• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

センター物理 仕事 再

図のように傾角60°の斜面と傾角3斜面をそれぞれの下端B,Cが同じ高さになるように、なめらかな曲面でつなぐ。 傾角30°の斜面上の端Cからの高さがHの点D'に質量mの小物体を置いて静かに離すと傾角60°の斜面上の端Bからの高さがh'の点A'まで上昇した ただし重力加速度をg、小物体と2つの斜面の間の動摩擦係数を共に√3/6とする。 問 h'はいくらか 解説 D'→C→B→A'の移動の各区間での重力と動摩擦力が小物体にする仕事の和をW[D'→C],W[C→B],W[B→A']としてW[D'→C]=mgH/2,W[C→B]=0,W[B→A']=-7mgh'/6となる。 端D'と端A'で小物体の運動エネルギーは0であるから、仕事と運動エネルギーの変化の関係によりW[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=mgH/2-7mgh'/6=0 よってh'=3H/7となっていたのですが 仕事と運動エネルギーの変化の関係により W[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=mgH/2-7mgh'/6=0の部分なんですが、この式はD'からA'までした仕事の合計が0である事を意味しているのですが、D'とA'の運動エネルギーが0だったら仕事の合計が0になるんですか? D'での力学的エネルギーをE[1],A'での力学的エネルギーをE[2]として、D'からA'の間で動摩擦力のした仕事の大きさをWとすると E[1]-W=E[2]となって変形するとE[1]-E[2]-W=0ですよね、E[1]-E[2]はD'とA'は共に運動エネルギーは0なので位置エネルギーの変化量ですよね、定義から位置エネルギーの変化量=-(重力のした仕事)ですよね。-Wは動摩擦力のした仕事ですよね ですからE[1]-E[2]-W=0は-(D'からA'まで重力のした仕事)+(D'からA'まで動摩擦力のした仕事)ですよね。ですから和では無くて差が0となってしまうのですが、どこが駄目なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数183
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

まとめてお答えします。 >外力をF(x) (ベクトルです)とすると外力の仕事Wは >W=∫[初め→終わり]F(x)・dx 仕事ってF(x)xじゃないんですか? 違います。上の式が正しい仕事の式です。 経路が一直線で力の向きが一定の場合W=F・⊿x (Fは力のベクトル、⊿xは変位ベクトル)となります。 >W=∫[初め→終わり]F(x)・dx=∫[初め→終わり]ma・dx/dt*dt 右辺はdtで積分しているのに何で左辺は∫[初め→終わり]F(x)xdtじゃないんですか? これは単に置換積分しただけ。積分する変数を変える数学的な処理です。 物理を突っ込んで勉強するなら数学も使いこなせるようにしましょう。 ∫[初め→終わり]F(x)xdt この式の意味はなに?仕事を時間で積分してなにか意味あるの? ∫[D'からA'のx座標]maxdt=∫[D'からA'のx座標]Fxdt ⇔∫[D'からA'のx座標]m×dv/dt×dt=∫[D'からA'のx座標]Wdt ⇔∫[D'からA'のx座標]mdv=∫[D'からA'のx座標]Wdtとなって良く分からない式になるんですが、何が駄目なんでしょうか 仕事を時間で積分して意味あるの?何か得られるものがあるならいいが単なるお遊びのような気がする。 それと2段目の左辺、xが消えてる。そのため左右で次元が違い数学的以前に物理的に意味をなしていない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

後尾返答有難うございます

質問者からの補足

>経路が一直線で力の向きが一定の場合W=F・⊿x (Fは力のベクトル、⊿xは変位ベクトル)と>なります。 今回の場合D'からA'は一直線上ではないので単純にxを掛けるというわけにはいかないというわけですね、そこで力のxの関数F(x)を横軸にxを取って縦軸に力Fのグラフで初めから終わりのx座標での力の値を積分すれば仕事が求まるわけですね 後の式は理解できました、確かに成り立っていますね F(x)というのは綺麗な関数ではなくてその時その時のxで力の大きさを求めてグラフにするという感じですよね

