• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

文法問題を教えてください

()の名詞がそれぞれ何名詞かを選択肢から選びなさい。 1.He hailed a (1)taxi at the corner. (1)taxi (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 2.(2)Happiness consists in (3)contentment. (2)Hapiness (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (3)cotentment (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 3.The (4)audience were surprised to hear (5)announcement. (4)audience (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (5)announcement (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 4.His (6)appearance in (7)Seattle society gave (8)rise to a lot of rumors. (6)appearance (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (7)Seattle (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (8)rise (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 5.There is little (9)ink in the (10)bottle. (9)ink (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞 (10)bottle (1)普通名詞 (2)集合名詞 (3)物質名詞 (4)抽象名詞 (5)固有名詞

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数529
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • zoran
  • ベストアンサー率47% (22/46)

一応,次のように解答しました。 確信の度合いを, ○:間違いなし,△:やや疑問 で表してみました。 (1) (1)普通名詞 ○ (2) (4)抽象名詞 ○ (3) (4)抽象名詞 ○ (4) (2)集合名詞 ○ (5) (1)普通名詞 △ あるいは,(4)抽象名詞 か (6) (1)普通名詞 △ あるいは,(4)抽象名詞 か (7) (5)固有名詞 ○ (8) (1)普通名詞 △ あるいは,(4)抽象名詞 か (9) (3)物質名詞 ○ (10) (1)普通名詞 ○ ただ,5つの選択肢が適当ではない感じを受けます。 固有名詞は普通名詞に対する名称なので,(7)Seattle のみが固有名詞で 他は普通名詞と言えると思います。 また,普通名詞は可算名詞と不可算名詞に分けられ, 物質名詞や抽象名詞は不可算名詞の中での分類になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解説がとても参考になります。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 文法問題を教えてください

    ☆次に挙げる物質名詞を数える際の単位として適切な言い方を選択肢から選びなさい。 1.salt (1)an act of... (2)a can of... (3)a cake of... (4)a pinch of... (5)a trail of... 2.soap (1)an act of... (2)a can of... (3)a cake of... (4)a pinch of... (5)a trail of... 3.oil (1)an act of... (2)a can of... (3)a cake of... (4)a pinch of... (5)a trail of... 4.dust (1)an act of... (2)a can of... (3)a cake of... (4)a pinch of... (5)a trail of... 5.kindoness (1)an act of... (2)a can of... (3)a cake of... (4)a pinch of... (5)a trail of... ☆( )の名詞句の用法として、それぞれの選択肢のどの説明が最も適切か。 1.I've had (so many kindnesses) show to me by the faculty. (1)学問の名前を複数扱いする用法 (2)固有名詞に不定冠詞を付ける用法 (3)集合名詞の複数扱い (4)抽象名詞の普通名詞化 (5)普通名詞の総称的用法 2.(The jury) are considering thier verdict. (1)学問の名前を複数扱いする用法 (2)固有名詞に不定冠詞を付ける用法 (3)集合名詞の複数扱い (4)抽象名詞の普通名詞化 (5)普通名詞の総称的用法 3.(A Mr. Borg) telephoed. (1)学問の名前を複数扱いする用法 (2)固有名詞に不定冠詞を付ける用法 (3)集合名詞の複数扱い (4)抽象名詞の普通名詞化 (5)普通名詞の総称的用法 4.Some parents believe (a boy) must learn to stand up and fight like a man. (1)学問の名前を複数扱いする用法 (2)固有名詞に不定冠詞を付ける用法 (3)集合名詞の複数扱い (4)抽象名詞の普通名詞化 (5)普通名詞の総称的用法 5.What are your (politics)? (1)学問の名前を複数扱いする用法 (2)固有名詞に不定冠詞を付ける用法 (3)集合名詞の複数扱い (4)抽象名詞の普通名詞化 (5)普通名詞の総称的用法 以上です。よろしくおねがいします。

