• ベストアンサー
  • 困ってます

地目変更登記の申請について

平成○年○月○日贈与(始期 ○○○○死亡)を原因として「始期付所有権移転仮登記」を私に済ませてあります。 所有者○○○○は2年前に死亡したので、仮登記から本登記手続きをすれば良い事でしょうが、対象となる不動産は「畑」となっており、しかも、不動産の所在地(地方の田舎)に住民登録はなく、現在、大阪市に住民登録をしてあります。 いかんせん農地法の縛りがあり「畑」のままでは本登記が出来ない状況にあります。こと幸いにして、現況は駐車場として利用されているので「畑」から「雑種地」に地目変更をし、その後、本登記に移行したいと考えております。 その場合、権利者である私が申請人となり地目変更登記が可能なのでしょうか。 登記関係に精通された皆さんからのご教示をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数408
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

あなたが地目変更登記の申請人になることはできません。 登記簿上の所有者の相続人に地目変更をしてもらった上で、所有権移転の本登記をする必要があります。 相続人が複数いる場合でも、相続人のうちの1人からの申請で地目変更は可能です。 もしあなた自身が、相続人の立場であるなら、あなた1人で地目変更が可能です。 また、所有権移転登記については、登記簿上の所有者の相続人の全員に手続きに協力してもらう必要があります。 手続きに協力しない相続人がいる場合は、判決を取る必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧なご指導を有り難うございました。大変助かりました。 仰せの通り、相続人の一人と相談したいと思います。

関連するQ&A

  • 地目変更登記の書類について

    地目変更登記に必要な書類を教えてください。 農地から別の地目に変更する場合は、登記申請に添付する書類は、 「申請書」と「農地転用許可証」が必要になるようですが、 逆の場合はどうなのでしょうか? それに、農地以外の土地を地目変更する場合、例えば「雑種地→宅地」などです。 最近、友人が地目変更を行ったのですが「申請書1枚」だけでOKだったとの ことでした。(どう変更したのかは聞きませんでした。本人申請です。) 表題登記に比べて、かなり簡単な登記なのかな? と疑問に思いました。 私の父が、地目変更登記をする予定です。参考までに教えて いただけますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 地目変更登記に

    十数年前に宅地から畑に変更しましたが法務局への地目変更登記申請をしておりませんでした。近々に申請をしようと考えておりましたところ変更の日から一ヶ月以内に登記しなければいけないことを知りました。 過料の対象になるのでしょうか?またなるとすれば過料(金額)はいくらぐらいになるのでしょうか。目安または見解を教えていただければ幸いに存じます。

  • 地目変更登記で

    私の名義である土地の地目変更登記をしたいのですが、最近、結婚で苗字がかわったため登記簿の名義とかわってます。前提として、氏名変更登記をしてからになるのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>現況は駐車場として利用されているので「畑」から「雑種地」に地目変更をし、  そもそも農地法第4条の許可を取った上で、駐車場に転用しているのでしょうか。 >その場合、権利者である私が申請人となり地目変更登記が可能なのでしょうか。  地目変更登記の申請人は所有権登記名義人です。御相談者は仮登記名義人にすぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

農地法の許可は頂いておりませんが数年前から駐車場として利用されており、畑としての利用は出来ない状況です。 ご指導有り難うございました。

関連するQ&A

  • 土地地目変更登記の先例についてのご質問

    地積が10平方メートルを超える土地の地目を畑から宅地に変更する場合のように、地目の変更の登記を申請する場合において、不動産登記規則第100条の規定により地積の表示をも変更する必要があるときは、当該地目変更登記の登記原因及びその日付は「(2)(3)平成何年何月何日地目変更」と、地目欄の符号(2)のほか符号(3)も併せて併記する(昭40.3.30第357号;申請書統一様式~一の(3)) とありますが、 例えば、一筆の土地の畑(地積218m2)から宅地(地積218.29m2)に土地地目変更登記をするとき、宅地は小数点以下第3位切り捨てて表示となっているので符号(3)も付けて、登記原因及びその日付のところに「(2)(3)平成何年何月何日地目変更」と記載するのは理解できるのですが、 反対に宅地(地積218.29m2)から畑(地積218m2)に土地地目変更登記をするときも、「宅地、鉱泉地は小数点以下第3位切り捨てて表示し、それ以外の地目は10m2超えるときは小数点以下切り捨て」(不動産登記規則第100条)となっているので、宅地(地積218.29m2)から畑(地積218m2)の0.29m2切り捨てて地積も変更したものととらえて土地地目変更登記をするとき、登記原因及びその日付「(2)(3)平成何年何月何日地目変更」と記載とするのでしょうか又は単に「(2)平成何年何月何日地目変更」と記載するのでしょうか?  登記原因及びその日付の2、3が文字化けして括弧表示になっているかもしれません。 大変申し訳ありません。

