• 締切済み
  • 困ってます

無償減資で地方税の節税ができるか?

資本金が1500万円、繰越欠損金が550万円余りあります。 これを無償減資つまり 資本金 550万円 / 繰り越し欠損金 550万円 これにより、資本金が950万円になりますが 税法上の問題は何もありませんか? 赤字法人なのに地方税の均等割りが高いので何とかしたいのですが・・。 よい方法をご教示くださるよお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数855
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
  • -9L9-
  • ベストアンサー率44% (1088/2422)

減資というのは会社法上の制度で、仕訳は企業会計の技術で、どちらも税法とは別問題です。減資したならその仕訳をするのは当然ですが、仕訳で税金が変わるわけではありません。 均等割の基準は「資本金」ではなく「資本金等の額」です。無償減資した場合の減資額(減資差益)は「資本金等の額」に含まれるので、無償減資しても資本金が減った分が減資差益としてプラスになるだけで「資本金等の額」は変わらず、結局均等割は変わりません。ただそれは税法の話であって会社法に基づく会計とは別問題ですから、仕訳に影響するわけではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 減資ですか。何時やるか、いま・・・ ではないですね。  減資って、何時やるのかというと、繰越欠損があって、単年度で多少利益が出ても配当できないとき、と習った気がしますよ。  オーナー社長でない場合、いつまでも配当できないようなら無能と判断されて、クビになるわけですから配当できない状態はマズい。  減資をして繰越欠損がなくなれば、配当できますよね。もちろん、黒字ならですが。  そして黒字なら法人税が課税されますよね。結局、地方税も増えますよね。  黒字にしなくても、減資は会社の財産の増減を伴わないわけですから、均等割が苦しいという状況に変化はおきないものと思います。  加えて、減資は手続きも面倒で、その結果書類作りに費用がかかりますし、さらに、資本の額は登記事項ですので減資したら登記変更の費用がかかりますよ。司法書士に頼めば、そっちの報酬もかかります。  さらに、資本金が減れば、なにかあったと思われて会社の信用力は落ちます。  とりわけ資本金が1,000万円未満というのは、まずいです。  先年官僚・政治家が舌の根も乾かないうちに、自分たちの恥知らずぶりをさらけだすように制度を変更した(1円でも会社を作れるようにした)のですが、「いやしくも株式会社を名乗るのならば資本金1,000万円くらいは当たり前だ」と言って、零細企業に対して資本金1,000万円以上への増資を「強制」したことがあるのです。  創業以来営業期間の長い会社の資本金は1,000万円以上、です。  ですから資本金が1,000万円に足りてない会社というのは、できたてホヤホヤの会社か、なにかマズい事情があったと疑ってよい会社なのです。  減資はやめることをお勧めします。  赤字などを理由に税金をなんとかできなくするために、均等割は考えられた制度ですから、なんとかする手はナイと思いますねぇ。唯一考えられるのは、正式に会社を潰すことくらいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 先生のお説のとおり私は全株を所有する会社なので『会社を解散』すればよいのですが、あと数年で息子がこの仕事を引き継ぎたいとのことで会社の存続だけをしたいのですが・・。

  • 回答No.1
  • -9L9-
  • ベストアンサー率44% (1088/2422)

>これにより、資本金が950万円になりますが税法上の問題は何もありませんか? 問題とは?仕訳自体は資本取引であり法人税や地方税には関係ありません。払い戻ししない限り資本金等の額も変わらないので均等割にも影響しません。つまり均等割対策にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 ただ呑み込みが悪いのであらためてご確認をさせていただきたいのですが。 この場合、資本金が950万円にならないのでしょうか? つまり、 資本金 550万円 / 繰り越し欠損金 550万円 の仕分けはできないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 会社の減資についての会計処理と税務

    皆様こんにちは。 赤字続きの特例有限会社です。資本金は1200万円、また、繰越欠損金が500万円ある状態なのですが、法人県民税、市民税の均等割を抑えるために、資本金を1000万円以下にしたいと考えております。 このため、減資の手続きをしたいのですが、無償減資をしても、法人税法上の資本金等の金額は減少しませんので、均等割額の額は変わりません。対して、有償減資をしたくても、欠損がでている状態なので会社法上は出来ないようですね。 このまま、欠損金が消えるまで待ってから減資をするしか方法はないのでしょうか。 良い方法がございましたら、何卒ご教示下さい。 よろしくお願い致します。

  • 地方税の均等割の負担を減らすため、減資を行いたいのですが。

     未処理損失が1800万円あり、資本金が2100万円あります。資本準備金、利益準備金はありません。地方税の均等割の負担を減らすため、及び未処理損失額を減少させるため、減資を1000万円行い欠損のてん補をしようと思っています。減資が今期に間に合うとして、均等割の負担は今期分から減らすことはできるでしょうか。  減資は臨時株主総会でできますが、欠損てん補は定時株主総会での損失処理案の採択というステップを踏まないとできないのでしょうか。とすれば、均等割額の減少は来期分からになりますよね。  どなたかご存知の方、よろしくお願いします。   

  • 無償減資 と 無償増資

    株式数減少なしで、株主への払戻し無しの無償減資を考えています。 (資本金から資本剰余金への会計上の振り替え減資です。) 欠損の補填などの減資ではありません。 この無償減資を行うと、その反対の無償増資は出来るのでしょうか? (資本剰余金から資本金への会計上の振り替え増資です。) 無償減資と無償増資を繰り返し何度も出来る場合、その根拠は何ですか?