  • 集合名詞の問題が分かりません

    Q. ( )内の正しいものを選べ The ( audience, audiences ) were amused by his performance. A. audience この問題を解く上で、意味から判断する( audience をかたまりとして見るか、1人1人として見るか)しかないという結論に至りました。ちなみに、この結論に至る過程は以下の通りです。    「動詞がwereより( )内の語句は複数扱いされている」という事と、    audienceは集合名詞の中のfamily型の可算名詞なので    family型    (1)集合全体を1つの単位(=かたまり)と考えるとき:普通名詞と    同じように,a/anをつけたり,複数形にすることができる。    (2)集合体全体の構成員1人1人に重点を置く(を念頭に入れる)とき:    単数形で,単数扱いまたは複数扱いする。    (エスト出版BestAvenue P.366より抜粋)    という知識から、    「かたまりとして見るなら、wereより( )内は複数形になる筈で    あり、答えは audiences 。1つ1つとして見るのなら、単数形しか    ないので答えは audience 。」 ここで答えが audience より、根拠は「1つ1つとして見るから」という事になります。質問は、なぜ「かたまり」として考えず、「1つ1つ」として考えなければならないのか、という事です。 「状況や常識から」というように感覚的に考えるものかもしれませんが、できるだけ論理的に説明して下さい。もし、上記の過程に私の勘違いなどありましたら、どうぞご指摘お願いします。

  • 「数にこだわる英文法」の概念が分かりません

    「I have pen.」では何故ダメなんでしょうか? 「a」があるとないとではどれくらいの違いがでるのでしょうか? また、それは日本語でいうところの何に値するんですかね? 普通名詞の他にも固有名詞や物質名詞があって、不規則に変化するものとかあったり、もう訳わかんないです(涙)。 誰か概念だけでもわかりやすく教えてくれませんかぁ~? ちなみに英語の先生は「確かに英語は数にこだわる文法だよね…ま、そういうもんだと思って丸暗記しちゃえば?」なんて言うんですが(苦笑)。

  • 抽象名詞の量の表現について

    抽象名詞(information、fun、advice 、training 、baseball、etc)は数詞で直接修飾できませんが、数量で表したい場合はどのように表現するのでしょうか?(数量表現の規則とかあれば知りたいです) 例文等で教えて頂きたいです。 又、参考になるサイト等を知っていれば教えて頂きたいです。 物質名詞や集合名詞は数詞で修飾できないですが、単位・形状・容器等を使い数量で表現(a gallon of~・a piece of~・a package of~、etc)出来ますが、抽象名詞だとこれらは適用出来ないと思ったので質問しました。 知見ある方、よろしくお願いします。

  • 抽象名詞を普通名詞にするべきか見分けるポイント:能力の意味のpowerが複数形(長文ですが質問自体は短いです。)

    こんにちは、いつもお世話になります。 今回は自分の考え、悩んだ点を書いていたら、質問文が長くなってしまいました。  『質問自体はタイトルの通り短いです。=======内は、煩わしければ読み飛ばしてください。』 現在、サラ・ウォーターズ著 半身(Affinity)という洋書を翻訳本と共に読み進めています。 その中でこんな文がありました。 原文 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ They mock 『the powers of our media』, they think our media leave their place and walk about the circle in disguise. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ (『』は僕が挿入しました。) 質問(1):タイトルの通り質問は、何故powersとsが付いていのでしょうか? 自分の考え: ================================ sが付いたということは、抽象名詞の普通名詞化がされているのでしょうか? 「チャート式 基礎からの新総合英語」には、 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 抽象名詞もその抽象概念を具現化した行為、事柄、その性質をもった人を表すときなどには、普通名詞として扱われる。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ とあります。 この「事柄」が当てはまっているのでしょうか?  また、似たような文で 「チャート式 基礎からの新総合英語」の例文(これは、普通名詞化されていない抽象名詞で不可算、常に単数扱いの例文) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ He has the wisdom of Solomon. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ とあります。 the wisdom of Solomonが抽象名詞のままで単数なら、the powers of our mediaも抽象名詞のままで単数でも良いのでは?と思ってしまいます。 ================================= どうしてこうなるのでしょうか? 教えてくださいよろしくお願い致します。

