• 締切済み
  • すぐに回答を!

数I 二次方程式の範囲 訂正

もう一度解きなおしてみました。 「方程式x²-2ax+2a²-5が1より大きい相異なる2個の実数解をもつような定数aの値の範囲を求めよ。」 自分の回答▽ f(x)=x²-2ax+2a²-5とするとf(x)=(x-a)²+a²-5 二次方程式f(x)=0が1より大きい相異なる2個の実数解をもつための条件は放物線y=f(x)が1より大きいx軸の正の部分と異なる2点で交わることである。これは次の(1)~(3)が同時に成り立つことと同値である。 (1)f(x)=0の判別式をDとするとD/4=a²-(-5)=a²+5>0 これを解いてa<-√5、√5<a…(1) (2)放物線y=f(x)の軸は直線x=aなので、この軸は1より大きいからa>1…(2) (3)f(x)>0から1-2a+2a²-5>0よってa>2、a>5…(3) (1)(2)(3)の共通範囲を求めてa>5 ,, となりました。合ってますか? それと、この放物線のグラフを書く場合はy軸は省略してもいいのでしょうか。

noname#208927

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数325
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

あちこちに同じことを書き連ねるのはメンドいので、ひとまず、QNo.9006148 へのレスを見てチョ…。 そのレスに疑義あれば、続けてください。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数I 二次方程の範囲

    「方程式x&#178;&#65293;2ax+2a&#178;&#65293;5=0が1より大きい相異なる2個の実数解を持つような定数aの値の範囲を求めよ。」という問題がありまして、[1]判別式について、[2]軸の位置について、[3]f(0)について、という順序で解いていくものです。 しかし私は[3]で止まってしまいました。どこか計算ミスをしているんだと思います。 私の回答は、 f(x)=x&#178;&#65293;2ax+2a&#178;&#65293;5とするとf(x)=(x&#65293;a)&#178;+a&#178;&#65293;5 二次方程式f(x)=0が1より大きい相異なる2個の実数解を持つための条件は放物線y=f(x)が1より大きいx軸の正の部分と異なる2点で交わることである。 [1]f(x)=0の判別式をDとするとD/4=a&#178;&#65293;(&#65293;5)=a&#178;+5>0これを解いてa>±√5…(1) [2]放物線y=f(x)の軸は直線x=aでこの軸についてa>1…(2) [3]f(0)>1から&#65293;5>1 で止まってしまいました。 一つ目の質問はまずどこでミスをしているのかを教えて下さい。 そして二つ目の質問は、この放物線は下に凸の放物線でf(x)=x&#178;&#65293;2ax+2a&#178;&#65293;5よりy軸に接する値は&#65293;5だと思うのですが、下に凸の放物線でy軸に接する値が&#65293;5だとしたら図を書くと「1より大きい相異なる2個の実数解をもつ~」という条件に反すると思うのですが、どうなんでしょう。 宜しくお願いします。

  • xの二次方程式

    xの二次方程式 x^2&#65293;2ax+4=0の解が次の条件を満たすようなaの値の範囲を求める。 1. 2つの解がともに1より大 2. 1つの解が1より大で、他の解が1より小 皆さんならどう解きますか? f(x)=x^2-2ax+4 (x-a)-a^2+4=0 1. f(x)=0の判別式D≧0 D/4=a^2-4≧0 a≦-2,2≦a &#8226;f(1)>0 1-2a+4>0 a<5/2 &#8226;軸が1より大きい f(x)=(x-a)^2-a^2+4 軸 x=a a>1 以上より、2≦a<5/2 2. f(1)<0となればいい a>5/2

  • 数学 二次方程式 定数の範囲について

    x^2+ax+3a=0 (1) x^2-ax+a^2-1=0 (2) 二つの二次方程式がともに実数解をもつように定数aの値を求めよ。 (1) 判別式D≧0を使う。 a^2-12a≧0 a≦0 、 12≦a (2) 同じく判別式D≧0を使う。 -3a^2+4≧0 a≦-(2√3)/3 、 (2√3)/3≦a 私の答え a≦0 、 (2√3)/3≦a となったのですが、答えは -(2√3)/3≦a≦0 のようです。 私はどこで間違ったのでしょうか? 調べて考えた結果、D≧0ではなく、どこかでD≦0となる部分があるように思えました。 ですが、どこでなるのかもわからないし、なぜD≦0になるのかもわかりません。 実数解を持つようにいわれてるのに、答えに負の範囲があるのも疑問です。(私の間違った答えにも0≧aがあるのですが、なぜなんでしょうか。)

  • 回答No.3
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5376/11811)

http://okwave.jp/qa/q9006148.html でさんざん(1)と(3)がおかしいと言われたのに、何を考えているんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

追記 ついでに3もおかしい。Y軸? 省略すんな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

問題文を読み解く能力が欠如しています。判別式がどうとか言う前に、図を紙に描け。そこから得られる条件をまずは読み取れ。図を描かないからこんな問題も解けない。 1の判別式から間違っている。自分の回答のしたの式を何も活かせていない。 0点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二次方程式

    k>1のとき、 次の二次方程式の実数解の個数を求めよ。 1) x^2+2x+k=0 2)x^2-(k+1)x+1=0 判別式がどういう条件の時で 求めるんですか? 解き方教えてください!

