解決済み

ニーチェ

  • 困ってます
  • 質問No.8874
  • 閲覧数547
  • ありがとう数54
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 45% (14/31)

 レポートの課題で、ニーチェの「ツァラトゥストラはこう言った」を読んでいますが、なにぶん哲学初心者なのでさっぱり分かりません。話自体はおもしろいと思うんですけれど。どなたか簡単にこの本の解釈の仕方を教えていただけますか?一般的なものから持論まで幅広く受け付けます。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (235/542)

もしかしたら参考になるかもしれないページを・・・

・ニーチェ「ツァラトゥストラ」を読む!
http://www.asahi-net.or.jp/~nd9a-kr/policystudies/studies/Nietzsche.html

・ツアラトストラ
http://www.jade.dti.ne.jp/~tsutomuo/seminar2-2.html#seminar2-18

・終わりなき哲学
『ニーチェの永劫回帰』
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/5625/philosophy.html

・ニーチェ・賢い大人になる哲学
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9971395916&USER=GUEST

少しはお役に立てますように・・・
お礼コメント
isuke

お礼率 45% (14/31)

役立ちました!いやー、いろいろな考えがあっておもしろいですよね。哲学ってなんか近寄りがたい雰囲気がありますけど、そんな考えが吹っ飛びそうです。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

参考になるでしょうか。
私はニーチェ研究を深くしているものではありませんので手短な解説などはできませんが、解釈の糸口として、清水書院の「人と思想」シリーズを読まれることをおすすめします。ニーチェに限らず、深い理解にまではとうてい至らないでしょうが、手がかりを得るためのものとしては良書だと思います。
また、中央公論社の「世界の名著」シリーズの巻頭解説は、どの人物の解説もよくなされていると思います。両方とも、図書館に置いてあるはずです。

現代哲学者を学ぶ際には、少なくとも常に近代の思想・文化を射程に入れつつ考えてゆくことが大切だと思われます。ニーチェが近代の「何を」乗り越えようとしたか、その点だけ目を離さずレポートを執筆すれば、きっといいものが書けると思います。頑張って下さい。
お礼コメント
isuke

お礼率 45% (14/31)

うーん、一筋縄ではいきませんねぇ。楽してレポートを書こうと思ってここに質問したら、参考図書が増えてしまいました(笑)「学問に王道なし」の言葉をひしひしと感じています。でも、大変良いお言葉を頂いて感謝しております。「何を」乗り越えようとしたのか・・・。なんだか僕にも関係のあることのように思えてきました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 15% (5/32)

より「人を超えて生きたかった」彼が
「ゾロアスタ教」(確か)この片仮名の意味)をモチーフにして
書いた。とか・・(僕も授業でやった。)
より人を「超えて」(超人学)行く目標を書いたとか。
お礼コメント
isuke

お礼率 45% (14/31)

ありがとうございます。ゾロアスター教が関連していたとは知りませんでした。ゾロアスター?ツァラトゥストラ?なんだか響きも似ているような・・・。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