  • こちらの名詞の分類は合っていますでしょうか?不可算

    単数形か複数形か、つまり不可算かどうかを勉強するため、名詞の分類をしておりますが、以下で合っておりますでしょうか? 物質名詞: bread, asparagus, broccoli, rice, spaghetti, macaroni, corn, wheat, rye, 抽象名詞: advice(アドバイス), homework(宿題), evidence(証拠), research, news(ニュース), information(情報), data(データ), media(メディア), accommodation, progress, trouble(トラブル), damage(損害), knowledge(知識), technology(技術), traffic, travel, weather, 集合名詞: baggage, luggage, equipment(設備), machinery(機械装置), assistance(手伝い), labor(労働), work(仕事),

  • 不定冠詞[a]についての疑問

    NHKラジオ英会話より It was my first trip to the U.S.,and I had a little difficulty with the hotel shower bath. 初めてのアメリカへの旅行で、ホテルのシャワーつきのお風呂で大変な思いをしたんだ。 (質問1)[a litte]は物質名詞の量の表し方で習いますが、[difficulty]は物質名詞ではないように思いますが、このような使い方があるのでしょうか? (質問2)[take a look][take a close]のようなlook,closeは普通名詞、集合名詞とは違うと思うのですが、不定冠詞[a]をとっています。今まで数えられる名詞ばかりに馴染んできたので奇妙に思えます。アドバイスをお願いします。 質問が上手くまとめられませんが、理解できる範囲で 教えて頂ければ嬉しいのですが、よろしくお願いいたします。 以上

  • シャンプーの数え方 a shampoo

    ある問題集の物質名詞の数え方に関する並べ替え問題で「洗面器には石けん1個とシャンプーが残っていた。」という問題がありました。解答は There left a cake of soap and a shampoo in the basin. となっています。シャンプーは液体なのでa shampoo というのはおかしいのではないかなと思うのですがどうなのでしょうか?手元の辞書によると可算、不可算の両方があるようです。また、a bottle of shampoo と言う表現も見受けられました。この辺のところをどなたか解説お願いできないでしょうか。

