締切済み

ゆうメールは商品の追跡ができない?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8857267
  • 閲覧数24533
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

ゆうメールで配達済みになっているが、配達されていないので最終郵便局に問い合わせたが確認のしようがないのでわかりませんと言われた。ゆうメールとは、そういうものです。といわれたがどうなっているのか?信用のおけない郵便配達には、どこに確認連絡をすればよいのか?

※OKWaveより補足:「TSUTAYA DISCAS」または「TSUTAYA TV」についての質問です。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 26% (304/1144)

アマゾンで買った買い物ならゆうメールでも追跡番号が発行されてそれで追跡可能です。
ツタヤという事なので、それは無理です。

販売店が発送方法の選択肢をゆうメール以外に設定できない場合は再発送を依頼できます。
***自分で発送方法をゆうメールを選択した場合は無理です。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 36% (22/60)

「TSUTAYA DISCAS」のようですので、郵便局に言うより「TSUTAYA DISCAS」のカスタマーサービスへ連絡を。

http://qa.discas.net/faq/show/130?category_id=8&page=1&sort=sort_access

事故扱いで、同じものがあれば送ってくれますし、なければそれは借りることができなくなり、次のDVDまたはCDが送られてくると思います。

ゆうメールには補償がありませんので、郵便局としてはご質問のようにしか答えてくれません。
  • 回答No.1

御愁傷様としか言いようがない。

ゆうメールの受け取りは今後止めましょう。
最低でもレタ-パック500で受け取りましょう。(追跡番号有りで手渡し配達)
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 30% (608/1975)

http://qa.discas.net/category/show/8

これによると配達局に届いた時点で配達完了となる為実際と異なるとあります。

郵便局の問題でないと思います。

通常のゆうメールは追跡番号はありませんが、企業向けに追跡番号有りで配達しています。

TSUTAYAのメールと郵便局のサイトの追跡番号を確認しましたか?
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 37% (4557/12160)

日本郵便の規約に記載してあるとおりに、
普通郵便、ゆうメール(追跡出来ないもの)は、そもそも追跡出来ない
ポスパケットやレターパックライトや特定記録をつけた普通郵便だと追跡出来る。
ただし、投函したことしか確認出来ない
レターパックライトは、手渡しでの受取になる。
日本郵便だと、書留とゆうパックを除き補償はない。
そんなサービスです。
その追跡出来ないとか補償がないから安価に送ることが出来る。
同様にヤマト運輸のクロネコメール便でも、追跡は出来るが、投函までしか確認出来ませんし、補償はない

こちらから出来るとしても差出人に対して、届いていないと連絡するしかない
  • 回答No.2

郵便に対する名誉毀損ですね。

ゆうメールにはそもそも追跡機能は一切ありませんが、オプションで「簡易書留」「書留」を付ければ配達状況まで追跡可能です。というか、受領印を捺さない限り受け取れません。

それでは不便ですから、「特定記録」というオプションを使っているのでしょう。
コイツは「受付と配達局の到着のみ」しか記録せず、配達は郵便受けにポイと投げ込むだけで終わりですから、「配達済み」の確認はできないのですよ。

TSUTAYA~のFAQにも「配達済みの表示は配達郵便局に到着したという意味」とはっきり書いてありますが。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