• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

時制の一致、しつこくて申し訳ない

関連する質問: http://okwave.jp/qa/q8867817.html 比較的簡単な構成の文章をNHK記事から見つけました。 A Haneda passenger on Monday expressed hope that more routes and flights will become available soon. 対応する日本語記事は以下です: 羽田空港を利用した人は「外国からも多くの人が来ているということだと思うのでうれしいです。便数も路線も、もっと増えると助かります」と話していました。 私が学校で勉強した方法では、上の文のwillはwouldになります。時制の一致です。 手元にある文法書(2000年10月という日付あり)で調べると、時制の一致の例外で、   主節過去、従属節will なる場合の説明がありました。 http://fast-uploader.com/file/6974902083666/ その例文が At the party last night, he whispered to me that I am beautiful. と、willが使われずにamになっているのは不思議ですが、好意的に解釈すると、この「今も当てはまること」とは、上の例では過去にも”君は綺麗だ”といったし、今も”君は綺麗だ”というので、時制の一致が起こっていない、でしょう。 さて、この例外を件の抜粋文に適応するとa Haneda passengerが過去にも"will become"といったし、今も"will become"というので時制の一致が起こっていない、となります。 正解でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数168
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

時制の一致は 英語では主節も従属節も現在視点で時制を捉えて表現する事 だと言えます。 (A) At the meeting in 2012, Mr. Suzuki said "I hope more routes and flights will become available by 2013." (B) At the meeting in 2012, Mr. Suzuki said "I hope more routes and flights will become available by 2015." 間接話法で表現すると、従属節も現在視点で時制を捉えて表現 しますので(2014年に言うなら)以下になります。 (A) At the meeting in 2012, Mr. Suzuki expressed his hope that more routes and flights would become available by 2013. (B) At the meeting in 2012, Mr. Suzuki expressed his hope that more routes and flights will become available by 2015. 時制の一致が起きるとか起きないとか例外とかを考える必要は 無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん、返答有り難うございます ご意見いただきました。 また、類似の質問をするかもしれませんが、今後もおねがいします

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • newbees
  • ベストアンサー率41% (10/24)

A Haneda passenger on Monday expressed hope that more routes and flights will become available soon. A Haneda passenger on Monday expressed that more routes and flights would become available soon. 構文が違う。質問文は、 I had an idea/a thought/hope that things will be changing rapidly. と同じ構文で接続詞のthatが名詞のidea/thoughtをたんに説明をしてる名詞節となる。関係代名詞で導かれる形容詞句とおなじで時制の一致をする必要はない。 I would like to help if there is anything I can do. 私にお手伝いできることがあればしたいと思います。 上記文のwouldは単なる丁寧語ですね。下記のように書き換えても良い。 ↓ I like to help if there is anything I can do. 仮定法には、zero conditionalと学校では習わない単なる条件節でifをwhenと置き換えられる下記の例題の様に仮定をしているのではなく、「水を熱すれば、蒸気となる。」と当たり前のことを言うときのifの使い方がある。 I am late for work if I miss the 8 o'clock bus. Does ice melt if you heat it? Children could end up homeless if the come gap grows. ↓ 上記の丁寧語のwouldと同じ考え方でcouldは単なる推量のcouldで~であろう。と同じ扱い。 要は、 Children end up homeless when the income gap grows. と同じ意味となる。couldが入ることで、たんに、「ホームレスになるであろう。」と推量の意味合いが出てくるが言っていることは現在のことなので主節も副詞節も現在形のzero conditionalになる。 couldは推量だけではなく、下記の例題も同じzero conditional。 9.《軽い提案》~しませんか ・We could go for a drive tomorrow, if you like. : よければ、明日ドライブでも行かないか。 これも同じで現在形扱いとなるが故にif節は現在形のlikeとなる。 ただ、参考書が言うように John said that he would come. (時制の一致) John said that he will come. は有り得るそうです。 http://www.alc.co.jp/business/article/hinata/2007/09/post_413.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • newbees
  • ベストアンサー率41% (10/24)

