• 締切済み
  • 困ってます

「愛されし」「愛せられし」

「愛されし」「愛せられし」 という表現に疑問があります。 「愛されし」 については多分、文語のサ変動詞「愛す」から変化した口語五段活用の未然形「愛さ」+連用形「れ」+助動詞「し」と理解していますが、 口語的「愛され」に文語である「し」がくっついた「愛されし」は正しい表現なのでしょうか?? そして「愛せられし」については 一見完全な文語表現のようですが、 「られる」だけが現代語だからか、違和感です。 「らる」ならまだしも。 このような2つの言葉の謎について、どなたか詳しく教えていただけないでしょうか???

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数300
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3

#1です。 >ちなみに参照岩波国語辞典とありますが、回答の全てがそうなのでしょうか?  : 行間開けの有無でお分かりのように、あくまでも仕訳された4.口語体「愛す」(五段)に付加しただけのものです。 しかも「引用」にすると字数が多くなるので、その要約という意味で、より正確には「参照」下さい、としたものです。 一字漢字サ変動詞の活用不安定な現状については「岩波日本語使い方考え方辞典」。 とくにサ変「愛する」には未然と命令形を除外している点にも注目しています。 サ変「愛す」は古来「稚(いとけな)い者への大切心」であった。桃山期に外来のキリスト教での神への愛の影響を受け、やがて江戸期において対等な人間の愛としての用例が育つとともに四段活用「愛す」が拡大してきたといった見方の参考には大野晋「日本語の年輪」新潮文庫があります。 過去の助動詞「つ・ぬ・り・き」が口語では滅びてしまい、大方は「た」で過去も完了も現在の確認も持続も表わすために多くの混乱や誤解が生じやすくなっています。そこで、表現の精度を上げるため、誤解を避けるため、要所要所に古語を導入する用例が残されているといった視点には大野晋「日本語の文法【古典編】」角川書店などを参考にしています。 また、過去の助動詞「き」の連体形「し」の様々な用例・用法については今野寿美「短歌のための文語文法入門」角川学芸出版を参照しています。 そして、古典語の用法については「古語大辞典」小学館を、現代語の用法については「国語大辞典」小学館などに当たっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 是非とも参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 助動詞 き

    助動詞のきは通常、連用形に接続しますが、 カ変、サ変のときは未然形にも接続します。 その時の活用表を教えてください

  • 高校の古文 活用形とか覚える理由

    高校の古文 活用形とか覚える理由 高1で国公立大学を目指しているものですが、 古文のついての質問です。 学校からもらった副教材の表紙に文語動詞活用表や、文語形容詞、 活用表などがのっていました。 そこで質問です。 1、文語動詞活用表に、聞くの活用形が載っていて。 順に、か、き、く、く、け、け、と書いてあります。 このようなものが、他にも、泳ぐや隠す、住む、などの活用 のっていますが、このようなものを暗記しろといわれましたが、 暗記してどうなるんですか? 古文を訳すときにどのように役立ちますか? 2、1、のほかに文語助動詞活用表というのもありました。 る、の場合、未然形から順にれ、れ、るる、るれ、○とかいて ありましたが、同じ暗記しろとのことですが、 なぜですか? たとえば、浦島太郎から引用しましたが、 をのこありけり という文があり、ありはラ変の連用形と書いてありましたが、 これがわかって何になるんですか 他にも。浦島太郎と申してという文では、 申しがサ変の連用形とわかって何になるですか できれば 例文とともに、教えてください。

  • 「き」の上は連用形なのでは

    ・・・踏み落とさんと【せ】{し}に、・・・ という文があり、 {し}・・・過去の助動詞 【せ】・・・サ変の未然形 という説明がありました。(Z会の「古文上達」より) 「き」の上は連用形なのでは。

