-PR-
締切済み

生命保険講座の勉強方法

  • 暇なときにでも
  • 質問No.89871
  • 閲覧数14191
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

8月から生命保険講座のテストが始まるのですが、どのように勉強したらいいのでしょうか?参考にされたもの、また、何かいいアドヴァイスがありましたらお願いします。とても覚える量も多く、内容もわたしには難しくて。。。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 27% (100/365)

生命保険講座。
どこの機関が開催しているテストなんでしょうか。
生命保険協会・FP協会・金財等々にそのような講座が開催されていましたか。
補足コメント
macking

お礼率 0% (0/3)

生命保険業界で働いている人が受けるテストだと思います。生命保険協会のテストです。今年から8科目になったテストなのですが。。。いいアドヴァイスをお願いします。
投稿日時 - 2001-06-15 22:09:09


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 20% (52/248)

昔受けたことがあります。保険会社の営業としてお勤めになられるのでしょうか?
確かに覚えることは沢山あるし、普段の生活によくでてきて知っているというものでもないので気負ってしまうかもしれませんが、授業で練習問題を解く時より実際の試験の方が簡単に思えました。車の免許の様なもので勉強しないと落ちるでしょうが、けっこう終わってみると簡単だったなあ。って感じです。
本のマルアンキはきついです。会社で過去の問題とか練習問題をしませんか?それをマルアンキすれば大丈夫です。私はけっこう理屈抜きのマルアンキ大作戦でいきました。
  • 回答No.3
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/0)

「生命保険講座」ですか。私も昔生命保険会社にいたので、受けましたよ。
もう保険業界にかかわっていないので言ってしまいますが、たかだか業界試験、
何の役にも立ちません。他にも試験、いっぱいありますし、大変ですよね。
しかし、mackingさんにとっては一大事なのはよくわかります(自分もそうだった)。生命保険講座の勉強方法(コツ)は、大きく次の4点です。

(1)「テキストを3回読む」
これが正攻法。時間はかかりますが、こうすれば模擬テスト(そんなのあったかなあ)なんてすぐ解けますし、本番も楽勝です。テキストの内容は「嫌がらせか」と思うくらい難解ですが、何度も読めば大体わかるし、大体わかれば試験は出来ます。
(2)「情報を仕入れる」
現在、営業なのか内勤なのかはわかりませんが、分野によって詳しい部署に同期なり知り合いがいるはず。そこから試験についての情報を仕入れます。例えば、「団体保険」みたいな科目について「団体保険グループ」や「団体年金グループ」に所属する人たちは、恥ずかしい点数が取れないので猛勉強しています。そういった人達にポイントを伝授してもらうのがいいでしょう。
(3)「過去問を徹底的に洗う」
会社には必ず過去の試験問題がファイルされています。5年分も見ておけば傾向もわかり、大丈夫でしょう。自分でも勉強しておくことが前提ですが。
(4)「カンニングする」
試験会場や試験科目、知り合いが同時に何人受験するかにもよりますが、かなりリスクが高いのでお勧めできません。

私は、(1)~(3)(時には(4)も)の方法で全科目90点以上とって会社に表彰されましたよ(自慢したかったけど「生命保険講座」なんて業界の人以外知らないのでできなかった)。簡単に言うと「時間をかけなきゃ無理」ということになってしまうかもしれませんが、地道に頑張るよりほかに方法はありません。手を抜くと、2年で終わるところに3年も4年もかかってしまいますし、大変なので一撃必殺で済ませたほうが後々楽できます。ご検討をお祈りいたします。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