• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

Aさんの畑(斜面)とBさんの宅地の境界線は?

早速なのですが、よろしくお願いします。 Aは畑で登記された斜面の土地を持っていて、斜面を降りたところに3段ほど石垣が積んでありました。そこから下は平らな土地でBの土地家屋があります。 Bは以前、Cからその土地を農地として買いました。後に宅地に変更されたようです。Cは「石垣が境界線だ。」と言っています。 そう言われBも納得しているようです・・。 でも、境界線は法務局の図面などをも用いたりして決めなくてはいけないと言う様な事も聞き、 当事者間で納得すればよいと言う物でも無い様ですし・・。 そして、質問なのですが、こういった場合は斜面の上下が、7対3、6対4(定かではないんです。忘れました。すみません。)で下がBの物にもなるとも聞いたのですが、本当ですか? 実は、Bが、勝手に石垣をどけてしまい、斜面を引っかき土を流してしまい困っています。最悪の場合、土砂崩れのようになってしまいそうです・・・。それはおそらく大丈夫だとは思いますが・・・。上に墓地があり(勿論そこは農地ではないです。)斜面も畑として使用していない為、はたから見ると墓地に見えるところです。斜面もかなり急で20代の私でもやっと草むしりをしているような急斜面です・(なぜ、農地?) 境界線は難しく、土地家屋調査士や司法書士、法務局、などに依頼しなくてはいけない場合があることもここを見て分かりました。役場で聞いてみたものの、曖昧でした・・ 実は石垣が勝手にどけられた為、斜面の崩れが心配で石垣、もしくはコンクリートで下を以前のように固めたいと思っているのですが・・。境界線が難しくて・・・。 ご存知の方、お詳しい方は是非アドバイスをください。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1749
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

現実的には当事者同士のみで土地の境界問題を解決してしまうケースが多々あることと思います。 しかし本来、土地の境界線は、地勢の変更や当事者たちの協議によって決定するものでありません。 当該土地が属する区域によって様々ですが、分筆登記、区画整理・土地改良事業もしくは明治初期の地租改正等によって引かれた最初の境界線が唯一の境界線と言えます。 法務局、官公庁その他に分散保管されている可能性がある資料の調査分析や 現地の調査測量、利害関係人の現地立会などのかなり専門的なプロセスを経て 境界確定・境界復元がなされることになります。 現時点のみならず将来にわたっての境界紛争防止のために、土地境界の専門家である 「土地家屋調査士」に相談されることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門家の方からのアドバイス大変ありがたく思います。 >当事者たちの協議によって決定するものでありません。 そうですよね・・・。根本的な解決には繋がらないことですものね・・・。 現在は境界線確定よりも元からあった石垣を原状回復させることを優先したいと思います。 そうしないと、斜面が崩れてしまうので・・・ それでは問題でしょうか? 境界線は、石垣が元通りになってくれさえすればいいと思ってしまっています。 測量は相手もいることですし、なかなか進まないと思います。 土地家屋調査士に依頼すればよいのでしょうが、 境界線は動くわけでもなさそうですし、 A(質問では字数制限の関係から省いたのですが、うちのことです。)の墓地、畑は売る予定もないし、 石垣を元に戻すことを相手が約束したので、まずは原状回復を優先したいと思います。 役所には足を運んだのですが、法務局にも行ってみようと思っています。 またなんでもご存知のことがありましたら、アドバイスいただけたら幸いです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 隣の家との境界線

