解決済み

透析液について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.89285
  • 閲覧数1395
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

透析液の塩分濃度を調節して、血液と同じ浸透圧にする為です。

浸透圧が違うと、濃い方(浸透圧の低い方)の溶液に水分が移動してしまいます。

血液より濃い溶液で透析すると血液中の水分が透析駅に奪われ、血液が濃縮して脱水になってしまいますし、逆なら、血液を薄めてしまい、赤血球が溶血したり、心臓に過重な負担がかかったり、体がむくんだりします。

ですから、この希釈割合は非常に大事なのです。
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

慌てて間違えました。m(__)m

濃い方(浸透圧の低い方)→逆ですね、「濃い方(浸透圧の高い方)」です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