A Haneda passenger on Monday expressed hope that more routes and flights will become available soon. A Haneda passenger on Monday expressed that more routes and flights would become available soon. 構文が違う。質問文は、 I had an idea/a thought/hope that things will be changing rapidly. と同じ構文で接続詞のthatが名詞のidea/thoughtをたんに説明をしてる名詞節となる。関係代名詞で導かれる形容詞句とおなじで時制の一致をする必要はない。 I would like to help if there is anything I can do. 私にお手伝いできることがあればしたいと思います。 上記文のwouldは単なる丁寧語ですね。下記のように書き換えても良い。 ↓ I like to help if there is anything I can do. 仮定法には、zero conditionalと学校では習わない単なる条件節でifをwhenと置き換えられる下記の例題の様に仮定をしているのではなく、「水を熱すれば、蒸気となる。」と当たり前のことを言うときのifの使い方がある。 I am late for work if I miss the 8 o'clock bus. Does ice melt if you heat it? Children could end up homeless if the come gap grows. ↓ 上記の丁寧語のwouldと同じ考え方でcouldは単なる推量のcouldで~であろう。と同じ扱い。 要は、 Children end up homeless when the income gap grows. と同じ意味となる。couldが入ることで、たんに、「ホームレスになるであろう。」と推量の意味合いが出てくるが言っていることは現在のことなので主節も副詞節も現在形のzero conditionalになる。 couldは推量だけではなく、下記の例題も同じzero conditional。 9.《軽い提案》~しませんか ・We could go for a drive tomorrow, if you like. : よければ、明日ドライブでも行かないか。 これも同じで現在形扱いとなるが故にif節は現在形のlikeとなる。 ただ、参考書が言うように John said that he would come. (時制の一致) John said that he will come. は有り得るそうです。 http://www.alc.co.jp/business/article/hinata/2007/09/post_413.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

まあそういうことです。 Monday に will ... soon であったことが この記事を書いた今が Wednesday として、 2日たった今でも soon というのは変わっていないし、 will という未来も変わっていません。 時制の一致というのを単にルールとして覚えるのでなく、 今、文を書いている時点でどういうことを表わしているかを考えることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 時制の一致の例外

    文法書に、「時制の一致の例外」として (1)不変の真理 (2)歴史上の事実 (3)現在の事実・習慣 (4)仮定法の文 (5)must、should、ought toなどの助動詞の文 と4つ、挙げられていますが、(4)が「時制の一致の例外」になる理由がいまいち理解できません。 そのページに例として I wished I were an astronaunt. という文が挙げられていましたが、わたしにすれば、wishedもwereも過去形だから時制の一致になっているじゃないか、、、となってしまうのですが。 となると、「時制の一致」の定義をよく理解していないのかもしれませんが、そのあたりも含めてどなたか説明していただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 時制の一致

    I heard that she will sing at the party. という文は正しいですか? やはり、 I heard that she would sing at the party. と時制を一致させないといけないのでしょうか?

  • 時制の一致

    He has just said that trial (is going to) continue tomorrow at 9AM. この文章で、( )内が時制の一致を受けずに現在形になっています。現在の状況(これから裁判を続ける)がわかるのですが、このように現在の状況がわかりやすいように、時制の一致を無視する場合があると知りました。 でもそうなると、毎回無視しなくてはいけなくなるのでは?と思ってしまいます。(I thought he would like it.ではなくて、I thought he will like it.など) また、他でこういった例文を探したところ、I said.....という文でした。 これは動詞がsayのときに起こりすいのでしょうか? 上にあげた文のように現在完了の文の時に、時制の一致はそもそも起きるのでしょうか? おきるとすると、その場合は、過去に変換されるのでしょうか?それとも文意に従うのでしょうか?  例: I have told you that he didn't like me. (時制の一致??) のようになるかと思うのですが。。 よろしくお願いします。

  • 時制の一致

    時制の一致の定義がいまいちつかめません。 参考書に書かれているものに関しては理解できるのですが(I said that......, I thought that he was ill= I think that he is ill etc) 例えば、接続詞がついた文にも 時制の一致は起きますか? Even though the exchange rate was high, we had to buy from them. これは 時制の一致のhad なのでしょうか?(時制の一致と説明を受けました。)   他にいい例文が出ないので、質問の意味がお分かりにならないかもしれませんが、時制の一致について、詳しく教えていただけますでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 時制の一致がおこる動詞を教えてください。