    私の家との隣の家が最近立て替えるので取り壊しました。 その際に隣の家が境界線の上に立っていた塀を取り壊し、 その際に塀の下にあった境界線を抜いたらしいのです。 親の代の頃に隣の家が境界線に塀を自分のところでお金を出すから 立たせてほしいといってきたのですが、 壊してから塀の外側までが自分達の土地だと主張してきました。 その塀の両端は塀を建てた後でこちらで境界線まで新たに塀を立てそれが残ったままになっています。 隣の家の立て替えている建築会社にクレームを入れたところ 地籍測量図からではよくわからないとのらりくらりとかわされので こちらも法務局で公図と地籍測量図を取り寄せ詰め寄りましたら、 土地家屋調査士で測量しますと態度を急変させました。 相手の会社で土地家屋調査士をいれ先日測量が終わりました。 結果は後日立ち会っていただきますとのことですが、 相手側で頼んだ調査士を信用してよいものなのでしょうか? また、境界線の杭を抜いたことは刑法の262条では犯罪みたいなのですが、 隣人以外に抜いた業者も同罪になるのでしょうか? また、違反だと通報するのはどこになるのでしょうか? ちなみに私周辺のところは昭和40年代に区画整理が終わり、 地籍測量図でも細かい値まで出ています。 よろしくお願いします。

  • 境界線のトラブル

    皆さんのお知恵の程お願いします。 土地の境界線のご相談なのですが・・・隣地の花壇が境界線が登記よりこちらに約40cm程入っている事でトラブルとなり隣地立会いのもと市役所に再度測定くい打ちをお願いしたところ隣地は『法的根拠がないと認めない』とその地点を認めませんでした。(隣地の土地が少なくなるため) 現在の測定距離と登記図面とでは明らかにこちらが少なくなっています。しかも隣地の味方の土地家屋調査士?と名乗る男が来て『そんな民事的な事を市役所に頼むのはおかしい。民間の土地家屋調査士でやるべき。そもそも地球は動いており過去に登記した図面等全く関係がない』と説教されました。更にその土地家屋調査士は名刺も一切出さず散々こちらが悪いと文句を言われ困っています。果たして本当に調査士かどうか・・・・ この場合はちゃんとした土地家屋調査士又は弁護士に相談しないとならないでしょうか? 恐らく隣地は調査士、弁護士が来ても『その地点は認めない』と言うと思われます。 土地家屋調査士+弁護士であれば強制的にその地点を認めさせる事が可能なのでしょうか? それと強制的に認めさせた場合その花壇を撤去する強制力はあるのでしょうか? 何卒宜しくお願いします。

  • 土地の境界線問題で悩んでます。

    土地の境界線問題で悩んでます。 以前隣人が当方が思う境界線より外側に塀を作ったため揉めていたのですが、 隣人が3年ほど前に引っ越し、 最近になり土地の売却に伴い測量するので境界線の確定を申し出てきました。 どうなっているのか確認のため地積測量図で調べてみたら登記されておらず、 実地でも特に印はありません。 ただ公図を測ってみると塀の造られている部分はどうも筆界を越えておりましたが、 塀は造られて20年以上経っているため、 おそらく時効取得になると思っております。 現状では隣人は立ち会いは民民での境界線確認を求めてきており、 当方としては後でまた揉めると困るので、 官民での境界線確認をお願いしようと思っておるところです。 ここで質問なのですが、 ・隣人宅は二方が密接した家屋に囲まれており、そういった場合でも土地家屋調査士は筆界と一致する調査は可能なのでしょうか? ・官民の場合の依頼の場合は土地家屋調査士に測量する費用を当方が負担しなければならないのでしょうか? (ちなみに当方は自分の土地を測量する気はないです) ・もしその塀の部分が時効取得されていた場合は先方に登記のやり直しを依頼できるのでしょうか? ちなみに隣人は税理士なので法知識には長けていそうで大変困っております…。 以上三点ですが、足りないところがあれば後で加えます。 宜しくお願い致します。 ・ 私としては第三者

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • aaa999
  • ベストアンサー率23% (130/557)

