• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ゼロ値の多いデータのANOVA

ゼロの多いデータの分散分析についてです。ゼロが多いゆえに、もちろん正規分布していません。この場合はノンパラメトリックの手法を用いれば大丈夫、なのでしょうか??Friedman検定?? 少し細かく書くと、ヒトについてある頻度の低い事象の生起をカウントしたデータがあり、ほぼそれは生じないのですが、ある時ふと生じることがあります。それを2要因(年齢×要因A)で分析したいのです。要因A1のときに高齢者では起きやすいなどの交互作用を得たいです。ただ、おおくのデータがゼロなので、どうしたものかと悩んでおります。どうかお知恵をお貸しください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数322
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

計数データのようなので、ポアソン回帰のような手法の方が適しているのではないでしょうか?

参考URL:
http://www.snap-tck.com/room04/c01/stat/stat15/stat1501.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分散分析の交互作用について

    はじめまして、 SPSSの三要因分散分析についてお尋ねします。 (1) A×B×Cの三要因分散分析を行いました。すべて2水準です。 結果、主効果、交互作用ともに有意さはありませんでした。 (2) 次にA×B×Dの分散分析を同様に行いました。 すると、A×Bの交互作用が有意でした。 (1)と(2)におけるAとBは同じデータなのに、なぜ(2)では交互作用が生じてしまったのでしょうか。 ちなみにA、Bは被験者内要因、C、Dは被験者間要因です。 ご教授の程、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 交互作用について

    二要因の分散分析をしたところ、 要因Aには有意差がでました。 要因Bには有意差がでませんでした。 ところがAとBの交互作用は有意でした。 こういう場合、なぜAとBの交互作用を検討することが重要なのでしょうか? また要因Aに有意差があり=主効果 でよろしいでしょうか? 統計に詳しい人だれかたすけてください・・・。

  • 心理学統計 分散分析について。お願いします。

    心理学統計で困っています。 2×3の2要因分散分析を行おうとしています。 それぞれの要因で主効果が見られ、同時に交互作用も見られたときは、 3水準を有する要因についての多重比較を行うことなく、 交互作用の方の単純主効果を見るだけで良いのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 分散分析の誤差について

    現在,心理学の統計で分散分析を行っています。 1要因に対応が無く,1要因に対応がある2要因の混合分散分析を行っています。(データ数が異なる) 現在使用しているソフトのバージョンでは混合分散分析ができないため手計算を行っています。 そこで問題が発生したのですが,参考書(心理学のためのデータ解析テクニカルブック)を見てやっているのですが, 平方和(SS)の誤差がどうしてもマイナスの値になってしまいます。 主効果の誤差は大丈夫なのですが,交互作用の誤差ででます。 良いのでしょうか? 以前,習った時にマイナスは出ないので出た場合には計算間違いだよ!と言われた気がして前に進めません。 すみませんが,よろしくお願いします。

  • 3要因混合計画分散分析の下位検定、単純主効果の仕方について

    こんばんは。心理実験を行い、データの分析をしている最中です。 しかし、心理統計法については全くの初心者で、ほぼ独学で分析を行っているところなのですが、どうしてもうまく理解できません。 お伺いしたいのは、2点です。 (1)3要因(2×2×8)の分散分析を行った結果、3要因の交互作用が有意に出ました。 しかし、どのように下位検定を行ったらよいのかがわかりません。 手順・方法・記述方法を教えてください。 (2)上記の悩みを解決しようと、ネットや本などで調べていたら、単純主効果とか単純交互作用という言葉が出てきました。 これは、交互作用が出た場合に行うものだということは理解していますが、その方法がわかりません。 有意差が出た部分に、もう一度分散分析をかけて検討し、その中での差をみていくということなのでしょうか。 大変困っています。非常に初歩的な質問で申し訳ないのですが、ぜひともよろしくお願いいたします。

  • 多要因ノンパラメトリック検定について

    現在二値型(0,1)のデータを扱っております。課題に成功出来たか、出来なかったか、に関するデータです. そして、それに対して3要因(被験者内要因2,被験者間要因1)のノンパラメトリック検定を行いたいと思っているのですが、なかなか適当な検定を見つけられないでいます。普通に分散分析が適用できれば簡単なんですが... 多要因のノンパラメトリック検定についてご存じの方、どうぞおひまなときにでも,ご指導よろしくお願いします。

