• ベストアンサー
  • 困ってます

連帯保証人の資産売却について

知り合いがある会社の連帯保証人になっていました。 しかし業績が振るわないので来年3月に破産処理をするそうです。 代位弁済の請求が来る前に自宅を売却するつもりらしいのですが、 法的な問題点などありましたら教えて頂けるでしょうか? また回避策などありましたらご教示いただきたいと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数295
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

> 来年3月に破産処理 ということは、今から不動産屋に家の売却を申し込むのですから、客が付いて客のローン審査等の時間を考えれば、売買は早くて2月という所でしようか。 遅ければ4月・5月と。 ちょっと時間的に無理ではないですかね。 > 預貯金や不動産を処分できないわけではないと思いますので もちろん、資産が現金や物等の姿形を替えるだけで、資産価値としては変化しないことが前提だからですね。 ところが、この話は、請求が来る前に(書いては無いけど)資産を処分して隠匿してしまおうということが前提の話ですよね。 それが前提になっているというのが、質問者と回答者の認識で間違っていないですよね。 単なる売却なら、土地がお金に姿を変えるだけで、何の問題にもなりませんから、質問者が質問する理由も無いので。 詐害行為及び詐害行為取消権の対象になる可能性が有りますね。 つまり、家の売買自体が無効になって、無かったことになる可能性が有りますね。 買った者が一番の迷惑を被ることになりますが、売り手は諸々の損害を買い手に補填する義務を負うので、後々ものすごく面倒で厄介な目に遭う可能性がありますね。 また、家を売った後、返せないといって、破産を申し立てられたりしたらどうするのでしょう? また、相手は相応の金額の損になるのだから、有りませんの一言で諦めるとは思えず、やっぱり色々面倒になるだけの様に思うのですね。 > 法的な問題点などありましたら教えて頂けるでしょうか? 売った後、その現金を返済に使うなら、法的な問題は一切無い。 > 回避策など 主語が無い。 「何の」回避策ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 連帯保証人の資産確保

    連帯保証人になっていて、主たる債務者が返済が滞り、保証会社の代位弁済が入った時は連帯保証人に債務を請求してくるわけですが、連帯保証人の資産(不動産等の名義変更等)を請求前に移しておいても問題はないのですか?

  • 連帯保証人に請求がきた場合

    事業の失敗で破産を考えております。 保証協会(代位弁済)及び国金の借入について 連帯保証人に一括請求が行くと聞いたのですが 現状ではまとまったお金がなく支払うことが不可能です。 自宅等を差し押さえの上競売にかけられると聞いたのですが 分割での支払いにより逃れる事は可能なのでしょう。 連帯保証人につきましては破産は考えておりません。 何とか自宅を残す方法はあるのでしょうか