>石垣を勝手にはずすことは当然犯罪で警場察も介入する場合もある様です。 ●境界を破壊することは下記の罪に問われます。 >Bは「その様にしてくれればいい。立ち会わなくても前の通りにしてくれればよい」と言って逃げました。工事費はうちが持つんですけどね(苦笑Bは後ろめたさがあるようです。 ●復元工事費は全額Bに請求しましょう、負担をしなければ警察に告訴する事も仄めかせましょう。 先ず、損壊された石垣の証拠写真は最低限必要です。 Cさんの証言も大切です。 刑法(境界損壊) 第二百六十二条の二  境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに警察に被害届けを出すことは可能らしいのですが、もう疲れてしまいました。 それに、石垣をはずしたのは結構前のようです。 うちは家とお墓が離れているので、毎日見に行くわけにはいかなくて・・・。それで気づいてみたら・・・。 と言う感じです。 墓地の斜面は急なので下まで降りられないし、Bの家の敷地から覗かないと見られない様になっているんです・・・。今回はうちとの境のことや植木のことをあまりにも理不尽な物言いで向こうが言ってきた為、今回ばかりはと思い確認したところ発覚しました。 それに、うちの周りみんなそういう人ばっかりなんです。 自宅の周りも・・・。うちのはなれに隣の家のひさしが伸びていて雨とゆ(?)を付けてくれないものですから、うちの離れの壁がモルタルなので土台のコンクリートや柱まで4月に腐りました・・・。それも実費で直しました・・・。でも、15万くらいで直ったかな・・ 直すのは近所の大工さんだから安くしてくれます。 そういうものではないんだけど・・・。 その家はじいさんで(もう70はすぎてる脳梗塞で先月入院。となりに息子は住んでいる。) 話になりません・・・ 少しの実費で済むならばそれで済ませてしまったほうが楽です・・・そう思うのはいけないし、情けないことだとは思いますが、疲れてしまいました。 アドバイスいただいて心から感謝しています。 話し合いをしたときにはそれを録音し、証拠写真もCさん立会いの下押さえたので、もし相手がごねたら突きつけようと思います。 頂いたアドバイスの内容は正当なやり方ですが、なかなかそれに応えられなくて申し訳なく思います。 それでも、一応は警察にも相談してみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • aaa999
  • ベストアンサー率23% (130/557)

石垣が土地境界線という実態は数多く見られます、そこで問題が発生するのが石垣がどちらに帰属するのかという事です。 一般論ですが、普通境界線の石垣は段差上部に位置する土地に帰属します。 水田の場合は段差上部と下部の土地の境界線(畦畔)は上部の水田(石垣の底部)に帰属します。 理由は水稲を栽培するには水を溜める必要がある為です。 実際の境界は石垣の底まで掘削しなければ判りません、一般的に石垣が傾斜している為です。 今回も上記の理由を考慮すれば、畑地の耕土が流失しない為に設けた石垣と考えるのは妥当と思えます。 Aの土地及びBの土地の土地共分筆されていない(一般的に測量図が無い場合が多い)、若しくは国土地籍調査(正確な測量図が作成され調査済みの標識が設置)が完了していない場合は旧来の公図が法務局に備え付けられていますが此の図面は見取り図ですので形状が判る程度です。 境界線の決定は法務局は関与しません、登記手続きに誤りがないかどうかの判断のみです。 境界線の決定はあくまで当事者間で決定されるものです。 今回の場合は冒頭に述べた様に石垣がどちらに帰属するかを決定すれば自ずと境界線が決まる案件です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス有難うございます。理解を示して戴けて安堵しました。境界線を決めるのは難しいようです・・今は勝手にはずされた石垣を元通りにすることを優先したいと思います。他で調べたのですが、石垣を勝手にはずすことは当然犯罪で警場察も介入する場合もある様です。 Bは勝手に石垣をはずしたので、元通りに戻す費用は請求したい位です。 野良猫を殺すと言い農薬を塗った食物をお墓の周りに置いたり、母がうちの土地に花を植えていたら「植えるな」と言い、反論したら黙りこみ逃げました。そのくせ、後日行くとうちの土地に紫陽花の大株を6植えていました。問い詰めたら「奥さんが紫陽花が好きだから植えさせて貰った。」との事です・・。 うちの地所だと言うことは認識は?と言うと「分かっている」と言い逃げました。 Bの土地の元の持ち主Cが証明に入り助かりました。Cがいなければ、3段ほどの石垣が在った事も証明できなかったし、逃げられて終わりだったかもしれません(まだ大きな石は残っています。運べる石を運んだのでしょう)Cさんが話し合いに入って下さって、「この土地をBに売るまではここに石垣があった。この石垣はAのもので斜面を崩れないようにする役割を持つと同時に境界の役割も果たしていた。元通りに戻す工事をするべき、工事の際はBの土地から工事を出来るように取り計るのが当前。工事の費用も本来Bが持つべき。工事の際は立ち会え。」 と言って下さり、Bは「その様にしてくれればいい。立ち会わなくても前の通りにしてくれればよい」と言って逃げました。工事費はうちが持つんですけどね(苦笑   Bは後ろめたさがあるようです。 法務局ですが、役場で見てコピーした公図が大まかなんです。それは役場の人も言っていました。うちはバーバパパみたいな形になっているのに(すみません、それ以外思い浮かばなかった・・)かなりの鋭角な二等辺三角形のように書いてあるんです。 以前、東電が工事をする為にその付近を測量に来たので教えて貰ったので、そこははっきりしています。今回のところは逆の方なのですが・・・鋭い二等辺三角形を縦真っ二つに割った形で半分ずつ墓地・畑と書いてあるんです・・ありえない。その大まかが詳しく書いてある図があるのが法務局だと役場で聞いたので、一応足を運ぼうと思った次第です^^難しくて大変です・・・有難うございました。

