• 締切済み
  • 困ってます

電気学

括弧内の正しい文語を選択してください。 電気回路の仕組みをエネルギーのやり取りとしてみると分かりやすい。静電場内にある単位電荷が持つ電気的な位置エネルギーを(1 電位 口磁気・質量)と 呼ぶ。その差により生じる電荷の流 れを電流と呼ぶ。受動素子に正弦波状の交流電圧を入力すると(2 応答特性・変動特性・過渡応 答)を 見ることができる。電流を流すと抵抗素子ではジュール熱や光としてエネルギー(電 力)が 消 費されて電圧が降下する。電圧値、電流値、抵抗値の関係はオームの法則に従う。一方、コイル やコンデンサは電流の(3位相値口電圧値・電流値)を ずらす性質を持つ。コイルは(4右ネジロレ ンツ・ファラデー)の 法則に従い、電流が流れると磁場が生じる。磁場を作ることでエネルギーが放 出されるが、電流の向きが変わると磁界の向きが逆転してエネルギーを得る方向に働く。その結 果、正味のエネルギー消費量はゼロとなる。コンデンサでも充電と放電を繰り返すことにより、や はり正味のエネルギー消費量はゼロとなる。従つて、仕事をするのは(5 抵抗ロコンデンサ・コイ ル)の 役目ということになり、その消費エネルギーを(6 無効・有効口皮相)電 力と呼ぶ。受動素子 はいずれも加えられる電圧に応じて電流量を変化させる働きを持つが、エネルギー消費の観点か らは随分と違うところがあつておもしろい。 電流を流れにくくする性質をインピーダンスと呼び、複素数で表す。受動素子を組み合わせた回 路はキルヒホッフの法則に従うので、位相の変化と合わせて、電圧の分圧や電流の分流の計算 を取り扱うことができる。入力電圧の周波数をω、コンデンサの (7 静電容量 口蓄電容量・熱容量) をC[F]と すると、コンデンサのインピーダンスは(3Gω C)・ (1ん ωC))と 表されるので、コンデンサを 流れる電流の位相はコンデンサに生じる電圧の位相と較べてπ/2(9 進む口遅れる・変わらない)。 そのため、フィルターの出力電圧は入力電圧の周波数によって変化する。例えば、コンデンサと 抵抗を直列につないで、コンデンサの両端に生じる電位差を出力電圧(Vo)と すると、(10 高域・中 域・低域)通過フィルタをつくることができる。交流電圧(Vi)を入力すると、電圧比(Vo/Vi)を(1 電 圧利得、電流利得、電力利得)と 呼び、デシベル[dB]で 表示する。利得と周波数との関係を表す図 を(12ゲーテ線図ロボーデ線図・ナイキスト線図)と 呼ぶ。抵抗での電圧降下とコンデンサでの電圧 降下がちょうど等しい場合の周波数を(13 高域・中域口低域)遮断周波数と呼び、卜1/(2π CR)と表 される。このとき入力電圧に対して出力電圧の電圧比は(14 3・ -3・ 1)[dB]で、位相がπ /4[rad](15 進む・遅れる・変わらない)。 抵抗、コイル、コンデンサを直列につないだ回路にキルヒホッフの(10 第一法則・第二法則)を 適 用すると電流と電源の関係を計算できる。交流の周波数が共振周波数の時、ちょうどコイルとコン デンサで生じる電位の位相が逆になつて互いに打ち消すので、結合抵抗が抵抗のインピーダンス と等しくなり、電流値は(1 最少口最大)と なる。この回路を直列共振回路とよび、ラジオやテレビで 特定の周波数帯域の信号を取り出すのに利用される。受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、電圧利得の最大値は(10O・ 1・ 10)[dB]であり、電位が減少することはあつても、増大 することはない。しかし、増幅回路は電源のエネルギーを利用するので、入力よりも大きな電圧を 出力することができる。この場合も電圧比(Vo/Vi)を電圧利得と呼び、最大値から(10 l・ 2・ 3・ 1 0)[dB]減 少した時の周波数を遮断周波数と呼んで増幅回路の周波数特性を表すのに利用して いる。増幅回路の電圧利得が10[db]、 電流利得が10[db]の場合には、電力利得は(1010・ 15・20) [db]で ある。

noname#207920
noname#207920

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数199
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • sirasak
  • ベストアンサー率28% (219/772)