  • ANOVA4の分散分析表の見方

    初めまして!ご覧頂きありがとうございます。 今回、2要因2水準被験者間内混合計画の実験を行い、ANOVA4で分散分析を行ったところ、結果の分散分析表中にerror[S(A)] 、error[BS(A)] という項目がありました。 errorなので誤差かと思ったのですが、S(A)、BS(A)の意味がよくわかりません。 Aは恐らく要因A、Bは要因Bだと思うのですが・・・。 ご存知の方、よろしくお願い致します。

  • 統計学(交互作用に関して)

    以下、二元配置の分散分析に関しての話です。 一般に母分散の推定は σハット^2=(データ-○)^2/N-1 ※○=分布の平均値 なので、「平均が○で分散がσハット^2の分布だな」とイメージできます。 しかし、交互作用の母分散推定に出てくる式は、 σハット^2=(平均値-○)×(平均値-△)+(平均値-×)×…/自由度 ※○△×=各水準の平均値 なので、「平均値がたくさんあって、分散は同一(σハット^2)の分布?」とイメージできません。 質問1:交互作用の母分散推定に出てくる分布は具体的にイメージできる分布ですか? 質問2:なぜ、その式の自由度は(要因1の水準数-1)×(要因2の水準数-1)なのでしょうか?(わたしは、自由度については「全体の数は決まっていて、4つのスペースがある場合、3つが決まると、もう1つは自由に決められない」といった入門書の例で理解しているのですが、さすがに、この場合はこれでは説明がつかないでしょうか?) 以上、宜しくお願い致します。

  • anovaを使った分析方法

    すいません、助けてください。2要因の分散分析です。 4月に新しく塾に入ったA・B両組の学生を対象に、国語と数学のテストを行いました。その後、6月に再度テストを行いました。 A組には、授業に加えて特訓を行いました。(介入有) B組には、普通の授業のみとなっています。(統制群) これで、以下の分析を行いたいのです。 (1)介入効果は、国語と数学のいずれかにでもあったのか? (2)介入しなくても、塾に出ていれば得点の上昇に有意差はあるのか? (3)交互作用による効果? (イマイチよく分かっていません) 要因A:被験者間要因「介入の有無」で(1)ですよね? 要因B:被験者内要因「塾前後」で(1)ですよね? ・水準数に入れる数字はどうしたらいいのでしょうか?  (要因Aには、国語と数学で4? 要因Bには前後で2?) ・次にスコアの入力についてです。  青とピンクに分かれて入力するようになっていますが、  青の中で比較するデータを入力するのでしょうか?  (例.国語の前データ と 国語の後データ)  それとも、  (例.国語の前データ と 算数の前データ)でピンクのところに、  (例.国語の後データ と 算数の後データ)でいいのでしょうか? 分かりにくい書き方で申し訳ありません。 本当に困っています。何卒、よろしくお願いいたします。

  • 分散分析、回帰分析の交互作用について

    分散分析、回帰分析の交互作用について質問させていただきます。 以下、参考書より引用です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 二元配置分散分析の第一要因をU、第二要因をVとするとき、交互作用を以下のように表す。 μ+U_i+V_i   ※i,jは、第一要因がi番目の水準のときの目的変数の期待値を,jはは第二要因のときの期待値を表す。 制約条件はΣU_i=0, ΣV_i=0 同じ状況をダミー変数を使って表す。第一の水準のときは0、第二の水準では1とすると、4つの水準での組み合わせのそれぞれについて、ダミー変数を使った表し方と分散分析的な表現は β_0 と μ-U_2-V_2 β_0+β_1 と μ+U_2-V_2 β_0+β_2 と μ-U_2+V_2 β_0+β_1+β_2 と μ+U_2+V_2 それぞれ等しいとすると、 U_2=(β_1)/2 V_2=(β_2)/2 μ=β_0+(β_1)/2+(β_2)/2 要因の効果は正負はは同じで、単純に2倍の関係になる。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー U_2=(β_1)/2 V_2=(β_2)/2 μ=β_0+(β_1)/2+(β_2)/2 4つの組み合わせから、この上記部分への式変形はどのように導けばよいのでしょうか。 どう理解したら分母に「2」がでてくるのでしょうか。 お忙しいと思いますが、丁寧に解説していただければ幸いです。 よろしくお願いします。