  • 回答No.3
noname#11476
noname#11476

このような場合はまず土地家屋調査士に依頼して境界を画定します。 AさんBさん立会いの下確定させ、境界杭を設置します。 ただ当事者間に争いがあり確定できない場合は、裁判所に確定してもらうことになります。 土地の境界は単にA,B両人が同意すればよいものではないので、両人が合意しただけではだめなのです。 必ず土地家屋調査士による地籍測量図を登記することが求められます。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりそうですよね・・・。 当事者間で決めてもAやBが後に土地を売ったりした時など、また問題がおきますものね。 根本的な解決にならないですよね。 土地家屋調査士ですか・・・面倒ですね・・・ 今は石垣をはずして斜面の崩れを引き起こしたBさんに対して、怒り心頭というか・・・ その上Aの土地に勝手にあじさいを植えています。 しかも、つい最近。Aには「境界線付近にはAの土地でも植えるな」というのにです・・・ それはAが抗議しBもやり込められていますが・・・ Bは独創的というかなんと言うか・・・ 野良猫やねずみを殺すといって食べ物に農薬を塗ってAの土地に置いておきます。犯罪ですね・・・それも。 Aの土地は実質的には墓地、使っていない土地なので、そこにすんでいない為石垣がどけられたなど、逐一確認できないのが現状です・・・ 今回は、境界線(大事なことですが)よりも、石垣の目的の為の原状回復を主として話を進めて行きたいと思っています。もし、境界よりはみだしていたら現状回復しなくてはいけないことですが、土砂崩れ防ぐためにはどうしようもなくて・・・。とりあえず、元通りにして欲しいと思います。もしも、おそらくありえないことですが、石垣より手前がBのものであるならば、その斜面の一部分はBが管理しなくてはいけないことですよね? 今回Bがしでかしたことではありますが、その費用は変人のBさんに出してもらうのは無理と判断し、Aの家が負担します。 BはCさんに、「石垣が境界」と言われた為、 そして、石垣を勝手にどけたということや、今までの自分のしてきたことを指摘された後ろめたさからか、今のところおとなしく、「石垣は現状回復してよい。」と言っています。 疲れてしまいました・・・。ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • mm5
  • ベストアンサー率42% (61/145)

