• 締切済み
  • すぐに回答を!

放射線の種類と撮像素子(CCD、CMOS)の関係

放射線にはα線、Β線、γ線、中性子線などありますが、 それぞれカメラの撮像素子(CCD、CMOS)に対してどのような 影響があるのでしょうか。 α線やβ線はちょっとしたことで遮蔽できますが、γ線、中性子線は そうはいかないと思います。なので、特にγ線、中性子線と撮像素子への 影響の関係が知りたいです。 詳しい方、どうか教えてください。

noname#245948
noname#245948

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2324
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.2
  • Tann3
  • ベストアンサー率51% (707/1379)

 そもそも、CCDもCMOSも、半導体の「光電効果」により、光を電気に変換して撮像素子として働きます。  ご存知のとおり、放射線の中では「ガンマ線」が光と同じ電磁波であり、従ってCCDもCMOSも原理としてガンマ線に対して反応します。(同様な原理を利用して、「半導体型放射線検出器」というものもあるくらいです)  このガンマ線は、映像としては「ちらちら」というノイズとして影響します。その画像を撮影した瞬間に、ガンマ線を検知した画素に「光」があるかのようなノイズが乗るわけです。福島の原発内部で撮影した映像などに、「ちらちら」と点滅したように乗っているノイズがガンマ線によるものです。  また、アルファ線、ベータ線は「荷電粒子」なので、CCDやCMOSの中を通過すれば「電離」作用によって「光電効果」と同じように電気信号が発生しますが、質問者さんのおっしゃるようにCCDやCMOSに達する前に空気やカメラの胴体などによって十分に減衰させることが可能ですので、実質的な影響は小さくできます。  アルファ線、ベータ線がCCDやCMOSに当たった場合の影響の仕方は、ガンマ線の場合と基本的に同じです。  中性子線は、普通の空間には存在しません。存在するのは、原子炉などの「核分裂」は発生しているところなどに限られます。  中性子の存在しているところにCCDやCMOSの撮像管を置けば、CCDやCMOSを構成するシリコンの原子核や軌道電子を跳ね飛ばして電離し、やはり「光電効果」と同じように電気信号が発生します。また撮像管だけでなく、周辺の構造物(カメラの胴体やレンズなど)と中性子が反応して電子や電磁波を出しますので、そういったものもCCDやCMOSで検出されることになるでしょう。影響の仕方は、ガンマ線の場合と基本的に同じです。  なお、中性子が一番反応しやすい元素は、中性子と同じ質量の原子核を持つ「水素」です。中性子の遮へいには、水素を多く含む「水」が使われます。その意味で、CCDやCMOSよりも「人体」と反応しやすいので(人体の70%は水)、無人カメラならともかく、カメラマンはそんな場所に近寄らない方がよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 撮像素子って・・・?

    デジカメの撮像素子ってどういう意味ですか? 1/2.5と1/2.7はどちらがいいんですか? 今使っているカメラは1/2.7型CCD総画素数200万画素で買おうか迷っているやつが1/2.5型CCD総画素数710万画素なんですがどう違うんですか?教えてください。

  • 撮像素子とは数が多い方がきれいなのですか??

    Everio GZ-MG47 撮像素子 1/5型CCD Everio GZ-MG67 撮像素子 1/3.9型CCD 「 1/5型CCD 」というのは何ですか????? 数が多い方がきれいなのでしょうか???それとも画質が悪いのですか。 教えてください。よろしくお願い致します。

  • 放射線って色々種類があるようですが、

    wikipediaで次の放射線について調べてみました。 α線、β線、γ線、X線、中性子線、宇宙線 γ線の説明には「DNAを傷つけることによる発がん作用などがある」とありました。 wikipediaの説明にはありませんでしたが、中性子線もγ線と同様の効能があると認識しています。 そこで、質問です。 (1)医療機関で受けるレントゲン検査は、γ線及び中性子線を放出するのでしょうか? (2)ラドン温泉からは放射線が放出されてるそうですが、これにγ線や中性子線は    含まれるのですか? (3)高高度を飛ぶ飛行機では、宇宙からの放射線が強くなると言いますが、γ線や    中性子線も強くなるのでしょうか? (4)高高度では放射線が強いのに地上では低いのはなぜですか?     空気層の影響ですか、地球の磁力の影響ですか? 以上、ご教授のほど、宜しくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

照射量やエネルギーにも寄るかと思います。 ガンマ線だと、低線量だと画像へのノイズ、線量が増えると素子へのダメージ(結晶欠陥の発生)につながり、 中性子だと、シリコンに吸収されて元素変換(リンかな)して、やはり素子へのダメージに繋がるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • 携帯電話カメラの撮像素子について

    最近は携帯電話にも1000万画素超えのカメラがついてたりして カメラ機能をウリにしてる製品が増えてますが、 製品の仕様書・マニュアルを見ても、撮像素子についての記述があまりないですね。 CCD/CMOSいずれも撮像素子のサイズが記載されてなかったので各キャリアに問い合わせてみたのですが、メーカ側で非公開情報になってるらしく回答をもらえませんでした。 僕は趣味でデジ一眼レフを愛用してまして(APS-C1020万画素CCD)、カメラとしてのレベル・性能に撮像素子のサイズは結構大事だと思うんですが、 なぜ携帯電話のカメラでは非公開情報になってるんでしょうか? なぜカメラ機能をウリにしてるのに公表してないのか、ご存知の方いらっしゃいましたら御教え下さいませ。

