだろうとも反省しましたが、農家に悪いイメージを持たれているという事に良い気分がせず、悶々としたものを引きずっています。
知人の言うには、この様な嫁いびりを、知人の親戚や友人など誰か身近な人が経験した訳ではなく、「農家に嫁ぐとこういう酷い事をされるからくれぐれも結婚しないこと」と誰しも言っていて、世間一般では当たり前の事なんだそうです。
私にとっては初耳なんですが、こういう「農家による嫁いびり」は当たり前なんでしょうか?
私と、私の周囲が特例なだけなんでしょうか?
私にはどうしてもそうは思えないのですが、私の夫の両親も含め、嫁いびりなんて思ってもみない様な農家の人が、世間からそう思われているのかなぁと思うと悲しくなりました。
悪どい嫁いびりをする農家は、そんなに多いのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
結局なんだって言うと、ネットに書かれている内容を鵜呑みにし、農家に嫁ぐと〇〇だからとか〇〇は強制だとか、そういう先入観で見てしまうので、まともな判断が出来なくなるんだと思います。

結局の所、苦労してでもその男性と暮らしたいか、苦労してまでしてその男性と暮らしたくないか、それだけの事なのかなと(^_^;)
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

そうですね、結局のところは、農業云々に関わらず何十年という夫婦生活の中でどんな苦労が生じてもその人と一緒に居たいかどうか、なんですよね。

インターネットの中で、農家に対して嫁ぐとこんな酷い事になるという話が普通になっているのでしょうか。
良い事ばかりではないのも事実ですし、農作業は当然楽ではありませんが、悪い事しか無い様な偏見ばかりになっているのなら、残念です。
投稿日時:2015/09/14 19:21

その他の回答 (全13件)

  • 回答No.14
5、です。
農家のお仕事が大変からとかいう事で娘を嫁にやりたくないという話ではないですよ。
多いか少ないかはともかくそういう農家もあり、自営業であるがために住居や仕事がなくなる恐れを考えると離婚するか、お嫁さんが我慢するしかない状態になります。

お知り合いの方が自分の幸せのためリスクの少ない結婚を望むのも当たり前の事ではないでしょうか?
あなたが幸せだからといって、農家に嫁に行った人皆が幸せになれる保証はありません。
幸せなんて人それぞれなのですから皆に理解されなくても、ご自身が幸せならそれでいいのではないですか?
何をむきになってるの?むきになった所でお友達が減るだけのような気がします。

それより私は幸せだよって笑っていた方が伝わると思いますよ。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

二度のご回答ありがとうございます。

知人が幸せの為に、様々な条件を査定し相手を見極める事自体は別に構いませんし、農家に嫁ぎたくない、という人を無理に嫁げと説得するつもりもありませんし、何かにむきになっているつもりもないです。
ただ、自分の今までの概念にはなかった事、更に、実際にその立場になってみて「それとは違う」と思う事について、「これは世の中の当たり前」と言われ「えっ、そうなの?」と確認したくなったまでです。
例えばですが、「アニメオタクは皆ロリコン」とか、「インターネット掲示板を使う人は皆常識知らず」とか、実際に自分はアニメオタクだけどロリコンじゃないのに言われたら「自分や自分の周囲はそうではないよ。アニメオタクだからと言って皆同じじゃないよ」と言いたくなったり、今までそんな風に思っていなければ「インターネット掲示板利用者はそんなに常識知らずが多いの?そういうイメージって普通?」と聞きたくなる、という程度の心情です。
ここでの回答を集計して知人にどうのこうのと言うつもりもありませんし、知人と私の関係性、私が現実に幸せかどうかとは関係がなく、知人とのやりとりがきっかけで生じた疑問を、何となく不特定多数に聞いてみたかっただけです。

お礼欄に書いた事は飽くまで、嫁いびりがあろうとなかろうと、農家には農家独特の苦労があるので、それが性に合わない人は嫁いびりに関係なく農家は嫌だろうと言うだけの事です。
実際に嫁いびりを経験した上で農家に嫁がせたくないという人がいるのでしたら、それはそれで仕方がないと思います。
ただ、そういう方はサラリーマン家庭に嫁いでひどい嫁いびりにあえばサラリーマンに嫁ぐなと娘に言うのかなという素朴な疑問がまた芽生えますが。