  • 二次方程式の判別式

    二次方程式の判別式b^2-4acなのですが、 この判別式はax^2+bx+c=0で、a=0の時は使ってはいけない理由を知りたいです。 成り立たない場合として、 a=0,b=0の時、c=定数という直線グラフで、c=0でない限り「実解なし」なのに(判別式)=0となる場合。 a=0,b>0,c≠0の時、直線グラフはx軸を貫くはずなのに(判別式)<0となる場合。 が思いつくのですが・・・。 「判別式は二次方程式の解の公式の一部だ」というのは結果であって、定義でないように思えるのですが・・・

  • 二次方程式

    (1)二次方程式x&#178;-6x+2k+1=0が実数解をもつような定数kの値の範囲を求めよ。 (2)二次方程式x&#178;-6(k+2)x+(k+1)&#178;=0が重解をもつときkの値を求めよ。 解法が分からないです。回答、よろしくお願いします。

  • 二次方程式について

    いま問題を解いていて疑問に思いました。 xの二次方程式 x^2+ax+2a+5=0があるとき (1)相異なる2つの実数解をもつ ⇔ D>0より a^2-4(2a+5)>0より、a>10 またはa<-2 以下ではa>10 またはa<-2とする (2)2つの実数解がともにー3よりも小さくなるaの範囲を求めよ この場合解と係数の関係から、-a < 6かつ2a+5>9が成立。 よって a > 6 かつ a >2 よって a >6これとa>10を組み合わせて、 a>10 と僕は思ったのですが、f(x) = x^2+ax+2a+5とすれば、解がー3よりも小さいなら、f(-3)>0でないといけないですよね。 てことは、9-3a+2a+5>0 より 14>aが導かれます。 2つの実数解がともにー3よりも小さくなる ⇔ 、-a < 6かつ2a+5>9が成立 ではないのですか?なんでf(-3)>0も考慮しないといけないのですか?

  • 高1 2次関数のグラフと二次方程式

    a、bは定数とする。すべての実数aに対して、xの二次方程式 x2乗+ax+a2乗+3ab+3=0 が 実数解をもたないときのbの値の範囲を求めよ。 という問題なのですが、判別式を使って  a2乗+4ab+4>0 というところまではわかりますが、この先が全くわからないのです。 どなたか親切な方ご指導お願いします。

  • 二次方程式 数学

    二次方程式3x^2-4kx+5k-3=0 が重解を持つとき、定数kの値を求めよ。 この問題の答えは 式 b^2-4ac を使って 答えが k= 3/4 , k= 3 なのですが、 これに判別式で解いたら別の解が出てしまいました。。。 この問題に判別式は使わないのですか? だとしたらそれは なぜなのですか?? よろしくお願いします

  • 二次方程式の判別式について

    以前、数学の授業で判別式D=b^2-4acを使って、二次方程式の実数解の有無を調べることを習いました。 質問なのですが、なぜ判別式D=b^2-4acを使うとその二次方程式の実数解の有無が分かるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 二つの二次方程式の共通の解

    aを実数とし、2つのxの二次方程式 x^2+(2-3a)x+2a^2-3a+1=0・・・(1) 2x^2+-2ax-a+1=0・・・(2) (1)と(2)が共通の解xを一つだけ持つとき、aと共通の解xの組みを求めよ 上記のような問題で、(1)=(2)として、判別式を適用させてバツをもらいました。 (1)=(2)として、判別式を適用させる方法がなぜいけないのかを教えてください。

  • 二次方程式の解について。

     二次方程式が実数の範囲で解を持つか、または複素数の範囲で解を持つかは、二次方程式の解の公式の「判別式」で判断することができますよね。  そこで、この判別式を使って、二次方程式の解が実根になる確率と虚根になる確率と、どっちが大きいのか考えてみました。  まず、簡単にするために二次方程式  ax^2+bx+c=0  の両辺をaでわって、新しくできる係数をp,qとします。そうしてできた二次方程式の判別式は  p^2-4q  となりますよね。この判別式が0に等しいとして、この式を変形していきます…  p^2-4q=0  4=p^2/q  つまり数直線で考えると、p^2/qが丁度4になったとき二次方程式は一つの解しか持たないことになります(重根でしたか?)。同様に考えると(-∞,4)の範囲で二次方程式は虚根を、(4,∞)の範囲で二次方程式は実根をもつはずです。  そう考えると、虚根を持つ範囲の方が4つ分広いので確率が高いとおもったのですが、どうなるのでしょうか?  それとも、私の考え方がどこか間違っていたのでしょうか?

  • 二次方程式 共通解の問題

    2つの二次方程式、x^2+2mx+10=0、x^2+5x+4m=0がただひとつの共通な実数解をもつとき、定数mの値とその共通解を求めよ。 共通解をαとおいて、αと定数mの連立方程式を解いて出た答えの、m=5/2、α=2をなぜそのまま答えとしてはいけないのか、その理由を教えてください。 答えはmが&#65293;7/2、αが2。 m=5/2を代入したら判別式が<0になるからとかそういうことは聞いてません。 ちゃんとした理由がほしいので詳しい回答お願いします。