-PR-
解決済み

血栓って? 最大呼吸気量って?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.89224
  • 閲覧数1128
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 45% (18/40)

私は医療系の専門学校に通っています。
今度、レポートを書かなければならないので教えてください。

血栓の成分って何なんでしょうか?

いろいろな本には脂質と書いてあるのですが、それだけとは思えません。

あと、最大呼吸気量の容量が分かる方、いらっしゃったら教えてください。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

最大呼吸気量について。

言葉として意味がよくわからないのは、指摘されている通りです。
最大自発換気量という指標がありますが、これは12秒間、精一杯の呼吸をしてもらい、この量を5倍して、その人の分時換気量の最大量を調べる検査です。

安静時の通常の換気量を一回換気量といいますが、その一回換気量の吐き終わったところから吐けるだけ吐いた量を呼気予備量といいます。
逆に、吸い終わったところから吸えるだけ吸ってもらった量を吸気予備量といいます。
一回換気量と吸気予備量と呼気予備量を合計した量が肺活量です。

人は、吐くだけ吐いてもまだ肺の中には、空気が残っていますがこれを残気量といいます。
肺活量と残気量を合わせたものが全肺気量です。

肺活量や全肺気量は、年齢、性別、身長による予測式があります。これと比較して、その人の値を%表示して、多いとか少ないとか評価します。
いずれにしても、人間でのそれらの最大値は医学関係の本を調べても載っていないでしょう。
ひょっとすると、ギネスブックに出ているかも。
お礼コメント
momota6

お礼率 45% (18/40)

やっぱり、そうですか・・・
いくら探しても見つからないわけですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-15 00:26:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

血栓の方だけヒントを。
字の示すとおりのことですネ。
血管に栓をしてしまうものです。
その大きな原因がアテロームですネ。
でも、それだけではありません。
血小板が多すぎるときに血栓が起こりやすいことはご存知ですネ。
或いは、血栓の予防にジクマロール系の薬剤を使ったりすることもご存知ですネ。
以上kawakawaでした
補足コメント
momota6

お礼率 45% (18/40)

ということは・・・
成分はアテロームと血小板ということで、いいのでしょうか?!
投稿日時 - 2001-06-12 22:32:04
お礼コメント
momota6

お礼率 45% (18/40)

ありがとう。ございます
参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-06-12 21:56:57


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

こんにちは。

kawakawa さんの大事なヒントを見落としてますよ。

よ~くご覧下さい。

ひんと追加。血液には液体の成分と液体じゃない成分がありますよね?

>最大呼吸気量

これどういう意味ですか?言葉として変なんですけど。

考えられる可能性
1,最大呼気量
2,最大換気量
3,最大吸気量

あと・・・まさか4,機能的残気量・・・なんて間違えないよね~?

ひょっとして、5,全肺気量のこと??

いずれにせよ、年齢、性別でまるきり違うので数字は無理です。
お礼コメント
momota6

お礼率 45% (18/40)

ご指摘ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-06-15 00:23:42
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