幸せの為にリスクの少ない結婚、と見てふと思いましたが、結婚なんて職業年齢その他目に見える条件関係なくリスクなどどんな結婚も同程度なんじゃないのかなぁと思いました。
農家の嫁いびりとかとは全く関係のない話になってしまい、申し訳ありません。
投稿日時:2015/09/15 21:52
  • 回答No.13

ベストアンサー率 34% (89/259)

 他の回答者の助言を見ずに、私の感想を言います 辛口でゴメンナサイ

(1) >悪どい嫁いびりをする農家は、そんなに多いのでしょうか? という点には、「多く
  もあり少なくもあり」です。世評に惑わされないで下さい。
(2) 質問の回答を得てどうされるのですか ?  今後に役立てたいのですか ?  ただ議論し
  たいだけですか ?
(3) そりゃあ中には「嫁に恵まれなかった息子にようやく嫁女が来た。気に入らないが早
  く孫の顔を見たい」だけなのか、「かわいそうな人生だったようだから、精一杯やさし
  くしてやろう」という心音から出ている態度なのか、そんなのを考えていたらキリがあ
  りませんよ。
(4) こんな質問するより、ご主人がどういう人柄か、家族と嫁の貴女の間をどう橋渡し
  してくれているのか、が見えて来ないので‥説明が欲しいですね。もし優しくて信頼で
  きる旦那さんがいるなら、それでいいではありませんか。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

(1)、そうですね、やはり嫁いびりする農家もあればしない農家もいる、多くもあり少なくもあり、なんですね。
(2)、議論とか今後についてとかは考えていません。他の方のお礼にも書きましたが、単に「農家は嫁いびりするというのが当たり前」と言われたので、他の方もその様に思っているのか聞いてみたくなったという感じです。
(3)、については私の質問のどの部分に対するご回答なのかよくわからないですが、嫁に優しくする舅姑の本心はわからないと言ったことでしょうか。
(4)、夫は、特別私と夫の両親の間に立ってあれこれ何かする様な事もないですが、私と夫の両親が特に揉めることもないのでその必要もないのかと思われます。
投稿日時:2015/09/18 17:22
  • 回答No.12
 還暦過ぎのオジサンですが、私の従弟も農家の長男。お嫁さんは『農家の長男の嫁』ですね。

 今の都会の女性って農業と言うか、『土いじり?』の興味があるだけで農作業なんて「御免!」って方が多いでしょう。田圃に出れば虫なんて当たり前。マムシだっていますから。一度やった畑の草刈りでは体じゅうにエアサロンパスを吹き付けてゴム長をはいてやりましたね。私にゃ毎年なんてとてもできません。今はシルバー人材センターに頼んでます。草を刈らないと近所から電話が来る。

 ただ、農村地帯って一族郎党や隣近所(というか組合?)って付合いが“濃い”のは事実でしょう。これが結構煩い。私も経験しましたし、私の従弟のところでも『嫁と姑』の争いがありました。
 ただ、これは男の力でどうにでもなるものです。
 従弟のところは父親(私から見れば叔父ですが)が早くなくなり、次男と妹のいるところに来てくれたお嫁さんです。従弟は強いので、姑(叔母さんですね)が家を出て妹(自分の娘)の所に身を寄せました。これを他の親戚や隣近所は煩く言ったらしい。
 で、本家?になる私の所を訪ねてきました。私は田舎を捨てて東京に出てきていますので親戚付合いなんて冠婚葬祭くらい。ただ、この従弟には田舎の両親が私たち兄弟が東京に出た後にお世話になった。お節介ですが、その場で叔母(父の妹)達に電話して「〇〇さんも既に立派な戸主なんだから、〇〇さんの所のことについて親戚と言えど、口出し無用」と言って置きました。冠婚葬祭となれば「本家なんだから・・・」と呼ばれて、東京からわざわざ、行きたくもないところにお金を包んで行かなければならない。これくらいは聞いてくれて当然です。とりあえず、従弟も少し安心してくれましたが、「親戚なんて言っても肝心な時にそっぽを向いたのは〇〇さんもご存じのはず。その時親身に世話をしてくれたのは〇〇さんだけだった。私は〇〇さん以外親戚とも思ってはいない。叔母さんたちも知ってるはずなんだ。もう親戚なんて気にするな。」って言いました。その後も何度か田舎の友人を訪ねた際には寄らせてもらっていますが、もう落ち着いたようです。