 増幅器のほかにこの質問もされていたのですね。 分かる人が何人いるでしょうか?教科書を良く見て欲しいと思いますが、 私の思う回答は間違いがありますが参考になるかも?  電気回路の仕組みをエネルギーのやり取りとしてみると分かりやすい。 静電場内にある単位電荷が持つ電気的な位置エネルギーを( 電位)と 呼ぶ。 その差により生じる電荷の流 れを電流と呼ぶ。 受動素子に正弦波状の交流電圧を入力すると(過渡応 答)を 見ることができる。 電流を流すと抵抗素子ではジュール熱や光としてエネルギー(電 力)が 消 費されて電圧が降下する。 電圧値、電流値、抵抗値の関係はオームの法則に従う。 一方、コイル やコンデンサは電流の(位相値)を ずらす性質を持つ。 コイルは(ファラデー)の 法則に従い、電流が流れると磁場が生じる。 磁場を作ることでエネルギーが放 出されるが、電流の向きが変わると磁界の向きが逆転してエネルギーを得る方向に働く。 その結 果、正味のエネルギー消費量はゼロとなる。 コンデンサでも充電と放電を繰り返すことにより、や はり正味のエネルギー消費量はゼロとなる。 従つて、仕事をするのは( 抵抗)の 役目ということになり、その消費エネルギーを(有効)電 力と呼ぶ。 受動素子 はいずれも加えられる電圧に応じて電流量を変化させる働きを持つが、エネルギー消費の観点か らは随分と違うところがあつておもしろい。  電流を流れにくくする性質をインピーダンスと呼び、複素数で表す。 受動素子を組み合わせた回 路はキルヒホッフの法則に従うので、位相の変化と合わせて、電圧の分圧や電流の分流の計算 を取り扱うことができる。入力電圧の周波数をω、コンデンサの ( 静電容量 ) をC[F]と すると、コンデンサのインピーダンスは(1/(ωC))と 表されるので、コンデンサを 流れる電流の位相はコンデンサに生じる電圧の位相と較べてπ/2( 進む)。 そのため、フィルターの出力電圧は入力電圧の周波数によって変化する。 例えば、コンデンサと 抵抗を直列につないで、コンデンサの両端に生じる電位差を出力電圧(Vo)と すると、(低域)通過フィルタをつくることができる。 交流電圧(Vi)を入力すると、電圧比(Vo/Vi)を( 電 圧利得)と 呼び、デシベル[dB]で 表示する。 利得と周波数との関係を表す図 を(12ゲーテ線図ロボーデ線図・ナイキスト線図)と 呼ぶ。 抵抗での電圧降下とコンデンサでの電圧 降下がちょうど等しい場合の周波数を( 高域)遮断周波数と呼び、1/(2π CR)と表 される。 このとき入力電圧に対して出力電圧の電圧比は( -3)[dB]で、位相がπ /4[rad](遅れる)。  抵抗、コイル、コンデンサを直列につないだ回路にキルヒホッフの(10 第一法則・第二法則)を 適 用すると電流と電源の関係を計算できる。 交流の周波数が共振周波数の時、ちょうどコイルとコン デンサで生じる電位の位相が逆になつて互いに打ち消すので、結合抵抗が抵抗のインピーダンス と等しくなり、電流値は(最大)と なる。 この回路を直列共振回路とよび、ラジオやテレビで 特定の周波数帯域の信号を取り出すのに利用される。 受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、電圧利得の最大値は( 1)[dB]であり、電位が減少することはあつても、増大 することはない。 しかし、増幅回路は電源のエネルギーを利用するので、入力よりも大きな電圧を 出力することができる。 この場合も電圧比(Vo/Vi)を電圧利得と呼び、最大値から( 3)[dB]減 少した時の周波数を遮断周波数と呼んで増幅回路の周波数特性を表すのに利用して いる。 増幅回路の電圧利得が10[db]、 電流利得が10[db]の場合には、電力利得は(10) [db]で ある。  答えられない問題も多くて自信がなくて間違いが多いので参考までにして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 とても参考になりました

関連するQ&A

  • 直列共振回路の問題

    テストで穴埋めの問題が出たのですが、私の回答が合っているのかわからないので、間違っていたら訂正していただけると嬉しいです。()内が穴埋めの回答です。 抵抗、コイル、コンデンサを直列につないだ回路にキルヒホッフの(第二法則)を 適 用すると電流と電源の関係を計算できる。交流の周波数が共振周波数の時、ちょうどコイルとコン デンサで生じる電位の位相が逆になつて互いに打ち消すので、結合抵抗が抵抗のインピーダンス と等しくなり、電流値は(最大)と なる。この回路を直列共振回路とよび、ラジオやテレビで 特定の周波数帯域の信号を取り出すのに利用される。受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、電圧利得の最大値は(0)[dB]であり、電位が減少することはあっても、増大 することはない。しかし、増幅回路は電源のエネルギーを利用するので、入力よりも大きな電圧を 出力することができる。この場合も電圧比(Vo/Vi)を電圧利得と呼び、最大値から( 3)[dB]減 少した時の周波数を遮断周波数と呼んで増幅回路の周波数特性を表すのに利用して いる。増幅回路の電圧利得が10[db]、 電流利得が10[db]の場合には、電力利得は(10) [db]で ある。

  • 電気回路の問題を教えてください

    次の電気回路の問題が判らないので助言お願いします ・抵抗RとコンデンサCの並列回路に直流電圧100Vを加えると2.5Aの 電流が流れ、周波数50Hzの交流電圧100Vを加えると4Aの電流が流れた 抵抗RとコンデンサCの値を求めろ 抵抗は求められるんですがコンデンサがわからないので教えてください

