-PR-
解決済み

アンピシリン(ペニシリン)について・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.90384
  • 閲覧数3697
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 40% (8/20)

アンピシリン(ペニシリン)はどのようにして抗生物質として作用するのでしょうか?しくみを教えてください.
また、アンピシリン(ペニシリン)耐性遺伝子はどのようにして宿主にアンピシリン(ペニシリン)耐性の形質を付与するのでしょうか?
おねがいします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

ペ-パ-薬剤師で天然物化学者の rei00 です。

何か薬学系のレポ-トの様な気もするんですが・・・。とりあえず簡単に回答しておきます。詳しくは最後の参照文献などを御覧下さい。

 アンピシリンやペニシリンなどのβ-ラクタム系抗生物質は,細胞壁の主要構成成分である peptidoglycan (murein) の生合成の最終段階であるペプチド鎖の cross-linking に関与する peptidoglycan transpeptidase,および,D-Ala 1個が離れて peptidoglycan の生合成が終了する際に作用する酵素 D-Ala carboxypeptidase に作用して,その働きを阻害します。

 ご質問の「アンピシリン(ペニシリン)耐性遺伝子」がそうかは分かりませんが,β-ラクタム系抗生物質の耐性化機構は,耐性菌が産生するペニシリン分解酵素(penicillinase や cepharosporinase 等)によるβ-ラクタム系抗生物質の分解(β-ラクタム環の加水分解)によります。


【参照文献】
「微生物薬品化学 改定第2版」上野芳夫・大村 智 編集,南江堂,1986年

「抗生物質の作用メカニズム 抗菌・制癌作用の分子生物学[第2版]」田中信男 著,東京大学出版会,1981年

いづれも今では新しい版が出ているかと思います。また,これら以外でも抗生物質の事が書かれている教科書であれば,簡単な事は大抵のものにのっていると思います。
お礼コメント
saruruji

お礼率 40% (8/20)

いつもいつもありがとうございます。
実験の予習などでお世話になっています。調べてもなかなか理解ができない時などに丁寧に教えてくださり感謝しています。
これからもお世話になると思いますがそのときもお願いしますね。
投稿日時 - 2001-06-16 00:03:38
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 66% (8/12)

お急ぎのようなので作用メカニズムだけ、

ペニシリンは細胞壁の合成を阻害し、細胞の増殖を抑制します。

耐性の付与については普通の形質転換のことしか思いつきませんので、
誰か補足をお願いします。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 64% (700/1089)

物理屋の siegmund です.
こういう話は全くの素人ですが,最近読んだ
「薬はなぜ効かなくなるか --- 病原菌は進化する」(著者:橋本一,中公新書)
はなかなか面白く読めました.
所詮,素人の私が読むような啓蒙書ですから
(私の感想は,非常によく書かれている,です),
専門的な知識をお求めでしたら役に立つかどうかわかりませんが,ご参考まで.
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