  • 回答No.2

文語「愛す」の活用は「サ行変格活用」で、 形式名活用形下接語例 未然形あい・せ{ズ} 連用形あい・し{タリ} 終止形あい・す{。} 連体形あい・する{トキ} 已然形あい・すれ{ドモ・バ} 命令形あい・せよ{。} 「自発・尊敬・可能・受動」の助動詞「(ら)る」は、上に来る動詞が 四段・ナ行変格・ラ行変格活用 → 「る」 それ以外の活用 → 「らる」 したがって、「愛す」の未然形+「らる」で、「愛せ-らる」となります。 これに過去の助動詞「き」がつけば、「愛せ-られ-き」で、「き」を連体形にすれば、「愛せ-られ-し」です。 これに対して、現代語的なのは「愛されし」のほうです。 「愛する」はサ行変格活用で、 形式名活用形下接語例 未然形あい・し{ない} あい・せ あい・さ 連用形あい・し{ます/た} 終止形あい・する{。} 連体形あい・する{とき} 仮定形あい・すれ{ば} 命令形あい・しろ{。} あい・せよ 「自発・尊敬・可能・受動」の助動詞「(ら)れる」は、上に来る動詞が 五段・サ行変格 → 「れる」 それ以外の活用 → 「られる」 したがって、「愛する」の未然形+「れる」で、「愛さ-れる」となります。 これに過去の助動詞「き」がつけば、「愛さ-れ-き」で、「き」を連体形にすれば、「愛さ-れ-し」です。 つまり、過去の助動詞だけが文語で、違和感があるとすれば、こちらの方でしょう。 ただ、「愛されし」がこれだけ人口に膾炙してしまえば、むしろ「愛されし」が普通で、「愛せられし」が耳慣れず、違和感が生じてしまうのも、宜なるかな、というところ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

さっそくの回答にとても助かっております。 古語「し」の存在も今となったら受け入れるしかないのですかね~

  • 回答No.1

1.文語体「愛す」(サ変) a.愛せ(未然形)+られ(受身助動詞「らる」の連用形)+し(「き」の連体形) b.愛され(「せられ」の短縮許容形)+し(「き」の連体形) 2.文語体「愛す」(四段) サ変動詞「愛す」「無くす」などの四段化は近世には始まっていたとされます。 出例)「児孫を愛すがごとし」(芭蕉)、「手枕に身を愛す也おぼろ月」(蕪村)。 a.愛し(連用形)+られ(受身助動詞「らる」の連用形)+し(「き」の連体形) b.愛され(「しられ」の短縮許容形)+し(「き」の連体形) 3.口語体「愛する」(サ変) 活用は連用・終止・連体・仮定形に限定(未然・命令形は一般には不備) もし活用させるなら、 a.愛せ(未然形)+られ(受身助動詞「られる」の連用形)+し(古語「き」の連体形) 4.口語体「愛す」(五段) a.愛さ(未然形)+れ(受身助動詞「れる」の連用形)+し(古語「き」の連体形) 参照:「岩波国語辞典」 「き【助動詞】口語の文章中にも、連体形「し」は時々、終止形「き」はまれに、使われる。⇒(自分のよく知っている)過去の事柄を回想して(気取って)言う、(確かに)……た。「幼かり<し>日」「わが恋せ<し>おとめ」「初めに混沌あり<き>」」 「し【助動詞】文語助動詞「き」の連体形が残ったもの。た。⇒多くは雅語的用法。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。とても助かります。 ちなみに参照岩波国語辞典とありますが、回答の全てがそうなのでしょうか?

関連するQ&A

  • 動詞「愛する」の活用の種類は?

    タイトル通りです。「愛する」の活用の種類は何になるのでしょう? サ変もしくは5段だと思うのですが、 サ変だと未然形が「愛しない 愛せない」ではおかしいですし、 5段だと終止形が「愛す」になってしまいます。 どなたか正解をご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

  • どの文章も、未然形の動詞+「~れる」「~られる」?

    1. 「まるで言わされるような感覚」 言わされる・・・サ行五段活用の動詞「言わす」の未然形である「言わさ」と、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」が組み合わさった形である。 2. 「自分の頭の中の曲を再生させられた感じ」 させられた・・・使役の助動詞「させる」の未然形「させ」と受身・尊敬・自発・可能の助動詞「られた」が組み合わさった形である。 3. 「頭の中で発せられた感じ」 発せられた・・・サ変動詞の未然形「発せ」と受身・尊敬・自発・可能の助動詞「られた」が組み合わさった形である。 4. 「視線をそらす行為を止められた」 止められた・・・マ行下一段活用の動詞「止める」の未然形である「止め」と受身・尊敬・自発・可能の助動詞「られた」が組み合わさった形である。 ここで質問です。 「~れる」「~られる」が伴った文章はどの文章でも、 1.~4.の未然形の動詞プラス受身・自発・尊敬・可能の助動詞「~れる」「~られる」と表現されるという解釈は合っているかどうかを教えて下さい。 よろしくお願いします!