  • 土地地目変更登記

    地目が〔畑〕の土地に建替えを検討中です。現在は築40年強のアパートが建ってます。土地地目変更登記をして宅地にしないと銀行融資は受けられないんでしょうか?この先売買する気がないのなら変更登記をしなくてもいいんでしょうか?市街化調整区域かもしれないです。関係ありますか?又、市街化調整区域等は住所とかからネットで調べられますか?質問多くてすみません。よろしくお願いします。

  • 表示に関する登記の申請人に関する質問

    被承継人が表題部所有者又は所有権の登記名義人である登記に関する登記の申請で、 既登記の不動産については、ほとんどの表示に関する登記が表題部所有者又は所有権の登記名義人から申請するとありますが、相続その他の一般承継があったときは、相続人その他の一般承継人は、当該表示に関する登記を申請することができる(不動産登記法30条)とあり、不動産の一般承継は、前主が有した不動産に関する一切の権利義務を承継し、当該不動産に関し法律上前主である表題部所有者又は所有権の登記名義人と同一の地位を有する者と解されているから(民法896条本文)とありますが、 質問1 例えば、4/1に表題部所有者Aが地目を畑から宅地に変更したとき、表題部所有者Aは地目を変更したときから一月以内に土地地目変更登記を申請する義務があり、4/20、土地地目変更登記の申請未了の間に表題部所有者Aが死亡し、Bが相続した場合、「(1)相続人Bは表題部所有者Aの相続人として表題部所有者A名義のまま土地地目変更登記を申請又は(2)相続人B名義に所有権の登記をしてから土地地目変更登記を申請することがでる」とありますが、 この場合、相続人Bは土地地目変更登記の申請義務はあるのでしょうか? 不動産登記法30条は「できる」とあり「しなければならない」とは記載されていないので相続人Bには申請義務はなさそうにおもえるのですが、民法896条本文は表題部所有者Aの権利・義務を承継するので、相続人Bは申請義務をする必要があるのでしょうか? 相続人Bに申請義務はあるのか又はないのか教えてください。 私の考えでは、登記記録の地目は「畑」で現況の土地の地目は「宅地」で、登記記録と現在の土地の現況とが不一致になり土地地目変更登記をしないと、表示に関する登記の目的が損なわれ取引の相手方に不足の損害が生じてしますから、相続人Bに申請義務があるとおもうのですがどうなのでしょうか? もし相続人Bに申請義務ありとするなら、土地地目変更登記の申請の起算日は (1)の場合、(イ)(ロ)のどれらでしょうか? (イ)4/1に表題部所有者Aが地目を畑から宅地に変更した日から一月以内に申請 (ロ)4/20に表題部所有者Aが死亡し相続が発生した日から一月以内に申請 (2)の場合、(イ)(ロ)(ハ)のどれでしょうか? (イ)4/1に表題部所有者Aが地目を畑から宅地に変更した日から一月以内に申請 (ロ)4/20に表題部所有者Aが死亡し相続が発生した日から一月以内に申請 (ハ)相続人Bが所有権の登記をした日から一月以内に申請 質問2 4/20に表題部所有者Aが死亡し(地目は畑のまま)、相続人Bが相続した場合、表示に関する登記記録は表題部所有者A名義、地目も畑のままで、4/25、相続人Bが地目を畑から宅地に変更した場合、相続人Bは土地地目変更登記の申請義務はあるのでしょうか又はないのでしょうか? また申請義務があるのならこの場合、相続人Bは表題部所有者Aの相続人として表題部所有者A名義のまま土地地目変更登記を申請できるのか?又は相続人B名義に所有権の登記をしてから土地地目変更登記を申請しなければならないのかどちらでしょうか? また、相続人Bに申請義務ありとするなら土地地目変更登記の申請の起算日は、(イ)(ロ)のどちらでしょうか? (イ)4/25に相続人Bが地目を畑から宅地に変更した日から一月以内に申請 (ロ)相続人B名義で所有権の登記をした日から一月以内に申請 質問自体に誤解があるかもしれませんのでご了承ください。 専門用語、条文、先例等を使用しても結構ですので理由を含めた回答をお願いします。