 この『田舎』って北関東の東京から車で2時間くらいの場所ですが、実際そういうことは起こっているのです。だから私は田舎を捨てましたし、好きでもありません。でもまだ少しばかりの農地も山林も持つ立派な?農家なんですよね。(笑) 昔取った住民票では米の『生産者』だった! 私の亡くなった女房殿なんて『農家の長男の嫁』なんて意識したことも無かったでしょう。もしかすると、気も付かずに亡くなった? 結婚した時にはすでに母も他界していましたし、父親の方は私たち兄弟に逆らうことも無かった。だんだん解体していくもんなのです。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

確かに、田舎の古い慣わしは煩わしいものがありますね。
私の嫁いだ地域は、年寄りの言う事が絶対という訳でもなく、年輩の方は「これから地域を背負うのは若い衆だから」と若い(比較的)人の意見も積極的に聞いて取り入れてくれますし、逆に若い人らの立場でも、目上の意見を尊重しようという姿勢があるので、その辺の煩わしさは大してありませんが、地域の会合、飲み会、の多さは嫁いだ当初はイライラしていました。
どこどこの家はお嫁さんが来たとか、子供が生まれたらしい、とか、お子さんが上京していまは年寄り一人きりらしいとかの噂話の多さにも。

そのうちに、そうした人の出入りに関する噂話は、いざという災害時だとか防災に役立つとは理解しましたが、そういう部分が都会の人には過干渉に思われたり、行事の多さで自分の時間が潰れることは大変煩わしいでしょうし、行事内での昔からのしきたりを簡略化したがるとか、都会からの移住者と揉めるという事もあった様です。
見方を変えれば、お年寄りの方々にすれば自分の親、おじいちゃんおばあちゃん、ご先祖様から大事に受け継いで維持発展させてきたものを蔑ろにされるのですから、寂しい思いはあったと思います。
ですから、若い人も現代社会での生活の合間で工夫して、形式が多少変わっても受け継いでいこうとしていると思います。

お互いが頭ごなしに自分の主張を言うばかりの場所では、田舎社会は非常に煩わしく窮屈なのだと思います。
どちらにも、譲り合い、尊重しようという心がないと駄目なんでしょうね。
投稿日時:2015/09/22 08:26
  • 回答No.11

ベストアンサー率 31% (1718/5483)

>「性格とか他の点は申し分なかったけれど、
実家が農家だというのがいけなかった」

私も結婚できるチャンスはあった、
ということがいいたいので
必要以上に食い下がらず
そうですね~と話を聞いていれば
よかったかもしれませんね(;^ω^)
知人の方は、
「私が結婚できないのは私のせいではない」ので
そのためには他人を否定するしかないのです。
農家の現実がどうか、はどうでもいいのです。
ただ思ったようにいかない婚活の
愚痴が言いたかっただけです。
そして正論とか事実とかいらないのです。
吐き出したくて、聞いてほしかったのでしょう。

今の時代
農家に嫁いだ女性の方が立場強くなりがちなので
(感覚としては「来てもらった」という感じでしょうし)
本当に知人の言っている通りなら
農家の離婚率ハンパないでしょうね(;^ω^)

世間からどう思われようと
自分が選んだ道が間違っていないと思うなら
それでいいのではないでしょうか。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

私も、知人はただ愚痴を聞いてもらって相槌を打っていて欲しかっただけなのだろうな、とその後すぐに思いましたが、その時はただただ驚いて「農家が必ず嫁いびりする訳じゃないよ」と口を挟んでしまいました。
知人が頑なに、農家は嫁いびりしていないといけないくらいの態度になったのも、私のそういう発言から意地になったのかも知れません。
「どんな農家に嫁いでも不幸にしかならないから、私の選択は間違っていなかった」と思っていたかったのかな、と。
そういう、強さに見せかけた弱さに即座に思い至らなかったのは、私の非だと思います。
投稿日時:2015/09/16 14:42
  • 回答No.10

ベストアンサー率 20% (482/2322)