  • DES 増資 減資

    相続対策でDESを検討している者です。皆様のお知恵をお貸しください。 (前提) 資産5,000万円 負債8,000万円(うち社長借入5,000万円) 資本金1,000万円(株主は社長の息子) 欠損金4,000万円 (1)社長借入5,000万を資本金に振替する ⇒資本金6,000万 欠損金4,000万円 (2)資産に含み損があり、財産評価上の株価がゼロとして、増資分を息子に全部贈与する (3)贈与分を無償減資する  (税務上) 資本金1,000万円 資本剰余金5,000万円 欠損金1,000万円 (4)均等割の増額を回避する為、この状態で5,000万円を有償減資をした場合、みなし配当は生じますか? ※やはり欠損がある状態で減資はできないので、(3)の無償減資のステップは必要ですか? スイマセンうまく説明できませんがよろしくお願いいたします。

  • 資本金の減額(減資)について

    資本金の減額(減資)について 利益剰余金の合計(=利益準備金や別途積立金や繰越利益剰余金の合計) がマイナスでは無い場合、 欠損は無いといってよいのでしょうか? 欠損がない場合でも、 資本金の減額(減資)は出来るのでしょうか? 欠損が無く、 以下の2つ(不等号)の場合、減資可能というか、 関係ないでしょうか? ・利益剰余金の合計>資本金 ・利益剰余金の合計<資本金

  • 減資で均等割の節約

     資本金1200万、資産8000万、負債7500万、繰越利益剰余金-700万、純資産500万の会社ですが法人県民税と法人市民税の均等割を減らしたいので資本金を1000万まで減資しようと思っています。    無償減資では均等割は変わらないそうなので有償減資をしようと思うのですが、 (1)繰越利益剰余金がマイナスでも有償減資はできるのでしょうか? (2)有償減資ができる場合の税務上の仕訳を教えてください  会計上は 資本金200万/現預金200万  税務上は 資本金200万/現預金200万       資本積立金280万/利益積立金280万    *減資資本金額480万(200万+280万)=資本金等の額1200万x払戻により減少した資本剰余金の額200万 ÷純資産価額500万  かなーと考えました。合っているでしょうか? (3)仕訳が合っている場合は別表5の1で利益積立金の増加の欄に280万、資本積立金の減少の欄に280万書いてもよいでしょうか? (4)借方に利益積立金がないので、みなし配当は無いと思うのですがいかがでしょうか?みなし配当以外に個人株主が気をつけることはありますか?   ご存知の方、教えてください お願いします

  • 増資、減資の法人税申告書の書き方

    繰越欠損金をなくすため、同一事業年度で増資し、繰越欠損金と同額を減資をしました。減資差益は「その他資本剰余金」としてB/Sに計上しました。 法人税申告書の書き方についておたずねします。 資本金の増減は別表5-1のII資本積立金の欄に「その他資本剰余金」(2)(3)(4)を記入。 繰越損益金26は (1)=(2) (4)=(5) と記入。 別表5-1の I利益積立金と別表4の検算をしたところ一致しません。繰越欠損金填補額(2)と同じ額が違います。 記載例をさがしましたがみつかりません。申告期限が迫っていますので、どなたかご指導お願いします。

  • 会社法における有償減資

    会社法の施行により有償・無償減資の区分が無くなり、いわゆる有償減資ができなくなってしまいました。この有償減資と同等のことをするためには、 (1)資本金の額の減少→剰余金へ (2)剰余金の配当 としなければなりません。 また、当社では純資産額が300万円以上ありませんので、剰余金の配当もできません。 ◆ここで質問なのですが、このようなケースでは資本金をいわゆる有償減資の形で実行することは不可能でしょうか? 結局、減資の目的は均等割課税を避けるためです。現在資本金:1,100万円、資本積立金額0円です。これを資本金1,000万円まで引き下げたいということです。

  • 会社の減資の会計処理について教えて下さい。

    皆様、おはようございます。 社員1人の有限会社です。 資産合計が約900万円、負債が約200万、資本金が1300万、繰越損失金が約600万です。売掛金などの債権はなく、負債は社長からの借入です。 税務上の資本金等の額を1000万円以下にしたいので、減資をしたいと思うのですが、この時の会計上と税務上の仕訳を教えて下さい。 まず無償減資で、 (資本金)600万 (資本剰余金)600万 (資本剰余金)600万 (繰越利益剰余金)600万 そして、有償減資で (資本金)300万 (現金)300万 ということでよろしいのでしょうか。 それとも、無償減資の段階で、利益剰余金をプラスとして発生させないと、有償減資も出来ないのでしょうか。正しい方法があれば、ご教示下さい。 よろしくお願い致します。

  • 減資について教えてください

    先日、総会の案内が来て下記のような決議案がきました。 (1)資本金の額減少の内容   (1)減少する資本金の額     資本金の額32,867,519,712円を30,829,140,705円減少し、2,038,451,007円とする   (2)資本金の額減少の方法    払い戻しを行わない無償の減資とし、発行済株式総数は行わない (2)資本準備金の減少    資本準備金8,217,000,000円の全額減少 とありました。減資の理由としては、累積損失の一掃です。尚、赤字会社によくある減資のあとの増資案は第3者割り当ても含めありません 発行株数は変わらない減資をすると株価はどうなるのでしょう。 ちなみにこの株は4月に入り10%近く上がっております。