関連するQ&A

  • センター物理 仕事

    図のように傾角60°の斜面と傾角3斜面をそれぞれの下端B,Cが同じ高さになるように、なめらかな曲面でつなぐ。 傾角30°の斜面上の端Cからの高さがHの点D'に質量mの小物体を置いて静かに離すと傾角60°の斜面上の端Bからの高さがh'の点A'まで上昇した ただし重力加速度をg、小物体と2つの斜面の間の動摩擦係数を共に√3/6とする。 問 h'はいくらか 解説 D'→C→B→A'の移動の各区間での重力と動摩擦力が小物体にする仕事の和をW[D'→C],W[C→B],W[B→A']としてW[D'→C]=mgH/2,W[C→B]=0,W[B→A']=-7mgh'/6となる。 端D'と端A'で小物体の運動エネルギーは0であるから、仕事と運動エネルギーの変化の関係によりW[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=mgH/2-7mgh'/6=0 よってh'=3H/7となっていたのですが 仕事と運動エネルギーの変化の関係により W[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=mgH/2-7mgh'/6=0の部分なんですが、この式はD'からA'までした仕事の合計が0である事を意味しているのですが、D'とA'の運動エネルギーが0だったら仕事の合計が0になるんですか?

  • センター物理 仕事 再再

    図のように傾角60°の斜面と傾角3斜面をそれぞれの下端B,Cが同じ高さになるように、なめらかな曲面でつなぐ。 傾角30°の斜面上の端Cからの高さがHの点D'に質量mの小物体を置いて静かに離すと傾角60°の斜面上の端Bからの高さがh'の点A'まで上昇した ただし重力加速度をg、小物体と2つの斜面の間の動摩擦係数を共に√3/6とする。 問 h'はいくらか 解説 D'→C→B→A'の移動の各区間での重力と動摩擦力が小物体にする仕事の和をW[D'→C],W[C→B],W[B→A']としてW[D'→C]=mgH/2,W[C→B]=0,W[B→A']=-7mgh'/6となる。 端D'と端A'で小物体の運動エネルギーは0であるから、仕事と運動エネルギーの変化の関係によりW[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=mgH/2-7mgh'/6=0 よってh'=3H/7となっていたのですが 運動エネルギーの変化=物体にくわえられた外力がした仕事を証明していただいたのですが その証明方法と言うのが 外力をF(x) (ベクトルです)とすると外力の仕事Wは W=∫[初め→終わり]F(x)・dx (dxはベクトル,・は内積の記号) 運動方程式からF(x)=ma (aは加速度ベクトル)であり、積分する変数をxから時刻tに変換するとW=∫[初め→終わり]F(x)・dx=∫[初め→終わり]ma・dx/dt*dt ここでdx/dt=v (vは速度ベクトル)a=dv/dtですので W=m∫[初め→終わり]dv/dt・v*dt=m∫[初め→終わり]vdv=(1/2)m{v(終わり)}^2-(1/2)m{v(初め)}^2 となります。 という事だったのですが、F(x)=maの所の加速度は位置によって変わるのでa(x)としないといけないんじゃないですか?ですからdx/dt=vの所もv(x)としないといけないのではないですか?

  • 仕事とエネルギーについて

    「なめらかな斜面がある。小物体を手で力を水平右向きに加えて斜面をゆっくり上らせた。このとき、小物体に働くすべての力がした仕事はいくらか?」 解答を見ると、「物体の運動エネルギーは、外力にされた仕事の分だけ変化する。小物体の運動は常にゆっくり行われ、その早さは0に等しく小物体の運動エネルギーは常に0であるから、小物体の運動エネルギーは外力に仕事をされても変化しなかったことになる。よって小物体が全外力にされた仕事の和は0」 となってします。 運動エネルギーが変わらないのは納得できますが、明らかに位置エネルギーは増加しています。された仕事が0だとするとこれは力学的エネルギー保存則に反しないのですか? 位置エネルギーが増加しているので、小物体がされた仕事は正のような気がしてなりません。 教えてください。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

#5です。 式を間違えた。 W=m∫[初め→終わり]dv/dt・v*dt=m∫[初め→終わり]v・dv=(1/2)m{v(終わり)}^2-(1/2)m{v(初め)}^2 最後から2個目のところで"・"を入れ忘れた。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

D'からA'までの外力の大きさをFとしてD'からA'までの変位をxとするとD'からA'までの外力のした仕事はFxじゃないんですか? 運動方程式よりma=Fなので、両辺にxを掛けてmax=Fxこの両辺をxで積分すると ∫[D'からA'のx座標]maxdt=∫[D'からA'のx座標]Fxdt ⇔∫[D'からA'のx座標]m×dv/dt×dt=∫[D'からA'のx座標]Wdt ⇔∫[D'からA'のx座標]mdv=∫[D'からA'のx座標]Wdtとなって良く分からない式になるんですが、何が駄目なんでしょうか

