• 締切済み
  • すぐに回答を!

自賠責保険の限度額を超えてしまう場合

交通事故で後ろから追突され現在整骨院の方に通院しています。 ちなみに私の過失は0です。 職場のすぐ近くなので通える時は通っていて現在6カ月目で保険会社の方から今週いっぱいで治療を終了の連絡が来ました。 職場の近くということもありかなり頻繁に通ってしまいました。(週4ペース) 先日知り合いからそれって自賠責の限度額超えちゃうんじゃん? と言われました。 意味が分からず調べてみると、自賠責保険の120万の限度額を超えてしまうと、自賠責基準ではなく、任意保険基準に切り替わり、「通院頻度による減額」という内容を見ました。 自分は週4ペース位で行ってしまったので、整骨院の先生に今まで何日来たか教えてもらいました。 治療期間182日 通院日数102 自賠責基準で計算してみると 182×4200=764400 になるのですが、交通費や治療費を入れたら恐らく140近くになってしまうと思われます。 こうなってしまうと任意保険基準になるってことですよね? しかも「通院頻度による減額」というワードがとても気になっていて… 参考まででいいので任意保険基準になった場合、どれぐらいになってしまうのでしょうか? よろしくお願いいたします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

現在の状況ですと自賠責保険限度額は超過しているでしょうね。上記のままの数字をあてはめると慰謝料が旧任意基準だと¥647,200-となります。また整骨院の施術費用は一般的に整形外科より高額ですので超過しているでしょう。保険会社からの治療打ち切り勧告ですが、ここで重要なのは追突ということは『頸椎捻挫』といことでしょうか??おそらく施術の部位は頸椎、肩、背中、腰あたりでしょうか。保険会社の考え方としては捻挫や打撲などでの6か月の通院は長すぎるというのが一般的な考え方です。また現在は整骨院ということなどで医師による治療ではなく、『施術』ということなどでなおさらだと思います。『弁護士費用特約』というものもあるのですがこれは無理だと思います。この現在の施術状況ですと後遺障害診断書も記載する権限のない整骨院では弁護士が依頼を受けません。相談者様が何度か整形外科での治療もおこなったというなら話は違ってくるかと思いますが現在の状況で今後も施術費用などを保険会社に支払うように言えば逆に保険会社が弁護士を通じて相談者様に『債務不存在』を通達してくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

任意保険では通院期間で慰謝料を計算し、通院頻度が少ないと「通院頻度による減額」を行って補正します。例えば治療期間が6か月でも、月1回しか通院していなければ、6か月分は払いすぎなので減額するという意味です。質問者様のケースでは当てはまりません。むしろ質問者様が心配すべきなのは、整骨院の施術が補償の対象とならない可能性があることでしょう。 交通事故後の治療費、療養費は損害賠償であり、補償されるのは「必要かつ妥当な実費」です。整骨院で行われるのは治療ではなく施術です。自賠責は審査がゆるいので補償されるケースが多いようですが、任意保険会社は整骨院の施術費を補償しない可能性があります。 補償の対象とならなくても患者は整骨院に施術費を払わなくてはなりません。その際は慰謝料を整骨院への施術費に充てることになりますので、患者の手元に残る慰謝料はわずかになることもありえるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

初めまして、もう5年ほど前ですが質問者様と全く同じ状況でした、私は整骨院には月曜から金曜の毎日通ってました、 自賠責基準や任意保険基準とか通院頻度による減額等は知りませんでしたが保険屋からの治療の終了の連絡はありました、その時から間に弁護士を雇い交渉をしてもらい後遺障害認定の取得で示談金が70万が300万に増額しました。 質問者様ご自身の保険に弁護士特約は付いてますか?もし付いてるのなら活用してみてください、無い場合も弁護士に交渉をしてもらうことで示談金が増額します。ネットで「 交通事故 交渉 弁護士」で検索してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

整骨院では「治療行為」が出来ませんので、病院に通うのとはカウント方法が違うことがあります。 任意基準云々と言うことでなく、必要な治療は保険で補てんするが、過剰な診療は補てんしないのが原則です。今回は病院に通っている訳では無いので、日数がそのまま認められない可能性の方が大きいのでは。 4200×182 の4200と言うのは一回の施術費のことですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • <自賠責保険の限度額について>