  • お尋ねします。身内の連帯保証人になっていたことから、保証会社から債務を

    お尋ねします。身内の連帯保証人になっていたことから、保証会社から債務を請求されてきました。その中に、代位弁済金額と元金残高という項目がありますが、返済する金額はどちらになるのでしょうか?代位弁済金額の金額は元金残高よりはるかに高い額です。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#1です >ただ連帯保証人になったからといって預貯金や不動産を処分できないわけではないと思いますので、その売却する時期に明確な線引きがあるのかどうかを知りたいようです。 無いですよ、先に書いたように資産売却しても連帯保証人の責任から逃れることはできません。 債権者からの請求に対して支払えるかどうかです。 ただ、請求され支払えないとして破産宣告を行った場合には、 倒産の事実を知っていて資産売却したと捉えられます。 その売却した際のお金の使途なども調べられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 確認しますが、破産・倒産する(役員が倒産させる)のは「ある会社」であって、「知り合い」さんではないのですよね?  債権者が「連帯保証人としての債務を果たせ=返済しろ」と言ってくることや、払わないと強制執行してくるのはもう「確実な状況」だというわけですね。  そういう状況下で強制執行を免れるために財産を隠匿、損壊などなどをした場合、「強制執行妨害罪」となりますね。懲役刑もありうる犯罪を犯したことになり、立派な前科者になるでしょう。  もともと債務者に代わって債務を返済する気など全然ないのに連帯保証人になり、債権者を騙したということなら、詐欺罪も成立です。  また、どうやっても連帯保証人として主債務者の借金(連帯保証した分)を返済する義務は消えませんので、ネチネチと請求されるでしょう。 > 回避策などありましたらご教示  なんの回避策かわかりませんが、犯罪になることの回避策なら、自宅売却などをしないことですね。  売却しても、得た売却代金(相場の額)を債権者に差し出せば、ふつうは犯罪にはなりません。だから、代金を使ってしまわないことですね。  しかし、例えば相場で1000万円の自宅を、500万円で売ったというような場合は、自宅の価値を損壊したことになって、仮にその売買代金500万円を債権者に提供しても上記犯罪成立ですので気をつけるようにお伝え下さい。  強制執行の回避策をお尋ねなら、債権者と分割払いなど支払い方法で「交渉すること」でしょうね。  質問者さんのことではなく、お知り合いのことなのでハッキリ言いますが、「強制執行されそうだからその前に売り飛ばしてしまえ」などと発想する人が交渉しては、ボロがでます。債権者に信用されるとは思えないので、交渉は質問者さんがしてあげてください(相手が許すなら)。  本当は弁護士をお勧めしますが、報酬がバカにならないので、きっと頼まないと思いますので。できるアドバイスはそのくらいですね。  唯一無二、絶対の回避策は、債務者がなんと言おうと連帯保証人なんぞになるのを拒否することです、でしたけどねぇ。連帯保証人になってしまった以上、手遅れですねぇ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。補足一部コピペですみません。 もちろん連帯保証人への請求や破産処理後で処分すれば違法だと認識しているようです。 ただ連帯保証人になったからといって預貯金や不動産を処分できないわけではないと思いますので、その売却する時期に明確な線引きがあるのかどうかを知りたいようです。 ほんとうに連帯保証人は怖いですね。 保証していたのを知らずに相続しても、後から相続人へ請求がいくようですし。

  • 回答No.1

別に売ったからと連帯保証人の責任から逃れられるわけではありません。 書いている内容から推測すると、請求が来る可能性が高いので、自宅の売却をすると読めます。 その後、そのお金はどうするのでしょうか? 無い袖は振れないなどとシラを切るつもりですかね? 資産があるにもかかわらず、無いと偽って破産宣告をした場合、詐欺破産罪という犯罪行為になり「10年以下の懲役または1、000万円以下の罰金」に処せられる可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 もちろん連帯保証人への請求や破産処理後で処分すれば違法だと認識しているようです。 ただ連帯保証人になったからといって預貯金や不動産を処分できないわけではないと思いますので、 その売却する時期に明確な線引きがあるのかどうかを知りたいようです。

