-PR-
締切済み

江戸時代の金銀交換比率

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8972394
  • 閲覧数310
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

江戸時代 日本の金銀比率は金1に対し銀4.65であった。外国の相場は金1に対して銀15.3
であった。
米国商人が中国大陸などから銀貨100枚を日本に持ち込んで金と交換すると金貨21.50になる

これを上海に持ち帰って銀貨に交換すると銀貨330枚になる これを再度日本に持ち込んで金貨にすると 金貨142枚になる

とある本に書いてあります。私は最後の箇所は金貨71枚になると思うのですが何故。二倍の
142枚になるのか分かりません。本が間違ってるのか私が間違ってるのか教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