境界をはっきりさせたいのであれば測量をして、AとB立会いのもとしっかりとした境界を出したほうが後のトラブルがあった場合の為にもよいかと思います。 登記されている面積と実際の面積があまりにも違いがあると問題ですし(1~2m2位の誤差はどこでもあるようです)測量士や土地家屋調査士に依頼されたほうがよいかと思います。 費用を掛けたくないのであれば役所に行って土地の境界の座標などが記載された図面がある(境界間の距離が記載されたもの)のでそれをとってきてAとB立会いのもと境界の確認をされてみてはいかがでしょうか? 民地と民地の境界は所有者間で納得していればそれでいいので難しく考えることはありません。(役所は立ち会いません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございます。 測量ですか・・・結構かかりますね・・・ 役所に行って図面を見せてもらいコピーをしたのですが、それがまたおかしなことが書いてあります・・・ 絶対に畑としては使用できない土地なのに・・・ 畑で登録してありました・・・なんででしょうか・・・? >民地と民地の境界は所有者間で納得していればそれでいいので難しく考えることはありません。(役所は立ち会いません) そうですか・・・。ほっとしました。 困るのは石垣を勝手にはずされてしまったことなんですよね・・・そこが教会だったことはBさんの土地の元の所有者であるCさんが証人になってくださっているのでBも納得はしているようです。 それならば、石垣の残っている場所を元にB家にあまり膨らまない形で石垣を立て直しても問題ないですね・・・。ありがとうございました。

  • 回答No.1

>当事者間で納得すればよいと言う物でも無い様ですし・・ 公図や17条地図よく間違っているのでお互い納得いけばいいのです。トラブルになれば裁判所で調停ということになりますが結局、最後にはお互いの納得しかないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 経験者の方ですか。うちの場合もかなりの勾配がある場所(しかも、そこは古墳だったらしく、刀が出たらしいです。ひいおじいさんの代)に畑を作る訳ないのに、畑になってるのはおかしなことですよね・・・ 斜面と言うか、高さ5mほどのがけと言った感じなんです。 やはり公図が間違っているのでしょうか? 昔のもので和紙に鉛筆で書いてあります。 かなり大まかです。その土地は全体、縦に長い形です。今回問題のところと逆の方は、細長く窄まっていく様な土地なのですが、まるっきり鋭角の鋭い二等辺三角形の様に書いてあります。 間違っていたり、大まか過ぎるのかもしれませんね。 トラブルは、Aの土地を自分の庭のように使おうとしたり、変なものを置いたり、石垣を崩したりなので、犯罪に近いと思います・・・。 裁判所に申し立てる前にこれ以上続くようならば警察に訴えでようと思います。警察もわからないけど・・・。 近いうちに法務局へも行ってみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 土地の境界線

    平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか? 元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。 知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

  • 境界線の主張はどこまで?

    以前の古家は、隣家と壁を共有していたため、 私が新築を建てる際(6年前)に、共有していた柱の中心を境界線に決め、 今後のこともあり、家屋調査をしてもらい境界抗を立てました。 近々その隣家を工務店が購入し、 大規模な改装を行い、売りに出されるそうです。 そこで問題なのが、 今まではこちらの都合(新築)もあり、 柱や壁の養生が境界線から越境していても 何も文句はありませんでしたが、 その隣家が売買されるとなると、 その改装を機に、すべてを境界線内に収めてほしいのですが、 法的には主張できることなのでしょうか? 身も知らない方が購入されることになりますので、 今後のこともあり、 境界線の問題を納得がいく形にしたいと思います。 隣家の土地は狭小地。 そしてかなり痛んでる二階建て家屋ですが、 新築はないと思われます。

  • 境界の資料

    今度、土地家屋調査士のかたに直接会って、現在もめている境界のことをご相談しようと思っているのですが、その時、どんな資料を持っていけばいいのかわかりません。今から用意しようと思っています。今現在手元にあるのは、現場の写真、それから、建売を買ったときに土地家屋調査士が作成した土地の測量図だけです。 あと、何を用意しておけばいいのか教えていただける助かります。近々、法務局へも行ってくるつもりなので。。。