  • 回答No.5

>なるほど、運動エネルギーの変化が0だから右辺は重力のした仕事と動摩擦のした仕事の和なんですね、これは定義として覚えるしかないんですか?証明はできますか? これもエネルギー保存則です。 重力を外力の一つとしてとらえ、位置エネルギーというものを考えないとこの形になります。 簡単に証明します。 外力をF(x) (ベクトルです)とすると外力の仕事Wは W=∫[初め→終わり]F(x)・dx (dxはベクトル,・は内積の記号) となります。 運動方程式から F(x)=ma (aは加速度ベクトル) であり、積分する変数をxから時刻tに変換すると W=∫[初め→終わり]F(x)・dx=∫[初め→終わり]ma・dx/dt*dt ここで dx/dt=v (vは速度ベクトル) a=dv/dt ですので W=m∫[初め→終わり]dv/dt・v*dt=m∫[初め→終わり]vdv=(1/2)m{v(終わり)}^2-(1/2)m{v(初め)}^2 となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

>外力をF(x) (ベクトルです)とすると外力の仕事Wは >W=∫[初め→終わり]F(x)・dx 仕事ってF(x)xじゃないんですか? >W=∫[初め→終わり]F(x)・dx=∫[初め→終わり]ma・dx/dt*dt 右辺はdtで積分しているのに何で左辺は∫[初め→終わり]F(x)xdtじゃないんですか?

  • 回答No.4

#3のものです。 >運動エネルギーの変化=物体にくわえられた外力がした仕事で考えるとD'とA'で運動エネルギーの変化は0なのでD'からA'まで動摩擦力のした仕事は0になりますよね、 ほんとに#3の内容を読みましたか。そんなこと書いてない。 ここでいう外力は、内力以外のすべての力。つまり重力、摩擦、垂直抗力などのすべての力が物体に対してしている力の大きさです と書いています。外力とは重力と摩擦の両方。重力と摩擦の仕事の合計が運動エネルギーの変化になる。摩擦だけの仕事ではない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

なるほど、運動エネルギーの変化が0だから右辺は重力のした仕事と動摩擦のした仕事の和なんですね、これは定義として覚えるしかないんですか?証明はできますか?

  • 回答No.3

>結局W[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=0となるのは何で分かるんですか? これってD'からA'までの重力と動摩擦のした仕事の和ですよね、何で和が0になると分かるんですか? これは 物体の運動エネルギーの変化=物体にくわえられた外力がした仕事 だからです。 左辺は力学的エネルギーではなく運動エネルギーであるというのがみそ。 ここでいう外力は、内力以外のすべての力。つまり重力、摩擦、垂直抗力などのすべての力が物体に対してしている力の大きさです。今回の場合、物体は面に対して平行にしか動いていないため垂直抗力の仕事はゼロ。重力の摩擦のした仕事の和が運動エネルギーの変化となっているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

運動エネルギーの変化=物体にくわえられた外力がした仕事で考えるとD'とA'で運動エネルギーの変化は0なのでD'からA'まで動摩擦力のした仕事は0になりますよね、 でもW[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']はD'からA'までの重力のした仕事と動摩擦力のした仕事の和ですよね、動摩擦力のした仕事が0でも重力のした仕事が0で無かったらW[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']は0にはならないんじゃないんですか?

  • 回答No.2

#1の補足に対して >変化量は符号を含んだ値だと聞いたので、最初の値から後の値を引いて負の値だったらそれが変化量なのではないのですか? 違う。 #1でもいったが物理学における変化量の定義は (後の状態の物理量)-(前の状態の物理量) だ。 符号とか、大きさとか一切関係ない。上の定義が全てだ。 定義に疑いなどもつな。受け入れろ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

結局W[D'→C]+W[C→B]+W[B→A']=0となるのは何で分かるんですか? これってD'からA'までの重力と動摩擦のした仕事の和ですよね、何で和が0になると分かるんですか?

  • 回答No.1

>E[1]-E[2]-W=0は-(D'からA'まで重力のした仕事)+(D'からA'まで動摩擦力のした仕事)ですよね。 違います。 >E[1]-E[2]はD'とA'は共に運動エネルギーは0なので位置エネルギーの変化量ですよね まずここが違う。 物理で変化量、という場合は必ず (後の状態の物理量)-(前の状態の物理量) とします。これを逆にしています。 つまり E[2]-E[1] が位置エネルギーの変化量なのです。質問者の式は符号が逆です。 そのため式の符号が一部逆になってしまっているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御返答有難うございます

質問者からの補足

変化量は符号を含んだ値だと聞いたので、最初の値から後の値を引いて負の値だったらそれが変化量なのではないのですか?

