-PR-

百均のネイルについて

百均のネイルについて 百均で売られているようなネイルやネイル落としは他で売られているものとどう違い、安さに伴う危険はあ...

moritaroh さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2015-03-04 00:28:20
  • 回答No.1
moritaroh レベル13

ベストアンサー率 55% (471/855)

特に危険度合いに違いはありませんよ。

百円均一でもブランド品でも、使用されている原料はほぼ同じです。


ただ、ブランド品の方が使用している顔料などの成分比が濃かったりするので、発色が良かったり、塗りムラができにくかったりします。
またパール系の商品だと、パール成分が違ったりしますね。化学合成によってつくられるパール色素の方が多いと思いますが、魚の鱗などをラメやパール粉末状に加工したものを使用しているメーカーもあります。で、おそらく魚の鱗の方が化学合成より希少品で値段も高いと思います…。
そのほか、よくある話で、高級品の方が赤系はコチニール色素(原料は虫)だったり、などなど。

また、ネイルが硬化するのは混ぜられている樹脂が空気に触れて固まるからなのですが、この樹脂の純度や強さが、ブランド品の方が多少は良いと思います。簡単に言えば、百円均一の方がネイルがハゲやすく、ブランド品の方が丈夫、という感じ。


ネイルリムーバーの場合、百円均一の方が人体に悪影響の強い「アセトン」などの含有率が高く、よく落ちるが有害度が高い、と思います。ブランド品などそこそこのメーカー品のリムーバーの方が、爪にも肌にも優しい、と言えますが、しかし結局はネイルが落ちにくいので、長時間リムーバーに爪を浸しておかなければいけないので、ネイル落とし作業が早くて済む百円均一の商品と、有害度合いはそれほど変わらないと思います。
知り合いのネイリストは、リムーバーは百円均一が最高!的な言い方をしていました。自分でスカルプみたいな派手なネイルをやるなら、リムーバーはけっこう大量に使うし、とのことです。また、ネイルのカラーそのものも、ベースコート(爪の保護)なんかは信用できそうだからブランド品、下塗りする色はどうせほとんど見えないから百円均一、仕上げの色はブランド品、ちょっとした飾りは使い捨てだから百円均一、で、最後にトップコートはブランド品、という具合で、使い分けている感じです。


ただ、百円均一でもブランド品でも、やはり人体には有害な成分が含まれています。
http://www.j-poison-ic.or.jp/ippan/M70263.pdf

使い方や保管方法を間違えないよう、気をつけてください。


安さにともなう危険度としては、結局、使用している際はどちらも変わらないと思いますが、もしも何か中毒症状だったりトラブルが発生した場合、ブランド品やメーカー品の方が、消費者センターなどの対応もしっかりしているので安心だと思います。
お礼コメント
je1sse36

お礼率 35% (78/221)

ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
大変分かりやすかったです。参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2015-03-04 00:46:29
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-
-PR-
ページ先頭へ