    時制の一致がおこる動詞には、どんなものがあるのでしょうか。 文法書にはよく、He said 何々、She believed 何々、 She answered 何々、とあるので、say、believe や answer の場合、あとに続く文章の中の動詞が、最初の動詞の時制の変化を受けて過去形になったりするのだな、と分かります。 でも say, believe, answer の他にも、時制の一致がおこる動詞はありますよね?たとえば、時制の一致(と話法?)のところを見ても、hope を使った文章は見当たりません。ですが、「彼は彼女が来ればいいなと思った(希望した)」という日本語を英語に訳すと、He hoped that she would come. となるのでしょうか?それとも hope では時制の一致はおこらず、He hoped that she will come. となるのでしょうか? 質問の内容自体、うまく書けないのですが、上記のhopeのことに限らず、時制の一致がおこる動詞の一覧表のようなものがあるといいと思うのですが、私が探す限りは見つかりません。ご存じの方がいらっしゃたらどうぞ教えてください。お願いします。 

  • 時制の一致について

    毎度、お世話になります。 問題集(時制の章)にて以下のような問題と解答に出くわしましたが どうも納得いきません。 【問題】以下の文章の誤りを正しなさい。 She told me that she will come the next morning. 【解答】 will → would おそらく時制を一致させるという解釈の元かと思いますが、私の解答は told → tell にして she tell me that she will come the next morning. です。 「彼女は翌朝来るつもりだと私に言う。」 これだと×にされてしまうのでしょうか? 仮に×だとしたら何がいけないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 時制の一致の仕組み

    具体的な文がないのであれですが、 時制の一致についてなんですけれども、 sinceの後が過去形でも、その前の文(もちろん1つの文の中で)が現在形になっているという場合はありますよね? thatやその他の接続語の後にも、同例を見たような気がします。 その辺の定義などはあるのでしょうか。 最近、普段の時制の一致のかたちまでわからなくなってきました。。 どうかおねがいします。

  • 時制の一致

    ニューホライズンの3年のテキストのFamily Rulesという読み物資料の中に、 He said that time-outs are used when small children behave badly or get too excited. という文がありますが、この文が時制の一致を受けないのはどうしてだったでしょうか? 確か、He told that~だったら時制の一致を受けて、He said that~だったら受けない・・・というような文法上のルールがあったと思うのですが、なぜだったでしょうか?? そして、これについて中学生にわかりやすく教えるいい方法があったら、お教えください。 よろしくお願いします。

  • 時制の一致について will

    推量のwouldは、仮定法であり、時制の一致はしないと聞きましたが。 一方、willは間接話法などで、意志未来および単純[必然的]未来において、時制の一致が行われ、推量のwillの場合は時制の一致はしないと聞きました。そうすると下の2のような文もありうるということでしょうか。 1) He said that would be the tower of London.(あれがロンドン塔だろうと彼は言った) 2) He said that will be the tower of London.(あれがロンドン塔だろうと彼は言った) ちなみに私はwillにおける単純未来と推量の違いがはっきり理解できません。例えば、I will be 20 next year. などは単純未来であることはわかりますが、 3) The radio says it will rain tomorrow. 4) You will be disappointed if you hear her sing. などの用例では単純未来と推量のどちらにもとれるような気がします。 実際にある辞書には単純未来として、別の辞書には推量の例文としてある場合もあります。「推量する」とは「(現在および未来の事情や心情を)おしはかること」という意味だとすると単純未来と区別がつかなくなる場合もあるように思われます。 辞書等には単純未来の意味は「~することになる・~だろう」、推量は「~だろう」とされてますのでますます区別がつきません。 もっとも文法的に単純未来と推量いづれであってもさほど、英訳、和訳する場合においてさほど問題にはならないとは考えますが、(私にとって)問題なのは間接話法などでwillが単純未来の場合時制の一致が必要で、推量の場合時制の一致がの要ないならば(やはり)その2つを区別する必要があると考えたからです。どなたか、私の疑問を解決して下さる方いらっしゃいましたらご教示願います。

  • この場合、時制の一致はどうするか?

    辞書に (1)He said that would be the tower of London. という文が載っていて、このwouldは時制の一致によるものではなく推量のwouldだとありました。この文を見て思ったのですが、 例えば He said,「That would/could...」とか He said,「She should have done...」(彼は言った、「彼女は~すべきだったのに」) などの文を直接話法の文からコンマをとって関節話法の文にするとき、このように「助動詞の過去形」とか「助動詞の過去形+have+p.p」が既に従属節に使ってある場合は(1)のように時制の一致をしなくていいのでしょうか? 回答をお願いします。