  • コンパクトデジタルカメラの撮像素子に付いて

    コンパクトデジタルカメラの撮像素子に付いて デジカメの性能に関係するCCDの大きさが、最近小さくなって来ているのは何故ですか CCDを小さくすると薄く出来ると言うことは聞いたことが有るのですが 1/2.33サイズのCCDを使うレンズ口径が大きく前に出ばった昔ながらのデザインのカメラも発売されています CCDの異常からリコール、無償修理などの話も以前よく聞かれました。 CCDは製造が難しく、高価なものなのでしょうか 微々たる差なのかもしれませんが、昔搭載されていたCCDの方が大きいのです

  • 撮像素子の大きなデジカメを捜しています、ご存知の方助言よろしくお願いします。

    デジカメの購入を考えています、撮像素子の大きなカメラが良いとききました、撮像素子の数の多さではなく大きさが大切だとか! ご存知のかたがいらっしゃいましたならアドバイスお願いします。

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • 撮像素子のサイズ表示について

    撮像素子(CCD,CMOS)のサイズは、一眼レフを除き、インチで表示されていますね。 それも、対角線の長さと思いきや、さにあらず、サチコンの缶径に由来するとか。 これは、業界内での表示に関する統一基準のようなものが有るのでしょうか? 一般ユーザーには、ストレートに有効長を何ミリ×何ミリと表示して貰う方が分かり易いと思うのですが、それとも余にもサイズが小さいので、一種の誤魔化しかとも疑いたくなるのですが・・・

  • 撮像素子は撮影サイズの事ですか?

    カメラの性能を見るとき、撮像素子の大きさを調べたいけどその項目は見当たりません。撮影サイズのことですか?

  • 中性子線は放射線の1つでしょうか。

    中性子線は放射線の1つでしょうか。理化学事典の「放射線」の項を読むとα線、β線、γ線のみが放射線であると言っているように思えるのですが、はっきりしません。

  • 放射線の種類による危険度について

    今回、放射線の種類による危険度について、三点程お聞きしたく思います。 まず外国や日本における原子力による死亡事故について書いてみます。 1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現:ウクライナ)時代、チェルノブイリ原子力 発電所4号炉で起きた原子力事故、そして1999年9月30日、茨城県那珂郡東 海村の、住友金属鉱山の子会社の核燃料加工施設、JCOで起きた臨界事故 と、どちらも事故被曝による死亡者が出ています。 そしてチェルノブイリの場合の死者は原発作業員の方々や」爆発した原子炉 の消火活動に携わっていた消防員の方々だったと聞きます。 一方東海村のJCO臨界事故の死者の場合は、核燃料の加工をしていた作業 員と聞きます。 またどちらの場合も、亡くなった方々は「高放射線症」だったと聞きます。それも 三ヶ月以内でなくなっておられると聞きます。 さらに、亡くなった方々は、放射線でも、α線やβ線より、γ線や中性子線を 高線量浴びたためと聞きます。 前置きが長くなってしまいました。 最初の質問をさせて下さい。最初の方で、書いておいた内容は間違いないでし ょうか? 付け加える事とか、訂正しなければならない所はないでしょうか? 二つ目の質問をさせて下さい。JCO臨界事故で亡くなった方は2名だったか、定 かではないのですが.。もっとも放射線量を浴びて亡くなった方は、20シーベルト だったと聞きます。また8シーベルト浴びた方も命を落としたと聞きます。どちらの 方も三ヶ月は生きられずに亡くなった聞きます。さらに骨髄移植も行われたとも 聞きます。 ここで質問します。20シーベルト浴びたとか、8シーベルト浴びたとか決定するに は、どう言った事で定めるのでしょうか? 染色体の変形の度合いと言った事で決 めるのでしょうか? 現在の医療では、8シーベルト以上浴びてしまうと、助からな いとも聞きます。本当でしょうか? 三番目の質問をさせて下さい。福島原発事故でも、放射線の種類の危険度ととして、 α線<β線<γ線<中性子線 と言ったように、右に行けば、行くほど危険度だと言った事をテレビで放映していまし た。 書き忘れましたが、X線も原発事故で放出されますが、X線より、γ線の方が波長が 短く、放出されるエネルギーも高く危険と聞きます。 中性子線の事で、お聞きしたいのですが、γ線より危険だと聞きます。 なぜ、中性子線の方が、γ線より危険なのか、よく分かりません。この点について、 分かりやすく教えていただければ幸いです。 外部被爆の場合だと、α線は紙のような薄い物で遮断出来る。β線はアルミニウムの ような物で遮断出来ると言った話は、よく耳にしました。ただ内部被爆ですと、状況は違 ってくるとも聞いていますが。 最後に、変な質問をいたしましてすみませんでした。今回、何故、γ線より、中性子線の 方がより危険なのか、ふと疑問に思ってので投稿しました。