• 締切
  • すぐに回答を!

42歳流産5回。妊娠6wでまた流産宣告されました。

  • 質問No.8929525
  • 閲覧数6394
  • ありがとう数3
  • 気になる数2
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

子どもを望む42歳です。
不妊治療を36歳から始めてら5度の稽留流産を経験しています。

人工授精10回、体外受精にも5回挑戦しましたが
胚盤胞を移植しても妊娠できませんでした。
転院も数回しました。

流産した5回の妊娠は全てが35歳から41歳まで
タイミングでの自然妊娠でした。
なぜ、体外受精はダメなのかはわかりません。。

41歳で流産した時、悲しくて辛くて、
体外受精するお金も尽きて、一度は治療を諦めかけましたが
やはり、どうしても夫との間に子供が欲しくて横浜にある
不育症病院で流産の検査をしました。

血液凝固に問題があり、バイアスピリンの服用をしながらトライして、
もし妊娠できたらヘパリン注射をするように言われて、一年がんばって
今回やっとタイミングで妊娠できました。

4w4 妊娠検査での血中hcgは1700と安定して
5w3 胎嚢と卵黄嚢が見え、ヘパリン自己注射を始めて開始しました。

毎日、先が不安で、昨日診察でした。
6w3 胎芽、心拍の確認ができ、

今までの流産は、6~7週心拍確認できない稽留流産だったので
始めて心拍をみて、涙がでました。
しかし、
医師から「心拍が58しかないね。この時期では遅すぎる。
心拍が始まったばかりはゆっくりだけど、、、
おそらく、、時期に止まってしまうと思います、、
流産手術の事を考えておいてください」と言われて

その場では必死にがまんしましたが、電車で泣きながら帰ってきました。
でも、まだ心拍が止まっているわけではない。
母親が先に諦めちゃだめって、思い、
今朝もヘパリン自己注射して。。

数日後には、結果がでる事はわかっています。
怖くて悲しくて、近くに吐き出す場所がなくて
こちらに書き込みました。。

心拍が遅くても復活された方は、いらっしゃるのでしょうか。。

ヘパリン自己注射してもダメで、諦めきれずに
高齢でも妊活をされている方、

42歳以降で流産後に、自然妊娠で出産できた方が
いらっしゃいましたら、
お話おきかせください。

子供が欲しいけど、諦められない。
何とか前向きに妊活できる自分になりたいので
どうかよろしくお願いします。。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (1520/6428)

わたしのことではないですが、他人事ではなく感じています。高齢出産の方のブログを読んだりした知識になります。
質問者さんの状況との違いはわかりませんが、その方の場合は正常卵でなくとも妊娠しやすいようで、すぐに流産してしまう体質のようでした。
質問者さんもかなり妊娠しやすいみたいですね。
正常卵かどうかの検査を海外でしてくれます。
認められた医療ではないようで、やってくれる病院まで行くのに飛行機クラスの移動が必要です。(1~2回必要な時に行けばいいわけではなく、話を聞きに行くだけでも行かねばなりません)

それが数日前、条件付きで臨床開始のニュースが出ました。
着床前スクリーニング、今年から臨床開始だそうです。保険対象外ですが、調べて見るのもいいでしょう。
落ち込む気持ち、痛いほどわかります。
ですが妊娠はピラミッドのようなものだと思います。
質問者さんの場合は妊娠までは行けますから、頂点まで辿りつける確率が高いように思います。
諦めないでいて欲しいです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