  • 農地からの地目変更登記

    本末転倒な質問ですが(なら質問しないで と言わないでください) どなたかに「駐車場として使用する土地(B地)の地目変更できない理由」をご教授願いたいと思い投稿させていただきます。 アパートを新築し、隣の土地を駐車場として使用し、登記記録が「畑」である。 アパートの敷地(A地)と駐車場の敷地は別々の登記記録である。 まずA地、B地共に「都道府県知事の転用許可書(5条許可書)」をもらいました。 アパート完成後にアパートの表示登記とアパート建築地の地目変更登記(畑→宅地)を申請し受理し登記完了。 その後隣接地の駐車場(B地)の整備が終わったので、B地の地目変更登記(畑→雑種地)を申請。 法務局登記官より電話があり 登記官「この土地地目変更登記には農業委員会が発行する「現況証明書」が添付されていないのでこの土地の地目変更登記はできないので取り下げてほしい。」 ちなみに当方は調査士からの現況写真と調査報告書と5条許可書を添付済み。 農業委員会へ行き現況証明書を発行してもらうとすると、 農業委員会「現況証明書は5条許可を受けて3ヶ月後に1回目、そのまた3ヶ月後に2回目の利用状況報告書を提出しないと発行できない」 と言われました。 まだ1回目の報告書を提出して1ヶ月弱なのであと2ヶ月弱じゃないと2回目の報告書も出せないことになります。 な ので、登記所へ行き「農業委員会へ文書照会して現況を確かめてください」と言ったところ、渋々文書照会したみたいです(2週間弱待たされましたが)。 しかし、農業委員会からの回答は「現況は農地である」(違法転用である:原状回復命令させる or させない のチェック欄がありましたがそこは空白) という回答書が届いたので登記官は鼻高々となり「申請は取り下げてください」と言ってきました。 当方側が「現況地目は変わっていて、都道府県知事の許可書があり違法転用ではないので、この登記は処理することができるはずだ。」と言っても受け付けてくれません。 (昭和56年の登記先例に違法転用の場合の地目変更での登記官の処理の仕方が書かれていて、それにも該当しないことを示しても無理だと言われました) ちなみに駐車場はアパート利用者が使用しており、アスファルトは敷かれていないのですが、砂利を上から叩いて固く固められており、ロープを釘で打ち込んで駐車区画線を引いていて使用されていて、子供が見ても「畑」には見えません。そして簡単に畑に復元することもできません。 農業委員会に直接電話して何であんな回答をしたのか聞いたところ「アスファルトが敷かれていようが、何だろうが2回目の利用状況報告書を提出するまではどんなことがあっても農地と認定する」と言われてしまいました。 登記官にも「現場調査してください」と言っても「農業委員会の意見を尊重するから現場調査もしない」と言われました。 当方側が「じゃあ農地の地目は農業委員会の言いなりで、農業委員会が決めるんですか?」というと「そうです」とハッキリ言われてしまいました。 お手上げ状態です。 以上の手順と状況ですが、調査士申請で調査報告書と現況写真、5条許可書も添付しているのに処理されないのはどうなのでしょうか? 調査士がバカにされているのでしょうか? ここまでしておいて登記ができないというのは何故なのか? 「この件について登記できない理由や先例、通達」があればご教授願いたいと思います。 ちなみに申請は取り下げせずにそのままで、このまま却下も視野に入れております。

  • 農地の地目変更

    田から畑に地目変更登記をする時でも 許可書っているんでしょうか?

  • 登記事項変更登記の契印について

    不動産登記で、所有者の住所変更を行う際の変更登記についてです。 登記申請書が複数枚になった場合は、綴り目に契印が必要なのでしょうか。 また、登記申請書と一緒に綴じるのは、収入印紙を貼った用紙だけで、住民票は綴じずに別添付となるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 地目変更登記について必要な書類は知事の許可書だけでよいのでしょうか

