• 締切済み
  • 暇なときにでも

北方領土の土地所有者

北方領土の土地所有者は固定資産税を払っていないと聞きましたが、資産価値がゼロ円ということで課税されていないということなのでしょうか。それとも、北方領土の土地は登記されていないということなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数453
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169489.htm はい。河村氏の質問趣旨書の政府回答を参照しませう これで解決すると思われ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 北方領土の固定資産税

    北方領土の土地所有者は固定資産税を納めているのでしょうか

  • 北方領土と竹島の土地について

    尖閣諸島の固定資産税評価のために石垣市長が上陸許可を求めていましたが、北方領土や竹島はどうなのでしょう? 北方領土は旧島民がいるので、彼らが所有する土地があるはずですよね。日本の領土と主張する以上、法務局に登記されていて、税金も納めなければいけないと思うのですが・・・ 竹島もどうなっているのでしょう?

  • 北方領土について。

    北方領土について。 みなさんの意見をお聞かせ下さい。 北方領土について。 思うことを言ってください。 また、僕が思うことも言いますので、 それに対する意見や反論などもお願いします。 僕が北方領土について思うことは まずもともと日本の所有地だったのに ロシアがポツダム宣言?の約束を破り 北方領土はやっぱりロシアのものだ と言った感じで無理やりロシアのものに されたみたいですが もともと日本のものですよね? この前も、ロシアの大統領が北方領土を訪問し 北方領土はいいところだなどとほざき 結局それだけかよ、みたいなかんじでした。 なんのために北方領土を訪れたのか いまいちわかりません。 ロシアの官僚が日本にくるときは 北方領土を返還しにくるときだけにしてくれ、 と憤りを感じました。 そもそも日本は弱すぎじゃないですか? 約束を破られ、もともと日本の領土だったものを ロシアに奪われ、訪問までさせて、何も言い返さない。 もっと強気にでろよ、と思いました。 いつになったら北方領土は日本に返還されるのでしょうか。 いまのままだと一生返されないような気がしてなりません。 みなさんのご意見をお聞かせ下さい。 また、反論などもOKです。 Wikipediaからの引用、などはやめてください。

  • 土地の所有者を捜す良い方法はありませんか。

    隣地の山林の所有者を捜しています。 隣地土地の登記簿謄本をとって、所有者は判明しました。 しかし、その所有者の住所地へ訪ねて行ったところ、既に30年前に転居していて、近所の人に聞いても、転居先は分かりませんでした。 また、所有者の登記簿謄本に載っている住所地の市役所へ行って、色々調べましたが、全く手掛かりを得ることが出来ませんでした。 山林で固定資産税も掛かっていないようです。仮に市の課税部署所在が分かっていても、個人情報は教えられないと言われました。 私立探偵に依頼するしか良い方法はないでしょうか。

  • 北方領土は本当はいらないのでは?

    北方領土を取り戻すチャンスはありました。 それは、3.11東北大震災のときです。 あのとき、ロシアは、援助として北方領土を返すという考えを示していました。 しかし、日本は格好が良すぎる、恩着せがましいなどと拒否しました。 それで、拒んだということです。 さらに、ロシアは、東北に大量の難民が出てしまいましたときに、北方領土を返してもらいそこに難民に住んでもらうという選択肢があったのですが、それも拒みました。 さらには、シベリアの土地を貸すのでそこに難民を住まわせたらいいという計らいもしました。 さらには、ガスパイプラインを譲ろうとフォバークラフトなどを派遣投入してエネルギーを補助しようともしてくれました。 しかし、その支援も拒みました。 ロシアには、返す気持ちはあったのに、日本はそのチャンスをミスミス逃しました。 実は北方領土など返してもらってもなかなか住む人はいないので、実はいらないのではないでしょうか? 尖閣諸島も同じです。 土地として持ってはいますが、住んでもいないし、なににも使っていないのです。 いらないも同然です。 そういう中途半端なことを日本は行なっています。 なので、ミスミス逃していることが多いのですね。

  • 北方領土に行くには

    北方領土へは簡単にいけるものでしょうか?パスポートは不要なのでしょうか?北方領土へのツアーは出てるのでしょうか?

  • 北方領土

    「日本vsロシアで戦争しおうゼ!  日本が勝ったら北方領土はすべて日本のものにしてやる!  ただし、日本が負けたら北方領土はすべてロシアのものだ!  さあ、北方領土がどちらのものかは力次第だ!  勝負するか? 勝負しないか?」 って聞かれたら勝負する?しない?