  • 日本語の文法について教えてください

    「飛ばす」という動詞を未然形にする場合、「飛ばさない」と「飛ばせない」 ではどちらが正しいのでしょうか?「飛ばさない」だと五段活用で、 「飛ばせない」だと…。やはり動詞の活用型を判別する場合に未然形に直す場合は「Aない」と接続するのが正しいのでしょうか? それと「飛ばす」は使役動詞というものなのですか? また現代日本語の文法についての良いHPをご存知でしたら教えてください。

  • 古典文法 形容詞(ク活用、シク活用)

    こんにちは。 高校古典文法 形容詞の活用 ク活用、シク活用についての質問です。 参考書を見ると、形容詞の本活用(直後に助動詞以外が続く活用)の活用表を見ると、例えば「なし」という言葉なら、 <語幹>「な」 <未然形>「(く)」 <連用形>「く」 <終止形>「し」 <連体形>「き」 <已然形>「けれ」 <命令形>「○」 となっております。 質問(1):ここで、未然形については( )がついていますが、どういうことなのでしょうか?同様にシク活用の「かなし」についても未然形の活用語尾には(しく)と( )がついています。 質問(2):また上記の(く)や(しく)では、この形容詞に続ける言葉として、動詞の場合に続けていた「む・ず」が続きませんが、どういうことなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 文法書を探しています。

    韓国語文法に対し全体を見渡せるような解説を探しています。 何冊かの文法書を読みました、例えば、これは動詞の連体形ですと書かれており、活用の仕方が書かれています。これでは他に何型があるのか分からないのです。 私の求めているのは、韓国語の動詞には、何型と何型と何型がありますと言う説明なのです。動詞に限らず、他の品詞、文章論についても同じことが言えます。 別の言語である日本語を例に出してもあまり意味はありませんが、日本語の文法書には、「口語の動詞には未然形、連用形、終止形、連体形、命令形があります。文語の動詞には已然形、連用形、-----」がありますと全体像が画かれているでしょう。 素人でも購買可能な本がありませんでしょうか。

  • 品詞分解してください

    私たちは山道を歩かされた この文の品詞分解をしていただけませんか。 特に「歩かされた」の「さ」が解りません。 「歩か」が未然形なので、動詞「する」の未然形「さ」ではないような気がします。 使役の助動詞と考えると、「歩く」が五段活用動詞なので、「させる」ではなく「せる」が接続し、「さ」は入りません。 「れ」は受身の助動詞でしょうか? この「さ」は何なのでしょう?

  • 「歩ける」「行ける」「表せる」は文法的には何者?

    動詞を可能形にする時、 「食べる」は下一段活用だから、未然形に、可能の助動詞「られる」をつけて 「食べられる」となり、「食べれる」は間違い、 というのは有名な話ですが、最近ふと思ったのが、文法的に考えると、 「歩く」は五段活用だから、未然形(「歩か」)に、可能の助動詞「れる」をつけて、 「歩かれる」となりそうですが、全く聞きません。(間違ってはいないらしいのですが) 「歩ける」(または「歩くことができる」)しか聞いたことがありません。 しかし、「歩ける」と辞書で引いても出てきませんし、 文法的にも解釈できません。 (「歩け(仮定形)」+「る(古語の可能の助動詞)」?そんなまさか……) 他にも、五段活用動詞の仮定形(-e)と正体不明の「る」を組み合わせることで 可能の意をしめす語がいくつかありました。 これらは一体何者なのでしょうか?

  • 形容詞と動詞で、あとに「ない」がくるときの前の活用形が異なるのはなぜ?

    動詞「走る」に「ない」がつくと「走らない」となり、「走ら」は未然形。 形容詞「美しい」に「ない」がつくと「美しくない」となり、「美しく」は連用形。 この考え方は正しいでしょうか。 また、どうして動詞・形容詞によって「ない」に接続するときの活用が異なるのでしょうか。

  • 国語の文法について

    (動詞の活用) 未然形 -ない -う -よう 例書く:書かない、書こう (形容詞の活用) 連用形 -た -ない -なる 例かわいい:かわいかった 、かわいくない、かわいくなる 未然形と連用形どちらにも(-ない)が入っている 何でか分からないです汗 教えて下さい!!!m(._.)m かわいくないというのは未然形じゃないんですか??

  • 「長たらしむ」の訳し方を教えてください。

    「長たらしむ」の訳し方を教えてください。 「たら」と「しむ」は、完了の助動詞と使役尊敬の助動詞だということはわかったのですが、 そうすると、上の「長」は? 「たら」は連用形に接続すると覚えけど、これは未然形。下にある「しむ」は未然形に接続するからなんだろうけど、長は名詞? どうやって考えればいいですか? それから、「しむ」は尊敬で訳せばいいですか? 使役と尊敬の区別方法がわかりません。 教えてください