    昨年、交通事故を起こしました。 自分は車、相手は徒歩での接触事故でした。 被害者の治療費は、現在、私の自賠責保険で支払っていますが、 保険会社から、 被害者の治療費が自賠責保険の限度額を超えた場合、 任意保険から支払うことになるので任意保険の掛け金が上がってしまいます。と言われました。 自賠責保険で支払える範囲は傷害120万円だと聞きましたが、 どれぐらいの事故(怪我)だと120万を超えてしまうのでしょうか。 事故自体はそれほど大きくなくて、 被害者は外傷は無かったのですがムチウチ症と診断されました。 事故は昨年の6月に起きて、 現在、被害者は週1回通院しているとのことですが、 1回の通院でいくらかかるのでしょうか? 被害者は事故により10日会社を休んだとのことです。 12ヶ月で週1回の通院をした場合に(12ヶ月×4週=48日)、 傷害120万円を超えてしまいますか? 不勉強で申し訳ありませんが、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 自賠責の限度額

    交通事故の被害者です。 追突され、軽度の鞭打ちの症状があり通院しています。 自賠責の限度額は治療費、交通費、慰謝料、その他を合算して120万までとなっていますが 仮に治療費が120万だとすると、自賠責から払われる慰謝料は「0」となるのでしょうか。 また、超過分は加害者の任意保険から支払われらしいのですが、出し渋りでもらえない場合が あると聞きますが、実際のところどうなのでしょうか。

  • 自賠責保険の限度額について

    交通事故に遭った被害者です。(私1相手9)現在、むちうちで通院中です。主人も同乗していて、同じ症状で通院中です。 自賠責保険についてなのですが、相手側の自賠責保険で二人分の治療費の支払いをしてもらってるんですが、二人合わせての治療費、休業損害、通院費等が120万円を超えると任意保険での扱いに切り替わるとの解釈でいいですか? つまり、1事故に対して、被害者側が何人負傷しようと支払われる自賠責保険の枠が120万円とゆうことですか? 実は、一人につき120万円が限度額だと勘違いしてまして・・・通院してまだ3日目ですが、二人合わせて120万だとあっとゆう間に自賠責の枠が埋まってしまいそうで・・・ まだ十数回は通院しないといけない感じなので、次回からリハビリなのですが、自賠責の枠で済ませたいなら、健康保険での支払いに切り替えて、自腹を切って通院した方がいいのでしょうか?治療費が毎回いくらかかっているのか見当もつかず(しかもリハビリ)どうするのが1番いいのか悩んでおります。 それと、相手側の保険会社に健康保険での支払いに切り替えるとの連絡を入れ、しばらく通院して任意保険での扱いに変わりそうになったら教えてもらう・・・とか出来るんですか? お互いの保険会社に不信感を持ってるもので・・・直接詳しいことが聞けずにいます・・・ どなたか、詳しい方がいましたら、アドバイスよろしくお願いします。

  • 自賠責限度額120万を越えた部分は・・

    交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。 数日後に金額提示があるはずですが 保険会社の担当者から事前に 『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。 つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。 ここで、納得できないのは (1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。 (保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています) 例をあげると 治療費が55万円なので 自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が 任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと) しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると 76万円位にはなります。 ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・ 保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 自賠責の限度額についての質問です。

    自賠責の限度額は、自分に重過失があるため96万円です。 自分の過失7、相手の過失3です。 現在、治療費は30万円くらい掛かっています。 総日数 97日 入院 27日 通院 36日  現在も治療途中ですが、治療費もかさんで来たので、 一度、休業損害と治療費を請求しようと思っています。 1、自賠責の重過失の減額は、休業損害と治療費のそれぞれに   20%引かれると考えて良いのでしょうか? 2、10万円以上でないと、次の被害者請求はできないのですか? 3、すでに保険者の負担している金額と自分の負担額を合わせると   限度額を突破してる気がするのですが、被害者請求しても   大丈夫なんでしょうか?   4、今回の請求額はいくらぐらいなのでしょう?    おおよそで構いません。 5、任意と自賠責の過失割合が変わることってあるのでしょうか? 質問が分かりづらい点もあるかと思います。 どうか、お力を貸してください。 よろしくお願いします。    