  • <固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのか>

    固有名詞にはなぜ冠詞がつかないのかと生徒に質問されることがあります。(話を簡単にするために、デフォルト用法(固有名詞用法)でかつ人名の場合に限定して話を進めます)  不定冠詞の使用に関しては簡単に答えられます。固有名詞は一つしかないものなので数えることに意味がない。だから、数えられるものであることを示す不定冠詞はつかないと言えば十分です。  ところが、定冠詞の場合はそう簡単ではありません。ここで、例えばJohn Smithという固有名詞について考えてみます。John Smithは叙述の際には内包として働きますが、I saw John Smith a minute ago. においては、外延すなわち実物を表します。実物が一つしかないのであれば定冠詞がついてもよさそうですが、実際はtheはつきません。 では、なぜデフォルト用法の固有名詞にtheがつかないのかについてご意見を頂きたいのですが、この質問は現場での実際の指導と関わるものなので、難しすぎる議論は避けたいと思います。 まず、私のやり方を示しますから、それでよいかどうか、またもっと有益かつ簡便な方法があればそれをご教示頂けるとありがたいです。 以前私が採用していたのは、定冠詞が使用されるパターンをすべて示して、固有名詞の場合どのパターンにも当てはまらないことを示すというやり方でした。この消去法的なやり方だとたしかに、固有名詞にtheはつかないと示すことができますが、なぜそうなのかは示されていません。背理法が正しい指導方法として認められるのは数学(高校では論理学は習得対象ではありません)くらいなものです。 ではどうすればいいのかということですが、おそらく、定冠詞の使用パターンをうんぬんする以前の段階を考察すること、すなわち、定冠詞使用の際の根本原則と固有名詞の有り様との関係に焦点を当てることが必要なのではないかと思います。 この問題はおそらく次の問題とも関係があると思います。 A: "I saw John Smith at the station before noon." B: "Really, I saw him / John Smith at the crossroad a few minutes ago." AにおいてJohn Smithが初出のものだったとしても、一つしかないものであるにもかかわらずtheはつきません。なぜなのでしょうか。 おそらく、John Smithは言語共同体の中で、この場合は特にAとBの対話空間において、一人しか存在しないものだと互いに了解ずみなのだと思います。John Smithという名を聞いたBにはその名の人物を思い浮かべることが可能なので、そのため、Aの側があえて定冠詞をつける必要がないということだろうと思います。 また、Bにおいて、John SmithはAにおけるJohn Smithと同一人物なのにhimは使えても、the John Smithとは言いません。なぜなのでしょうか。 一般に、固有名詞を作る時(誰かに名づけを行う時)、名づけ人を含む言語共同体によってその名とその名を授かる人との結びつきを承認します。その時点で、固有名詞は言語共同体内ですでに了解ずみのものとして扱われます。その後、固有名詞が大文字で表記されるようになり、どの共同体においても固有名が実際の使用前にすでに了解ずみのものと見なされることになったものと推測されます。 一方、定冠詞は、(私の見解では)対話空間内で未知のものを既知のものとして、および、言語共同体の言語知識集合内で未了解のものを了解ずみのものとして扱うためのに存在するものだと思います。実際の使用前にすでに了解ずみのものである固有名詞に定冠詞がつくことはないと考えられます。よって、the John Smithとは言えないということになります。 この考えでよいでしょうか。 もう一つの考え方を提示します。 C: A John Smith came to see you. ---普通名詞用法 D: John Smith came to see you. Cにおけるa John Smith は限定詞(ここでは不定冠詞)がついているので客体的なもの(時間と空間を持ち、言語使用者からは隔たりを持つものです)としてとらえられています。DのJohn Smith には冠詞がついていないので、客体的なものではありません。 ということは、John Smith が言語使用者からは隔たりを持たないものであることを示せばよいはずです。  そもそも固有名は誰かによって名づけられるものです。名づけは対象物に対して特別の関心を抱くことによります。名づけは関心ある対象物を記憶にとどめるためでもあります。関心を深く持つとき、対象物に期待や希望を込めることもあります。  (このことは特に人名について言えることですが、地名はどうなのでしょうか。地名はその土地の地形や性質や歴史を解釈し、それを抽象化したものだと思いますが、ただの山やただの木に対して名前をつけることはありません。名をつけることでそのものに対する関わりの深さを表すのではないかと思います。五郎谷、イノシシ山、二本松峠とか---)    あるものに名づけをなそうと思うくらいに関心を持つ時、そのものに対して客体的な(傍観者的な)あり方を取ることはありえません。よって、名づけられた固有名には、それがデフォルトの用法である限り、限定詞(冠詞)はつかないということになります。この考えでいいのでしょうか。 ついでにこの問題と関連して、取り上げておきたいことがあります。 E: "Father has just come home, Mother." において、Motherは呼びかけ語なので話者におって特別の関心を持たれています。よって、無冠詞です。同様に、Waiter. Bring me wine please. おいても無冠詞のwaiterが使われています。 呼びかけの際には、呼びかけ者は相手に特別の関心を払うので、呼びかけ語は固有名詞と同じ働きのものだと思います。 EのFatherもおそらく元は呼びかけ語として使われたものが、こうした形で転用されるに至ったものだと思われますが、この場合もFatherは話者にとって特別な存在です。固有名詞と同じ働きのものだと思います。 F: Santa Caus is coming to town. G: Santa Caus is in flight on his sleigh. Fにおいてtownは話者にとってなじみ深いあるいは親密な場だと思います。Gにおいて flightは主語が現在携わっている行為のまっさいちゅうであることを表しています。これらは固有名詞ではありませんが。固有名詞にtheがつかないのと同じ理由(これらの名詞が客体的な対象物ではない)で定冠詞がついていないと思われます。いかかがでしょうか。

  • この文が訳せません

    ある写真関係の論文なのですが、次の文の意味がわかりません。 Documentary photography in Belgium has received recently a number of strong institutional as well as artistic impulses. まず最初の Documentary photography in Belgium についてなのですが、この文が論文の一番最初の書き出しなので、普通名詞としての「ベルギーにおけるドキュメンタリーフォト」なのか、それとも団体等の固有名詞なのかがわかりません。 またreceived は単に「受け取る」と訳すべきなのか、それともなにかの系譜についてでも言いたいのか? institutional は辞書では「制度上の」のような形容詞としてしか載ってません。 「ベルギーにおけるドキュメンタリー・フォトは近年、いくつかの強力な思想を、芸術上の衝動として受け入れた」 とりあえずこんな風に訳してみたのですが、正しい訳をご指導ください