  • 畑の境界線ぎりぎりまで掘って土壌を混ぜられてしまうのを防ぎたいです

    父が大事にしている畑の隣地は20年来相続の関係で荒れた土地で放っておかれていました。最近大手不動産会社が集合住宅とその駐車場を建築中です。その建築車両が畑に入り、大事に耕してきた土壌が踏みつぶされてしまいました。父は苦情を申したところ、私の帰省中に作業服の方が菓子折りを持ち、踏み荒らしすみませんでしたが、畑の地下に支柱を埋めさせて欲しいと言ってきました。菓子折りも持って帰ってもらい、支柱の件を断った翌日、背広の男性が手ぶらで現れ、車両はうちの車両とは限らないし、境界線ぎりぎりまで掘るとおたくの土壌も削られることもありますが、こうやって言いに来るだけ他社よりマシだと言うのです。父にとっては大事に耕してきた土地と荒れた土地の土壌がまざるのは許し難いことです。横柄な不動産会社員にも呆れてしまいますし、どうにかならないものでしょうか?

  • 段々畑の境界線の草刈

    段々畑の隣家との境界線が土手になっています。 その土手部分の草刈は、どちらの家がやるのでしょうか? 片側は川なのでその手前まで草刈を私がしています。 反対側は、U字溝があるので、そこまでは私が草を刈っていますが、U字溝より上の隣家の人は土手部分の草を刈ってくれません。(U字溝は土地改良区のものです) 役場は、上側の人が刈れば良い(その土手は上の人の所有地なので)といいますが、上の人は、「昔から、土手部分は、下から10分の3は、下の人が刈るというルールがある」と言います。どのように解決したらよいでしょうか? (下の土手は、すべて我が家が刈っています。上の10分の3と下を全部、私が刈る必要があるのでしょうか?)

  • 土地の境界線

    先日、裏のお宅の建て直しに伴い、境界線を決める立会いをしてほしいとの依頼があり立ち会いました。事前に法務局にうちの地籍測量図があるか確認に行きましたがありませんでした。 ただ、調査士の方から、買った当初の書類と実際の土地を比べると、うちの土地が15平米減って裏のお宅の土地は増えているとのことでした。東京で15平米は大きいですよね。 調査士の方からは、何か買った当初の測量図はないかと聞かれましたが、それらしきものはありません。同時に時効なのでどうにもならないとも言われました。 そうは言っても、そう聞いた以上は何ともすっきりしません。 このまま判をつくのも・・・と、いった気持ちです。 固定資産税も今まで多く払ってきたのに・・・馬鹿みたいですよね。 裏の方は、早くハンをついて欲しいのだとは思いますが・・・。 こういった場合、ちゃんとした境界線を調べることはできないのでしょうか? また、減ってしまっている土地は戻ってこないのでしょうか? あと、これは誰にどうやって相談すれば良いのでしょうか? どなたか、お分かりになる方がいたら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 境界線の杭について

    どなたか 詳しい方が居ましたら よろしく お願いします このたび 相続が発生しまた 相続すべき土地(畑)の現状を 確認に行くと境界線の杭が無くなっていました ちょうど隣接地のAさんが農作業に来ていましたので 確認をしたところ畑を耕しているうちに 無くなってしまったと言うのです 数年前に土地の一部を市道路を作るということで 役所に売った時に 隣接地の方立会いのもとに何本もの杭を 打ったのですが、その時の杭が一本も無いのです (相続する土地は地Aさんの土地を挟むように 左右に在ります)また、どう見ても境界線を越えて 作物を作っているようです つまり、相続すべき二つの畑どちら側も Aさんの土地に隣接していて 二つの畑どちらも杭が一本も無いのです 当方は、畑は作っていませんので何時から 杭が無くなっていたのかも確認が取れない状態です 被相続人も急に亡くなったもので何も聞いておらず 境界線の確認も出来ない状態です また、Aさん宅の増築の際も 隣接地の境界を越えて(道路部分)  建物を建ててしまったと Aさんのご近所の方に聞きました 相続物件の測量図(道路を作った時の物) が手元にありますが このままの状態にしていても大丈夫でしょうか? 杭の復元をする場合には 20万以上の金額が かかると測量士さんに言われましたが この場合 Aさんに費用を請求できるのでしょうか? 一筋なわでは いかない相手だとは思いますが 出来れば 事を荒立てずに済ませたいと思っています 何方か よいアドバイスをお願いします