  • コンデンサと周波数

    はじめまして、私は電気回路の勉強をしているものです。 現在、コンデンサに貯めた電荷を素子に急激に流して、運動エネルギーに変換して 利用しようとしています。  スイッチングする周波数が低い時(100Hz)は十分なエネルギーを得られるのですが、周波数を徐々に上げていくと、だんだんエネルギーが弱くなっていきます。  そこで、高周波(20kHzぐらい)でも、上手くエネルギーを得るためにはどうしたら良いか御教授ください。電圧は200V、静電容量は1000μF,電流は大きい方が良い。

  • 電気回路の問題です。よろしくお願いします。

    下記の問題の解き方を教えてください。 60[Ω]の抵抗と0.1[H]のインダクタの直列回路に振幅40[V]、周波数300[Hz]の電圧源を接続したとき、抵抗を流れる電流の振幅、電流と電圧源電圧の位相差を求めよ。 各周波数が ω=2πf=600π で、合成インピーダンスが Z=√(R^2+(jωL)^2)=√(60^2+(j60π)^2)=60√(1+π^2)∠tan^(-1)π というところまでは分かったのですが、この後の解き方がわからないです。 単純に I=V/Z=40/(60√(1+π^2)∠tan^(-1)π) で解いてしまっていいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 電気回路3

    これは答えだせなかったので参考にさせてください! 抵抗とコンデンサが直列でつながっていてそのコンデンサの先に抵抗とコイルが並列につながった回路がある。 入力電圧が100Vで直列でつながったほうの抵抗が60ボルト、並列部分にかかる電圧が48ボルトの時、入力電圧と全電流との位相差はいくら?

  • 圧電素子のインピーダンス

    圧電素子を駆動させて超音波を発振しようとしています。40V程度の電圧を素子に印加しているのですが、同じ特性の別の素子で発振された音波を受波すると出力される電圧はせいぜい10mV程度です。インピーダンスのマッチングを行っていないために高い電圧を印加しても実際に素子のドライブに使われている電力が小さいのではないかと考え、素子の駆動周波数においての電圧波形と電流波形の位相のずれを調べてみたのですが、駆動周波数では位相が一致していました。この場合この周波数における等価回路を書くとしたら単純に抵抗だけと考えて差し支えないのでしょうか。また位相が一致しているということは素子に印加した分の電力はすべて素子のドライブに使われていると考えてよいでしょうか。 ご存知の方がおられましたらご回答お願い致します。

  • 共振回路が分かりません

    LCを使った共振回路について教えて下さい。 これは、直列にしても並列にしても単純にLによる誘導性インピーダンスとCによる容量性インピーダンスが等しくなる周波数においてインピーダンスが低下する現象であることは分かるのですが、 なぜそれだけでこのような鋭い共振ピークが出るのでしょうか? 共振周波数からずれた周波数であっても単に電圧の位相より電流の位相が遅れるあるいは早いだけでそこまで利得に影響するとは思えないのですが、どうなのでしょうか?

  • 重ね合わせの原理 (電気)は間違っているのでは?

    図の抵抗r1、r2、r3に流れる電流を重ね合わせの原理で導くとします。 電源e1,e2,e3は電圧、周波数が同じで位相が120度ずれているとします。 電源e1に着目する場合、e2,e3は短絡ですから左の三角回路に無限大の電流が流れます。 e2,e3に着目する場合も同じです。結局、抵抗側の三角回路には電流は流れません。 しかし実際は抵抗に電流が流れます。 重ね合わせの原理 (電気回路)は間違っているとしか思えないのですがどうなんでしょうか?

  • 電気回路

    以下の問題の回答において疑問点・確認点があります。 ご教授願います。 問題:20(Ω)の抵抗と未知にリアクタンスを直列に接続し、実効値100〔V〕の正弦波交流電圧を印加した。この時、この回路に実効値2〔A〕の進み電流が流れた。リアクタンスの大きさと、リアクタンスの素子は何かを求めよ。 回答:リアクタンスの大きさXはオームの法則から√(20^2+X^2)=100/2=50→X=46.0〔Ω〕 また、電流の位相角∠I=-∠Zで、進み電流であるので∠Z<0となる。すなわちZ=R-j X=R+(X/j)〔Ω〕でXは容量リアクタンスであるから素子はコンデンサーでなる。 ∴ここで、I,Zは複素数表記。 ここで、オームの法則からリアクタンスX≒45.8〔Ω〕となり理解はできました。 ただ、位相角の回答説明が解りません。 先ず何故電流の位相角を使用するのですか?題意に「進み電流」と示してあるから?電圧の位相を基準に考えるから? 次に「進み電流であるので∠Z<0」とありますが、これだと「∠Zは0より小さい」を意味すると思います。「∠Z」ではなく「-∠Z」ではないのですか?なぜ「進み電流であるので∠Z<0」となるのですか? また何故、上記の理由から「Z=R-j Z」となるのですか? 詳しくご教授願います。 お願いします。

  • オペアンプによる増幅回路について

    はじめまして、貴重なスペースをお借りします。 オペアンプをつかった増幅回路についての課題で 入力電圧を一定にし周波数を上げていくと 電圧利得がさがっていくのはどうしてなのか どなたか教えていただけませんでしょうか。また 同様に周波数を変化させると位相が変化する理由も教えてください。 よろしくお願いいたします。