     個人で事業を経営している者です。今年の夏に近所の土地を購入しました。現況は雑種地なのですが、登記簿上は田となっていました。お手頃な物件だったので、当面は従業員らの駐車場として使おうと思っていました。所有権移転の登記をする際に「農地法第5条の許可申請書」なるものが必要とのことだったので、行政書士さんに頼んで、知事の許可書をとってもらいました。そのときは無事所有権移転の登記は済みました。  その後、弟夫婦が家を新築したいという話があったので、土地の一部を売ってあげようと思い知り合いの司法書士に相談したところ、「前提として分筆登記が必要ですよ」と言われ、土地家屋調査士を紹介されその分筆登記なるものが完了しました。司法書士に所有権移転の登記をしてくれと言ったところ、数日後、「あ~、この土地は農地ですね。このままでは登記できません。農地法の許可書をとってこのまま売買するか、地目変更登記を先にする必要があります。前者なら行政書士、後者なら土地家屋調査士にやってもらうことになります。私は司法書士なので所有権移転の登記しかできませんので。」と言われました。行政書士?土地家屋調査士?またか。なんぼほど金かかんねん! 司法書士には最初の相談のときに「田」であることを伝えていなかったので(知事の許可があったのだし、現況はどう見ても田じゃない)、彼を責めることはできませんが、なんだかなあ。  そこで、地目変更登記は自分でもできると聞いたことがあるので、勉強も兼ねて自分でやってみようかと思い、法務省のホームページでモデル様式を見ました。添付書類には「許可書」とだけ書いてありました。ということは、土地を購入したときに取得した許可書さえあれば登記できるということでしょうか。  一つ気がかりなのは、許可書と一緒に綴じられている許可申請書の「転用計画」の欄には、(1)転用の目的 駐車場 (4)転用の時期及び転用の目的に係る事業または施設の概要 工作物 フェンスとあることです。許可の条件が「申請書に記載された事業計画に従って本事業の用に供すること」となっています。まだフェンスはつくっていません。この許可書では通用しないのでしょうか? とすると、農地法の許可書をまた新たに取得する必要があるのでしょうか? フェンスをつくっているかどうかはチェックされるのでしょうか? どなたか、よろしくお願い致します。

  • 不動産登記 地目変更

    不動産登記についてですが、 約4年前、地目変更をする必要があり、地目が畑になっていたため市街化区域でしたので、農地転用5条届出で駐車場として利用していました。 ですが、地目変更の登記までは変更することを忘れていて、まだ畑のままになっていました。 今回、駐車場の土地に建築許可申請をとり、基礎工事までが終わり、融資の関係で宅地として地目変更登記を申請したのですが、 農地転用が駐車場の目的となっているため、登記を受理できないと言われました。 結果的に、目的を居宅として農地転用4条届出をし、その届出書を添えて、登記することになりました。 自分としては、当初、駐車場として農地転用はありましたが、建築許可申請を受け、建築をし基礎工事完了の時点で、登記ができると思っていたのですが、やはり無理だったのでしょうか?

  • 仮登記中での地目の変更について

    現在仮登記中です。地目が農地なため、農地転用の申請をしないといけないのですが、実は500m2以上あるため転用許可がおりないことがわかりました。 でも、本登記を行いたいため、一度仮登記をはずし、 今の所有者がずっと農地として利用していない旨を農業委員会につたえ、地目を変更してもらい、その後私名義で登記をしてはどうかと提案されています。 この提案を受け入れるとして、自分に対して保証がないのがとても不安です。 そこで質問です。 1.この手段意外に本登記への道はないのか 2.この手段で本登記をすることは本当に可能なのかどうか 3.仮登記をはずすときに、なにか念書(登記の優先順位や金額の件について)のようなものはないのか 4.あるとしたらどのように記述してもらえばいいのかその要点を ぜひ教えていただけないでしょうか。 今となっては「すぐに家をたてることができます」との言葉を信じて不動産も介せず直接購入したことを深く悔やんでいます。が、とにかく前進したいので、よろしくお願いいたします。

  • 条件付き所有権仮登記がされている土地の本登記について

    条件付き所有権仮登記がされています。 A法人(現在は解散済) 2番登記:昭和42年1月20日 条件:(農地法の許可 昭和42年2月20日)となっています。 その後昭和45年に公衆用道路に地目が変更され、所有権は売買によりB個人となり、現在まで引き続き所有しています 3番登記:昭和46年 仮登記には順位保全の効果があり、仮登記が本登記になった時点で、そのあとの登記(今回は3番)に優先すると思うのですが、 農地法の許可が出ていない場合には、今回はすでに地目も変更され、現状では農地法の許可を得ることは不可能であり、仮登記の条件が満たされる可能性はない(本登記になることはない)と考えてよいでしょうか。 あるいは、農地法の許可が出ている場合に、A法人は解散済みですが、本登記になる可能性もありますでしょうか。