  • 北方領土について

    学校で北方領土について勉強しています 日本の地図では北方領土は日本の領土として国境がひかれていますが ほかの国の地図はどうなってるんでしょうか

  • 北方領土を欲しがるのはなぜ

    北方領土を欲しがる大臣や国民の声がありますが、権利や根拠があるのでしょうか。欲しがる理由を教えてください。  天皇は第二次世界大戦に敗戦し無条件降伏しました。戦に負け、降伏したので、戦争の事例いろいろのように天皇が領土を失うのは当然でしょう。  それにからむ私の5つの疑問にお答えください。  敗戦で失ったもの、無条件降伏で失ったものを我々平民も明確に認識すべきでしょう。 (1)当時の主権を持たぬ国民がうしなったものを確かめて下さい。 (2)主権在民の憲法を持った後の、現在の我々一般国民がその戦争で失ったものを具体的に教えて下さい。 (3)長いものに巻かれすぎて、北方領土の対価補償を要求すべき本当の相手が誰なのか当事者を見失っている。 その理由は何でしょう。教えてください。。   天皇を主権者とする国家は無条件降伏により無くなりました。  天皇は国の統帥権、財産権、統治権すべての権力を持っていたのですが、無条件降伏したので、すべてを天皇は失いました。  戦前に侵攻した南方領土、大陸の朝鮮、満州をすべて失いました。 当然に北方領土も失いました。  主権者が無条件降伏したのですから、平民の我々には何の権利も残りません。当然でしょう。平民の所有権というものは国家の主権のありようが異なれば、その効力も異なると考えます。  主権者の天皇が放棄したあと、その下位の子分、郎党に所有権の効力が連続していると考えるには無理があります。  山賊だって親分が負ければ、財産は雲散霧消、子分はちりじりに失せるのではありませんか。  ところが大臣も含め欲深く北方領土を日本の領土などという人間の多さが理解できません。  国際的もめ事をなぜ彼らは好むのでしょう。つけは第2次世界大戦がそうだったように平民の命で差し出そうとしているのでしょうか。  もういっぺん税金や命を勝手に献上されたらたまりません。  北方領土を欲しがる彼らは 「サンフランシスコ講和条約で放棄させられたのは南樺太と千島列島です。 この千島列島には歯舞、択捉、国後、積丹の四島は含まれていません。」といっています。 欲深い彼らが言ったからといって、憲法発布前の今の日本は条約締結当時に存在しないのだから、我々主権在民の憲法を持った日本人は当事者ではありません。  締結の当事者は昭和天皇です。  当事者でないのに権利があると平民の我々には主張はできない。違うでしょうか。北方領土を欲しがるあなたは天皇でしょうか。  だから敗戦で失ったもの、無条件降伏で失ったものを我々平民も、「誰」が「何」を失ったのか、そして天皇の戦のとばっちりによるもらい戦火被害があったなら補償について、明確に認識すべきでしょう。  それなのに、戦前に侵攻した北方領土を天皇でもない、ただの敗戦民がまた取り戻そうとするのは欲深すぎると思います。  敗戦により我々は命を失いました。家族を亡くし、家を失い、食糧すら失ったのです。平民と呼ばれる国民はほとんど誰もが大きな痛手を受けたのです。痛手を受けたのは北方領土の住人だけではありません。なんで北方領土だけ惜しがるのでしょう。  ただ、痛手のほとんどないのは、牟田口などのエリート将校たち軍人です。彼ら強いもの長いものに補償を要求すべきでしょう。  天皇は成田や那須の御料地を農民に差し出しいくらかの補償をしたことがあるようです。補償を為す責任を感じたのでしょう。  ただ昭和天皇の大きな責任に対して、荒れ地を小さく出しただけでは補償には不足です。もっとだすべきでしょう。すべてを差し出しても足りぬはずではありませんか。   かってに南方や北方の所有地の権利を自分の土地と言って敵に差し出してしまった、命乞いのために北方領土を放り出したのは天皇と、エリート将校たちではありませんか。あなたの住んでいた、所有していた土地を搾取したのは、それら長くて強い者たちです。  長いものに巻かれるにしても、補償要求の相手を間違えてはいけません。  権利の回復や補償を求めるべき、我々の相手はロシアでもアメリカでも無く、天皇とエリート将校たちなのです。彼らを相手にわれわれ日本国民は補償を要求すべきです。 (3)長いもの強いものに巻かれすぎて、強いものを相手に選べなく要求しそこなっている。 その理由は何でしょう。もしかして天皇とは親分子分の間柄でしたか?  (4)北方領土を欲しがる人が、国際的もめ事を避けもせず、千島列島、および南樺太は『日本国の固有領土』であるといったりするのが不思議でなりません。  なぜなんでしょう。 (5)国際法的には南樺太、千島列島は現在でもどこの国の領土でもない「無主の地」といったりしながら、欲に溺れ、日本の領土と言い出すのが不思議でなりません。 それぞれのことばに同調される皆さん当事者にお答えを得たいと思います。

  • 北方領土、あきらめませんか

    北方領土を取り返すのは日本の悲願でした。 そりゃそうです。シベリア抑留など、ソ連はひどいことをしましたから。 でも・・・ 状況は時々刻々と移り変わります。 返してもらったって、もう誰一人北方領土なんて寒い島へ移住したくありません。北海道は東に行くほど寒いです。 ロシアは土地を手放しません。(あれだけ土地が余ってるのに)と思いますが、彼らには彼らのメンツがあってそれができない。アラスカを米国に売って大損しました。それが忘れられないのでしょう。 一島でさえも返さないのですから、日本の強硬派を納得させるために日本は北方領土以外のメリットを享受して平和条約を締結すべきと思います。 たとえば有利な条件を得て北方領土に日本の企業が進出するとか。まあ四島への企業進出は日本に却って損失をもたらすかもしれないけど、プーチンは領土を返さなくて済むからロシア側は問題ありません。 日本側は、事業に失敗して損をするかもしれないけど、平和条約締結は絶対に得です。ロシアのような強力な武器をもった怖い国と平和条約を結ぶことは日本の国益に適います。 日本は最近、中国と仲が良くなりつつある。素晴らしいことです。ここで更にロシアと平和条約を結べば敵国を韓国一本に絞れます。韓国を親日国で包囲します。韓国としては日ロ平和条約が締結されないことを祈るような気持ちで願っていることでしょう。日本が四島四島と叫んでいつまでもロシアと仲違いしていて欲しい。だからこそ日本は平和条約を結ばなきゃいけません。 ロシアが好条件を出せば、日本は北方領土に企業進出してみればいい。成功すれば両者がハッピーだし、失敗すれば撤退するけど日ロ平和条約は残る。これでいいのではありませんか? ロシアと仲良くなれば、たとえ北方領土でのビジネスが成功しなくてもシベリアの石油とか日本に利益をもたらすビジネスが他にもあります。中東だけにエネルギーを頼るのは危険です。 貴方のお考えをお聞かせください。

専門家に質問してみよう