  • 自賠責の限度額を超えた慰謝料の計算方法を教えて下さい

    分かりやすく簡潔に書きます。 交通事故で後ろからいきなりぶつけられて、治療をしていました。 (私は自転車で相手はクルマです。私の過失はゼロです) まだ痛みはあるのですが、だいぶよくなってきましたので、 先日治療を終わりにしまして、保険会社から書類が来ました。 その内容はご覧の以下の通りでした。 ------------------------------------------------- 【傷病名】腰椎捻挫他 【総治療日数】323日 【通院実日数】220日(入院0日) 【慰謝料】950000円 ◎傷病名(腰椎捻挫他)、総治療日数、通院実日数等より、 任意保険基準で算出しますと899133円になります。 端数調整加算し上記金額をお支払いします。 打撲、捻挫の任意保険区分として算出し約5万円加算しています。 ◎尚、損害額が自賠責保険の支払い限度額120万円を超えて いますので、自賠責算出基準は採用いたしません。 ご検討戴きご承諾をお願い申し上げます。 ------------------------------------------------------ ↑という内容の書類が示談書と共に来ました。 しかし、自賠責の慰謝料の計算方法でいくと、単純計算で、 『4200円×220日×2=1848000円』 となるんですが、なぜ899133円という金額に 疑問を持ちました。なぜこの数字になったんだろう?と… おそらく任意保険のみとしての計算方法なんですよね? 私の考えでは全損害額が自賠責の120万を超えた場合は、 足りない分を任意保険でまかなって支払われるということで、 自賠責で算出の慰謝料―自賠責の限度額=任意保険が賄う金額 1848000円―1200000円=648000円 と思うのですが、このまま「はい。分かりました。」と素直に 示談していいんでしょうか? 自分としては、まだ痺れがわずかに残っているんですが、 だいぶ良くはなってきたので、治療を終了しあとは自腹で 治療しますという話になっています。 しかし、今後のためにもかなり心配なので相談させて戴きました。 (今後の治療費は自腹なので。。。) この場合の自賠責の限度額を超えた慰謝料の計算方法を教えて下さい。 お手数かけますが、宜しくお願い致します。

  • 自賠責の支払い限度額??任意保険との違いとは?

    3月に交通事故に通い治療が終わり保険やさんの回答を待っている段階です。3月に主人〔当時は婚約者〕の車に乗っておりトラックにぶつかられました。過失割合は1:9〔うちが1です〕4月に籍を入れ今は主婦です。 自賠責の限度額120万円を超えると任意保険の支払い基準になるそうですが、自賠責だと慰謝料4200円×(治療実日数に2をかけたもの)or〔治療期間〕のいづれか少ない方。 休業補償は5700×〔治療実日数〕 任意保険だと慰謝料〔各社の支払い基準〕×治療実日数に2をかけたもの)or〔治療期間〕のいづれか少ない方。 休業補償は5700×〔家事に従事できなかったとみなされる日数??〕 なのかと理解したのですが詳しい方教えて下さい。 120万円を超えると任意保険の計算だと明らかに不利のような気がするのですが・・120万円を超えたぶんを任意保険で計算するのか、120万を超えるなら根底から任意保険から計算するのですか? どうやら120万を超えそうな雰囲気なのでちょっと疑問に思いました。 それから私はその当時婚約者の車に乗っていて過失はないのですが、この場合は加害者が二人なので自賠責の限度額は240万になるのですか? 相手の保険やが途中で支払いを拒否し、主人の保険やが今は担当しています。この場合も限度額は240万ですか?事情が複雑でわけがわかりません。あとあとは相手の保険やに請求するらしいという話は聞いたんですが・・

  • 自賠責保険の限度額を超えた場合の補償等について教えてください。

    自賠責保険の限度額を超えた場合の補償等について教えてください。 追突事故の被害者で鞭打ちで病院へ通っています。現在通院1カ月です。 自賠責保険の範囲内では4,200円×2×通院日数または4,200円×総治療期間の少ないほうがもらえるそうですが、限度額の120万円を超えた場合はどの程度の金額がもらえるのでしょうか? 日数や状況により差があると思いますが、実際にもらった方いくらくらいだったのか教えてもらえないでしょうか? また、自賠責の範囲内で終了した場合何日程度で120万円になるのか(通院のみ)わかる方お願いします。

  • 事故の慰謝料の額が妥当であるか分からない。

    交通事故(人身事故)にあい、本日慰謝料の書類が届きました。ネットで調べると、治療期間と、「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに、4200円をかけて、自賠責保険慰藉料(慰謝料)を計算するとありますが、私の場合、実通院日数が 49 日、治療期間が149 日で、411,600 円になると思うのですが、実際の額は332400です。書類に「自賠責保険認定基準より、総治療期間を限度とし治療実日数が慰謝料対象日数です。慰謝料1日4200円×通院実日数49日間=205800円となりますが、弊社の任意基準で126600円うわのせさせていただきました。」と記載があり、自賠責の120万以下なのに任意保険基準になって減額されていて、この額が妥当なのかがわかりません。

  • 自賠責保険の限度額からはみ出した分について。

    自分が歩行、相手が車。 100対0で自分が0 自賠責の限度は120万。 相手は任意保険に入っている。 示談の時になりました。 全治療費に70万円かかったとします。 自賠責の慰謝料計算で慰謝料+休業補償が80万貰える計算になったとします。 自賠責の限度120万ー医療費70万=50万。 自賠責の限度をはみ出た残りの慰謝料+休業補償の30万(80万ー50万)は相手の任意保険から出ると思いますが、その金額は30万よりも多くなるものなのですか?少なくなるものなのですか? それとも自賠責での算定どおり30万なのですか?