関連するQ&A

  • 銀行★保証協会への強制代位弁済/連帯保証人の与信

    諸事情は省かさせて頂きますが、法律上と実情教えてください。 ★主債務者の小さな会社A(個人連帯保証人B/C)が銀行からの融資返済2500万円の毎月分割に遅滞2ヶ月半目ですが滞り、「期限利益の喪失?」により、3ヶ月目までのあと数日ですが、あと数日で一括返済できないなら、その追加融資から3ヶ月経たず、わずか現状2ヶ月半の段階で保証協会へ代位弁済を求めると言ってきています。(あと数日で3ヶ月目に入るのを待って即座に保証協会へ代位弁済を実行する模様) (1)通常、実情は6ヶ月と聞きますが、もうさっさと回収に入ってきているのでしょうか?1ヶ月分だけでも相手の銀行へ元金か利息を振込めば、銀行は「期限利益の喪失」をたてに代位弁済の処理へうつれませんか?(振込めば、1ヶ月でも先延ばしできますか) (2)もし保証協会へ代位弁済まわされてしまった場合、個人連帯保証人BもCも、一括で2500万円も用意できないため、代位弁済実行されたら それ以降5年いわゆるブラックリストへ仲間入りになりますか? (3)代位弁済後のいわゆるブラックリストですが、厳密には代位弁済されたからその日から5年間いわゆる個人与信情報へリスト入りですか?それともその2500万円完済後から少なくとも5年間~10年くらいブラックリスト入りですか? (4)代位弁済されたら、主債務者より先に、その将来の連帯保証債務を負っていけそうにないので個人連帯保証人は先に自己破産できますか?(とても将来返せる金額でない為) (5)もし、あなたか個人連帯保証人のBやCの立場の場合、現在これといって資産や現金が収入ない場合(将来的にもあまり稼げないかもしれない場合)、細々でも将来再起できるように、先に代位弁済と同時に自己破産しますか? それとも5~10年主債務の返済を見守り、少しでも自分の自己破産を遅らせますか?(今後の主債務者の返済はそれほど期待できまい場合)借入金は上記の通り2500万円です。 (6)保証協会の遅延金や損害賠償金?は、将来元金2500万円支払い終わったら 多少、大幅な減額や棒引きなど多少は実情として期待できるものなのでしょうか? (7)先の質問に戻りますが、代位弁済となった場合、連帯保証人のいわゆるブラック扱いが解消されるは、その2500万円の返済が終わってから登録上は5年ということでいいのでしょうか? 多数、質問すみませんが、わかる範囲でも実情を教えていただけましたら幸いです。(お叱りや的を得ない回答は外して頂けると幸いです) 質問は上記

  • 賃貸住宅の家賃保証会社と連帯保証人の関係は

    アパートを借りる時に、家賃保証会社に加入し、さらに親族の連帯保証人を付ける場合がありますが、借主が家賃を滞納した場合、家賃保証会社が代位弁済しますが、この時に、連帯保証人に対して、家賃保証会社は、代位弁済した金額の全額を、連帯保証人に求償することはできるのでしょうか?共同保証であれば代位弁済した金額の半分となるのでしょうか?詳しい方宜しくお願い致します。

  • 連帯保証人と自己破産、相続放棄について教えてください

    過去の質問を見ても今ひとつはっきりしないので質問します。 1、連帯保証人は、債権者(銀行)から代位弁済を迫られたときには自己破産が認められれば連帯保証人の義務を免除されますか? 2、親の遺産の相続権を放棄することにより、子供は連帯保証人の相続も放棄できますか?もし出来るのならどの範囲(相続権のある甥、姪など)の人が放棄の手続きをしなければならないのでしょうか?

  • 弟の住宅ローンの残債1050万の連帯保証人になっており

    弟の住宅ローンの残債1050万の連帯保証人になっており 先日信販会社から代位弁済の通知がきて残債全額の返済を 請求されています。このまま返済できないと弟の家は差押え もしくは競売に掛けられてしまうのでしょうか 弟は失業中で返済の見込みも なく私も連帯保証人ですがとても払いきれません どうしたらいいのでしょうか 教えていただければ幸いです よろしくお願い致します。