知人に農業の人がいますが、夫婦で、年9ヶ月休みなく、朝夜明とともに起きて、夕方まで畑仕事や雑用。あの9ヶ月だけを見ていると大変だな、って思ってしまいますが、冬場の農閑期の4ヶ月のうち3ヶ月は、お正月が過ぎると温かい国に避寒で夫婦で旅行しています。毎年3ヶ月の海外旅行。
3ヶ月で家具付アパートかりて、そこで1週間休憩、それから1週間ほど身軽な荷物で旅行、これを繰り返しての3ヶ月です。都会の人は2週間の長期の海外旅行など数年に一度だけが出来るかできない程度。お百姓さんは毎年・短期の3ヶ月海外旅行しかできんと嘆かれています。それも、農協の世話役に数年に一度お鉢が回ってくると、それもできんと。

一人息子さん、都会に出て、歌手の可愛い子と結婚。子供もできて、1歳の頃に、家族で実家に住むことに。かなり派手なお嫁さんで、大丈夫かいな、と心配しましたが、田舎の旦那の実家に住むって不便なとこも多いけど、便利のことのほうが多い、って。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

私は好き好んで農家に嫁いだ訳でなく、好きになった人が農家の跡取りだった、という感じですが(それもある意味好き好んだ、とも言えますが)正直結婚前は自分が農家に嫁いでやっていけるか不安でした。
嫁いびりではなく、農家の労働に自分が対応できるかという事で。
そういう部分は楽ではないと思いますし、一週間おきに決まった休みが欲しいという人は物凄いマイナスポイントですよね。
介護老人抱えてたり、作ってる物によっては旅行に行く暇すらなくなりますし、やはり嫁いびりがなくても傍目からは農家はそんなに魅力的な嫁ぎ先ではないのだと思います。
私は、夫の両親に良くしていただいているし、夫の事が好きで大事だから、農家がどうという悪い印象もなくやっていけてますが、そうでなければ良いとこゼロですね、きっと。

ご回答にある知人ご家族も、きっとお互いを大事にし合って、工夫して生活していらっしゃるんでしょうね。

結局、農家とかその他職業関わらず、その人の人格や家族間の絆みたいなもの、考え方とかで幸せとか人生の善し悪しは決まるんでしょうね。
投稿日時:2015/09/15 22:18
  • 回答No.9

ベストアンサー率 6% (6/92)

やや大げさですが、概ねその通りです。

農家に嫁ぐ、もしくは、婿養子として入ると散々な目に遭うそうですよ。
休みも自由に取れず、小遣いもろくにくれず、ツイには離婚を選んだ婿養子が
職場に2人ほどいました。
収穫期には無理やり長期休暇を申請するので実に迷惑な男でしたが
彼の実に哀れな扱い方を聞けば文句も言えず・・

今、彼は離婚し、子供の親権も手放し、悠々自適の第二の人生を歩み始めていますが
彼らの話を聞けば絶対、農家の方とは付き合いたくありませんよ。
友達までならいいのですが、結婚などありえません。
単に農村出身、というだけなら全然構いませんがね。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

職場の方で、嫁いびりならず婿いびりに遭った方がいらっしゃったんですね。
言葉で嫌な事を言われたとかはご回答からはわかりませんが、離婚する程ですから、余程の事があったという事でしょうか。
いびりの部分に関しては擁護はするつもりもないのですが、ただ、休みが自由に取れないという点に関しては、農家にとってはそれが普通、という事だけはご理解いただきたいと思います。
野菜にしろ米にしろ果樹にしろ、生き物を相手にしているので、日々成長したり毎日変わる天候に対応する為には、苗の時期から半年以上は休みなどというものはありません。
また、収穫して出荷してから初めて収入というものが得られるので、それまでの期間は何ヶ月間も収入ゼロです。
最近、脱サラして農家に転身する方が結構いるみたいですが、すぐに辞めてしまう方が殆どで、その殆どが、休みがない、月々の収入がない、というサラリーマン時代との違いに対応できず辞める方が多いと聞きます。
きっと、サラリーマンの人達の仕事の仕方の常識で考えたら、農家の働き方は劣悪に思えるかも知れません。
職場の方も、そのギャップを埋められなかった事と、元々婿養子に入ったお家が意地悪だった事で嫌な思いをなさったかなぁと思います。
私の夫も平日は会社勤めしていますが、畑の為に無理に休めとは言わないので、婿に入ったお家が高圧的だったんだろうなあとも想像できます。