関連するQ&A

  • 仕事の問題についての

    水平面から30度をなす摩擦のある斜面上に、質量2.0kgの物体を置いたところ、物体は斜面に沿って4.0m滑り落ちた。このとき、重力がした仕事、動摩擦力がした仕事、および垂直抗力がした仕事を求めよ。ただし、物体と斜面との間の動摩擦係数を0.10重力加速度を9.8m/sへ2とする。           この問題の途中式などを入れたかいせつをお願いしたいです。

  • エネルギー

    高専の物理より… 傾角30°の粗な斜面上に、質量3.0kgの物体を置き、静かに滑らせたところ、斜面上を6.0m滑り落ちるのに2.0秒かかった。 物体に働く摩擦力は一定であるとして、失われた力学的エネルギーが摩擦によって熱に変わるとすると、何calの熱が発生するか。 ただし熱の仕事当量を4.2J/calとする。 自分は最初にこの物体の位置エネルギー(U=mghより)を出して、仮にこの位置エネルギーがすべて運動エネルギー(K=1/2mV^2・K=Uと仮定する)に変わっているとしました。 その後に、実際の速度との差分を出してまた(K=1/2mV^2)より再びエネルギに変換しました。 でも、そうすると答えが1.82calになってしまいます。 本当の答えは8.1calなのですが… どなたかよろしくお願いします。

  • 物理の問題教えてください。

    水平面と45度の傾きをなす、摩擦のある斜面ABがある。BはAよりもh高い位置にある。 質量mの物体を上端Bに静かに置いたところ、すべり出してAに達した。 物体と斜面との間の動摩擦係数をμ´、重力加速度の大きさをgとして、次の問いに答えよ。 (1)物体Aに達するまでに動摩擦力によってされた仕事  答えーμ´mgh (2)物体Aに達したときの速さ  答え√2gh(1-μ´)    √以降の文字列も√の中に含みます。 予習なのですが、解き方が分かりません。 解き方を教えていただけないでしょうか。

  • この問題が分からなくて困っています。。。

    この問題が分からなくて困っています。。。 質量Mの物体Mと質量mの物体mを糸でつなぐ。 Mを水平面に置き、手でおさえておいて、右図のように糸をなめらかな滑車にかけ、mをつるす。 手を離すと、Mとmは動き出す。mがhだけ落下いた時の速さを求めよ。ただし、Mと面との間の動摩擦係数をαとする。 mは、位置エネルギー+運動エネルギーで、 1/2mv(二乗)-mgh  …A Mは、運動エネルギーで、         1/2Mv(二乗)     …B この二つのエネルギー量の差が摩擦がした仕事なので A-B=―αMgh だと思うのですが・・・ 回答だと、 B+A=-αMgh となっています。 どうしてもよく理解できないので教えていただきたいです。

  • 位置のエネルギーについて

    位置のエネルギーについてどう考えますか? 重力による位置エネルギーを考えます。 質量 m の物体を基準面よりhだけ高いところへおくと、 位置のエネルギー mgh が考えられますね。 このとき、基準面から物体を移動することを考えると、 物体に働く力は重力 mg と上に移動させるための F(=mg)の力が鉛直上方に必要となります。 仕事を考えます。 Fのする仕事は mgh です。 説明ではこれが位置のエネルギーとなる とあるのをよく見ますが、 しかし、同時に重力による仕事は -mgh で相殺されて0になります。 したがって、物体にされた仕事の総和は0です。位置のエネルギー mgh はどこから供給されたといえるでしょうか。 ちなみに、水平方向に運動する物体の運動エネルギーでは、した仕事が 運動エネルギーの変化分になります。物体にされる仕事の総和は 0ではありません。 また、位置エネルギーが蓄えられているのはどこに? 物体ですか?それとも重力場ですか?どう考えられますか? 運動エネルギーでは物体に蓄えられていると言っていいと思いますが・・・。

  • 力学的エネルギー保存則?