  • 境界線が間違っている様です。最善策を探しています。

    5年前にS不動産を介して、3つ並んだAさんの土地を2つ買いました。 購入した土地は一カ所、境界杭や引照点がありませんでしたので、契約時と家を建てる際の2度境界線の確認に立ち会い、私たちなりに納得していたのですが… 先日、Aさんが土地管理を新たに任せたT不動産がやってきて、「残りの土地が売れそうなんですが、うちで測量してみるとお宅が10坪ほど境界線を越えているので改めて測量してください」と言われました。 こちらが間違っている事が前提の内容でしたので「まずは不動産のプロ同士でいきさつを確認して欲しい」と伝えたところ、Tさんは同業者であるSさんとのイザコザを避けたい事、話がこじれて契約がまとまりそうな相手に悪印象を与えたくない事を理由に、「土地所有者のAさんへ再測量と境界線の変更手続きをしてもらう」と言って帰っていきました。 「それが穏便に解決する方法」とも言っていました。 確かに測量結果によっては境界線を訂正するのがスマートに思えます。 ですがその結果によって我が家の所有地が増える=税金が増えるということ(金額にかかわらず)ですし、お返しするとなっても金銭的負担を考えると正直なところ腑に落ちません。Aさんも思わぬ苦労かと思います。 果たしてTさん側の主張が正しかった場合、上の提案は最善の解決策なのでしょうか。 今後、両不動産や土地家屋の専門家とも会っていきます。 落ち着いた話し合いができるように、アドバイスをお願いいたします。

  • 住宅の境界線について

    棚田のような住宅地に建つ私の家に関する質問です。 近々、私の家の裏(上)の空き地に住宅が建つそうなのですが、先日、その調査に来た司法書士に「境界基準をはっきりさせてください」と言われました。 しかし、私の家と新しく家が建つ土地との境界線は、石垣によってわからなくなっています。(その石垣は空き地の所有者が何十年も前に作ったものです)しかも、長い年月を経たせいか、石垣が少しずつ私の家の方にズレてきていて、ただでさえあいまいなのに、余計基準がわからなくなってきています。 基準がわからないのは、裏(上)の空き地の土地所有者のせいだと思うのですが、、、私の方で基準をはっきりさせないといけないのでしょうか? また、今後トラブルをかかえないために、何か、今のうちにやっておくべきことはあるのでしょうか? どなたかお分かりになる方、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 境界線問題

    境界線問題 はじめて質問させて頂きます。 境界線問題の質問なんですが、約7年前に3方(南、東、西)に家が隣接する中古の物件を購入しました。隣接する3方全ての土地との区切りはブロック1列で区切られており、仲介不動産の話では、3方全てのブロックの外側が今回購入する土地にふくまれますとの事でした。購入の際、後に境界線の問題が発生しないように、ブロックの外側、内側を明確にしておく必要があるかと思い、購入の際、3方の所有者へ『ブロックの外側が当方の土地に属する』といった書類に署名捺印をもらい書面として残し購入しました。 購入し約7年が経過し昨年、中古の家屋を壊し、新築しました。 先日、東側住民と話をしていた中で、このブロックは、昔、親(現在90歳くらい)が設けたブロックらしいと言い出しました。当方が購入した土地の前所有者は既に亡くなり証明する人物は東側住民の親一人しかいません。 現在はまだ、境界線闘争といったトラブルにはなっていませんが、購入前に残した書面捺印の書類は有効なのでしょうか?今後のために皆様からの回答アドバイスがいただけたらと思います。

専門家に質問してみよう