• ベストアンサー
  • 困ってます

「紙クロスタイプ」の「クロス」の意味

  • 質問No.8871977
  • 閲覧数151
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 89% (1396/1563)

日本語を勉強中の中国人です。製本テープの【取り扱い説明書】で見かけたよくわからない日本語の表現があります。教えていただけませんか。

「紙クロスタイプ」の「クロス」はどういう意味でしょうか。はくり紙の中央に切れ目があることを指すでしょうか。「クロス」は十字形のイメージが強いのですが、こういうような平行型の2つのはくり紙が並ぶ場合でも使えるのでしょうか。

また、質問文の【】の箇所の日本語の言い方「取り扱い説明書」は正しいでしょうか。四角い付箋のような大きさの硬い紙です。製本テープの箱に一緒についています。「説明書」でしょうか。「マニュアル」でしょうか

質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 72% (506/699)

みなさんの説明で充分ともいえますが、
紙なのになぜクロス(cloth)と言うのかが分からないと本質的疑問は解けないと思い補足します。

なお No.1氏の
「下地、素地が紙で出来ている物に使用するテープである、ということを示している」に関しては、ご本人がNo.3で訂正されているので正しく理解してください。

昔は製本時に書籍/書類の背に布を貼りました、高価でない並みの本や書類の簡易製本には布製テープが利用されました。
時代とともに布の代わりに紙テープが考案されました。
会社で書類を簡易製本する用には、これらの製本用テープが廉価で丈夫で扱いやすく、広く利用されるようになりました。
時代とともに「紙クロス」という呼称が生まれました。
現在も布の名残で、織物の様な加工を施したテープもあります。

従って紙製品でありながらクロス(cloth)の名称が残っています。
製本業界では クロス類として「布クロス」「紙クロス」「ビニールクロス」と分類しています。
つまりこの分野では、「クロス」という語は本来の意味から離れて材質でなく用途を示すようになっています。建築の内装など他の分野でも、本来布を使用していた領域で紙や合成樹脂系の素材が代替するようになっていますが、clothの語が生きている例が多くあります。

【】の部分は単に【説明書】or【商品説明書】でよろしいでしょう。
さして難しいことが書いてあるわけではありませんので。
お礼コメント
sobatya_cn

お礼率 89% (1396/1563)

ご丁寧に説明していただき誠にありがとうございます。おかげさまで、理解できるようになりました。
投稿日時:2014/12/28 09:12

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 52% (1734/3326)

他カテゴリのカテゴリマスター
クロスは布の意味で、「クロスタイプ」でエンボス加工=凸凹の型を押し付けて布目のような凹凸の表面を作ってある物を指している。
「布タイプ」=「布のような表面のデザイン」
http://www.askul.co.jp/p/9565273/

不正表示・不当表示に近いけれどもぎりぎりセーフの表現でしょう。

同様の言い方「クロス調」「クロス風」「布目」
お礼コメント
sobatya_cn

お礼率 89% (1396/1563)

ありがとうございます。いろいろ参考になりました。
投稿日時:2014/12/28 09:16
  • 回答No.3

ベストアンサー率 49% (5033/10252)

No.1です。

やや誤解を招きかねない表現でしたので、訂正致します。
紙クロスタイプというのは、テープ自体が紙製であるということを示しています。
もちろん大抵の場合は、使用する相手側も紙であることが一般的です。

これに対し、ビニールクロスというものが存在します。
屋内の内装に使用する壁紙等に使用されるものをこう呼んでいます。
お礼コメント
sobatya_cn

お礼率 89% (1396/1563)

再びありがとうございます。理解できるようになりました。
投稿日時:2014/12/28 09:08
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (179/472)

紙クロスとは紙の表面を加工して作った製品のことです。
この場合のクロスはcloth(服、布、表面に張り付ける紙や布)のことです。cross(十字型)とは違います。



>また、質問文の【】の箇所の日本語の言い方「取り扱い説明書」は正しいでしょうか。四角い付箋のような大きさの硬い紙です。製本テープの箱に一緒についています。「説明書」でしょうか。「マニュアル」でしょうか


「取り扱い説明書」、「説明書」、「マニュアル」、全部正しいです。
どれでも問題なく通じます。

質問文に特に不自然な表現はありませんでした。
お礼コメント
sobatya_cn

お礼率 89% (1396/1563)

早速のご回答ありがとうございます。いい勉強になりました。
投稿日時:2014/12/28 09:07
  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (5033/10252)

大変に優秀な日本語を書かれますね。
さて、このクロスはcross十字ではなく、clothのことです。
日本語のつづりでは、どちらも同じになってしまうのは止むを得ないのです。
つまり、下地、素地が紙で出来ている物に使用するテープである、
ということを示しているのです。

http://sei-hon.jp/glossary/words/%8E%86%83N%83%8D%83X.html

また強いて申し上げれば、添付の用紙は『取扱説明書』でしょう。
マニュアルというのは、使用する場合の手順を説明したものを指す場合が殆どです。
『操作マニュアル、運転マニュアル』等。


細かな点を指摘させて頂ければ、

@はくり紙の中央に切れ目があることを指す【の】でしょうか。

@こ【の】ような平行型の2つのはくり紙が


この調子で精進されるよう期待しています。
ご参考まで。
お礼コメント
sobatya_cn

お礼率 89% (1396/1563)

早速ご回答いただきありがとうございます。とても参考になりました。質問文の添削にも感謝いたします。頑張ります。
投稿日時:2014/12/28 09:06
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