  • ★自己破産(連帯保証人)/車のローンについて

    (法律と実情について教えてください) 『自己破産前の車のローンの連帯保証人になれるかどうかと、 それに伴っての自己破産時とその後の影響について』 (前書き) ★要介護の高齢の父が経営者の個人会社(家業)の返済において、銀行が数千万借入を一括返済を求めてきたため、今月か来月早々に銀行から保証協会へ代位弁済として債権が移りそうです。 今後、事業は廃業するか母と兄が保証協会へ毎月細々返していくことになると思うのですが、困った事は、(諸事業は省きますが)今回その事業融資に第三者の個人連帯保証人として次男の私がその個人連帯保証人として銀行に名義を取られております。保証協会からの代位弁済後は個人ではあまりに連帯保証債務の金額が大きいため、将来の為、悔しいですが自己破産の手続きを2~3ヶ月後に取ることになると思うのですが、、、そこで今後、父も高齢のため、どうしても病院の送迎など車が必要になってきます。 そこで、 現段階の自己破産前または自己破産時申請において、車のディーラーローンの連帯保証人の欄の記載と影響について教えてください。もしかして半年先でも自己破産を検討しなければいけなくなる場合、今の私が、いま車ローンの連帯保証人になっていいのかどうか。 今後、車が必要で、、 (1)母が主債務者でローン組み(高齢65~66歳)で新規、車のローンを今考えています。年齢的にギリギリですが、ディーラーローンの申込はできるかも知れないとこういった掲示板で知りました。 そこで車のローン申込用紙の連帯保証人(もしくは保証人)の欄なのですが私は連帯保証人(もしくは保証人)になってもいいのでしょうか? おそらく、まだギリギリ代位弁済させる前の今の私でしたら今(今日明日)の段階で連帯保証人につけばローンは通ると思います。しかし、この上記の事業性融資の保証協会へ代位弁済がされたらもう車のローンであれ、なんであれ 私は連帯保証人として通らないと思われます。(代位弁済まで後1ヶ月)この間にローンを通すなら、通さないといけないと思われます。 (2)まだ確定ではありませんが、おそらく私は数ヶ月後に自己破産の決定をくださいなといけない場合、この車ローンの私の連帯保証債務は、自己破産時における債務として申請(申告)しないといけないのでしょうか?あくまで車のローンの主債務者は母で、私は連帯保証人としての立場です。車のローンの連帯保証債務を自己破産時に申告していなかった場合、もし万が一母が突然他界してしまった場合、今度はその債務が自己破産後の私にまた降り掛かり、もう7年以内の場合自己破産も免責できず、矢のような請求がくるのでしょうか?(車はとりあげられたとしても、、)もし母の他界後も私が毎月母の口座へ入金し返済していくか、もしくは他界時に車は一括返済すれば、途中で車はとりあげられませんか? 自己破産時における連帯保証債務の消滅についておしえてください。 (3)田舎なため、どうしても病院の送迎など、この先10年~15年はやはり車の必要性があり、高齢ですが母名義で車のローンを通せる最後の機会になります。私自身が今、車のローンを組んでも、自己破産で没収されると思いますので。。 車のローン(母が主債務者+自己破産前の今の私が連帯保証人)の今でしたらローン通せると思いますが、、数ヶ月後に控えた自己破産時における問題が心配です。 ★数ヶ月後もしかしたらもしかして自己破産しないと決断した場合の今の私が、そもそも車の連帯保証人になってもいいかどうか、、 (ローン会社からすれば主債務者が払っている以上は、途中連帯保証人が自己破産しても影響はないと考えていいのでしょうか?毎月払っている状況でも、すぐ代わりの連帯保証人をもとめてきますか??) ★自己破産申請時にその車の連帯保証人としての債務も自己破産の裁判時、申告の必要があるのかないのか。。申告すればその車の連帯保証債務も外れると思います。あっていますか?(私が主債務ではなく、主債務者名義は母で、私と母で車の支払いはしていく予定です) そのあたりの影響お分かりの方、アドバイスいただけませんか?? 長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

