• 締切済み
  • 困ってます

比較級文の作り方を教えてください。

(1)Work is not the object of life any more than play is. (2)Work is ( no ) ( more ) the object of life than play is. (1)と(2)の書き換えを勉強しています。(1)から(2)にするのに、  Work is the object of life no more than play is. にならない理由がわかりません。 no the object of lifeにならない(noのあとtheがつかない)くらいはわかるのですが、I like basketball more(better) than soccer. を考えると be動詞の後名詞が来たら moreが最後くる。とかWork is 名詞+moreとかになるのじゃないですか? たぶん何かが間違っているとは思うんですが、何が間違っているかわかりません。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数1
  • 閲覧数83
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

いわゆるクジラ構文 no more ~ than は普通の比較構文とは違います。 だから普通の better than と比べることはできません。 単にリズムの問題で no more は前にきて、no の代わりに not any になると、 any more は後ろにくる方がよくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 普通の比較構文とは違う。 わかりました。そう覚えます。 単にリズムの問題でくる場所がきまっている。  そうなんですね、それで覚えてほかの問題に役立ててみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 比較級

    i play soccer better thanとなるのは i play soccer wellのもとの文なのに どうしてwellの比較級にならないのですか

  • Work is not the only obje

    Work is not the only object of life any more than play. このanyはなんですか?

  • 比較級について

    The best way の様に best が名詞の前に付いているのは良く見るんですが、 同じように better を名詞の前に持ってくる事はできますか? 例えば「a better way」のように あと 「She is the most beautiful girl」 の様に 「She is a more beautiful girl」 とできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • the 比較級

    the more of these practices people followed,the better their mental and physical health would be. のthe more of のあたりがわからないのですが moreは名詞ですか?

  • 比較 比較級と比較級の書き換え

    中学校で今比較をやってるんですが、 比較級と比較級の書き換えがよく分かりません。 No other 単数名詞 比較級 than~ はどうして 比較級 than any other 単数名詞~ にかきかえられるのでしょうか。 教えて下さい。

  • any/no+比較級の使い方について

    I'm not waiting any longer (これ以上待つ気はない) no biiger than ours (私たちの物ほど大きくない) Do you feel any better? (少しは気分がいいですか?) などの訳が例文として挙げられていましたが、noやanyはmuchやfarと同様に比較級を強める語句としてとらえて良いのでしょうか。だとすれば、 I'm not waiting much longerというのは文法的に間違いなのでしょうか、それとも、慣用的にそういう言い方はしないということなのでしょうか。 それから、no more, no longer には「もはや~ではない」という意味があるとのことですが、下の文のような訳の場合はどのようにしたらよいのでしょうか。 The hotel is better than the other one, and it's no more expensive. (他のホテルよりもよくて、しかもそれほど高くない)??? 「もはや~ない」との見分け方も教えてください。

  • 比較級のthanの後

    英語の比較級でわからないところがあります。 ①She studies harder than I do. ②Kate works harder than David. ③Naomi speaks English better than her mother. ④I speak English better than your father does. ⑤I don’t speak English as fluently as Aki does. ⑥You talk more than John does. という6つの文なんですが、塾ではthanの後の主語が代名詞ならばdo、does、is、areなどをつける。と習いました。 ①から③はその決まり通りにやっていたのでよくわかったのですが、④から⑥の様に代名詞ではない主語にも同じようにdoesを付ける文が出てきました。 どういった違いがあるか教えてください。 本当は塾の先生に聞けばいいのですが、お盆明けにテストがあっていい点を取りたいのです。 よろしくお願いします。

  • 比較級の文の省略される句について

    (1) He works harder than Lee (does.) ・・・doesはあってもなくてもいい。 (2) That cost a little more than yours (did)・・・・didはあってもなくてもいい。 (3) Today it is a little warmer than (it was) yesterday. ・・・・it wasはあってもなくてもいい。 (4) I feel better than ( I did) yesterday. ・・・・I didはあってもなくてもいい。 これらは、正しい考え方でしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 比較級のthat ofで

    ×The population of China is bigger than Japan. ○The population of China is bigger than that of Japan. というのは有名ですが、では Indian philosophy is more complicated than Greek philosophy. で2個目のphilosophyの繰り返しを避けるためにはどういえばいいでしょうか? 可算名詞だったらone/onesが使えると思うのですが、不可算には使えないのですよね。

  • 比較級について

    ◎The larger the  island  of knowledge, the longer is the shoreline of wonder . の文ですが  the island  の前のis が省略されているのはわかるのですが  どうして この場合isが両方必要なのでしょうか? なくてはダメなのですか? The larger the  island  of knowledge, the longer the shoreline of wonder . ではダメなのでしょうか ◎Nation are not to be judged by their size any more than individuals . any more thanは どういう意味を表すのでしょうか? 訳では 国家も個人同様にその大きさによって判断されるべきではない  とあるのですが どこに使われているのでしょうか