• ベストアンサー
  • 困ってます

SONY Aマウントのカメラの長所を教えてください

  • 質問No.9008330
  • 閲覧数291
  • ありがとう数5
  • 回答数5

お礼率 85% (126/148)

SONY Aマウントのカメラの長所を教えてください

(質問の背景)
一眼カメラを選択中です。

(1)キヤノン、ニコンなどのAPS-C一眼レフカメラ
(2)ソニー(Eマウント)、キャノン、富士フィルムなどの
APS-Cミラーレスカメラ
を候補にして、そのどちらにするかをまず検討しておりました。

(1)⇒光学ファインダーOVFで遅れがないが、大きく重い
(2)⇒小型軽量だが、電子ファインダーEVFなので、表示が遅れる
ということは理解しましたが、もうひとつ
(3)ソニー(Aマウント)という選択肢があることに気づきました。

(3)はミラーがあって、電子ファインダーEVFのようなのですが、
どういうところがメリットなのでしょうか?

素人的には、大きく重い、表示が遅れると(1)(2)の悪いところを
兼ね備えているように見えますが、おそらくそんなことでは
ないのだろうと質問しております。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 52% (1776/3409)

他カテゴリのカテゴリマスター
書かれているようにソニーAマウントの現行品はミラーがあるんですがファインダーは電子ファインダーという折衷型になっています。メーカーの説明ではAFセンサーを別にしているから性能が云々とのことですが、その辺はユーザーからみればブラックボックスであって方式はどうでも良いことだと思います。

α77を使ったことがありますがミラーショックが無く、シャッター音も静かなのは良かったですが、バッファーが貧弱でいっぱいになりやすく、大量に速写する向きのカメラではないという印象でした。
また大画素数にこだわってしまったためか高感度があまり良くなかった。実用ISO1600程度だったと思います。
ただし、撮影後ファインダーがブラックアウトするようなことはなく、タイムラグのようなものでストレスを感じることはありませんでした。そういう点では良くできたカメラだと思います。
ファインダー自体は良くできていてみやすいです。
またAFポイントの手動での移動なども反応が良くその点はミラーレスのα7シリーズよりも使いやすいように思います。
ですのでα77に関しては2の点は気にならなかった。ミラーアップが無いことでも相殺されているのだと思います。
1の重さという点は、ボディーは重くないのですが、レンズはEマウントの物より少し大きめ重めではあります。

レンズはSAL1650 DT 16-50mm F2.8 SSM などはキットレンズとして安売りされましたが、APSC用のF2.8通しのズームとしては最安で、性能も非常にいいです。広角16mmからというのも使いやすい。重いんですがニコンの17-55/2.8よりはだいぶ軽い。

ともかくソニーの開発の主力はミラーレスの方に行ってしまって、置き去りにされた感がありますので、果たしてレンズがこの先活用できるのかあまり期待できないというのが正直なところだと思います。(あるとすれば一眼レフの復活か)
そう悪い製品とは思いませんがやはり過渡期の産物という印象が強いです。(α=Aマウントのシリーズは当初は一眼レフであったのを引き継いでのラインナップだと思います)
*ミノルタの技術陣はパナソニックとソニーに流れたとのことで、家電メーカーの名前になっている両者ですがカメラメーカーとしての流れも実際に入っていると考えて良いと思います。

あまり重視されていない機能ですがα77のGPS機能にはちょっと感心しました。77 IIには無いようですが。

すごく安売りされていてレンズ一本つけっぱなしでしばらく使うということでしたらいいのですが、交換レンズを揃えてとかでしたらEOSだとか、ソニーでもミラーレスにした方が長い期間を想定すれば楽しみが多いように思います。
お礼コメント
myumyu1000

お礼率 85% (126/148)

早速の、しかも丁寧なご回答ありがとうございます。
ソニーの開発の主力はミラーレスに行っているとのこと、
それならば、今から一眼始める者にとっては、検討対象では
ないようですね。
投稿日時:2015/07/12 20:45

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 52% (1776/3409)

他カテゴリのカテゴリマスター
4ですが、今α77を自分が使わなくなっている理由を書いておきます。

・連写モードではいいのですが、連写をしないシングルの設定の時に続けざまにシャッターを切ろうとすると(シャッターボタンを続けざまに押すということです)少し待ち時間が生じてしまう。(連写はできるのが不思議です)
これはファインダーの話ではありません。メモリへの記憶のところでつっかえてしまっているようです。

・暗所での撮影がいまいちなので、夜間の町歩きでの撮影が好きな私としては持ち出すのを躊躇してしまう。(他に高感度に強いカメラを持っていますので)

どちらも機械構造の悪さではなくて、電子部門での煮詰め不足・ユーザーリサーチ不足のように思います。
お礼コメント
myumyu1000

お礼率 85% (126/148)

詳しいご説明ありがとうございます。
投稿日時:2015/07/12 20:46
  • 回答No.3

ベストアンサー率 37% (7904/21084)

マニアックな意味での長所は、「M42マウントなどのオールドレンズ
をマウントアダプタを介して使うことができる」ってトコですかね。
SONYのαは、比較的そういう使われ方に向いてるみたいです。

・・・って、この意味が分からないなら、メリットにならないですが。

他の部分では、他のマウントに勝る部分は無いと思ってください。
OLYMPUSやPANASONICのフォーサーズと似てきてしまって
いますねえ・・・今では。積極的に選ぶ意味が少ないかと。
お礼コメント
myumyu1000

お礼率 85% (126/148)

早速の回答ありがとうございます。
オールドレンズであれば(自分は興味ありませんが)
Eマウントのα7系も優れているようですし、
敢えてAマウントを選ぶ理由もないように思います。
今から一眼始める者にとっては、積極的に選ぶ意味が少ない
とのこと、良く分かりました。
投稿日時:2015/07/12 20:43
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (841/3023)

Aマウント自体はミノルタのαをソニーが買い取ったものですからキャノンかニコンかその他かのうちその他というだけのことです

メリットは光学式の一眼レフより軽いことくらいですね
お礼コメント
myumyu1000

お礼率 85% (126/148)

早速の回答ありがとうございます。
今となってはあまりメリットのない製品なのですね。
今から一眼始める者にとっては、選択肢に入れるべきものでは
ないようですね。
投稿日時:2015/07/12 20:41
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (450/2149)

長所は特にないですね。ミノルタが最初に自社オートフォーカスカメラに採用した規格となります。ソニーがこの分野に参入したときにキヤノンやニコンからは相手にされなかったのでやむなくミノルタのパテントを買って使用してるだけです。
お礼コメント
myumyu1000

お礼率 85% (126/148)

早速の回答ありがとうございます。
やはり歴史の中で存在した製品で、今から一眼カメラを
始める者にとっては、選択肢に入れるべきものでは
ないようですね。
投稿日時:2015/07/12 20:40
関連するQ&A
ページ先頭へ