  • 連帯保証人を降りるには

    無知な私がバカだったのですが、生活に困窮していたために「保証人紹介ビジネス」に首を突っ込んでしまい赤の他人の連帯保証人を引き受けてしまいました。現在賃貸保証10名・就職(身元)保証10名の連帯保証人になっています。保証人紹介会社はホームページでは「債務者が万が一の場合は代位弁済システムがあるから大丈夫。連帯保証人様には一切リスクはありません」と謳っていたのでまんまと騙されてしまいました。ちっぽけな1万円ごときの報酬を貰ったばかりに多大なリスクを背負うことになると分かっていたらやりませんでした。本当に浅はかでした。 しかし、私のような「無知」を狙って保証人ビジネスは今も犠牲者を出し続けています。連帯保証制度も含めてなくしていかないと自殺者はへらないでしょう。 さて、私がお尋ねしたいのは、賃貸保証の連帯保証人になった限りは一生降りることができないのか?ということです。 危険性に気づいた私が保証人紹介会社に「保証人を降りたい」と頼んでも「契約更新日まではダメ」と応じてくれません。 では、2年後の更新時にはどうかというと自動的に連帯保証も更新していく契約文になってしまっています。 保証人紹介会社の言ってることは信用できません。 それを断ち切る方法は保証人紹介会社が言うように更新時に代わりの保証人を差し出すしかないのでしょうか? 身元保証なら最長でも5年無事故で過ぎれば責任は消滅します。 しかし賃貸は借主がそこに住む以上一生・・・ 騙されて連帯保証人になった上に一生抜けられないなんてあんまりです。 連帯保証人をやめるための救済策はないのでしょうか? 他の連帯保証で被害を受けているので今の私は保証能力がありません。 これは連帯保証人をおりる理由になりませんか? 今は自殺も考えざるを得ない状況になっています。どなたか助けてください!

  • 連帯保証人と信用保証会社の責任について

    家族(兄弟)の借金で悩んでいます。ただし、私自身は保証人にもなっておらず請求の心配もないのですが、多少の金銭的援助も考えております。 早速ですが、兄の借金は現在500万程あり、そのうち300万は連帯保証人付きの債務となっております。この保証人付きの債務があるため、なかなか債務整理に踏み込めないのが現状です。 この債務には、連帯保証人とは別に、信用保証会社への契約も結んでおります。連帯保証人ではなく、この信用保証会社での代位弁済にて支払うことで保証人に迷惑を掛けずに個人再生などの手続きをすることは可能でしょうか?無料相談(弁護士ではない)に行ったのですが、はっきりした答えは貰えませんでした。宜しくお願い致します。

  • 配偶者も連帯保証人

    誰か、教えてください。 自営の会社の二代目です、私が社長になり20年懸命に父の作った借金1億を、4千万まで減らしました。昨今の経済事情もあり、会社もいきずまってしまいました。1億5千万もあった担保物件も三千五百万でも処分が難しく、保証協会による、代位弁済となります。連帯保証人には、私・妻・父となっており、会社を無理に維持させるため、個人で借金までしたので、私の自己破産は不可避かと覚悟しております。父については、借金ばかりして全く返済をせず、社長の座を逃げたという責任はあると思うのですが、母(前、連帯保証人)が亡くなった際、銀行より代わりに妻を連帯保証という事になりました。このままでは、夫婦そろって、自己破産・失業となりそうです。せめて、妻だけでも助けてやれる方法はないのでしょうか。私たち自身には、自分の物を売ってでも会社を維持させ続けたため資産らしい資産は全く持っていません。妻だけでも助かれば何とか再起も考えられるのですが、このままでは、住む所すら目途も立ちません、誰かいい知恵をさずけ、私たちを助けてください。

  • 主債務者が自己破産した場合,連帯保証人がいる場合は,連帯保証人が了承す

    主債務者が自己破産した場合,連帯保証人がいる場合は,連帯保証人が了承すれば,第三者弁済を受領しても法的に問題はないでしょうか。お教えください。

  • 連帯保証人について教えて下さい。

    私は3年程前に自己破産をしました。 そして現在、姉が自己破産をしようか迷っております。 そこで質問なんですが、姉の借金の中に奨学金があります。これにはもちろん連帯保証人がついているのですが、連帯保証人の方には迷惑をかけられないので、奨学金の連帯保証人を私に変更したいと思っております。 もちろん私自身借金はゼロで現在の年収は300万程です。 この場合、私が連帯保証人になることは出来るのでしょうか?連帯保証人になって、姉の自己破産が決まった場合は責任をもって支払いをしようと思っております。