    高3です 力学的エネルギー保存則についてあまり理解ができてません・・・。 使い方はなんとなくわかり、 摩擦、抵抗が無いときは力学的エネルギー保存則が適応できて、運動エネルギーと位置エネルギーの和は一定である というものを利用して問題が解ける。という風に丸暗記というか操作の方法だけ覚えています。 なぜか・・・ というのがいまいち分かりません。 例えば高さHのところから高さhまでの斜面に質量mの玉を転がしたら、mgH=1/2 mv^2+mgh でhの時点の速度が求まる。まぁmは結局消えるから速さは質量によらないということもここから分かりますね・・・。 一応知識としてはこれくらいは分かっているつもりなのですが、「エネルギー保存則=位置エネルギー+運動エネルギー」がなぜそうなのかというのがいまいち分かりません。 なんか2つが別々のようにおもえるのに足すということがあまり理解できないというか・・・。 2つの和が一定ということは、位置エネルギーが変化したら運動エネルギーが減るってことですか? 位置が高くなったらその分運動エネルギーが減る?? そもそも「運動エネルギー」とは「動いている物体は他の物体に力を及ぼして仕事をすることができるのでエネルギーを持っている」と言え、それを運動エネルギーといっているのですよね。 位置が高くなったらエネルギーも蓄えられそうですが、これって、斜面を転がっていてボールのスピードが加速してる・・・ けど上り坂になる(位置エネルギーがあがる)と玉のスピード(運動エネルギー)が下がる。 というイメージでいいのでしょうか? 教科書にも定義みたいのことしか書いてなく、イメージがつかめないので勝手に想像してみました。こういう理解でいいのでしょうか?アドバイスおねがいします・・・ m(。。m

  • 物理I 仕事とエネルギー
図のように,水平面と

    30°の傾きをなす斜面(高さhの上部半分はなめらかで,下部半分は摩擦がある)上に,質量mの小さな物体を静かに置いたところ,高さhですべり下りた。重力加速度の大き さをg,物体と下部半分の斜面との間の動摩擦係数を2√3分の1とする。速度,加速度は斜面方向の下向きを正とする。また,物体の前面が下部半分の斜面に入った瞬間から,一定の動摩擦力を受けるものとする。
(1)下部斜面で物体の受ける動摩擦力の大きさはいくらか。
(2)なめらかな上部斜面における物体の斜面方向の加速度および,摩擦のある下部斜面におけるその加速度はいくらか。
ここで高さhをすべり下りたとき,
(3)物体に働く重力のした仕事はいくらか。
(4)物体に働く垂直抗力のした仕事はいくらか。
(5)動摩擦力のした仕事はいくらか。
(6)物体の斜面方向の速度はいくらか。

 それぞれの問いの答えをお教え下さい

  • 仕事とエネルギーの問題について

    質量mの物体が傾きθの粗い斜面を高さhだけ滑り下りるとき、次の力がした仕事を求めよ。 ただし、重力加速度をg、動作摩擦係数をu、斜面の長さをlとする。 1.垂直抗力のした仕事 2.動摩擦力のした仕事 という問題がよく分かりません。 分かる方、分かりやすいように説明してくれたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 重力のした仕事と位置エネルギーの関係

    次のケース1について、お伺いします。 基本的な内容なのですが、困惑しております。どうかヒントを下さい。 (ケース1) 地表(高さ0m)にある物体(質量 m)を高さhまでもっていきます。 すると、物体はmghの位置エネルギーをもちます。 ところでこの位置エネルギーは、重力(-mg)のする仕事と関係があるかと思います。 しかし重力のする仕事は、-mghと負の値です。 重力のするこの負の仕事と位置エネルギーをどう結びつけて考えるのかが分かっておりません。 また、物体を高さhに持っていくには、重力に逆らう上向きの力が必要で、重力と大きさが同じで 向きが異なる力F (= mg)という力でhまでもって行ったとします。 Fのした仕事は、mghで正ですが、すると物体は正味でゼロの仕事(Fのした仕事+重力のした仕事 = 0) を受けたことになり、地表にあったときとエネルギー状態が変わらないことになってしまいます。 しかし実際は、位置エネルギーmghをもっているはずです。 たとえば、 (ケース2)として、最初物体が高さhにあったとし、地表に落ちていき、地表に着く直前の速さを求める、という 場合は、 1/2mv^2 = mgh と求められますが、右辺は位置エネルギーとも見えますが、重力のした仕事で、 重力のした仕事が運動エネルギーに変わったとなり、とても分かり易く納得がいきます。 ケース1をよく説明する方法を教えて頂きたく、どうか宜しくお願い致します。

  • センター物理の力学の問題

    駿台のセンター模試で こんな問題がありました。 図のように水平な床の上に質量Mの台を置き、 台の上端から質量mの小球を静かに離したところ 小球は斜面を滑り降り、台の下端に達した。 下端から測った上端の高さはh 重力加速度はg 小球が上端から下端に達するまでの間に 大から小球にはたらく垂直抗力がした仕事Wを表す式として正しいものを選べ。 という問題があり 答えは W = 1/2mv^2 - mgh でした。 でももともと位置エネルギーmghを持っていて それが最終的に運動エネルギーと垂直抗力の仕事になって mgh = W + 1/2mv^2 と思ったのですが どこが違うのでしょうか だいぶ致命的なミスだということはわかってて悩んでます よろしくおねがいします。