人にはそれぞれ性分というものがありますから農家の常識には適応できない人もいるでしょうし、意地悪するのは人としていけない事ですが、いつも食べているお米や野菜が、農家の人が土日も祝日もお盆も関係なく毎日働いて出来たものだという事に少し思いを馳せていただけたら、と思います。
そして、日本全国全ての農家が皆意地悪な訳ではないんだとご理解いただきたいです。
投稿日時:2015/09/15 17:11
  • 回答No.8

ベストアンサー率 28% (3853/13694)

昭和30~40年代の農家の話なら、「農家の家の女は農家に嫁ぐ」事が当たり前の時代が残っていましたから、地域的な事情も含めて、その様な状態があった事は否なめません。

しかし、現代の「嫁不足」が深刻な状態では、その様な事が「当たり前にある」と考えられますか?

たぶん、その知人の女性は「親からそのような話を聞いた」程度の知識を拡大解釈しているのでしょう。
>「あなたは洗脳されてるだけとか~」
この様な発言をする人間は絶対に人の意見を受け入れません。
二度と会わないほうが無難です。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

確かに、少し前の世代のお嫁さん達は奴隷みたいに扱われていた時代もあったと思います。
農家の嫁に限らず、女の人自体の立場が低く扱われていた時代もあった訳ですから、私の知人が言った様な嫁いびりもあったんでしょうね、きっと。
私の夫の母もそうですが、姑にされた嫌な事は自分の息子の嫁にはしない、というお姑さんが昨今は増えてる様ですね。
きっと、農家でもそういうお姑さんが増えてるとは思います。
投稿日時:2015/09/15 16:50
  • 回答No.7

ベストアンサー率 13% (559/4267)

それは作ってる農作物によると思いますよ。
それと、どの農家でも嫁いびりするわけじゃないでしょう。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

仰る通り、どの農家でも嫁いびりをするわけではないと思います。
農家でない家と同様に、嫁いびりをする農家はもいれば、しない農家もいますよね。
投稿日時:2015/09/15 16:45
  • 回答No.6

ベストアンサー率 17% (476/2701)

>悪どい嫁いびりをする農家は、そんなに多いのでしょうか?

 農家・農家でない場合にかぎらず、嫁いびりはあったりなかったりします。
 ご知人は先入観とか猜疑心が先に来るタイプなのではないでしょうか。
 警戒心の強さからチャンスを逃がしているように思えます。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

私も、農家、農家でないに関係なく嫁いびりはあったりなかったりするものと思っています。
私の嫁ぎ先や周囲がそうでないからと言って農家は嫁いびりがない、とは言いませんし、その逆で、農家だから必ずしも嫁いびりがあるという訳でもないと思います。
嫁いびりの可能性で言えば、結婚前の状態ならばどこに嫁いでもあると思っています。
そうやって考えると、もう誰とも結婚できないですよね。
確かに、知人はそういう警戒心が高いのかも知れません。
投稿日時:2015/09/15 16:42
  • 回答No.5
お知り合いの農家されている人たちは娘には農家にだけは嫁いでほしくないと言っておられました。
自分がした苦労をかわいい娘にはさせたくないのでしょうね。

あなたが特例とまでは言えないものの、苦労している人の実際いますよ。
お礼コメント
kurumi12cat

お礼率 86% (130/151)

ありがとうございます。

お知り合いの農家の方の言う、娘にさせたくない苦労というのが、私が質問に書きました様な酷い嫁いびりなのか、単純に農作業の苦労なのか分からないですが、嫁いびりがあろうとなかろうと、農家はそれなりに大変ですし、今時のお洒落好きな女の子にはある意味苦痛かも知れません。
日に焼けるし、常に手は真っ黒なのでネイルとかすぐボロボロになるし、いくら可愛い服を持っていても着る機会は年に数回ですし、腕とか足とか腰とか痛くなるし。
そういう意味では農家は女の子の理想の嫁ぎ先ではないと思いますし、女の子らしい格好が出来ないとかそれが嫌だという人は農家に嫁ぐべきでないと思います。
お知り合いの農家の方が、娘に、女らしい事が出来ない事を不憫に思うのも親心として分かる気がします。
そういった、畑仕事が大変だから、とかいう理由ならばまだ分かるのですが、結婚する前から嫁いびりありきで農家を批判するのはおかしいと思っています。
投稿日時:2015/09/14 19:47
13件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